So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ「花より男子」第24話 [オンタイム視聴中@韓国]

いよいよ残り2話となりましたが...

(警察からもどったらしい)ジュンピョは、食事もとらず部屋にこもっている様子。
会長秘書から、寝たきりの人工呼吸器をしてベッドに寝ている人物のところへつれられた姉は、それが亡くなったはずの実の父親とわかり号泣する。そのことが会長である母の指示であったことで詰め寄る姉。
そしてそれはジュンピョにも知れることとなり、いよいよ母と息子の間には深い溝ができてしまう。
そのころ、ジャンディと一緒に暮らしていた頃を恋しく感じているジフは偶然テレビにジャンディが映っているのを見つけジュンピョを誘って行こうとするが、ジュンピョは頑としてそれを拒む。
一人ジャンディのもとに向かったジフは「いつからかはわからないけれど、ジャンディがいないなんてダメだ」と、
祖母が母におくったリングをジャンディに渡そうとするが、ジャンディは受け取ることは出来ないと言う。
ジフはジャンディの気持ちを汲み取り優しく抱きしめるが、それを遠くからジュンピョが見ていた。

神話グループに恨みのある男が、ジフをジュンピョ(神話グループの後継者)と勘違いして車で轢こうとするが、
それをいち早く察したジュンピョがジフを助けようと飛び込み、ジュンピョがケガを負う。
病院にF4らと姉とジャンディが駆けつけ、ジュンピョの母と秘書もやってくる。
姉は、「ジュンピョの好物が何か、何が好きで、何をしたいのかをしってるのか?」と母親失格だとなじる。
それでも、手術が終わりひとまず安心とわかると、会議のために病院を出ていく母。
ジュンピョの手術は成功し、皆が喜ぶが、ここから、ジャンディのことだけ記憶にないというあのエピソードとなる。
日本版でいうところの「海ちゃん」にあたるユミも登場し、ジャンディのことを一向に思い出せないジュンピョに寂しい思いをするジャンディ。そしてそんな彼女を想うジフもまた切ないのだった。...ここまで24話。


ストーリー的には、ジャンディをジフが見つけてジュンピョが事故にあい、ジャンディの記憶だけを喪失し
ユミ(海ちゃん)が登場し、ジャンディの奮闘むなしくジュンピョはジャンディを邪険にするという展開。
字幕が欲しいと思ったのは、ジュンピョの母がなぜ、父を死んだことにしてしまったかという理由。
そして、ジュンピョがジフに誘われてもジャンディに関心がないと言ったあとのウビンとのサウナでの会話。
「自分が愛する女だから・・・」そのあたりの言葉、もっと理解できたらなぁ~^^;と。

ユミの登場は、わかっているんですが、見ていてホントイライラさせられるんですよね。
これが、最終回の予告で、なんかパーティーみたいな場面で、ユミが「ジュンピョと一緒にアメリカ留学することに決めました」とのたまってまして...!
うー、ジュンピョや~そんな瀬戸際までジャンディのこと思いださんのかい!って思っちゃいました。
これは25話のラストのラストでどんでん返し(記憶を取り戻す)でハッピーエンドにしようということ?と...。(ため息)
出来ることならそのハッピーエンドは早めにして、ここのところキツカッタ分、長めのラブラブなシーンを見せて欲しいんですけど。
強引だけど、優しくてお茶目なク・ジュンピョを見せて!
と切に切に願います。(懲りずに...笑)

さて、実は24話の私のヒーローはジフでありました。
もうさ、ジャンディへの深~い深~い愛情に満ち溢れてて、ホントに最高にイイ男ですよ。
正直「花より男子」の原作から離れてもいいから、ジャンディと・・・アリ? ぐらいに思っちゃいますよ。
初めてジャンディにきちんと意思表示したけれど、そこではキッパリ断られちゃって残念なジフだけど、
ジュンピョがジャンディのことを忘れちゃって、その上得体の知れないユミとは仲良くしてるのを見て
「ク・ジュンピョ!!!!!」ってジフらしからぬ大きな声で怒鳴る場面にジーンときちゃいました。
そのあとの祖父の病院で、ジャンディに握られた手の感触を確かめるジフがこれまたホント切なくて...。
基本的には、もちろん、「花男」であるかぎり、ジュンピョとジャンディがハッピーエンドになって欲しいけれども
この回だけだと、ジャンディにはジフと一緒にいるほうが幸せだよ~って思っちゃいました。^^;
ここまでジフの株が上がると(笑)、このあと日本で放送したときに、初回からジフを見る目が変わっちゃうわ~と
懸念しちゃうぐらい、今私ジフに引き寄せられてます。(笑)

もうすでに韓国では最終回の放送が終了していますね。
最後は笑顔で楽しめることを心から祈ります。^^




nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 6

かのかの

パンプキンさん、こんにちは^^
24話以降はやはりギューギューにエピソードが盛り込まれましたね…。でも、ここ数回とは違って、どれも「繋がっている」という印象は受けたので、一生懸命に話をまとめようと頑張っている、って受け止めればギューギューも仕方ないかな、って思えています。

信じられないような手を使う母親にほとほと嫌気のさす姉と弟。本来であれば父自身のことを絡めて細やかに演出してほしいところですが、仕方ないですね。

ウビンとのサウナのシーンはとても好きでした。
どうやら、自分の母親のしていること、そんな人間の息子であること、すべて神話という巨大な組織があるがゆえにジャンディを自分はよもや幸せにはできないという絶望感のために、彼女を迎えに行くことなどできない、とウビンに語っているようですよ。
ウビンがそれを親身になって聴いている様子、しかし何も言えないでいるところが良かったです。
ウビン=美作はどうしてもああいうポジションですからクローズアップが少ないのがかわいそうですが、
今回の韓国版はそういう立場であることは変わりなくとも、わたしはウビンという人物をキム・ジュンは丁寧に演じていたように思えます。
そっと他のメンバーを思いやる様子が、目立たないふうでありながらもきちんとこちらに伝わってきましたし。
サウナシーンの他にも、ちょっと細かな話ですが^^手術室前で心配そうに立っているF3が、ジュンピョ母が来た時に会釈をするんですけどね、その時のウビンの会釈が、なんかね、脚本にただ「会釈をするウビン」と書かれていたからそうした、だけでなく、ウビンの人柄が出ていたように見えたんですよ。だからこんなふうに覚えている。
途中、あの唐突な『ウビン、自分の家を恥じる』なんてエピソードは入れなくとも、私たちがウビンそして原作の美作あきらから感じ取れるものをちゃんと表現できていたと思うんですよね。

テレビに映るジャンディを見つけたジフ先輩。テレビっ子ジフは基本事項なので^^うれしかったし、テレビの中のジャンディのたくましく売る様子が久々にプッと笑えました。
彼女のSOSに素早く気付くことができて、優しく包み、守ろうとするジフには、私もほんとうに「原作無視してしあわせになって~」と思わされるほどです。
リーダーが、演技経験無くとも、オーディション抜きでジフに抜擢されたというのは、見る目がありましたよね。見た目はもちろんのこと、慈愛に満ちたジフにリーダーはぴったりでした。

ジュンピョは自分が幸せにしてあげることができないなら、ジフに任せるしかないって思う気持ちと、そうは言っても、生まれて初めて愛した女性であるジャンディをそう簡単にはあきらめられない、って様子が車の中からジフたちを見るシーンでは切なかったです。車の中で何かを思ったり、様子をうかがうシーンの多いドラマでしたね。
愛情だけでなく、F4の面々がそれぞれを大切に思っている部分も同じようなバランスで描かれている部分も良いなあと思います。信じているんですよね。お互いをすごく。
by かのかの (2009-04-01 12:53) 

ボラン

こんにちわ!
本当に終わってしまって、ほんの少し寂しい気持ちと、安心したような気持ちと、入り交じっています。
原作も、TV(2カ国)も見ていなかったので、全体を把握するのは、ほんとにこれが初めてでした。いつも主人公たちより、まわりの方が 気になるのですが、今回も、F3?のメンバーばかり気になっていました。もう終わりで会えないのが、残念です。;><;

しばらくOSTで名残を楽しもうと思います。


by ボラン (2009-04-01 13:31) 

パンプキン

かのかのさん、こんにちはー。^^
そうですね。後半のここ数話で感じていた違和感はこの24話ではなかったように思います。
ジュンピョが記憶喪失(ジャンディのことを)になって、
ユミが登場するエピはやはりこのお話では欠くことの出来ない要素なのですね。

サウナでの言葉のやりとり、ありがとうございます。
やはり、そんな感じでしたか...。
母というよりはもはや、カン会長と呼ばざるを得ない
それでも自分を産んでくれた母への嫌悪感、
背負わされた神話グループという重し、それらが
すべて愛するジャンディと離れなくてはならない障壁であり、今の状況のままジャンディを迎えに行ってもそれが何になるのか?という思いもあったかもしれませんね。
おっしゃるように、ジュンピョもジフも幾度かリフレインするチェジュのプールサイドでのジュンピョの言葉(ジフにまかせるべきだとわかっていても、ジャンディを諦められない)の通り、ジャンディのところへ
迎えにいったジフのあとから、やっぱりジュンピョも行ってしまうあたり、車中での表情とあわせて、ホント切ないです。
そして、ジフは結局、ジャンディにとって確かに彼はとても大切な存在ではあっても、男として彼女から愛される存在にはなれないという現実が、とても残酷に思えてなりませんでした。
彼女のSOSにイチ早く気づき、すっと手を差し伸べるけれども、リングのネックレスは受け取ってもらえない...。でも、ジフのジャンディへの眼差しのどれもが本当に温かくって、大好きです。最初の何話かはとても硬かった表情が、今ではジフとして、彼らしい心広き愛情深い”花沢類”になったと確信します。

ウビンのエピらしいエピがないのが少々残念ですが、私も、キム・ジュンはウビンという役どころを的確に彼らしく演じていたと思います。
F4とジャンディが常に多々悩み多き中、彼がいつも冷静でそして心からの友情で仲間を思いやっているところはステキです。

ラスト1話、ちょっと寂しく感じます。^^
by パンプキン (2009-04-01 16:54) 

パンプキン

ボランさん、こんにちはー。^^
とうとう・・・ですね。
今年になってから、この「花男」とつきあってきたので(笑) 来週からはもう会えないのかと思うと
恋人と別れた気分です。
F4のそれぞれがその役にピッタリで、本当にはまっていたので楽しめました。
彼らは歌手としてだけではなく、今後楽しみな俳優のひとりへと成長したと感じられましたが、出来ることなら、そのうちSS501 T-MAXとして
ドラマ曲を歌っている姿も見てみたい気がします。

さて、いよいよ最終回。
楽しみです。^^
by パンプキン (2009-04-01 17:02) 

テンコ

パンプキンさん、こんばんは~。
残り2話になったので、海ちゃん(ユミ)の話はまさか入ってこないよねと思っていたら、入れてきたので驚きました。
そういえば日本版も最後2話で入れてきたので似たようなスピーディな展開です。
24話を見たあと、予告編を観て、私もすごくもやもやとしました。そんなにユミのところひっぱるのか~と絶望感と怒りがわきあがり…(笑)。
ここまでだと、仰るとおり、ジフと幸せになって欲しい、もうジャンディをここまで傷つけないで欲しい!
日本版でもそうでしたが、海ってキャラ、本当に嫌で、女優さんまで未だに嫌いなのですよ。申し訳ないですが。

台湾の流星Ⅱをご覧になりましたか?あれは道明寺が全体の話の8割がた記憶がなくなっていて、エルサに心奪われていて、失望しました。つくしに一途でない道明寺なんてこの話の女性ファンは、観たくないと思います。失敗だったと思います。ここのユミの部分が長くなっているような感じが続いてえらく辛かったです。

でもお姉さんが母に色々と責め立てるところはなかなかすっきりしました。それに、ジェンディは本当に優しい子として描いていますね。ウビンも皆さん仰るように、優しげでいいやつという演技でしたね。


by テンコ (2009-04-01 21:42) 

パンプキン

テンコさん、こんばんはー。^^
残り2話の中でユミの登場(ジュンピョの記憶喪失)で、苛々感が際立ちましたが、ジュンピョから離れていったジャンディが再びジュンピョのもとに戻るためには、このエピソードが不可欠なのかもしれませんね。

台湾の流星Ⅱは随分前に一度見たはずなんですが
記憶が途切れ途切れです。
テンコさんがエルサに心奪われて...とあり
多少思い出したところです。
おっしゃるように、司はどこまでも一途な人でいて欲しいという視聴者の願いは強く、たとえ記憶をなくしたとしても、つくしを無視する司を見続けるのは辛いですよね。
なので、この24話でのユミの登場は、わかっていてもツライものがありますよね。

予告編にはホント、やきもきさせられます。(笑)
24話以上にユミが鼻につきますが、
そこは我慢!(笑)
笑顔のラストを期待してください。^^
by パンプキン (2009-04-01 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。