So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

韓国ドラマ「王の女」 [韓ドラタイトル(ア~タ行)]

久しぶりにドラマの感想(紹介)を。
今回は「王の女に」ついて。
2003年10月~2004年3月に韓国SBSにて全42話の、
朝鮮王朝時代の韓国版「大奥」ともいえる作品。


************************************************************************************************

主な出演:パク・ソニョン(キム尚宮役)
      チソン(光海君役)
      キム・ユソク(臨海君役)
      イム・ドンジン(宣祖役)  他多数

時代背景でいうと、「大長今」(チャングムの誓い)に出てくる第11代の中宗王の少しあとで、
第14代の宣祖王の時代の話。日本の豊臣秀吉が朝鮮出兵したこともストーリーにかかわってくるのでその頃のお話ということになる。
宣祖の正室である中殿(イ・ヒョチュン=冬ソナのサンヒョク母)は子に恵まれなかった。
第一後宮・恭嬪の第一王子が臨海君、第二王子が光海君。恭嬪は王子たちがこどもの頃に亡くなっている。
第二後宮の仁嬪(ヤンファダン)は宣祖の寵愛を受けていて、我が子を世子(跡継ぎ)にしたいと思っている。

ストーリーの中心は跡継ぎ問題をめぐる朝廷や後宮の権力争い。
歴史上第15代は光海君となるのだけれど、彼がその地位につくまで、そしてその地位についてから廃位されるまでを描いているが、光海君だけに焦点をあてるのではなく、兄の臨海君側・ヤンファダン側・宣祖の二人目の正室となった中殿側など様々な立場からみせる。
殊に、タイトルとなっている「王の女」であるパク・ソニョン演じるキム尚宮は宣祖に仕える身でありながら、光海君を深く愛し彼のために宣祖の女となり、光海君が王位についたあとも支え続ける。
純真なひとりの宮女が、やがて、目的のためには手段を選ばない女へと変貌していく。
国や男女を問わず、地位と権力への執着はまさに魔性。
宣祖が我が保身のために、血を分けた我が子に対して警戒する姿や、
チソンが演じる光海君の当初の若くて聡明な王子の姿が、王座が近づくに連れて影を帯びていく様は、
それを物語っているよう。
最終的には勝った者が正義となる歴史の、その裏側のドロドロした部分を見せているのがこのドラマ。


2003年から2004年にかけて韓国で放送になった「大長今」が絶大な人気を誇ったことは有名。
日本でもNHKの地上波で「宮廷女官・チャングムの誓い」というタイトルで放送中で既に終盤をむかえている。
その、イ・ヨンエ演じるチャングムの「大長今」と同時期に韓国で放送されたのが、
私が大好きな「朗々18歳」(邦題:ランラン18歳)なのだけれど、
チャングムの影にすっぽりと隠れてしまったもうひとつのドラマがこの「王の女」。
機会があればご覧いただきたい。


nice!(1)  コメント(14) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 14

上野のパンダ

私にとっては、ちょっと乗ってみようか(見てみようか)という感じで、
ジェットコースターに乗り込んで、結局途中下車することなく
(途中でリタイアせずに)最後まで辿り着いたというドラマでした。
日本にも源頼朝の妻 北条政子や淀君、今やっている山内一豊の妻など
武勇伝(?)のある女性はいますが、この「王の女」は誰に似てるかなぁ、
なんて考えるのもおもしろいです。
by 上野のパンダ (2006-09-19 19:02) 

パンプキン

上野のパンダさん、こんばんはー。(^^)
>ジェットコースターに乗り込んで・・・
上手い表現ですねー。^^
このテの時代劇ドラマってそんな感じかもしれませんね。
コトが起きるまでジェットコースターがゆっくりゆっくり上がる感じですね。
そして堕ちるときにはものすごい速さで...^^;

「王の女」を日本の女性に例えるとしたら...うーん難しいぃ~。
by パンプキン (2006-09-19 19:30) 

たなばた

パンプキンさん、こんばんは。
このドラマも面白そうですね。
ちょうど、この前まで放送していたホジュンと同じ時代ですね。
ホジュンでも王になるのにとても大変でした。
機会があればぜひ、見てみたいです。
by たなばた (2006-09-21 00:00) 

パンプキン

たなばたさん、こんにちはー。^^
そうなんですか、ホジュンと同じ時期なんですね。
ホジュンはまだみたことがないんですが、知人からみせてもらえることになっているので楽しみにしているところです。(^_-)-☆
例えばチャングムだとチャングムがとっても正義感あふれる賢い女性で努力家でもあってってすごく応援したくなるキャラだと思うのですが、
この「王の女」はナレーションもそうですが比較的客観的な感じでお話が進みます。あくまでもドラマとして描いているので架空の人物を上手く使いながら、それでいてより当時の状況がわかりやすくなっていると思います。
とはいえ、登場人物もおおいので複雑ではありますが...(苦笑)
ホント、機会があれば見てください。
今GyaOで「ラストダンス~」をやってますから
チソンつながりでこのドラマもありなんじゃないかしらと思ったり...^^
by パンプキン (2006-09-21 16:52) 

LEE

すみません「王の女」どうしてもどうしても!!見たいんですが!
・・・日本語字幕付きが入手出来ず、途方に暮れております。。。。どのように購入できまするでしょうか? (>_<)~~~泣き。。。
by LEE (2007-03-03 00:07) 

パンプキン

LEEさん、初めまして。^^
いろいろ探してみましたが、このドラマは日本語字幕でのDVD発売はされていないようですね。韓国語版の方も見つからなかったので
現状はかなり難しいようです。
お役に立てなくてすみません。
by パンプキン (2007-03-03 09:10) 

井上善子

韓国ドラマの王の女とてもよかったです。
又近いうちにスカパ-KNテレビジヨンで再放送の予定がありますか。
よかったら教えてください。お願いします。
by 井上善子 (2007-05-14 06:43) 

パンプキン

井上さん、初めまして。^^
今のところ、再放送の情報は私にはいっていません。
よろしければ、KNの方にお問い合わせいただくのが
早いかと思います。
by パンプキン (2007-05-14 11:43) 

駿河の海老太郎

初めまして、おっは~、pumpkinさん!
かぼちゃ好きなんですか?

さて、今は、関西の地上波では、サンテレビ、京都テレビあたりが結構、韓流
ドラマをやっていますし、BSでも結構、やっていますね。

今は、「王の女」、「張 禧嬪」(共にBS朝日)を見ていますよ。
「張 禧嬪」はサンテレビでも放送されているんですね。ビックリしました。
「張 禧嬪」はサンテレビのほうが進行が遅いので、そちらを見ますけどね。
パク・ソニョンが両方のドラマに出演しているのにもビックリ!

「王の女」に関しては、キム尚宮が登場していることもあって、地元のメ~テレで放送されていて、帰省時にたまに見ていた、イ・ヨンエ主演の「宮廷女官 キム尚宮」と内容は似ている感じもしますね。
日本では、戦国時代末期で織田 信長、豊臣 秀吉、徳川 家康が活躍した時代なんですね。
豊臣 秀吉が明国制圧を企てたことに端を発した二度の朝鮮出兵の文禄の役(壬辰倭乱)、慶長の役(丁酉再乱)が韓国では、どのように描かれているのか興味があったのですが、途中から見たので見れませんでしたね。
今は、丁度、国王の後継者争いの真っ最中。今日の放送で、宣祖は亡くなりました。王妃を娶るにも、世子(日本語に直すと世継ぎ、跡継ぎ)になるにも明の承認が必要だったんですね。少し勉強になりました。
今、NHK・大河ドラマ「天地人」で上杉 謙信の跡継ぎ争い「御館の乱」が終わったばかりですが、似ている気もしますね。ちゃんと跡継ぎを決めずに亡くなっていった、という点では同じですね。

では、またお邪魔します!
by 駿河の海老太郎 (2009-04-29 05:54) 

パンプキン

駿河の海老太郎さん、初めまして。
コメントありがとうございます。^^

「王の女」でココに来てくださる方が多いので
不思議に思っていましたが、
今、地上波等で放送中なのですね。

「王の女」、「張 禧嬪」の両方に出演している
パク・ソニョンですが、とても対照的な役柄ですよね。
「王の女」、「宮廷女官 キム尚宮」ともに
随分前に見たので記憶がかなり曖昧ですが、
この二つのドラマに登場のキム尚宮は
設定は違いますが、同じ人物を描いているように思います。
日本の時代劇でも、題材になるようなメジャーな人物が何人もいて定番なものがあるように、
韓国でもそういうのがあるんじゃないでしょうか。
映画「王の男」の燕山君みたいな感じで。
もしかしたら、キム尚宮もあの当時、時代を動かした
女として有名なのかも...と。本当のところはよく知りませんが...^^;

それにしても、この記事を書いた2006年当時は
こういったドラマがDVDで発売になるなんて
思いもよりませんでしたが、「王の女」もそうですが、「宮廷女官 キム尚宮」にしろ、「張 禧嬪」にしろ、今ではレンタル店に並んでいて、驚きを隠せません。^^
by パンプキン (2009-04-29 21:10) 

駿河の海老太郎

おっは~!

早速のコメント、大変、嬉しく思います!

>「王の女」でココに来てくださる方が多い
>ので不思議に思っていましたが、今、地
>上波等で放送中なのですね。
というより、このドラマが2年半以上前に放送されていたことのほうが驚きです。

>「王の女」、「張 禧嬪」の両方に出演し
>ているパク・ソニョンですが、とても対照
>的な役柄ですよね。
確かに前者は「宮中を牛耳る悪女」、後者は「周りに同情される善女」という感じですからね。彼女も国王殿下に愛されるという点では同じでも、真逆の役で切り換えが大変だったでしょうね。

このドラマを見ていて、「朝鮮でも日本と同じようなことが起きているんだなあ。」というのが感想ですね。

かつて平安時代、藤原摂関家は、自分の娘を中宮・女御として天皇に嫁がせ、生まれた子が皇子なら次の天皇になるべく画策する、なんていうこともありましたし。

このドラマよりは後の時代になりますが、
江戸幕府の徳川将軍家でも10代将軍・家治の「世子」であった「幻の11代将軍」家基は、その政治を批判され、後々の失脚を恐れた老中・田沼 意次に毒殺されています。家治は食事が喉を通らないほど
落胆していたそうですからね。

「チャングムの誓い」にも出てきて祖母の貞顕王后(慈順大妃・尹氏)にかわいがられていた12代・仁宗だって、自分の生んだ子・明宗に跡をつがせたい文定王后が毒殺したなんて言われていますからね。

兄弟さえも敵と見なす羽目になってしまった光海君。ドラマは終盤に向かっていきますが、注目していきます!

これからも仲良くしてくださいね!
お願いシマ~ス!








by 駿河の海老太郎 (2009-05-03 05:50) 

パンプキン

駿河の海老太郎さん、こんばんはー。^^
レスがとっても遅くなりましてごめんなさい。

私はスカパーのKNTVで見てました。(王の女)
当時は、まだ今ほどの(日本での)韓ドラの時代劇ブームではなかったので、他局で見ることは難しいと思っていました。あの当時、韓ドラの時代劇といえば、「チャングム」って感じだったように思います。
今では、「朱蒙」をはじめたくさんの時代モノがDVDになって、本当に驚きます。

お国は違っても、権力争いの構図はどこも同じようなものですよね。
同じ人を描いていても、視点の違いや
脚色で違いが表れて、同じ人物とは思えないようなものがたくさんありますね。

そういう意味では、光海君も例外ではなく、
役者さんの色、シナリオの展開で
印象が様々だと思います。^^
by パンプキン (2009-05-09 21:17) 

駿河の海老太郎

おっは~!

遂に「王の女」終わっちゃいましたね。
光海君、最後は哀れでしたね。あれほど、チョン・イノンたちが反対派を抑え付けていたのに、こんな反乱・謀反を起こされるとは思いもよらなかったことでしょう。「張 禧嬪」で「側室の子が王になると必ず惨劇が起きる。」と言っていましたが、そのとおりになってしまいました。

後宮の第2王子ということで、同母兄の臨海君、異母弟の永昌大君までも死に追いやらざると得なかった、という苦境を乗り越えて、やっと王座に就いたというのに…。明にも、なかなか世子として認めてもらえなかった、ということもあって気の毒な気もしますね。
しかし、兄弟、そして、大妃の命をも狙ったのは光海君だけでしょうね、李氏王朝史上。

「光海君は刀であって、本当に悪いのは、刀を持った人物だ。」と最後のほうに言われていましたが、そのとおりだと思います。
穏便(穏健)派と強硬(過激)派が対立し、結果的に後者が宮中の実権を握ってしまったのが不運でしたね。結果的には臣下に恵まれなかった、ということになるんでしょうけど。

李氏王朝では、廟号、尊号、諡号、陵名はないのは燕山君と光海君だけとか。ドラマを見る限りでは、臣下が暴走してしまったことによって廃位に追い込まれてしまったわけですから、気の毒な王でしたね。本当のところは、どうだったんでしょうかね??

今後も楽しいblog期待してますね!
では、この辺で!
by 駿河の海老太郎 (2009-05-24 09:49) 

パンプキン

駿河の海老太郎さん、こんにちはー。^^
「王の女」終わったのですね。
どこの国でもそうだと思うのですが、
韓ドラで描かれる王朝の歴史は
権力争いの歴史ですよね。
正室の子VS側室の子という構図の裏には
それらをとりまく臣下たちの様々な対立があり
おっしゃるように
それはまさしく、”刀を持とうとするものたちの争い”ということですものね。
強い(賢い?)王というものは
そこを認識してどんな刀になるのか、なりたいのか?ということだと思うのですが、結局は王の思い通りの刀になることが難しかったということでしょうか。

>李氏王朝では、廟号、尊号、諡号、陵名はないのは燕山君と光海君だけとか。・・・
そうなんですか~。
だからこそ、その二人を主題にしたドラマが
数多く作られるのかもしれませんね。
いただくコメントを拝見してると駿河の海老太郎さんは、歴史を勉強されていますよね。すごいなーといつも関心させられます。^^






by パンプキン (2009-05-29 09:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。