So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

「快傑春香」最終話カットシーン@東京MXテレビ(ネタバレ)  [快傑春香カットシーン(MXTV)]

MXTV版「快傑春香」をKNTV版と比較してカットされているシーンを可能な限り再現してみます。
今回は最終回の第17話。

****************************************************************************

1.チュンヒャンがソウルに行くと工場の従業員に言うと、「もっとオシャレして化粧をした方がいい。」と言われたあと...

チュンヒャン:「今日中に帰ってくるわ。」
ドンス:(ちょっとからかう感じで)「遠慮しないで下さい。何日か空けても切り盛りしますから。」
チュンヒャン:「(怒り口調で)今日帰るってば!」
ドアをバタンと閉めて出て行くチュンヒャン

場面は変わり、検察庁のそとでモンリョンを待っているチュンヒャン。
そこにモンリョンがやって来て、
モンリョン:「何だよ。堂々と訪ねてきたな。」
チュンヒャン:「トド企画を嗅ぎまわってない?」
モンリョン:「まあな。」
チュンヒャン:「モンリョン!」
モンリョン:「腹減った。飯食いながら話そうぜ。」

場面は変わりモンリョンとチュンヒャンは店で食事を...。
チュンヒャン:「トド企画をなぜ調べてるの?下手にかかわらないで。」
モンリョン:「心配するな。これは俺の仕事だぞ。(不安そうなチュンヒャンの表情)罪人を捕まえるのが検事の務めだよ。悪さしてなきゃ捕まらん。今日最初の飯なんだ。後で話そう。」
チュンヒャン:「ちゃんと食べなきゃダメでしょ。」
モンリョン:「心配してくれるの?」
チュンヒャン:「心配なんかするか。」

店を出て、モンリョンの車に乗るふたり。
その途端、モンリョンがお腹を抑える。(胃痛?)
チュンヒャン:「具合悪いの?」
モンリョン:「時々起きるんだ。」
チュンヒャン:「どこが痛むの?」
モンリョン:「胃炎みたい。いつものことさ。」
チュンヒャン:「病院に行かなきゃ。」
モンリョン:「忙しくてね。行こう、送るよ。」(シートベルトを締めるモンリョン)
チュンヒャン:「薬買ってくる。」そい言うとさっさと車を降りて走り出したチュンヒャン。
その姿をちょっと嬉しそうにみているモンリョン。
そして、薬局で薬を買い走って車に戻ってきたチュンヒャンが息を切らしながら「はい。」とモンリョンに差し出す。
モンリョンはその速さに、自分の時計を見て「3分10秒?」と驚く。
モンリョン:「すごいスピード。薬局まで遠いだろ。愛の力だね。(笑顔)」
チュンヒャン:「からかったの?」
モンリョン:「(薬を受け取り)痛いのはホントさ。飛行機で帰れよ。」
チュンヒャン:「釜山には行かない。タニの家に行くわ。」
モンリョン:「もしかして毎日(俺に)会いたいから? 忙しいのにな...。(嬉しそうに)」
チュンヒャン:「私は仕事で来たんです。行くわ。(少し間をおいて)無理しないで。」そう言うと車を降りるチュンヒャン。
モンリョンは苦笑いしながら、でも嬉しそうにチュンヒャンを見つめている。

・・・モンリョンにトド企画のことを報告する部下のシーンにつづく。
【この間 約3分15秒】


2.ピョン社長にチュンヒャンが「彼を傷つけたら(私は)死にますよ。」というセリフのあと...

ピョン社長の部屋をあとにするとき、チュンヒャンは「みんな不幸だわ。私とモンリョン。そしておじさんも。」と。
ピョン社長は長い間、ひとりじっと考え込んでいる。
チュンヒャンは涙にくれながら釜山へのバスに乗り、そして釜山では自分の荷物をまとめ始める。
と、そこにモンリョンがやって来て、
モンリョン:「だと思ったよ。また逃げる気か?」
チュンヒャン:「モンリョン...。」
モンリョン:「荷物は置いといて俺と話をしよう。」

チュンヒャン:「私が消えれば解決するの。私を引き留めるためにもビデオはばらまけない。私さえいなければ...。」
モンリョン:「だからまた逃げるのか?」
チュンヒャン:「ビデオ観たでしょ。他人は真実に興味ないの。これが公表されたら、カン・ミンは英雄視されて、モンリョン・・・あなたは・・・」
モンリョン:「レイプ魔のレッテルを貼られる。検事もクビだな?家から出られなくなる。おしまいだ。(明るく言う)」
チュンヒャン:「ふざけてる場合?」
モンリョン:「分かってるよ。お前は俺を信じるだろ?」うなずくチュンヒャン
モンリョン:「それだけでいい。チュンヒャン、お前のために頑張るから信じてついてこい。」
チュンヒャン:「モンリョン...、もうあきらめよう。お互いつらいだけだわ。私たちこの世では縁がないみたいね。結ばれない運命なの。」
モンリョン:「バカ言うな。もう逃げるなよ。どこに隠れても必ず見つけ出すからな。」そい言って部屋を出て行くモンリョン。
残されたチュンヒャンは不安で涙がこぼれる。

一方、ピョン社長は、自分の部屋でチュンヒャンに受け取ってもらいアノ例のネックレスを手に、じっと見つめている。
モンリョンの「もう僕たちを振り回さないでくれ。愛してるから絶対にあきらめない。」という言葉、
そしてチュンヒャンの「私のすべてをかけて彼を守ります。愛してるから。」という言葉。
2人のその言葉が彼の心に響く。そして、持っていたネックレスを床に落としてしまう。落としたネックレスを見て涙するピョン社長。(彼の中で張り詰めていた何かが切れた瞬間にみえる...)

場面はモンリョンの自宅に変わる。
モンリョン父が新聞を読みながらお茶を飲んでいるところにモンリョンが「ただいま。」といって帰ってくる。
モンリョン父:「お帰りモンリョン。ちょっと来い。」
モンリョン:「ええ。」
モンリョン父:「ちゃんと食事してるのか?」
モンリョン:「もちろんです。」
モンリョン父:「ピョン社長のことを調べてるようだな。」
モンリョン:「個人的な感情では...(ありません)。公私はちゃんと区別します。」
モンリョン父:「彼がお前の何を握ってるか知っているのか?」
モンリョン:「分かっています。」
モンリョン父:「自信は?」
モンリョン:「ご心配なく。真実を明かします。」
モンリョン父:「そうか。」

・・・検事室にて窓を眺めるモンリョン、そして「何かわかったか?」のセリフにつづく。
【この間 約6分20秒】


3.ピョン社長の部屋を出たチュンヒャン。
そのドアの向こうにはモンリョンが待っていたとう場面→CMのあと...

ジヒョクの家にて...、
タンヒ:「ひどいことされたわね。良かったわ。」
ジヒョク:「これでお前たち幸せになれるな。」
笑顔で見つめあう、モンリョンとチュンヒャン。
ドンス:「パンさん、実物はもっとハンサムですね。サインください。」
ジヒョク:「いいよ。どこに?」
ドンヒはセーターをまくりあげ、背中をジヒョクに向け「ここに。」と。
ジヒョク:「(笑いながら)マジで?」(タンヒも笑っている。)
チュンヒャン:「いやだわー(笑いながら)」
ドンス:「ちょっとにおうけど我慢してください。」一同笑顔。

場面は変わり、夜道をモンリョンとチュンヒャンがふたりで歩いている。
モンリョン:「ずいぶん遠回りしたな。」
チュンヒャン:「そうだね。結婚は超スピードだったけど、その後は長かったわ。」
モンリョン:「いつ上京する?」
チュンヒャン:「なぜ?」
モンリョン:「ダンナ様のもとに帰るべきだろ。
チュンヒャン:「ダンナ様って?」
モンリョン:「はぐらかすなよ。再婚しなきゃ。俺は急がないけど俺がいなきゃ困るだろ。」
チュンヒャン:「ふざけてるわね。」
モンリョン:「またテレちゃって。」

【この間、約1分10秒】


5.チュンヒャンの「現世では結ばれない運命みたい」という言葉とともにチュンヒャンとモンリョンがビルから落ちていく→CMのあと...

古典劇:
チュンヒャンがピョン使道の前に座らされ、周りを兵士(?)に取り囲まれている。
ピョン使道:「春香(チュンヒャン)、どうしても私を拒むのか?」
チュンヒャン:「(首を横にふりながら)私の心に使道様が入る余地はございません。」
ピョン使道:「命を奪うと言っても?」
チュンヒャン:「私の気持ちは変わりません。」

場面は変わり
モンリョンの周りに彼の部下が集まる。
モンリョン:「用意はいいか?」
一同:「はい。」
モンリョン:「春香(チュンヒャン)よ、もう少しの我慢だ。すぐ助けに行くぞ。」

「暗行御史(アメンオサ)参上!」と言いながらモンリョンたちがピョン使道のところに乗り込む。
モンリョンの部下たちはまるで空を駆けるように入っていく(参考:「チェオクの剣」のような感じ)
ピョン使道の部下とモンリョンの部下が戦いを続ける中、
モンリョンはチュンヒャンのところにたどり着く。
モンリョン:「チュンヒャン!」
チュンヒャン:「旦那様...。」
すると突然ピョン使道が剣を抜いてモンリョンにむかったきた。
モンリョンもそれに素早く応戦し、ついにピョン使道の首に自分の刃をあてるモンリョン。
ピョン使道:「斬れ!」
モンリョン:(首にあてていた剣を収め)「観念しろ。」と。
ピョン使道:「いっそ殺してくれ。(振り向きチュンヒャンの顔を見て)この世が無理なら-来世でそなたを手に入れよう。」
チュンヒャン:「この世でも来世でも心を委ねることはございません。私には-(モンリョンを見ながら)旦那様だけです。」
微笑み見つめあう、チュンヒャンとモンリョン。

・・・落ちながら手を取り合うモンリョンとチュンヒャンの場面につづく。
【この間、約3分30秒】


6.これまでの古典劇パロディダイジェスト(省略)
【この間、約1分30秒】

 


最終回は、KNTVでの放送約61分(オープニングからエンドまで)に対し、
MXでは↑で私がまとめた分で約16分のカットがありました。
大事なところはちゃんと放送されていて許容範囲のカット場面だとは思いますが、
やはり、表面上はモンリョンのことなど忘れたと言い続けるチュンヒャンが
心の底では彼のことだけを考えてきたことが感じられる場面が削られるのは寂しいです。
韓ドラでは(というより韓国では)、愛する人がきちんとご飯を食べてるかどうかってことを
とても気にしますよね。チュンヒャンにしろモンリョンの父にしろ、
「ご飯をちゃんと食べたか」とか「食べなさい」ということを言うことは
それは「あなたを愛しています。心配しています。」というのと
ほぼ同義語だと私は思います。そんなちょっとしたシーンにも意味があり、出来るなら見せて欲しいところ。
そして、ピョン社長の計略によってチュンヒャンがモンリョンから離れざるをえなかったという事実がわかったあと、
またも逃げようとするチュンヒャンを引き留めるために釜山に駆けつけたモンリョンとチュンヒャンの部屋での会話。
2人がどれだけ互いのことを思いあっているかがわかるいいシーンだったと思うのでそれもないのは残念かも...。
古典劇の部分はどうしてもカットの対象になってしまうのもさみしいのですが、
今回のはパロディではなく、このドラマのモンリョンとチュンヒャンを踏まえたうえでの「春香伝」により近い形のものでした。
最初にこのカット集を始めた頃はエライモノの手をつけてしまったなーと正直思いましたが、
やっと最終回を迎えてみて改めてこのドラマをじっくり見直せたことは良かったなと感じています。
悔やまれるのは5話と9話をミスで出来なかったこと。MXでの再放送を期待しています。
が、もしも本当に再放送するなら今度は是非ノーカットでお願いしたいですね。^^

※今回も私が独断と偏見でポイントと思われるところは赤字にしてあります。


また、このドラマへの私の感想(レビュー)はこちらこちらにありますのでよろしければどうぞ♪


nice!(0)  コメント(11) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 11

くる

パンプキんさん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
私が書き込んだことがプレッシャーに
なってしまったのかも、と申し訳なく思ってました。

モンリョンとチュンヒャンのあんなシーン、こんなシーン、
パンプキンさんの記事を読みながら想像しています。
やっぱり3分の1がカットされちゃうのはつらいですね。

いつか機会があったら、絶対ノーカット版を見ようと
思ってます。
by くる (2006-06-08 20:47) 

パンプキン

くる さん、こんばんはー。[にこっ]
プレッシャーというよりは、くるさんから頂いたコメントは
このカットシーンを書き続ける上ではとっても励みになりましたよ~[はぁと]
本当に嬉しかったんです。
手間をかけて記事にしても正直意味があるのかしら?なーんて思ったことも
ありましたけれど、すくなくとも読んでくださってる方がいるということは
私には大きな意味がありましたから。[おんぷ]

カットされた部分にもモンリョンとチュンヒャンの素敵なシーンはたくさんありますし、古典劇のパロディも他にはない感じで面白いと思います。
タンヒやジヒョクが出ている場面もカットされ率が高かったと思いますが、
アノ2人もこのドラマでは欠かせない存在ですしね。
何気に私はジヒョクのあの低めの声が大好きです。(笑)

ノーカットでの「快傑春香」をご覧になれるときがくるといいですね。
そのときにはまたおしゃべりしに来てくださいね。[わはっ]
by パンプキン (2006-06-08 21:47) 

Mrs.Ree

おはよ~です[にこっ]

17話完走お疲れ様&おめでとうございます[にこっ]
面白かった古典劇のパロディーがカットされていたのは残念でしたね。
まぁ、内容に影響がないと思われカットされたのでしょうが、
このドラマを語る大事な部分だと思われるのですが・・(春香伝ですから・・)

またまた、すごいお仕事をなし終えたパンプキンさんに脱帽です[はーと]
by Mrs.Ree (2006-06-10 08:02) 

パンプキン

Mrs.Ree さん、おはようございまーす。[にこっ]
そうなんですよね。あの古典劇のパロディは独特の面白さがあるので
現代版「春香伝」というくらいなんで、カットはさみしいです。
民放でもキー局じゃない地方だからこそ、放送枠を90分くらいとって
ノーカットでやってみるという冒険にチャレンジしてみて欲しかったりして...。
返す返すも5話と9話の録画ミスは痛いです。[わーん]
本物の完走じゃないのが悔やまれます。
でも、まあとりあえず一区切りできました。[おんぷ]
by パンプキン (2006-06-10 08:55) 

さとさと

パンプキンさんはじめまして~[にこっ]。
MXの怪傑春香を見て以来すっかりハマっています~。主役の二人もいいし、音楽も大好きです~。
が、私も録画に失敗してしまい抜け落ちた回(4話もあるのです[がーん])
が観たくて、いろいろさまよううちにこちらにたどりつきました。
失敗した回はど~しても我慢できずネット視聴してしまったのですが、
そーしたら、もう前編ノーカットで観たくなって・・・。
そこにパンプキンさんのカット場面レビューはホントにホントに嬉しかったです!![おんぷ]
OSTを聴きながらずっと読ませていただきました~。
こんなシーンもあったのね~と泣いたり笑ったり・・・。すごく楽しくかったです。
でもひとつ困ったことが・・・ますますノーカットが観たくなってしまいましたぁ![あせっ]
でも不完全版ですが、パンプキンさんのカット集をふまえつつ、
また一話から観てみようかなと思ってま~す。
またお邪魔しますね、ありがとうございました~[はぁと]
by さとさと (2006-06-17 01:01) 

パンプキン

さとさと さん、初めまして。コメントありがとうございます。[にこっ]
私の拙いカット集でも、こんなに喜んでいただけて
こちらこそありがとうございまーす。[おんぷ]
このドラマのOSTは私も大好きです。[はぁと]
OSTはそのときにはまってるドラマのものや新しく購入したものを
聞くことが多いんですが、このカット集をやることで
ひさびさに「快傑春香」のをここのところよく聞いています。
なんといってもモンリョンの心情をうたったと感じられるアノ曲が大好きですが、アジョシのテーマ曲って感じのあのブルースっぽいのもお気に入りです。オープニングの曲も軽快なところがいいですしね。

録画を失敗したところをネットでカバーしたくなる気持ち
すごくよくわかります。
民放の地上波放送なのでカットはしょうがないんですが、
ノーカットのを見てしまうとやはり是非全てを...って思うのは当然ですよね。
確かにさほど重要じゃない場面でも登場人物の心の変化をあらわすには
必要なシーンだったりしますから...。
さとさと さん もいつかすべてをノーカットで見られるといいですね。
MXTVさんにも、万が一でも再放送することがあるのなら是非
今度はノーカットで♪ってお願いしたいところですね。
特に、せっかく「春香伝」をモチーフにしたドラマということなのに、
その古典劇を面白く(かなりギャグにしてますが)パロディにした部分のほとんどがカットだったのは残念ですもの。
by パンプキン (2006-06-17 12:04) 

オハル

パンプキンさん はじめまして!
MXTVの「怪傑春香」を待ち遠しく毎晩楽しみに見ておりましたが。
予告のキスシーンが誰なのか早く知りたくて、探し回り、こちらにお邪魔しました。
カット部分の様子がわかり、なおのことドラマの面白さが味わえました。
主人公の二人がナイスで、音楽も本当に良かった!
年末のKBSドラマ大賞に出ていた人々のドラマとわかったときから
楽しみでしたが回を重ねるごとに楽しさが増し…。
最後までハラハラドキドキでした。韓国ドラマにはまって見続けているからこその楽しいパロディ部分もあったりで最高に楽しめたドラマでした。
ここまで丁寧に書くのはさぞや大変だったことと思いながら・・・、とてもわかりやすく、感謝しております。
ありがとうございました。
by オハル (2006-06-17 16:04) 

パンプキン

オハル さん、初めまして。コメントありがとうございます。[にこっ]
このドラマを楽しんで見ていただけたこと、そして少しはお役に立てたことが
とっても嬉しいです。[えーっ]
>年末のKBSドラマ大賞・・・
昨年のKBSの代表的なドラマのひとつとして取り上げられていたことが印象的でした。「バラ色の人生」、「復活」、「海神」、「悲しみよさようなら」他
わりと大人ななドラマの中にあって、この「快傑春香」がコメディちっくなドラマでありながらも正当に評価されたことはファンとしても喜びですよね。
おっしゃるように、音楽も素晴らしいものでしたし、
韓ドラファンならわかりあえるパロディもこのドラマ独特でした。
振り返ってみると大変な作業ではあったのですが、でも
こうして喜んでいただけたという実感が持てて
本当に本当によかったなーと思いますし、
コメントくださったことに改めて感謝の思いでいっぱいです。[わはっ]
by パンプキン (2006-06-18 00:00) 

たすかん

素晴らしい!大変な手間でしたね~ありがとうございました[はぁと]
今日まで理由があって韓国ドラマを見るのを封印していたんですが、
封印が解けた今日、久々にKBSのサイトで大好きな15~17話を一気に見て、結局韓国語は分からないのでこちらで確認させていただきました。
遅いですけど、チュンヒャンが秋の童話のシネとは!!!
このあと、KBSにまたアクセスして秋の童話も見てしまおう~♪
ありがとうございました[はーと]
by たすかん (2006-07-23 20:38) 

たすかん

あれ?
KBSから秋の童話のページがなくなってました!
見間違いかな~?
by たすかん (2006-07-23 20:51) 

パンプキン

たすかんさん、こんにちはー。[にこっ]
カット部分しか載せていないので
大事なシーンは地上波をご覧になっていないと
なんのことやら...ってことではあるんですよね。^^;
そうそう、あの「秋の童話」のシネが今ではすっかり
大スターですね。そう思うと当時、年齢よりも上の役をやっていたってことですよね。今の方がとっても若々しいですもん。
「秋の童話」のサイトは私も確認してみたら見たらないですね。
やはりどんどんドラマは増える一方ですから
管理するのも大変なのかもしれませんね。
by パンプキン (2006-07-24 13:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。