So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
オンタイム視聴中@韓国 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

韓国ドラマ「花より男子」第11話・第12話 [オンタイム視聴中@韓国]

最早、視聴率30%台当たり前?(言いすぎ?)の「花より男子」です。
前回、怪しげなモデル事務所をジャンディが訪ねたところのつづきは...


誰がどう見ても怪し~い事務所で撮影を始めるジャンディ。
やっぱりという感じで、バニーガール風衣装を着させられるところで助けられる。
助けたのは、イ・ジェハという男の子。
今回のストーリーは、ジャンディが今の学校に入るきっかけとなった屋上から飛び降りようとして彼女が助けたあの男の子の弟(=イ・ジェハ)が超人気モデルで、普段はモデルであることを隠してF4の学校に転校してきてジャンディに急接近というエピ。
彼はジャンディを怪しい事務所から助けたのをきっかけに(これも彼の計略の一部だろう)親しくなり、
バイトを探している彼女に自分がしているモデルの雑誌の撮影の雑用の仕事を紹介し、
雑用から転じて彼女もモデルをすることになり、結局ジャンディとジェハが雑誌の表紙を飾る。
すべてはF4、とりわけク・ジュンピョへの復讐のために。
そしていよいよ、その目的を果たすべくジェハはジャンディを拉致するのだった...ここまで第11話


ジュンピョのもとに「脅迫状」が届き、ジャンディの拉致を知ったジュンピョは単身乗り込む。
ジャンディはジェハの正体を知り驚く。
駆けつけたジュンピョはジェハとその仲間にボコボコにされながらもジャンディを諦めるとは決して言わない。
泣き叫ぶジャンディが身を挺してジュンピョをかばったとき、ジフらF4の仲間が駆けつけ落着。
さて、ジャンディ家の受難は続き、とうとうジャンディ母はジュンピョ母のところに行き許しを請いお金を受け取る。
そのお金を持ち、ひとりジュンピョ母のところに行って返すジャンディ。
ジュンピョ母の前で「ジュンピョと自分のことは二人の問題だと思います。」と。
自尊心や愛をお金で量れないことを彼女の言葉で話す。
さらにココからは、F4とジャンディ、カウルらでスキーに行く話へ。
日本版との違いは、ジュンピョがジャンディにプレゼントするネックレスは木星の形ではなく
☆の中に丸いダイヤあるもの。(これはジュンピョという星のなかにはジャンディという女一人だけという意味で
ジュンピョがデザインした世界でひとつだけのネックレス)
さて、スキー場では、ジャンディが吹雪の中を遭難し、ジュンピョが助けに山に入り二人が山で一夜を過ごすという展開に。
日本版ではカウルを探しに山に行くジャンディだが、韓国版では学校にいるイヤーないつもの3人娘の嘘で
ジュンピョからもらったネックレスを探しに出る。
(このネックレスはジャンディが無くしたのではなくこの3人娘がジャンディを困らせるためにそっと奪ったのだった)
山小屋でジャンディとジュンピョは互いの気持ちを再確認。
そして、スキー場からソウルに戻り、玉子焼き食べたいというジュンピョの希望をかなえようとお弁当を作って待ち合わせ場所に行くジャンディ。
けれども、ジュンピョは家(財閥)の都合で急遽韓国を出なければならず飛行機の中。
彼は「必ず戻ってくるから待っていて。愛してる」とメールする。
ジャンディはジュンピョに「ありがとう」や「好き」という言葉も言えず、飛び立つ飛行機を見上げ泣くことしか出来ない...ここまで第12話。


結局、11話はジャンディがモデル君と知り合って雑誌の表紙になりそれが学校の話題になり、ひいては、ジュンピョに嘘をついてその仕事をしたことでジュンピョとジャンディの関係がまずくなるが、それらがすべてそのモデル君の計略という回。
実は原作とか台湾版・日本版等がどれも私の中で明確じゃなくっていろんなエピソードがごちゃごちゃしてきてます。(苦笑)
ともかく、この回はジュンピョの登場場面が少ないのがちょっと寂しい。(笑)
ジェハとの絡みがメインですから仕方ないですけどね...。
まあ、ひとこと言うならジュンピョはやっぱりお坊ちゃまで、彼の母のせいでジャンディ家族がどれだけ厳しい状況であるかを知らず
ジャンディのアルバイト切実なものであるかの理解度が足りない。
だから、「自分とアルバイト、どっちが重要か?」なんてことを言ったりするわけで。
そんなの「私と仕事どっちが大事なの?」と迫るウザイ女のようで、F4らしからぬわ。(笑)
まあ、それだけジャンディにゾッコンなわけですけど。
ジャンディも何かあったらすぐ言えという約束を忘れて、正直に家が大変だからバイトするんだと言えば良いわけですけどね。
ジュンピョに心配かけたくないから嘘をついちゃったりして。
でも、嘘はたいがいバレて誤解を呼ぶもので、久々にジャンディに赤紙が張られ、学校でひどい目に遭うのを助けるのはモデル君(ジェハ)で、彼の思う壺。(もちろんこの赤紙もモデル君の仕込みなわけで...)

この11話、これだけモデル君との絡みが中心なんで、彼が復讐とはいえジャンディに近づきその実、
彼自身もまたジャンディに惹かれてしまうという部分、もっともっと上手く表現(演出)があればなおGOODだったかなーと。
そのあたりがあればよりよい伏線となって次回が生きるって思いますが。^^

で、続きの12話。
ジャンディの拉致現場へ単身乗り込むジュンピョ。
そしてイスに縛られて座っていたジャンディもその身を挺し
ジュンピョを守る。
ジフらも駆けつけ、いつもは控えめなウビンが派手に立ち回り、これがまた結構カッコイイ!
で、12話のメインはスキー場のエピソードで、私のお気に入りの場面は、ネックレスをジャンディに渡すところ♪
いい雰囲気でキスしそうなるもジュンピョのくしゃみでおじゃんでしたが、
そのあとジュンピョがコートを羽織りながらジャンディを後ろから包むようにしてあげるんです。(ノム プロウォヨ~♪)
一方、ジフは完璧ジャンディが好きですね。でも、ジャンディとジュンピョを尊重してる。
自分の気持ちは抑えて彼らの味方でいるつもりのよう。
ただ、ジャンディが山に行き、吹雪で助けようがないといったときに彼の本音が爆発。
あの焦る表情や、ジャンディにワナをしかけた三人娘への怒りの表情、ジフ、どんどんカッコいいっすよぉ~!
12話ラスト、泣きじゃくるジャンディを後ろから抱き支える感じ、タイプです。
(っていうか、もともと、うしろから腕をまわしてそっと抱くみたいなのがきっと私好きよね。笑)
で、もちろん、ジュンピョも相変わらずカッコいいです。っていうか可愛い。
特に、ジャンディにネックレスを渡したいけどどうしたものか?って感じの彼。
そして、F4の他のメンバーからからかわれる彼。
キリリとした表情ももちろんステキだけどどちらかというとテレを隠すようなお茶目な彼が私は好きかも。^^
希望としてはジヒョンとウビンももうちょっと出して~と。
彼らのサイドストーリーも充実してくれると尚GOOD!


場面設定は同じでも、山で遭難する理由等々、それぞれに細かな部分はこれまでとは違いますね。
ともかく、それらを経てジュンピョが韓国を離れることになったというところまでなので、
日本版(ファースト)の最終回まで進んだことになります。
12話は折り返し地点で、間をおかずしてまだまだ楽しめる韓ドラって最高!
次回からは日本版の花より男子リターンズのストーリーになる模様。
ということは、ジュンピョとジャンディが(異に反して)すれ違う場面が多いですよね。^^;
大学生になったF4と高校三年生のジャンディ、ますます目が離せません。



nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第9話・第10話 [オンタイム視聴中@韓国]

放送開始5週目にして視聴率30%を超え(30.5%)、
ライバル「エデンの東」を抑えて、月・火ドラマ枠で第1位になりましたね。^^
日本での放送がM-netにて4月12日より開始決定とのことで、
いよいよ日本でも韓国F4が注目されることでしょう。

さて、ジャンディ家にお泊りしたジュンピョ。
翌朝の目覚めから第7話はスタート。
庶民の朝食に戸惑いながらも、キムジャンや銭湯等、
ジャンディの家族とともにすごす中、ジュンピョ自身がこれまで経験したことのない暖かなぬくもりを感じる。
そしてこの回の中心は、ジャンディの親友カウルのカップルとのWデート事件。
遊ばれていたと分かり落ち込むカウルを、ソ・イジョンが彼らしいやり方で慰める。
一方、けんかしたジャンディとジュンピョだったが、カウルのボーイフレンドをジュンピョが殴った理由がわかり二人は仲直り。
そして、公園でファーストキス....ここまでが第9話


ソ・イジョンはカウルのために、おしゃれさせて彼女の心をもて遊んだ男のいるクラブへ連れて行く。
イジョンは心の中にいる女性のためにとサックスを奏で、イジョンの演技でその男の自尊心を傷つけカウルに笑顔を取り戻させる。
バレンタインデーが近づき、カウルはイジョンのためにチョコレートを準備し、ジャンディもジュンピョのために彼の顔を模った可愛いクッキーを作り渡す。大喜びのジュンピョ。
そして、二人がデートをしているところをジュンピョの母に偶然見られてジュンピョは強制帰宅させられる。
いよいよ、ジュンピョ母のジャンディへの牽制が始まる。
お金を積まれても応じないジャンディの家族に対し、両親の仕事を干すことで徹底して嫌がらせをするジュンピョの母。
生活の糧を奪われたジャンディの家族は仕方なく露店をすることでしのごうとする。
さらに、路上でパンとコーヒーを売るところを車で通りかかるジュンピョ母とジュンピョ。
ジャンディの様子に動揺するが、ジャンディのところに行かせまいとする母を振り切り、
車から降りてジャンディのもとへ行くジュンピョ。そして自分の母に見せ付けるかのようにジャンディに熱いキスをする。
ジュンピョは「約束してくれ。何かあったならすぐにオレに話すこと。もうひとつ、何があってもオレから離れないこと。」と。
ジャンディも「約束する。(ジュンピョ)のお母さんが理由では離れないという約束を。」と。
しかし、ジャンディの家族の窮状は悪化。彼女自身もアルバイトを増やして頑張るがそれでもまだ足りない。
バイト先にきたお客からもらった名刺を頼りに、お金になるという話を信じて学生モデルの会社を訪ねるのだが...第10話ここまで。



9話、10話のおおまかなあらすじで、原作のあのエピソードねっていうのが浮かぶかと思います。
ただ、10話のジャンディ家族の困った挙句の家族総出の露店シーンは韓ドラオリジナル。
そして、その場面のジャンディとジュンピョのキスシーンも♪
ケンカしながらも、ジャンディの温かさと強さに離れられないジュンピョ。
そして、住んでいる世界の違いに戸惑いおののきながらも、彼の純粋な愛にひかれていくジャンディ。
こうして、気がつけば互い想い合うようになってきました。

気になるのはジフのこと。
↑ではいっさい触れませんでしたが、今週の2話を通して彼のジャンディへの深い愛情をひしひしと感じさせられます。
ジャンディに何かあると、決まって彼女を助け支えるポジションのジフ。
ジフの中でもジャンディという存在が徐々に膨らんでいるようです。
ジャンディ自身もそんな(初恋の人であり、白馬の王子様のような)ジフを想う気持ちはあるようですが
それ以上に大きな存在になりつつあるのがジュンピョという感じ。
そんな部分も含めて全て分かった上でジャンディを想うジフがとても切ないです。
ガソリンスタンドで働くジャンディに「ジュンピョが羨ましい」というジフの本音が心に残ります。
ジュンピョ派の私も今週はジフのジャンディへの眼差しに胸がキュンとなりました。

切ないということでは、カウルのイジョンへの淡い恋心も...。
傷ついた心をカッコ良く癒してくれた彼。スマートで優しく、やわらかな微笑みでつつんでくれるイジョンに心を寄せないわけがありません。
けれど、彼は自他共に認めるプレイボーイ。
イジョンには他人が知らない心の闇があり、その闇を隠す術がプレボーイでいるとういうこと。
叶わぬ想いに沈むカウルが、その笑顔の奥で心からは他人を寄せ付けないイジョンの核心にせまれるかどうか...。
そのあたりも見どころですね。^^

そうそう、気になるのは9話から10話へのつなぎ。
9話の胸キュンなキスシーンのあの続きが気になってたら、イジョンの場面で...笑
まあ、イジョンのシーンも彼ならではの見せ場で、9話の感じだけだと物足りなかったので10話の冒頭の描き方としてはあれで納得ではあるんですけどね。^^

さあ来週は、ジャンディが雑誌の表紙を飾るという一連のエピソードのようですね。
日本版での生田斗真君が演じた彼の役を誰が演じるのかも気になります。
又、ジャンディとジュンピョの少し縮んだ二人の距離がどうなるのか?
あるいは、これまでの「花男」よりは、ジフのジャンディへの想いが顕著な今の関係に変化があるのか?
期待が膨らむばかりの11話・12話です。
それにしても、前回書いたとおり、ジュンピョオモニの”睨み”
やはり、タダモノ
のではありません。(笑)







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第7話・第8話 [オンタイム視聴中@韓国]

今週は韓国お正月(설날 )のためか、第7話は先週より下がって19.5%、第8話は盛り返して25.8%とのこと。
そしてとうとう、「エデンの東」を抜いて月・火ドラマ首位に!
抜くか抜くかといわれ続けてましたが、
こうして実現するなんてね。^^
たかが視聴率、されど視聴率、気にならないわけがありません。
この結果が出演者はじめドラマ制作に携わる方々の大きな力になることでしょう。


さて、自分への裏切り行為ともとれるジフとジャンディに対し
ジフのF4の除名とジャンディの学校追放とのジュンピョの言明からの続き...
( 少々長いです...<(_ _)> )

窮地に立たされたジャンディの前にジュンピョの姉ジュンヒが救世主として登場。
ジュンピョ vs ジフ の ”けんか”の決着を3つの競技で
正々堂々と勝負して決着をつけることに。
一つ目は馬術(乗馬)、二つ目はカーレース。
馬術では勝ちたい一心のジュンピョが強引さで勝利。
そして、幼い時に交通事故で両親を失ったジフは
車の運転という恐怖に打ち勝ち、また、ジュンピョの前で
ジャンディを抱きしめおでこにキスすることで
ジュンピョへの陽動作戦が功を奏して勝利。
最後の種目は水泳ときまる。
泳ぎが全くダメなジュンピョの変わりに
イジョンが泳ぐと言い出したことで結局
イジョン ウビン(ジュンピョチーム) vs ジフ ジャンディ (ジフチーム)で対決することに...。

その対決を目前にジャンディに会いに行ったジュンピョ。
彼は「一言、オレを好きだと言ってくれ」とジャンディを抱きしめるが... 第7話ここまで



ジュンピョの望む言葉を返すことが出来ず謝るジャンディ。
踵を返しその場を立ち去るジュンピョ。
いよいよ水泳の決戦へ。
両者互角でゴール寸前に照明が落ち決着がうやむやのまま
結局、引き分けとして(?たぶん...)
ジフのF4の除名とジャンディの学校追放はなくなった。

ジャンディとジフがデートをすると聞いてその後を隠れて付回すジュンピョ。
そんなジュンピョに気づくジフ。
ジャンディはジフと一緒にすごしながらも、南山タワーでのジュンピョとの出来事をあれこれと思い浮かべる。
又、ジフの家では、ジフとソニョンとの長く深い二人の歴史を実感し、ソニョンとの初恋を見送ったというジフの隣で
ジャンディもまた、ジフへの初恋を見送ろうと誓う。

ジフはF4をアイスホッケー場に誘い、スティックでパックを追い
体をぶつけ合い、ジュンピョがジャンディを諦められないという彼の本音を引き出すことで、やっと4人は仲直りする。
さらに、F4の妙なチームワークはジャンディがジュンピョに抱き始めた”本心”も引き出し、
ジュンピョはジャンディをデートに連れ回す。
車の中で、二人にとってのファーストキスを意識するが失敗。(笑)
すると、翌日ジュンピョがジャンディ家に押しかけて一晩泊めてほしいとジャンディの両親にお願いする。
ジュンピョの家では化粧室程度の広さのジャンディの両親寝室に
ジャンディの両親の間に ジャンディ 弟 ジフ が並んで寝ることに...。
ジュンピョに訳の分からない行動に戸惑うジャンディをよそにとても幸せそうな笑顔のジュンピョであった。   .....第8話ここまで

 

内容盛りだくさんの7話と8話。
対決する種目も乗馬とカーレースとくると、いかにも「財閥!」
8話ではアイスホッケーまでして
俳優さんたちの苦労がしのばれます。(笑)

ジュンピョ演じるミンホ君、ホントいいですねぇ。
特に、なかなか上手くいかない初恋に苦悩する表情がとてもGood!です。
ジフとの対決では、(自分が始めたこととはいえ)結局
ジフとジャンディが仲良くしてる場面に幾度も遭遇してしまうわけですが
そんな二人を見つめるジュンピョがホント切ないです。
7話ラストのジャンディを抱きしめるシーンでも
「どうして(よりによって)ジフなんだよ!」という叫び、グッときます。
そして「自分を好きだと一言いってくれたら...」との彼の思い。
そう、ジュンピョはジャンディはもちろん大好きだし、それに
ジフのことも大事な大事な大好きな親友なわけで、その二人を敵にまわすなんて
ホントに辛い事なんですよね。そんな思いがヒシヒシと伝わります。

ドラマが始まって以来、人気急上昇のミンホ君のかげに隠れていた感のあった
ジフ役のヒョンジュン君、今週はすごーくすごーく良かったです。
(ドラマの)最初は本当にクールさが際立っていましたけれど
ここにきて、ジャンディとの関わりの中でジフの表情に柔らかさが出てきたところが
とってもイイ感じです。
まさに、初恋の苦しさから一歩外に踏み出そうという風で...。
7話のカーレースの前にわざとジュンピョの前でジャンディを抱きしめるところは
かなりドキドキしました。ジフにこんな面があるんだな~と。
ジャンディとのデートでは、ジュンピョやジャンディの本当の想いがどこにあるのか等々、
彼は様々ことから察知してしまうようで、ジフという人物の繊細さが随所で感じられ、
それが、アイスホッケーや病院の場面へとつながるようです。
特に、ジャンディの本音をジュンピョの嘘の入院で吐かせたシーンでの病室を一人あとにしたジフの表情、
とても切なくて、でもとてもステキ♪
勝手な推測ですが、ジフはソニョンのことは忘れられなくとも、でも
やっぱりジャンディのこと、本当に好きになりはじめたんだろうなーと。
でも、ココではジュンピョとジャンディを思って一歩下がった...そんな風に感じました。

イジョンやウビンもそれぞれがF4の男の友情の深さを彼ららしくスマートに演じてます。
決してドロ臭くないのが、お坊ちゃまな彼らですから。^^


さあ、前にも言いましたが、ジュンピョとジャンディがいい関係を築き始めるって事は
二人に立ちはだかるのは、ジュンピョオモニという高い高い山でございます。
来週はそのあたりの”戦い”が始まりそうですが...。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第5話・第6話 [オンタイム視聴中@韓国]

朝鮮日報によると、第5話第6話ともに24.8%の視聴率とのこと。
放送開始以来、まだ一度も下がったことのない視聴率に
今後への期待が一層大きくなっている模様。

さて、今週はジャンディへの誤解の解けたジュンピョが
ジャンディを自分の彼女だと宣言するところから始まる。
そこにパリへ行ったはずのジフが戻ってきた。
そして、ジュンピョは旅行を計画し、
F4とジャンディとその親友一行は
ニューカレドニアにある島へ向かう。
ジャンディへの愛情をジュンピョなりに精一杯あらわす。
ジャンディは、そんなジュピョにとまどいつつも、
パリから戻って以来様子がおかしいジフのことが気がかり。
パリに行ったソニョンに(ジフではない別の)男性の存在を示す記事により一同はジフの心中を知るが、
特にジャンディは以前ジフと知り合ったばかりの頃に
モデルのソヒョンのことが大好きで大統領の息子と結婚したらいいなと話した自分を後悔し、
ジフを傷つけたこと、そして今も傷ついているのではと心配する。
ジフは、自分よりもソヒョンにふさわしいすばらしい男性の存在に
なにも出来ずに帰ってきたことへの胸のウチの苦しさを、
健気に察し気遣ってくれるジャンディに吐露し、彼女に癒される。
が、ジフが彼女にキスしているところを見てしまうジュンピョ。
ジュンピョの怒りは、ジャンディを退学、ジフをF4除名へとする程に...第7話へつづく

漫画の原作と、台湾ドラマと日本のドラマ(1と2)と
すべて見ているせいか、どのエピソードがどれのといったことが
すごく曖昧になっています。^^;
ただ、この5・6話では似たようなものを取り出しつつも
ジュンピョ・ジャンディ・ジフの三角関係をより明確に描くという点で
韓国のドラマの”らしら”(=オリジナリティな部分)を打ち出してきているように感じます。
最初の出会いのときから、いつもスーッと手を差し伸べて助けてくれる王子様のようなジフ。
反対に、最初はひどい仕打ちをしていたのに、いつのまにか
自分の思いもよらないやり方で結局は味方になってくれる
ちょっと意地悪な魔法使いのようなジュンピョ。
二人の間で揺れ動くというよりは身動きが出来ないように見えるジャンディ。
ただ、今回はソニョンのこともありジフに対しての想いのほうが強く傾いちゃったのかも...。
それでも、ジュンピョの自分への真剣な想いはわかったジャンディは
そんな彼に真剣に応えられない曖昧な自分がどうすることも出来ず胸を痛めているという感じ。
まるで初回に戻ったようなジュンピョの冷たい表情だけれども、
自分のキスは頑なに拒むのに、ジフのキス
は素直に受け入れたジャンディへの
何ともいえない想いと、ジフが親友である自分が好きな女をソニョンの代わりに
利用した(と、ジュンピョは思っている)こと・・・のダブルパンチに
ジュンピョ自身がどれだけ傷ついたかというのは手に取るようにわかるんですよね。
(展開としては見ていて読めちゃう感じではありましたが。笑)
さあ、次回どうなる?ってところ。^^

予告を見る限りでは、退学・除名という処分が遂行されるというよりはなんだか、
ジュンピョVSジフの対決という様相を呈してます。
KBSのHPによると、どうやらジュンピョの姉が間に入り、正々堂々二人を対決させる模様。
ジュンピョが恐れる大好きなヌナ(姉)の登場は注目。
こういうエピソードがこれまで他のところであったかどうか...。
うーん、どうでしたっけ?
あったような、なかったような...ホントよくわかりません。
私の印象としては、ここまで直接的に司と類(ここはあえて日本名で)を対決させた記憶がないんですよ。
なので、このあたりが物語をよりドラマチックに演出する韓ドラっぽいと感じてしまうのですが、
いかがでしょう?

そうそう、ジャンディの親友カウル(優希)とソ・イジョン(西門)も
後のちょっと特別な関係を期待させながらスタートしました。
こちらも何気に見逃せません。^^v






nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第4話 [オンタイム視聴中@韓国]

第4話の序盤はソヒョン(静)を見送るF4とジャンディ(つくし)。
しかもジフ(類)は彼女を追いかけてパリに飛び立つ。

いよいよ本格的にジャンディに傾いていくジュンピョ(司)は
南山タワーでの待ち合わせを一方的にジャンディに告げ、
日本版ではエレベーターに閉じ込められ一晩をすごすという
あの展開へ。
韓国版ではエレベーターではなく、
タワー展望台から中に戻ることが出来ず(係が鍵をかけてしまい)
展望室で夜を明かすことに。
そこからは、日本版のドラマの展開とほぼ同じような感じで
ジャンディがF4のいる今の学校で初めて仲良くなった友人である
オ・ミンジ(桜子)がいよいよ復讐劇をスタートさせ窮地にたたされるジャンディ。
仕組まれたジャンディのスキャンダルに苛立つジュンピョだが
それがミンジによるものだと知ったときに、学校では
ジャンディは学生たちからのひどい嫌がらせに耐えていた...第5話につづく

ジュンピョを演じるイ・ミンホがすごくイイ!
空港でパリに向かうジフがジャンディのおでこにキスするんだけど
その瞬間の一瞬ビックリしたのと、すこし視線を外してまた
二人の様子をただ呆然と見てる、そのジュンピョの表情、
なんともいえない驚きとせつなさが入り混じった感じで...。
さらに、ジフが去り、(なぜか)ジュンピョとジャンディが
二人で飛び立つ飛行機を見上げるシーンの
飛行機の音にかき消されながらも
ジャンディに「俺たち付き合おう」と(これまた一方的に)告げるところでは
なんのことかわかっていないジャンディをよそに、
ひとり嬉しそうな表情の彼。
それでいて、ジャンディの裏切り(本当はそうじゃないけど)に見せる
苦しさ混じる怖い彼...などなど。
ちょっと(いえ、かなり)ひとりよがりで、だけどなぜか憎めないという
役柄を充分に表現できてるなーと思います。
ジャンディ演じるク・ヘソンはこれまでの実績から、納得の演技ですが
イ・ミンホの情報が私の中になかったためか
とても新鮮で、すごく期待以上だったせいでその株が急上昇中です。
韓国メディアも同様のようで、彼への賛辞が多いですね。

毎度視聴率を持ち出すのはちょっといやらしいかなとも思いますが
でも、第4話が21.4%と聞くと、
回を重ねるごとに上がり続けているこの状況は
やっぱりすごいことだなーとも思います。
来週は、ジュンピョの姉ジュンヒ(椿)がいよいよ登場予定。
後々、ミンジの計略なんか比じゃない、
ジュンピョオモニ(グループ総帥)のジャンディへの仕打ちが
控えていることを思うとますます目が離せません。


nice!(1)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第3話 [オンタイム視聴中@韓国]

韓国で先週から始まった「花より男子」は先週末の再放送でも
2ケタの視聴率を上げ、昨晩の第3話は20.8%とのこと。
こうなると好調「エデンの東」(昨晩は25.7%)に着実に迫っております。
もしやこのままの勢いで...?と思わせてくれるほど
どうやら「花男」旋風おこりつつあるようで。

さて、ジャンディ(つくし)はソニョン(靜)のおかけで
シンデレラのごとく変身してパーティー会場に再登場。
ジュンピョ(司)も持っていたお皿を落すほど...(笑)に見違えたジャンディ。
ソニョンのはからいでジャンディをエスコートして一緒に踊るジフ(類)も
ジャンディの変身ぶりにはちょっとびっくりしてる風?

第3話では
ジュンピョのジャンディへの気持ちが
さまざまな場面でわかるようになっています。
まだ、彼自身は”自覚”するにはいたっていませんが
傍からからみれば、とっても”わかりやすい”のがジュンピョのいいところ。
若干小学生レベルのいじめっ子気質も混じりつつ、
ジャンディにはっきり「嫌い」とまで言われてもなお、なんだかんだで
彼女が気にかかる。
ジャンディの思いがジフに向いていることを知りつつ、
知らず知らずのうちに彼女を気にかけ、アプローチを続ける彼が
なんだかとっても可愛いわ♪

ソヒョンは自分の誕生パーティで国際弁護士目指してパリに行き韓国に戻らないと宣言。
ジフは去ってしまうソヒョンを前にその胸のうちををぶつける。
沈むジフを見てジャンディも心を痛め、ソヒョンにひざまついて
パリに行かないで欲しいとお願いする。
そんなジャンディの姿にジフはどうしてそんなことをしたのかと怒るのだった。...第4話へつづく


あんまり詳しく書くともったいないので(?笑)かなりはしょりました。
見所は結構あって、ジュンピョオモニの凄みある登場!
「ごめん、愛してる」のジソプのオモニ役のあの女優さん
迫力(眼力)ありすぎですぅ。
あと、ソヒョンとジフのキスシーンを見ちゃったジャンディを
ジュンピョがバーに連れて行き、そこで水と間違えてお酒を飲んで
酔っ払ったジャンディがジュンピョに絡むんだけど、
そのシーンでのジャンディがメチャクチャ表情豊かですっごく可愛い!
一方、私のお気に入りのジフは今回は若干表情が全般的に硬かったかも?
先輩女優さんとのキスシーンはかなりの重圧だったでしょうか?
対照的なのが、ジュンピョがジフ絡みで見せる切ない表情や
無邪気に嬉しがるところがすごーくいいのでちょっと気になっちゃいました。^^;
(ガンバレ、キム・ヒョンジュン!)

さーて、視聴率も上昇中で、注目の第4話は
早くもジュンピョとジャンディの初デート&エレベーター閉じ込められ事件発生の模様。
うん? 原作に意外にも忠実と思ってきましたが
どちらかというと日本のドラマ版「花より男子」に近いでしょうか?
確か韓国版は24話の構成なので、日本版ストーリーを踏襲しつつ
日本版では描けてない部分を見せるつもりなのかもしれませんね。
余裕ができたら、娘が持ってる花男(漫画の全巻)をまた見直してみようかしら...^^



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第2話 [オンタイム視聴中@韓国]

韓ドラファンの方はお気づきでしょう。
花より男子」という物語自体、とても韓ドラチックですよね。
超お金持ちの男の子と普通の女の子
笑っちゃうくらいのありえない設定で始まるラブストーリー
上手く描けないわけがないっ!つーの。

さてさて、第2話視聴。
どっぷりはまり込む私です。
ジュンピョ(司)~慣れるまでは日本名をしばらく添えましょう・・・笑~ は、
ルックス・家柄・人柄(自分では信じて疑わないのが笑えるが)
どれをとっても最高の自分に惹かれないジャンディ(つくし)のことが
姉の面影を彷彿させるのとあいまって、
とにかく気にかかる!^^
おまけにジフ(類)がジャンディに優しく接するものだから尚更。

第2話はジフとミン・ソヒョン(静)の関係が明らかになる。
ジフに思いを寄せ始めたジャンディもパーティをきっかけに
彼女と知り合う。
ハン・チェヨンがソヒョン役には年齢が合わないのでは?と
思っていましたが、実際に見てみると
気にするようなものではありませんでした。
ジフにとってソヒョンが
「初恋の人で、愛する女性で、母のような人」という設定であるようなので
むしろとてもしっくりくるようにも思いました。

第2話の視聴率17.6%とのこと。
第3話が待ち遠しい! ^^



nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「花より男子」第1話 [オンタイム視聴中@韓国]

韓国での視聴率14.3%と順調な滑り出しの第1話。
日本の株式会社エスピーオーが版権を買い、
これで日本での放送は確定でしょうか?

原作が日本の漫画台湾と日本でドラマになり
それぞれ人気がありました。

充分浸透しているので、
韓国版は字幕がなくても楽しめるのがいいですね。^^
細かな設定は各国違いはありますが、
ありえないくらいの財力を兼ね備えた
F4がいるお坊ちゃま(お嬢様)学校に、
ザ・庶民の女の子が通うことから始まるストーリー
格差のある環境をふまえて、
抱く感情の波や想いに揺れる青春物語。
それでいて、現実離れしたその設定により、
涙と笑いを織り交ぜ胸キュン度抜群。
基本的にはどんな物語がわかった上で見ているので
演技する方のハードルは上がるばかりで、
相当なプレッシャーだとは思うけれど、
第1話を見る限り、
その期待に十分にこたえてくれるだろうという感じ。
それぞれのキャラは表現できているように思いました。
特に、クム・ジャンディ(つくし)がユン・ジフ(類)に惹かれていくところは丁寧に描かれていてGOOD♪
今晩の第2話では、ク・ジュンピョ(司)が
クム・ジャンディ(つくし)のことが
”気になる存在なる”過程が見られそうなので注目ですよね。
この物語の「核」(司がつくしを想う)の部分がしっかりしていると
以降の展開にどっぷり入り込めますから...。
初回の予告がそのまま第2話なのか、
それともその先も見せているのかはわかりませんが、
意外に、原作に近い形ですすんでいくようで、
わかっているのにその先が気になるドラマとなりそうです。^^

エンディングで流れたSS501の曲もすごくイイ感じで、
早くもOSTにも期待大です。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国KBS「強敵たち」#15&16 VOD視聴 [オンタイム視聴中@韓国]

先週の月火の放送で終了した「強敵たち」、無事私も視聴完走。
今週から、KBS WORLDでの放送が始まり、あらためて字幕ありでのリピート開始。
字幕の有難さをひしひしと感じ、???だったところが明らかに...。
と、同時にところどころは案外ちゃんと聞き取れてるものだなーって思ったり。
全体の少なくとも3・4割は確実に理解してたなーと。(けっしてえばれませんが...笑)

以下ネタバレです。(きっと、してると思います。...苦笑)


第15話
グァンピョルの娘コンニムは週末は大統領官邸でスオら本当の家族と過ごすことに。
コンニムの本心はグァンピョルから離れたくないけれど、
グァンピョル含め大人たちがそうするのがコンニムのためだということで決めたよう。
さて、いざコンニムが出かけた夜、グァンピョルは彼女が家にいないという
その現実の辛さに胸が締め付けられる。そして、自然とヨンジンに電話してしまう。
グァンピョルからの無言の電話を受けたヨンジンは心配になって彼の家を訪れる。
これまでは見たこともないグァンピョルの様子に驚くヨンジン。
コンニムが自分から離れていくということへの苦しい胸のうちを素直にヨンジンに見せたグァンピョルは
何も言わずに彼女を抱きしめるのだった。
一方、スオはヨンジンへの思いを抱きつつ、区切りとして社交ダンスの大会への出場を決意する。
スオとグァンピョルの間で悶々とするヨンジンは結局
警護課長に自分の移動願いを申し出る。
そんな時、スオのスキャンダル問題で辞めさせられた元警護官のナム先輩が
ヨンジン、スオ、グァンピョルへの復讐心をつのらせ、その機会を狙っていた。、
ある夜、ヨンジンは自分の家のそばで不審者につけられているのに気付き、その後を追うのだった。

 16話(最終回)
結局不審者を取り逃がしてしまうが、
やがてその男がナム先輩だということに、ヨンジンの知らせで駆けつけたグァンピョルが気付く。
スオが大会に出場することは警護的には喜ばしくないことだけれど
彼の意思を尊重することに。
そしてそれは、ナム先輩VS警護室の戦いが始まったことを意味する。
大会当日、皆の期待に応え見事踊りきるスオ。
そして、用意周到に大会会場に入り込むナム先輩を追い込む警護室の面々。
ヨンジンとグァンピョルに敵意むき出しのナム先輩だったが
ヨンジンがナム先輩が持つナイフを取り上げようとするうちに誤って刺され病院に運ばれる。
数年後、(3年後?)
それぞれが幸せに暮らしている。
スオはコンニムとの関係を築き二人で旅行までいくようになっている。
(が、スオをお父さんとは呼ばない。あくまでお父さんと呼ぶ相手はグァンピョルのまま)
スオはヨンジンのことを思いつづけていて、
大統領の父が任期を終えたら結婚を申し込むつもりのようだ。
グァンピョルは警護官の教官?のようで、
ヨンジン二世のような女性新人警護官相手(ハン・ゴウン演じる)に
ヨンジンの面影をみて苦笑する。
ヨンジンは大統領直属の部署に配属され、
グァンピョルを二倍堅物にしたような男尊女卑思考の上司(リュ・ジン演じる)に頭を悩ませる。

ラストはヨンジンが父に
刺されて大手術のときに見ていたであろう夢の話をする。
それは、家族や警護官たちのヨンジンの呼ぶ声が聞こえて
その人たちに手を振ったと...。
そしてみんなに感謝していると話す。
父はその気持ちを忘れるないようにと優しく言う。...で ジ・エンド。


うーん...。正直、15話までは最高に盛り上がったのに、
ラストはとても曖昧で消化不良の感アリです。(苦笑)
本当はもっと大事な部分もたくさんあるのだけれど、どうもうまくまとめられず...。
スオとヨンジンとグァンピョルの関係が気になるところですが、
スオとグァンピョルはそれぞれのスタイルで彼女への想いを貫き、
ヨンジンはそんなふたりの気持ちはわかっていても
今は恋愛よりも仕事で頑張って自分自身に自信をもちたいということのよう。
まあ、将来はどうなるか未知数だというなかで、いろいろな可能性を含んだエンディングという感じ。

私個人の感想としては、終盤(特に15話)では、心の内では
ヨンジンとグァンピョルの間に互いへの「愛情」を感じたわけで、
その方向での最終回を期待していた部分があったかなとは思います。
ただ、二人は「愛情」と、特定できないまでも何かしらの「情」が存在することは認め
そのうえで、同僚・友人としてのいい関係を壊したくないという思いが勝ったようで...。
そこが私自身が、理解できるような、出来ないような...(笑)
さて、字幕つきで見始めましたので、この感想がどう変化するのか(しないのか?)が
楽しみになりました。

しつこいようですが、ラストの2話でも、なかなかの名場面・名台詞があったんですが
最後の最後での霞がかかったような幕切れに少なからずショックがあって
うまくご紹介できなかったようです。誤解を招く書き方をしたかもしれませんが
韓国での低視聴率など関係ないと思えるほど、
面白く見続けてきたドラマであることには間違いありません。
ただ、エンディングは本当に難しいものだとあらためて感じた次第です。



 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国KBS「強敵たち」#13&14 VOD視聴 [オンタイム視聴中@韓国]

残り4話となり佳境をむかえています。以下ネタバレしています。m(__)m


まずは13話。
ヨンジンの直の上司は堂々とシラを切り、大統領の息子スオにこどもがいるという
新聞記事はヨンジンのせいだと...。
罪をなすりつけられたヨンジンは呆れ、そして悔しい思いをする。とうとう退職願いを
書く羽目になるけれど、彼女が責任を問われてると知ったスオとグァンピョルは
それぞれのやり方で彼女を救おうと必死に。
そしてそんな二人の努力の甲斐あって、結局は記事を書いた記者の協力を得て、
記事の出所がヨンジンの直の上司だったとわかり彼女の復職が決まる。

この回のポイントはラスト。
ヨンジンは自分のためにかげで色々動いてくれたグァンピョルに彼の本心を聞きます。
「あたなにとって自分はどんな存在か?」って。
ヨンジンが意外に直球勝負なんで、ビックリの私です。(笑)
まあ、そう聞きたくなることが事前にあるわけではあるんですが...。
けど、彼が答えを言う前に、娘(コンニム)とスオがそばに来てヨンジンはその答えを聞けずじまい。
ここで13話は終了。

あともうひとつ、これまでも感じ来てコトですが、13話での
ヨンジンのアボジと警護室の課長、最高です!
普段は三流ダンサーでさえないアボジですが、ヨンジンのことをすごくよくわかっていて
警護室を辞めて送別会のあとわざと明るく振る舞っているヨンジンの様子をみただけで
何かあったと察知し「話してみなさい」と言うんですよ。
気丈にしていたヨンジンもさすがに抑え切れなくなって、警護室を辞めたことや
そのことで申し訳ないと思ってることを話すんですけど、その場面がとってもジーンときます。
もうひとり、訛りがあってクセのある話し方が特徴の課長。
これまでも、新人警護官のヨンジンやグァンピョルをフォローしてくれる頼もしい存在でしたが
この回でも、無骨で怖そうな外見とは反対に、あったかい上司なんです。
主役級意外に好感の持てるキャラが幾人もいるのがいいですね。

つづいて14話。
スオのスキャンダルが落ち着き、海が見たいというコンニム(娘)の希望で
グァンピョル、コンニム、スオ、ヨンジンの4人は海を見に一泊旅行に。
これまでのわだかまりも解いて、あらためてスオとグァンピョルは昔の二人のよう。
コンニムのことが大統領夫妻にも知られ、このままの生活が続かないのではと
悩むグァンピョル。事実、家族だけの食事会に娘とともに招待される。
初対面でも楽しそうにすごくコンニムの姿にますます悩みを深くする彼。

前回の記事で、コンニムが本当の父がグァンピョルではなくスオだと知ったときの衝撃を
心配していましたが、それがこの14話でおきてしまう。
大統領夫妻含め、周りの大人がコンニムを思って気遣い、
コンニムと大統領夫妻(実際は祖父母ですから)やその家族とじっくりと接する時間を
かけた上でいつか真実を話そうという雰囲気なのに
スオの姉が、ずばり事実を話してしまって、
とうとうグァンピョルは、自分が本当のお父さんじゃなくスオがお父さんだということを
コンニムに話さざるを得なくなってしまう。
コンニムは当然だけど、すごくびっくりする。
そして、そうだとしてもグァンピョルと一緒にいたいと彼に抱きつくんです。
そこで14話は終了。

いやぁ、前々からいやーな感じのスオの姉。
大統領夫妻がコンニムに会うことすら納得してなかった彼女。
(スオのスキャンダルを肯定することであり、父である大統領のスキャンダルにつながると危惧してます)
そもそも、スオとウニョンの仲を裏で引き裂いたのも彼女ですし、
グァンピョルが二人にかかわっていたことも知っていたのも彼女。
その彼女がコンニムに勝手に(彼女の独断で)真実を語ろうとは...。
綺麗な顔してコワイお人です。><

気になるところでは、グァンピョルに改めて先日の答えを求めるヨンジン。
こんなに大胆な性格だとは思いませんでしたわ。(笑)
そうするのは、彼女のなかにもグァンピョルへの特別な感情があるからでしょうか?
けれども、彼からははっきりした答え(気持ち)を聞けませんでした。
ココはホント字幕が欲しかったところで、よくわからなかったんですが
「はっきり答えることはできない」的なことを言われてました。
彼女への気持ちを否定するって感じではなく、同僚として友人として今の関係を
壊したくないみたいな感じだったように思います。(あくまでも私の予想)

そして、スオの気持ちも今やヨンジン一直線。
けれども、グァンピョルとのことも気になって、以前のようにただストレートに...とは
いかなくなってはきてますね。
過去にウニョンとのことがあるので、スオもグァンピョルもその点は慎重なのかもしれません。
ただ、「お互いに後悔しないようにしよう」ってスオがグァンピョルに言うんです。
ドラマの前半ではそんな会話ができるようになるなんて想像すらつきませんが
やっとそんな二人(スオとグァンピョル)になれました。

さて、コンニムの親権問題、ヨンジンを想うスオとグァンピョル。そしてそのヨンジンの気持ちは?と
気になることばかり。
これまで、ヨンジンへの気持ちを表にほとんど出さないでいたグァンピョルが
予告ではヨンジンにぶつけていたようです。
又、失職したヨンジンの直の上司が復讐を企んでいるようなのでそのあたりが
どう展開していくのか?
残り2話となり、どんなエンディングが待ち受けているのか、
ホントにホントに楽しみです。(^_-)-☆



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | 次の10件 オンタイム視聴中@韓国 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。