So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『千日の約束』② [ひとりごと]

見終りました。
良かったです。期待以上だったと思います。
でも、ちょっと消化不良なとこもあります。
最後の最後があっけなくて...。
まあ、ソヨンが逝ってしまうその間際まで描いてたら
それはそれで見るのが辛すぎたでしょうけどね。^^;
残された人たちのその後がちょっとは知りたいなー。
まあ、ご想像にお任せしますっていうのが無難だよね。きっと。

スエとキム・レウォン以外の登場人物もきちんと描かれてたと思うわ。
全20話と、さほど長くないお話としてはね。
すごく好きだったのはソヨンの伯母とジヒョンの母。
役柄も演技も私の中では最高でした。
ベテラン俳優たちがいてこその、難しいテーマのドラマの存在意義だったかなと。
一方、若手の俳優さんたちも良かったです。
ソヨンの実弟を演じたのはパク・ユファン。(JYJ パク・ユチョンの弟)
ドラマ「きらきら光る」では主人公の幼い叔父という難しい役どころでしが
今回も姉が若くして認知症になるというのは、簡単じゃないわよね。
そしてもう一人、ジヒョンの元婚約者役のヒャンギを演じたチョン・ユミ。
その後、ドラマ「屋根部屋の皇太子」ではなかなかの悪女ぶりだけど、
本作では私から見るとありえないほどの天使な彼女だったので、女優としての挑戦を感じます。
個人的には、まだまだ彼女は天使のほうが似合うかなとは思うけどね。(笑)

認知症をテーマで、100%他人事とは言い切れないこのドラマで、
スエとキム・レウォンの落ち着いた安定の演技は
やっぱりすごいなーって思うわ。特にスエがね。
ソヨンが、嫌がっていた紙オムツを一生懸命自分でつけようとする姿、
本当に、ザ・女優でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。