So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
韓ドラを語ろう! ブログトップ
前の10件 | -

「宮S」見ました~♪  ~韓ドラを語ろう!(23)~ [韓ドラを語ろう!]

宮S~Secret Prince 「宮」に嵌り込んでいた私ですが、
 気になっていた「宮S」の方も見ることが出来ました。
 韓国では2007年1月~3月までMBCにて放送。
 日本ではM-net、そして現在はBSジャパンで放送中。
 セブンのドラマ初挑戦、そして「宮」の続編かどうかということで
 物議をかもし出し、
 (結局、「宮」の続編ではなく、独自のドラマとして放送。)
 放送開始前から何かと話題になっていたこのドラマ。


主な出演
イ・フ役(SE7EN)・・・皇室直系の血筋ながらその事実を知らずに中華料理店の配達員。
             入宮後は女帝ファインの後継者争いをイ・ジュンと行うことになる。                 
ヤン・スニ役(ホ・イジェ)・・・皇室の女官研修生。宮で再会したフとは小学校の同級生。
イ・ジュン役(カン・ドゥ)・・・皇位継承順第一位だったが、フの登場によりその座を争うことになる。
シン・セリョン役(パク・シネ)・・・政界の権力者を父に持ち、皇太子妃になるという野望を持っている。
ファイン役(ミョン・セビン)・・・韓国初の女帝。自らの後継とすべく、フを皇室に呼び寄せる。

自分が皇族の血筋(父親は既に亡くなっていたが皇太子で、五年前に死んだ母はその妻だった)とは知らず、
中華料理屋の出前持ちのフ(SE7EN)は、宮廷からの使者により入宮することとなる。
天涯孤独だったはずの彼は一夜にして宮の住人にして、皇帝の従弟であり皇位継承順第一位となった。
慣れない生活のなかで、思いがけず再会した小学校の同級生スニ(ホ・イジェ)が
女官としてフの身の回りの世話をする。
何につけつい喧嘩ばかりのフとスニ。主従関係ではあるけれど、同時に友人でもある。
そんな二人にほのかな恋心が芽生える。
フとともにファイン陛下(ミョン・セビン)の後継者争いをするのは、はとこにあたるジュン(カン・ドゥ)。
彼は宮廷内で権力のある父親から将来皇帝になるべく教育されていて、
その資質は充分だと周囲の評判も高い。
後継者指名への皇室内外の様々な圧力によって、ファインはフとジュンを5つの課題を競わせ
勝敗を決することで納得させることに。
ジュンは女官であるスニに恋心を抱き、フとは後継の座だけではなく、
愛する女性の心をも争うことに...。
フとジュンの後継者争いに渦巻く陰謀に翻弄されながら、二人の対決が続く。
そして、恋の行方はいかに?...。


ひとことで言えば、意外に面白い!(笑)
「宮」を見ていなければもっと面白いと素直に感じたんだろうなーというのが実感。
続編じゃないといいつつも、ドラマの構成も音楽もとても似ていて
比較するなと言う方に無理があって、ついつい比べてしまうというのが偽らざる心情。
それならば・・・いっそ素直に(?)比較を交えて感想を。(笑)
(以下ネタバレありなのでご注意ください。しかもチョイ長め...。^^;)



続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

チュ・ジフン、「魔王」で頑張ってるらしい♪  ~韓ドラを語ろう!(22)~ [韓ドラを語ろう!]

日課ともいえる、韓国エンタメ情報のチェックをしていたら、
朝鮮日報に
チュ・ジフンはヤヌス? 謎めいた魅力が大好評
というのを発見。(記事はこちら

記事の画像を見て、ちょっとゾクゾクってきちゃったわ♪

続きを読む


nice!(1)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「妻」&「孤独」@KBS WORLD ~韓ドラを語ろう!(21)~ [韓ドラを語ろう!]


次々と送り出されるたくさんの韓ドラに、埋もれるように暮らしている私としては
どのドラマから見るかという優先順位は、新作ドラマが高い傾向にある。
けれども、新作が常に優れたものとは限らない。
タイトルの二つのドラマに共通するものはないけれど、
オープニングで受ける印象(古い?暗い?)だけで好き嫌いを判断していては
いい作品に巡りあう機会を逸してしまうと感じたドラマ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

意外な一面にクラっと...@「その女」 ~韓ドラを語ろう!(20)~ [韓ドラを語ろう!]

KNTVで金曜の夜11時20分から2話連続で放送中の「その女」。
当初は例によって録画したものをあとでチェックしていたのですが、
ここ3週間くらいはオンタイムで見ています。
「うーっ、ここで終わり?!」っていう、イイところで、1週間のおあずけとなるんですが、
それがすごくさみしいと思っちゃうドラマ。
(ドラマの内容はKNTVのHPをご覧くださいね。→こちら
いわゆる不倫モノなんですが、気がつけばすごい引き込まれちゃう。^^;

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

長~いドラマはお好き? ~韓ドラを語ろう!(19)~  [韓ドラを語ろう!]

日本と韓国のドラマの違いをあげれば、思いつくことのひとつに
『韓ドラは長い。(話数が多い)』というのがあるかと。
韓国でよくある16~18話のドラマはミニシリーズといわれてるけれど、
日本で放送される1クール(11話から14話)よりは確実に長いですもんね。
韓国では、月・火/水・木枠よりも週末ドラマと呼ばれる土・日枠のドラマは
比較的長いお話が多く、日本でも大好評の「チャングムの誓い」54話よりも
長いドラマはたくさんあって、視聴率の高いものも多い。

今、日本で放送中(CS)の週末ドラマはどれも面白い。
KNTVの「神様、お願い」(85話)に、KBS WORLDの「悲しみよ、さようなら」(60話)と
噂のチル姫」(80話を予定-現在韓国でも放送中)。 
どれもそれぞれなので一概には言えないけれど、
あえて共通項を探すなら「家族」という言葉が浮かぶ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

時代モノが好き ~韓ドラを語ろう!(18)~ [韓ドラを語ろう!]

毎日暑いですねぇ~^^; 
暑さにかまけていたわけではありませんが、久々の更新!(苦笑)

3年前に韓ドラにはまりはじめた頃は時代モノには関心がなかったけれど、
「チャングムの誓い」(大長今)によって180度変わり、
チャングム以降、今では抵抗感なく楽しむように...。
チャングムに比較的近い年代の「王の女」や「女人天下(現在視聴中)」もいいし、
もう少し前の「海神(ヘシン)」「ソドンヨ(現在視聴中)」も面白い。
そして、先月からKNTVで始まった「朱蒙(チュモン)」
~韓国(MBC)で、5/15から始まり毎週月・火に放送中。8/22現在27話まで進んでいる。(ちなみにKNでは再放送含め8/24現在で6話まで。)~
韓国での高視聴率は朝鮮日報でも何度も報じられていて(→こちら)、”旬”なドラマ。
KNのHPのドラマ紹介には
高句麗を建国した英雄・朱蒙の 一代記を描いた歴史ドラマ
とある。
まだ6話までしか見ていないけれど、期待通りの作品!
時代背景・登場人物の紹介等で、最初は多少イライラしながら見ることが多い時代モノのドラマとしては、主役の朱蒙(ソン・イルグク)の登場が意外に早かったのが驚き。
朱蒙誕生後は(生まれたばかりの赤ちゃんの寝ている姿のみ)子役時代がなく、
いきなり20年後でソン・イルグクが登場。
そのうえ、英雄・朱蒙からはほど遠いひ弱なダメダメ王子。(笑)
まあ、そんな王子がどんな風にして高句麗を築き上げるのかが楽しみなわけで...。^^
古代朝鮮時代を大きなスケールで描くこのドラマに注目!

☆KNTVのHPに韓国の大河ドラマ歴史年表があるので参考までにどうぞ♪→こちら

ところで、韓国では時代モノのドラマが流行っているようで「朱蒙」の以外にも
SBSでは「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)」(イ・テゴン出演)を放送中。
今後はKBSの「大祚栄(テジョヨン)」(チェ・スジョン出演)が来月から、
MBCの「太王四神記」(ペ・ヨンジュン出演)が来年初めに放送の予定。
また、大作の大河ドラマではないけれどKBS2で「黄真伊(ファンジニ)」(ハ・ジウォン出演)の
ミニシリーズも今年10月から。
私自身、どれだけのドラマを見られるのかはわからないけれど、
今は「朱蒙」や「ソドンヨ」にドキドキしながら韓国大河ドラマに期待しているところ。^^



 


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ウエディング」 ~韓ドラを語ろう!(17)~ [韓ドラを語ろう!]


ウェディング BOX2テレビ東京で昼間に放送していた「ウエディング」は昨日(7/18)最終回でした。始まった頃は吹替えにガッカリモードの私でしたが、気がつけば毎日楽しみにしてました。(笑)
チャン・ナラは温室育ちのお嬢様役がピッタリ。
ミョン・セビンの同性からは嫌われそうなアノ役もうまくやってました。
イ・ヒョヌのマイペースな雰囲気も...。そして、特にリュ・シウォンがこれまのプリンスぶりに加え、「男」の部分が見れたこと。過去のドラマでは聞いたことのないような台詞も今の彼の年齢と雰囲気なら嫌な感じをせずに受け入れられて、
ちょっとドキドキしたりして...。


このドラマのスタートの感じと中盤からの4人の関係での切なさとでは、
随分ギャップもあったかもしれませんね。(このドラマってこーゆー話?みたいな...。)
それでも最後にはハッピーエンドでめでたしめでたし。
最終回、スンウの気持ちを知ってもまだセナが躊躇しちゃったときには
「えー!」ってなったけれど、スンウの「カジマ」(行かないで)で解決ね...。(笑)
いやぁ、マジでホッとしました。(セナ母の「外泊はあなたたちが夫婦だから出来るのよ」にも笑)

残念なのがノーカットじゃなかったこと。
中盤から繰り広げられる息苦しい展開にフーッと息をつかせてくれるはずの
セナの友人たちとスンウの友人(カフェの)と後輩(外交官の)との恋のお話が、
放送時間の関係なのでしょうけれど、そこはすべてバッサリと切られちゃってます。
8月下旬からBSジャパンで金曜日夜10時からノーカット字幕版の放送があるそうなので
お楽しみに...。^^  ※ノーカットではないそうです。すみません。m(__)m(7/24追記)
正直、私としてはBSジャパンの後でいいのでKBS WORLDで放送してくれるのを期待してますけど。(苦笑)

今日からは「太陽に向って」が「ウエディング」の後にスタート。
またもやミョン・セビン^^;
私のオススメポイントはストーカーチックなクォン・サンウと
その妹役のキム・ジョンファ(「1%の奇跡」のダダ)の微笑ましい兄妹愛かしら...。

話しは変わりますが、MXテレビの韓ドラ枠が今週から水曜日に移行したようで、
「勝手にしやがれ」が本日スタート。
(個性派ヤン・ドンクンは私の中でちょっとしたマイ・ブーム
♪)


nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:テレビ

「スマイル アゲイン」第2話 ~韓ドラを語ろう!(16)~ [韓ドラを語ろう!]

スマイル・アゲイン DVD-BOX 昨日から始まった「スマイル アゲイン」
朝鮮日報によると韓国での初回の評判は上々のようです。
こちらこちらこちら
そして第2話。かなり想像部分も入ってしまうので間違った解釈も多々あるかとは思いますが、
レビュー”もどき”なんぞを書いてみようかと...。
(毎回書く自信はないので気分が乗ったときだけってことで...^^;)
一応ネタバレしますのでご了承を。



続きを読む


nice!(0)  コメント(23) 
共通テーマ:テレビ

「スマイル アゲイン」第1話@韓国SBS ~韓ドラを語ろう!(15)~ [韓ドラを語ろう!]

スマイル・アゲイン DVD-BOX 最終回まで見続けられる自信はまだないけれど(笑)
ともかく先ほど放送された「スマイル アゲイン」の第1話を視聴終了。
初回ということもあって約75分の放送時間でした。
ご覧になった方いらっしゃるでしょうか?
字幕がないのでやっぱりよくわからないところが多く、
レビューと言えるほどのものは書けそうにありませんが簡単に...。^^; 
正確じゃないけれど、ネタバレもしてますのでご了承を...。



続きを読む


nice!(1)  コメント(16) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ「ピアノ」と「雪だるま」~韓ドラを語ろう!(14)~  [韓ドラを語ろう!]

本当は別々に感想を書こうと決めていたけれど、たまたま同じような時期に見ていて、
ストーリーは全く違うのに、同じような印象を受けたこの二つのドラマ、
「ピアノ」と「雪だるま」について。


ピアノ DVD-BOX まずは、 「ピアノ」・・・(韓国SBS 2001年11月~2002年1月)
主な出演:
チョ・ジェヒョンキム・ハヌルチョ・インソンコ・ス

ハン・オククァン(チョ・ジェヒョン)は好き勝手に生きてきたチンピラ。
ある時、自分の息子だといって8歳の男の子・ジェス(後のコ・ス)がやってくる。孤児院で育ち家族とは縁のなかった男が突然父親に...。
とまどう彼であったけれど健気なジェスの存在、そして未亡人へリム(チョ・ミンス)との出会いによって徐々に変わっていく。
ヘリムにはジェスと同い年の息子ギョンホ(後のチョ・インソン)と姉のスア(後のキム・ハヌル)がいて夫を亡くしてオククァンのいる釜山にやってきたのだった。やがてオククァンとヘリムは結婚し、2人の間にも娘が誕生。けれども事故でヘリムが逝ってしまうと、残されたスアとギョンホの悲しみは深く、オククァンとジェスへの憎しみと反抗心を増長させる。
オククァンにとっても彼の人生でただ一度、心から愛した女性を失い、彼もまた深い悲しみどん底に落ちるが、彼女のためにも子供たちを幸せにするという使命感に燃え必死に生きざるを得ず、
チンピラ時代の親分がヤクザの世界から足を洗い、パン屋をはじめたのでそこで懸命に働くのだった。

納得できない親の再婚は、オククァンとジェスを父や兄として受け止めることが出来ないギョンホにとっては自らの人生を茨の道へと進ませるものとなってしまう。同時に本人達の意思に反して兄弟となってしまったスアとジェスの苦しい恋。互いを思い合う心の揺れが辛く切ない。
チョ・インソンの憎悪と孤独に満ちた眼差しとコ・スの憂いの表情がとてもいい。

そして、このドラマの見所の1つはなんといってもチョ・ジェヒョン演じるオククァンの不器用な父親の深い愛情。特にヘリムの忘れ形見ともいえるスアとギョンホに対してはどんなに憎悪の刃を自分に向けられても、ひたすら「父」として可能な限りの愛を注ぐ。
血を分けた息子ジェスにはひたすら心の中だけで彼を抱擁するそのオククァンの葛藤がせつなく、釜山訛りのただただ必死な泥臭いオヤジをチョ・ジェヒョンが熱演!


~ * ~ * ~ ~ * ~ * ~ ~ * ~ * ~ ~ * ~ * ~ ~ * ~ * ~  



雪だるま ~Snow Love~ DVD-BOX そして、 「雪だるま」・・・(韓国MBC 2003年1月~3月)
主な出演:
チョ・ジェヒョンコン・ヒョジンオ・ヨンスキム・レウォン

両親を早くに亡くした姉のヨンジョン(オ・ヨンス)と妹のヨンウク(コン・ヒョジン)は仲のいい姉妹。姉が結婚相手として紹介したのが刑事をしているピルスン(チョ・ジェヒョン)。ヨンウクは初めは姉をとられてしまうという気持ちでピルスンに反発するのだが、やがて彼の温かな人柄に心を許す。ヨンジョンとピルスンは結婚し、息子が生まれ幸せな家庭を築き上げていくが、一方で義兄のピルスンを目標に婦人警官になったヨンウクはピルスンを男性として慕う気持ちを捨てられずにひとり葛藤する。そしてそんな苦しい恋に悩む彼女を優しく見つめるソンジュン(キム・レウォン)がいた。

姉の死によって、義理の兄と妹の関係に大きな影響を与える。
互いに思いあっていても、兄弟という垣根を越えることは難しく、ピルスンにとっては愛してやまない妻を失ったことの悲しみとその妻への裏切りともいえるような自分の本当の気持ちを肯定することが出来ない。また、それはヨンウクにとっても同じことだった。
けれども、どんなに心を封じ込め否定し続けたとしても、相手を思う気持ちを消すことは難しい。
そんな二人の葛藤の様子が痛々しい。
特に、義理の妹の自分への気持ちを知ったあとのピルスンの表情には
簡単に気持ちを表に出さない(出せない)ところが切ない。
また、ヨンウクに尽くすソンジュンが健気なのだが、二人の真相を知って彼も苦悩し、
キム・レウォンの優しい笑顔と傷ついたあとの非情な部分を見せる人間の両面が見られる。
このドラマは2003年1月~3月の放送なので、同年6月スタートの大ヒット作品「屋根部屋のネコ」への出演への足がかりになったといってもいいのかも...と。


******************************************************************************


「ピアノ」・「雪だるま」の両方に出演しているチョ・ジェヒョンの演技力に驚かされる。
片やチンピラあがりだが情の深い不器用を絵に描いたような白髪交じりの父親役。
そしてもう一方は、妻子を愛する誠実な夫で刑事。
両者に共通する男が抱える苦悩と葛藤は、種類こそ違えど見ている私の心にズシンと響く。
また、血のつながりのない兄妹(姉弟)の一般で言うところの”禁断の愛”の行方が気になる。
それは、自分達の思いだけで突っ走ることなど出来ない彼らが悩みぬいて選んだ道...。

幸い両方ともDVD発売されていてレンタルも可能ですので、
機会があればこの二つの異なる愛の物語をご覧になってみてください。







 


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 韓ドラを語ろう! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。