So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『未来の選択』 第3話&第4話を見て [オススメ♪]

字幕がないって、やっぱりまだまだハードルが高いなと感じた今週。
なんとなーくはわかるんですけどね。
確信のないまま適当なことを書いても悪しからず。

先週の最後、キム・シンに食ってかかり、
そのあと、パク・セジュに「大丈夫か?」と聞かれ「大丈夫じゃない」と泣いてしまったナ・ミレ。
その続きから。

キム・シンは夢にナ・ミレが出てきて意識し始めます。
夢で見たミレの肩にあるやけどの傷を思わず確認して、本当にあってびっくり。
で、仕事ではチームをやめさせられそうなミレに結果的にチャンスを与えたのはキム・シン。
ナ・ミレの企画で番組も制作出来て、パク・セジュの計らいで
番組のエンドロールにナ・ミレも作家として流れて、喜ぶナ・ミレと祝うパク・セジュ。
で、そんな仲良しな雰囲気の二人の様子にあきらかに嫉妬モードのキム・シン。
ナ・ミレの力は及ばずとも仕事のへの意欲と努力は少しは認めつつあり、
YBSの会長が放送局の大幅な人事削減へもキム・シン自身が体を張って対抗して、ひとまず食い止めるという、
ある意味、彼らしからぬ行動へと導いたのも、ナ・ミレを辞めさせたくないという深層心理が働いたとしか思えない。

ナ・ミレはおばさんミレの言葉を気にしながら、キム・シン、パク・セジュ
それぞれが気になる様子。
自分に優しく、頼りになるパク・セジュと
意地悪だと思っていたキム・シンのそれだけじゃない人柄に接しての心境の変化に
少しずつ戸惑いを感じ始める。
また、リポーターのソ・ウギョンが、キム・シンの婚約者だという噂と、
本当はパク・セジュと結婚した女だというおばさんミレの話とから、内心焦りを覚える。
ソ・ウギョンの男の前では愛嬌たっぷり、自分の前では生意気で大胆、ザ・女な彼女に
仕事でも一人前と認められていない自分が悲しい。
だから、仕事なんかどうでもいいから、パク・セジュと付き合えというおばさんミレの言葉に
反発し、男に頼らず堂々と生きたいといい、努力の甲斐あって、
やっと正式に末っ子作家として先輩の作家に認められ喜ぶミレ。

ナ・ミレを海岸で一目ボレしたパク・セジュは、実は溺れた彼女を部屋まで運び介抱していた。
そのことはナ・ミレは知らないけれど。
ナ・ミレの仕事を陰に日向にサポートし、
ソ・ウギョンの大胆な誘惑にも乗らず、ソ・ウギョンをヤキモキさせる彼。
VJの仕事をそつなくこなす一方、チーム員の仕事ぶりをチェックするパク・セジュ。
祖母である会長が、系列の主事業のホテル経営の損失を放送局の人員削減でカバーしようとするのを
必至で止めるが相手にされず、悔しい思いをする。

ソ・ウギョンはキム・シンに気のあるそぶりを匂わせつつ、パク・セジュにもアタック。
きれいな脚を見せて誘ったり、バーでお酒をおごったり、
あれこれ頑張ってみるが一向に相手にされない。
けれども、パク・セジュの「自分に自信をもって、男に媚びることなどしなくていい」という彼の言葉に胸を打たれる彼女。
とはいえ、パク・セジュの視線がナ・ミレにあることが気に入らない様子。

そして、おばさんミレ。
この人の言動が本当に謎。(私にとってです。)
彼女にとっての過去である、今の1日が1ヶ月に相当するといい、とにかく自分には時間がないという。
そして持病なのか、このタイムトラベルの後遺症なのか胸を苦しがる様子が幾度とあるの。
4話の最後の方で、何故かモーニングショーのゲストとして登場し、
おそらく、人の未来がわかるとかのスピリチュアル的能力があるというような感じで、
それを信じさせるために、キム・シンのプライベートの話を言い当てるという場面で終了。
彼女がそうする意図が全くわからないままの私です。(涙)
そばにいる、ナ・ミレもおばさんが何をしようとしてるのかわからず、ひたすら慌てるばかり。

わからないことが多い反面、それでも
人の感情の動きはわかりやすく描かれてますからとても楽しめます。
特に、イ・ドンゴン演じるキム・シンがナ・ミレのことを考える時間は断然多くなっていってるのが面白い。
夢に出てくる二人は実際にはおばさんミレが若かりし日にキム・シンと過ごした様子なのかなと思いつつ、
汚い言葉をわめきたてる彼とはうって変り、超ロマンティックモードなドンゴンです。(笑)

一方、ヨンファ演じるパク・セジュはミレにはとっても優しいけれど、実体はYBSの社長?なのかな?
下っ端VJを隠れ蓑にして社内を潜入捜査中って感じで、その両面の顔を上手く演じてる気がします。
ソ・ウギョンとの食事の際には、無意識に差し伸ばすパク・セジュの手が
ナ・ミレとキム・シンに存在する深い”縁”と同じようにこの二人にも本来の”縁”があるのだと感じた瞬間でした。

ともかく、過去からきたにも関わらず、大胆に行動するおばさんミレが引き起こす騒動の行方と
男女それぞれの選択まで過程をしばらく楽しみたいと思う私です。

あ~、それにしても早く字幕付きで見たいものです。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。