So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国映画「私のちいさなピアニスト」 [映画の感想]


私のちいさなピアニスト 韓国タイトルは「ホロビッツのために(호로비츠를 위하여)」。
ホロビッツのような偉大なピアニストになりたかったジスは小さな町でピアノ教室を開く。
留学さえしていれば自分だって立派なピアニストになれたはず...、
このままただのピアノ教師では終わりたくない...。そんな思いでいるジス。
その彼女の前に現われたのは、絶対音感を持つ孤独な少年キョンミン。
彼の才能に気づき、ピアノを教えるジス。そして、天性の才能を開花させていくキョンミン。
ぶつかりあい、心を通わせていくジスとキョンミン。二人の行く先はいかに...?



天才少年を発掘し育て上げる賢明な師匠とそれに応える弟子。
-決してそんな甘いストーリーじゃないところが最大の魅力。
キョンミンは確かに絶対音感を持つ素晴らしい才能に恵まれているけれど、
小さい頃に母を亡くし心に傷を抱えている。
ジスもまた、音楽の道を歩むには経済的に厳しい家庭環境の中にあって
無理してピアニストを目指してきたこと、そして今も家族の期待に応えられない現実の自分に
深く傷つきながら生きている。
だから、キョンミンという存在は彼の将来のみならず我が将来の希望の光となる。
キョンミンが我が栄光の道具としてではなく、純粋な存在になった時、
ジスは大きな決断を迫られる。
キョンミンの教則本をかかえて嗚咽するシーンは見ているものを揺さぶる名場面。

出演はジス役にオム・ジョンファ。
子供のころのキョンミンには実際にコンクール優勝経験のあるシン・ウィジェ。
そして大人になったキョンミンにジュリアス=ジョンウォン・キム。(韓国を代表するピアニスト)
他に、この映画ではなくてはならない癒し系のピザ屋の店長役にパク・ヨンウ。


クラッシックが得意じゃなくても、音楽が持つ偉大な力に引き込まれる108分。
ラストの右手小指に光る指輪を見て、
ジスが自分の決断に間違いがなかったことを実感したであろう...
そう思える迫力あるオケのシーンもまた圧巻。
是非、ご覧になっていただきたい。

 「私のちいさなピアニスト」のオフィシャルサイトはこちら


私のちいさなピアニスト

私のちいさなピアニスト

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2007/08/08
  • メディア: CD







nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 8

poppins

パンプキンさん、おひさしぶりです。
ぼくは、petit-woodyです。
お母さんと「私のちいさなピアニスト」を見てきました。

映画館では、はじめての字幕にちょうせんしました。
おばあちゃんが死ぬ前の、「危篤」がわからなかったけど、だいたいはOKでしたよ。ストーリーもよくわかりました。

キョンミンは、ぼくと同じ10才です。最初のところで、先生がはったポスターを切ってしまったのは、いけないことです。どうしてあんなことをしたのかなあと思いました。ちゃんとお願いしてもらえばいいのにと思いました。
後から、部屋にピアノの絵がたくさんはってあって、ちょっと笑いました。
どろぼうはいけないです。

ピアノをひくところがすごく上手でびっくりしました。それから先生と出あってよかったと思います。どんどん上手になってすごいと思いました。


キョンミンがジス先生からはなれて行くシーンがかわいそうでした。ぼくなら、ジス先生にずっと教えてもらいたかったです。

この映画もよかったけど、ぼくは去年見た「奇跡の夏」の方が好きです。
去年は「グエルム」を見たかったけど、字幕だったから見れなくて残念でした。この前、WOWOWで見ました。
by poppins (2007-09-04 21:10) 

パンプキン

petit-woody くん、こんばんは。^^
映画の感想、どうもありがとうございました。
そして、初めての字幕へのちょうせん、すばらしいです。
たしかに、「危篤」はむずかしいですよね。
大人の私でも、読めても書くのはむずかしいんですよ。(笑)

今年の映画にも、petit-woodyくんと同じ年の男の子が登場しましたね。
このお話のキョンミンという男の子は、自分の気持ちを表現するのが
とくいじゃないんだなーと思いました。
部屋にポスターをたくさんはるくらい、
本当はあの先生のことが大好きだったのに....ね。^^

キョンミンのピアノがどんどん上手になっていくのがわかるところは
とてもワクワクした気持ちになりました。
そして、petit-woodyくんが感じたように、私もジス先生からはなれていく
ところはとても悲しかったです。
キョンミンも先生も、本当はずっといっしょにいたかったんだろうなと思います。大人になって、りっぱなピアニストとして先生の前で
あのリスの曲をひいみせたキョンミンがとてもかっこよくみえました。
あれは先生とキョンミンの二人だけにしかわからない、暗号のようではなかったですか?

この映画は、どちらかというと、ジス先生の気持ちをたくさん見せている
お話だたと思うので、petit-woodyくんには少しむずかしかったかもしれませんね。
でもキョンミンと同じように感じたり、あるいは、どうしてそんなことをするんだろう?って思ったりすることが、「映画を見て、楽しむ」ってことだと思います。
自分が感じたことを文章にするのって、かんたんじゃないと思います。
だから、petit-woodyくんがこうして、ココにコメントをくれて
本当にすごい! 大拍手です。^^ 
nice! をはるかに超えて、great ! です。
by パンプキン (2007-09-04 22:08) 

poppins

パンプキンさん、こんばんは。
petit-woodyの母、poppinsです(笑)
早速、お返事ありがとうございます。
先ほど、書き込みしてすぐ、疲れ果て、寝てしまいました。

明朝、お返事頂いていることを伝えますね。

今回の映画は、字幕追うだけでも、やっとかなと思った割には、けっこうストーリーを理解していたので、ビックリしましたが、去年のように、感想をblogに書くまでは、理解していなかったようですので、こちらに、コメントさせて頂きました。

母は、今休んでいるblogの復帰作にしたかったのに・・・。なんちゃって!
それと、映画館って打った時に、私が横で「館」って書けるの?って聞いたら、息子の答えが、ナント!「大丈夫だよ。食べるに “クン” でしょ!」ですって!!
ホントに great!な息子です。もちろん、ハナマルあげました!!
by poppins (2007-09-05 01:05) 

パンプキン

poppinsさん、こんばんはー。^^
十分立派な感想なので、
poppinsさんのところで記事にされてもよかったと思いますよ。

>「大丈夫だよ。食べるに “クン” でしょ!」・・・
これにはビックリです。(笑)
「宮」を「クン」と読んでしまうところは只者ではありませんね!(^_-)-☆
by パンプキン (2007-09-05 22:05) 

ぐらころ

パンプキンさん、こんばんは

札幌ではやっと11/3からこの映画が上映されます。韓ドラ好きの友人に紹介したら行きたいと言ってました。
ただ、駐車場がないんですよね、その映画館…札幌は大都市のように思われがちですが実は田舎なので、車社会です。て、私が市内とはいえ田舎に住んでるのですが(^^; 一応、JR、地下鉄等乗れるところですけど…

話は変わりますが、ジフニ、ドラマ出演はなくなったけど、映画に出るらしいです。アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~という日本の漫画が原作みたい。そこには何と、私が好きなコプのプリンスの一人ソンギことキム・ジェウク君も。。。オットケー(*^m^*)

テレビとPC動画はパ・リーグクライマックスシリーズにかじりつき、ドラマは四月のキスとファッション70s、クムスンをカットだらけの地上波でちらちら見ながらも、いまだに復活から抜け出せないでいます。
by ぐらころ (2007-10-18 00:16) 

パンプキン

ぐらころさん、こんばんはー。^^
全国順次ロードショーというのは本当にタイムラグがありますよね。
でも、そちらでも観られて本当によかったです。
首都圏でもそうですが、各地見られる場所がホントに
限られていますから...。
実は私はそちらの出身なので、映画の公式HPで
映画館を確認してしまいました。
そうでしたか、あそこは駐車場がなかったでしたか...。^^;
まあ。大手のシネコンは完備しているでしょうけれども
こういったところは厳しいでしょうね。

さて、ジフン君の情報、ありがとうございます。m(__)m
さっそく関連記事を探しました。
日本ではタッキーや藤木直人がドラマでやっていたヤツですよね。
それが韓国で映画化されるとは...。
社長役ということですから、ドラマの椎名桔平さんの役のようですね。
クランクインがこれからということですから
来年、観られるといいんですが...。^^

「復活」の威力は相当なもののようですが、
やっと「魔王」の放送に追いつきました。
今はまだVODで見たところなのですが、そろそろ自分が
観たことのない回になってきますので
ワクワクします。
やっとOSTも手に入れましたので、そろそろ
「魔王」モードにドップリ浸かりそうです。(笑)
by パンプキン (2007-10-19 20:56) 

ぐらころ

パンプキンさん
レスありがとうございます。

今、来て、びっくり!! ”ノアール”…大人、シック…
この季節の変わり目にブログのレイアウトを大変身される方が多いみたい。。。ぞくぞくしちゃう色です。差し詰め「魔王」モード?ですか?

こちらのご出身とは。。。とうとう今週にはいってから、夜はストーブつけるようになりました。周囲の友人たちは「遅すぎる、九月末から点けてるよ」だって。私は本州出身なので、外気温が10度あれば、こちらの家の中はそれほど寒くないから、ウールのベストとか着てればストーブつけなくても全然平気。今週はさすがに冷えてきて…

例の映画館はまだ行ったことがありません。最近その近くにノルベサ(乗るべさから来ているとか(^^;)という屋上観覧車のある商業ビルが出来ました。そこから大きな通りをはさんでススキノ側に安い大型のパーキングビルがあるので、そこに入れるか、JRで札駅まで出てそこから100円バスあるいは歩くか…はたまた家から栄町まで歩いて地下鉄乗るか…ただ、豊水すすきのからは遠い気がする。めちゃくちゃローカルな話題になってしまいました。

アンティークはドラマも原作も知らないんです。まっさらな気持ちで見てみたいと思います。

OSTどうでしたか?復活を見たらますます最後のボーナストラックが聴きたくなる...あ、なりませんか?^^
by ぐらころ (2007-10-19 23:20) 

パンプキン

ぐらころさん、こんばんはー。^^
最近帰省していないので、新たな施設は全く知りません。^^;
”ノルベサ”・・・らしいというかなんというか(笑)

ostはなかなかgoodです。(^_-)-☆
でもostそのものを比べると
復活の方が好きです。(笑)
まあ、好み・・・でしょうね。
ドラマを最後まで見終わるとまた変わるかもしれません。
by パンプキン (2007-10-21 21:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。