So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

「快傑春香」第13話カットシーン@東京MXテレビ(ネタバレ) [快傑春香カットシーン(MXTV)]

MXTV版「快傑春香」をKNTV版と比較してカットされているシーンを可能な限り再現してみます。
今回は第13話。



****************************************************************************

1.ピョン社長が射撃練習をしているシーンのあと...

チュンヒャンの家から先に出てきたチュンヒャンのあとにモンリョンが追いかけてきて肩を抱き、
モンリョン:「チュンヒャン、今日俺につき合え。」
チュンヒャン:「どこ?」
モンリョン:「お前が一番好きな男に会いに行く。」
チュンヒャン:「誰よ?」

場面は変わり、モンリョンの父のところ。(警察の署長室)
モンリョン父:「アハハハ、今日の日を期待して待った甲斐があった。」
(微笑むチュンヒャンとモンリョン)
モンリョン父:「モンリョン、チュンヒャンだけを大切にできるな?」
モンリョン:「(チュンヒャンの顔をじっと見つめて)ええそうです。」
モンリョン父:「チュンヒャンも息子を信じて生きていけるだろ?」
チュンヒャン:「(モンリョンの顔を見つめたあと父の方を見て)お義父さんの意見に従います。」
モンリョンはその言葉にちょっとがっかりした表情。
モンリョン:「よかった。(モンリョンとチュンヒャンの手を重ねさせて)すぐにでも式を挙げよう。
(笑顔)」

場面は変わり、モンリョンとチュンヒャンが歩いてる。
モンリョン:「お前、どういうつもり?」
チュンヒャン:「何が?」
モンリョン:「父さんが好きで俺と結婚するのか?」
チュンヒャン:「バカ言ってるよ。」
モンリョン:「俺を好きだと言ったことないだろ。損した気分だ。言って。」
チュンヒャン:「アイス買ってきて。」
モンリョン:「言えったら。」
チュンヒャン:「先に帰るぞ。」
モンリョンはムッとしながらもアイスを買いに行く。
そして、アイスを二つ買っているとチュンヒャンからの携帯が鳴る。
(モンリョンのすぐ後ろで見えないところからかけている。)
モンリョン:「何?」
チュンヒャン:「そんなに聞きたい?」
モンリョン:「うん!」
チュンヒャン:「見つけたら言うわ。10分がタイムリミットよ。」
そう言われて嬉しそうに携帯を切るモンリョン。
アイスを持ってあちこち一所懸命探し回るモンリョン。
チュンヒャンは噴水のところで腰をかけて待っていた。
それを見つけたモンリョンは「どこにいようと見つけられるんだよ。」と言いながら
チュンヒャンの携帯に電話する。
チュンヒャン:「もしもし。」
モンリョン:「探せないよ。10分経っちゃったな。あきらめて帰るしかないみたい。ひとりで遊んでろ。」と言って携帯を切る。
チュンヒャン立ち上がって「ちょっと!」と言ってあたりを見回すと、
すぐそばにモンリョンがいて近づいてきた。
携帯を切ってアイスをもらうチュンヒャン。
モンリョン:「せっかくだから大声で言ってみろ。」
チュンヒャン;「(アイスをひとくち食べて)私は・・・アイスが大好き。」
モンリョン:「何?」
チュンヒャン:「アイスがすっごく好きなの。」
モンリョン:「アイスの他には?」
チュンヒャン:「マジで好き。アイスが大大大好き。」とにっこりする。
モンリョン:「(ガッカリした表情が一転笑顔になって)俺がアイスになるよ。」と。
モンリョンはチュンヒャンの肩を抱いて「行こう」といって歩き出す。

・・・チュンヒャンがお店でお客さんに「ありがとうございました」と言っている場面につづく。
【この間 約4分】

2.ピョン社長がモンリョンの大学まで出向き、モンリョンに「自慢ではなく警告だと」話しにいったときのモンリョンの後姿を見つめるピョン社長→CMのあと...

モンリョンはひとり道を歩きながら「金で何でもできると思うのか。覚えてろ!(怒)」と。
チュンヒャンの店に入るとチュンヒャンがお金を数えているのを見て、
モンリョン:「お前、そんなに金が好きか?」
チュンヒャンはお金を数える手を止め「うん。」というとまた数え始める。(嬉しそうな顔)

場面は変わり、今度はチュンヒャンの家にて...。
またもチュンヒャンはお金を数えている。
モンリョン:「俺、何になろうかな?」
チュンヒャン:「考えたことない。」
モンリョン:「ダンナの将来が気にならない?
5年後何になればいいか考えてみろ。言うとおりにする。」
チュンヒャン:「5年後?何がいいかな?」
モンリョン:「医者になろうか?」

チュンヒャンの妄想が始まる。
医者のモンリョンが患者に「腸破裂ですよ。これは大変だ。腰はどうですか?やっぱりね。腰が悪い。足も?困ったな。足も必要なものなのに。」といいながら
患者からお金を巻き上げている想像をしているチュンヒャン。(看護士役はチュンヒャン。^^;)と...。

チュンヒャン:「いいね、金持ちになれる。」
モンリョン:(少し考えて)「弁護士はどうだ?」

またもやチュンヒャンの妄想。
法廷に弁護士としているモンリョンは「何年入りたい?」と被告人に向って淡々と聞くと、被告人がお金を差しだす。
モンリョンほくえんだあと、お金を受け取り、手金庫を持ってきたチュンヒャン演じるアシスタントにそのお金を渡して
「2年くらいなら免除できるな。」というと、また被告人が更にお金を渡し、今度は「うまくいけば無罪に...。」というと
さらにまたお金を出してくる。ニコニコしたモンリョン弁護士は
「判事、金を出したから無罪にしてよー。」と叫んでいる。・・・と。^^;

チュンヒャン:「それいいねー。収入がいいらしい。」
モンリョン、すると今度は「事業家もいいね。」

しつこくチュンヒャンの妄想。
契約書を取り交わし周囲から拍手されているモンリョン。
そのそばで自動で紙幣を数える機会の前で嬉しそうに拍手している自分・・・と。

チュンヒャン:「最高だわ、成功してがっぽり儲けて。(笑顔)」
モンリョン:「(あきれたように)お前は何でも金につなげるね。」
チュンヒャン:「お金がありすぎて困ることないもん。」そう言うと自分の部屋にいく。
それを「金の亡者か...。貧乏な生活に耐えられるのかな...。」といって見つめるモンリョン。
そして、「大学を辞めて金儲けする?」とも...。

場面は変わり、夜中、チュンヒャンはぐっすり睡眠中。(隣ではタンヒも寝ている。)
隣の部屋(居間)ではモンリョンが眠られず考え事。
ピョン社長の言葉、「僕は何でもできる。」が頭から離れない。
そして「ソン・チュンヒャン、5年だけ待ってくれ。待ってろよ。」と何かを決意した表情のモンリョン。

場面は変わり、
トド企画では、ピョン社長がペク室長に「今すぐ新人の役者を見つけてくれ。」と指示。
ペク室長:「新作品の主役ですか?」
ピョン社長:「画ではなく実践で使う。主役は決めてある。」と無表情で言う。

場面は翌朝、
チュンヒャンが部屋から出てきて「起きて、授業があるでしょ!」といってモンリョンの布団をはがすが、すでにモンリョンの姿はない。
チュンヒャン:「出かけたの?」とつぶやく。

場面は大学で授業に出席中のモンリョンに変わる。
講義:「善意取得という取引の安全のために無権利者・・・」それを真剣に聞いているモンリョン。
また、図書館でたくさんの本を探し出してかかえている。そして懸命に勉強中。
図書館だけでなく、チュンヒャンの家でも本を広げて勉強しているモンリョン。
トイレから出てきたタンヒは「ジヒョクとゲーセン行かない?」とモンリョンを誘うが、
振り向きもせずにモンリョンは「明日、テストなんだ。」とひとこと。驚いた表情のタンヒ。
熱心に勉強しているモンリョンを見て首をかしげるタンヒ。
アクセサリーを製作中のチュンヒャンに「あいつ最近どうなってるの?」と聞くタンヒ。
チュンヒャン:「そんなことないわ。やると決めたらやる人でしょ。」
タンヒ:「それは認める。結婚前に目覚めてよかったね。」

・・・モンリョンの父が墨絵を描いている場面につづく。
【この間 約5分10秒】

3.ピョン社長の会社のビルの駐車場でモンリョンが足蹴りにされた場面→CMのあと...

タンヒとチュンヒャンは結婚式用の韓服の生地を選んでいる。
タンヒ:「可愛いね。」と。チュンヒャンも嬉しそう。

場面は変わり、ピョン社長の社長室にて、
ピョン社長は以前チュンヒャンに贈ったネックレスとそしてチュンヒャンが返してきたネックレス(なくしたと思ってモンリョンが同じものを買ってそれを返したもの)
の両方を手にしてじっと考え込み、ギュッと二本のネックレスを握る。

場面はまた買い物中のタンヒとチュンヒャンに戻る。韓服を胸にあてて笑顔のチュンヒャン。
そして、モンリョンが乱闘を繰り広げている駐車場に場面が移り、モンリョンはボコボコに蹴られ殴られている。
このチュンヒャンが結婚を目前に喜び一杯で買い物をしているまさに同じとき、モンリョンはわけもわからないまま
男達に暴力を受けている。その対照的な二人のシーンが何度も何度も交互に映し出されている。

そしてもう一方、ピョン社長は鬼のような形相で手に持っていた二本のネックレスのうち
片方を引きちぎるように机の上に叩きつける。

・・・パトカーが駐車場に到着した場面につづく。
【この間 約1分】

4.カン・ミンが記者から質問されている近くにいるピョン社長のアップのあと...

モンリョンに家にて、
モンリョン母は寝込んでしまった様子。チュンヒャンがそばで介抱している。
チュンヒャン:「お義母さん、しっかりしてください。」
モンリョン母:「モンリョンが...、何かの間違いだわ。モンリョンはどこへ行ったの?」
チュンヒャン:「モンリョンどこにいるの?」とつぶやき、心配そうな表情。
モンリョン母:は「モンリョン...」とうなされている。

・・・モンリョンが街で新聞記事になっているのを見つける場面につづく。
【この間 約20秒】

5.モンリョンの父の「全ての責任は私が取る」のセリフのあと...

署長室に戻ったモンリョンの父。
室内を見まわし、自分がずっと使ってきた机に触れ、感慨深げに涙ぐむ。
そして胸から拳銃を取り出した。
頬を流れ落ちる涙を拭いぐっとこらえている。
警察署の廊下を寂しげに歩いている父。
部下が敬礼して「お気をつけて。」「ありがとうございました。」と言って彼を見送る。
部下と握手を交わしながら警察署をあとにしたモンリョンの父。(責任を取って辞職した。)

場面は変わり、寝込んでいるモンリョンの母のおでこに乗せられているタオルを換えているチュンヒャン。
モンリョン母:「あなた...。モンリョン...。」とうなされている。
そこへチェリンがお見舞いにやってくる。部屋に入ると母のうなされている声が聞こえる。
お手伝いさん:「(チェリンに)いらっしゃったとお伝えいたしましょうか?」
チェリン:「いいえ、帰ります。」そういって出て行こうとしたときに、母の部屋からチュンヒャンが出てきてチェリンと顔をあわせる。
が、チェリンは何も言わずに出て行ってしまう。

・・・ピョン社長にチェリンが「もう、やめてください。」と言いに行った場面につづく。
【この間 約3分】

6.チェリンの「引き止められるのはあなただけなの。」のセリフのあと...

横断歩道をひとり呆然と歩くチュンヒャン。
ピョン社長の「僕じゃダメなのか?」という言葉、
雨の中「こいつさえいなければ僕を好きに?...」と言っていたこと、を思い出している。
そしてしばらく考え込んだあと、急に走り出したチュンヒャン。
場面は変わり、ピョン社長がドアを開ける。

・・・チュンヒャンの「おじさんの仕業なの?」のセリフにつづく。
【この間 約1分】

7.モンリョンの「助けたのに犯人扱いしやがって・・・」のセリフのあと...

モンリョンが釈放されるので両親が警察署に迎えに来ていた。
モンリョンの姿を見た父は何も言わず小さく頷きながら出迎えた。
母は、「ボクちゃん、可哀想に...」と言ってモンリョンのほっぺたをその手で触る。
そして、「こんなにやつれて苦労したのね...。とんでもないことに巻き込まれて...。
何の罪もないのにお父さんまで・・・。」と。
父は「そんな話は後にしろ。」と。
タンヒ:「チュンヒャンは家よ。」
モンリョン:「心配してたろ。」
モンリョン:「いいや母さん、チュンヒャンのところへ...。」
母:「えっ?」
父:「そうしろ。」そう言われて走って出て行くモンリョン。

場面は変わり、一人通りをあるきながら
モンリョン:「チュンヒャン、マジで怒ってるんだな...。あのアホ女のせいだ!」とつぶやく。
ふとアイスクリーム屋の看板が目に入り立ち寄るモンリョン。
そこから携帯でチュンヒャンに連絡をとる。
モンリョン:「ソン・チュンヒャンどこだ?ダンナが出所したのに何してるんだ?怒ってるのか?(アイスを店員から受け取る)誤解だったとはいえ悪かったと思っている。」
チュンヒャン:「どこなの?」
モンリョン:「家に向ってる。10分で家に帰ったら許してくれる?いいな、10分だぞ!(笑顔)」
携帯を切って全速力で家に向うモンリョン。
そしてチュンヒャンの家に着いたモンリョン。
モンリョン:「10分で来たよ。遅れてないだろ。これ賄賂」と言ってアイスの箱を見せる。
チュンヒャンは無表情のまま。

・・・モンリョンはテープルの上の荷物に気がついて「これ何だよ...。」のセリフにつづく。
【この間 約2分】

8.先に出て行ったチュンヒャンのあとを追い、
モンリョンの「話しは終わってないぞ。」のセリフのあと...

チュンヒャン:「いいわよ、話そう。」
モンリョン:「運悪く巻き込まれたけど誤解は解けた。俺を信じないのか?」
チュンヒャン:(振り向いて)「もう無理だわ。問題を起こして逃げる人には-つき合いきれない。」
モンリョン:「チュンヒャン...」

・・・チュンヒャンの「今回の事件は私たちのことを考え直すきっかけになったわ。」のセリフにつづく。
【この間 約25秒】

9.古典劇パロディ

牢屋に入れられているチュンヒャン。
顔だけ出るようになっている長い板がチュンヒャンにつけられている。
「若様、若様が助けて下さると信じております。邪悪なピョン使道から私をお救いください。若様。」
と言って天を仰ぎ見る。
チュンヒャンが入れられている牢屋の窓からタンヒ(御付の女)が「可哀想なお嬢様」と言って涙している。
ジヒョク(モンリョンのところの男)「そうだな...。でもどうして使道の金を?」
タンヒ:「花札で負けて利息だけで10万両よ。」
ジヒョク:「払わないと出られないな。」
タンヒ:「若様が肩代わりするのを待ってるの。」
タンヒとジヒョク一緒にため息をつく。
チュンヒャン:「若様...。」またもそうつぶやいて天を仰ぎ見るチュンヒャン。
【この間 約1分】

13話は、KNTVでの放送約63分(オープニングからエンドまで)に対し、
MXでは↑で私がまとめた分で約17分45秒カットがありました。
今回は、常軌を逸したピョン社長の企みによってモンリョンが窮地に追いやられるという回です。
カットされているところを集めてみると、限られた時間内にうまくまとめたなーと思います。
ただ、それでも出来たらカットしないで見ていただきたい場面といえば、
最初のところのチュンヒャンに「好き」といってもらいたいモンリョンの奮闘ぶりでしょうか...^^;
ここに来て、モンリョンにはチュンヒャンしか見えていません。
彼の行動の起因はチュンヒャンにあり、
どんなことも彼女のために、彼女が喜ぶようにという彼の思いから発生するのです。
そんなモンリョンの行動パターンを計算し尽して、ピョン社長の計画が実行されてしまいました。
悲しくもまるで悪魔と化したピョン社長の卑劣さと、
モンリョンへの愛のために泣く泣くピョン社長に従うチュンヒャンの葛藤とともに、
真相を知らないモンリョンが突然チュンヒャンに背中を向けられ
失意のどん底に落ちる次回への序章ともとれるこの第13話ラストのモンリョンの叫びなのでした。
モンリョンの父が見せる父親としての深い深い愛情にも涙でした。

※今回も私が独断と偏見でポイントと思われるところは赤字にしてあります。


nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

れい

パンプキンさん、こんばんわ(^-^)
今朝からSo-netでチュニャン始まりましたね♪
KNですでに視聴済みですし、東海地区地上波では「もちろん(汗)」放送されてないので、KN以来の視聴。
今、観たところカットはないみたい。音楽も変わってないみたい。よかった♪
KNとほぼ同じ時間数でしたし、最後の「春香伝」のパロディもはいってましたし(^-^)/♪←コレかなり重要!!
あとKNさんにはない(汗)映像のキレイさ…あははは。
正直今KNで楽しみなのはバラエティばかり。唯一「ファッション’70S」が楽しみなくらい。
あ~また毒吐いちゃった…ついつい…。
さっ、今からSBS観るぞ~o(^-^)o!!!
by れい (2006-05-24 20:57) 

パンプキン

れいさん、こんばんはー。(^^)
ソネットの「快傑春香」は録画だけしてまだ見てないんですが、
時間だけをみてもカットはないなーとおもっていたので、やはり(^_-)-☆
だったようですね。
私は結構KNのドラマも気に入っているんで切りたくても切れずにいますよ。
^^;
前はバラエティも結構見てたんですが、KBSが増えてからは
そっち系は全然見れなくなりました。
音楽系もで、ホント今はドラマオンリーの毎日です。(苦笑)
ホントはM-netもとっても惹かれるんですが、
マジこれ以上は私の体が持ちません。(笑)

昨日・今日と「スマイル・アゲイン」ホント頑張ってみました。
(睡魔とたたかいながら...)
私としては、もうちょっとサクサクッと進んで欲しいんですけど..。
予告を見た感じだと来週の方が期待大だわ♪って感じ。^^
by パンプキン (2006-05-25 23:31) 

れい

パンプキンさん、こんばんわ~(^-^)
KNでの最近のお気に入りが、「めっちゃ、大好き」☆
ユジンちゃんがいまいち^-^;だったんですが、あの訛りフル稼働の台詞回しがツボで、可愛くて好きです☆
「クムスン」のイミンギ君やリュジンssiも結構好感度高いし。
「おはよう、神様」が終わり(TOT)放心のワタシでしたが、土曜日から念願の「ファッション70S」が開始だし「グッバイソロ」「チル姫」…
契約局も増えてそろそろ(いやもうすでに)地上波はニュースだけ…という韓国漬けテレビ生活です。今の日本の流れについていけないれいです(泣)

そうそう!!「スマアゲ」!!
パンプキンさんのおかげで無事4話まで視聴できています♪
本当に本当にありがとうございます(TOT)
by れい (2006-05-26 20:58) 

パンプキン

れいさん、こんばんはー。(^^)
「めっちゃ、大好き」は今日、再放送の第1話を見ました。
面白そうですよね。ユジンのあの訛りと天然さに大うけしました。
リュ・ジンは今回も叶わぬ恋なのかしら...?なんて思いつつ...。^^;
「おはよう~」は最終回が明日の放送のを見る予定です。
天候が怪しいのでかなり不安ですが...。(編成が変わってから思いっきり1話ずつずれて最後の回になっちゃいました。苦笑・・・でもその時間帯しか録画できないのよぉ~泣)
KNにしろKBSにしろ新しいドラマになるのでまた楽しみですね。
古いのも始まるけれど、「真珠の首飾り」は私がKNを契約したときにはほとんどおわりかけで全く見なかったドラマなので
気になっています。
幸いというかまあ、朝はめざましテレビを見るのが習慣なので(勢いでとくダネ!も)まあそこそこ日本のこともついていってはいますよ~^^;

「スマアゲ」、お役に立てたんですね。^^
今週はホントやばかった(眠くって)んで、
来週こそは気合入れてみますよー。
他に、KBSの月・火の「ミスターグッバイ」をVODで見始めたら
面白かったのでネット視聴(オンタイムではありませんが)しようと思っています。
ただ、ついついあとまわしなんでまだ2話目は見ていませんが...。
今週末にでも見られるといいんですが、週末は家族にPCを譲ることが多いので無理かも~^^;
「スマアゲ」に話を戻しますが、そろそろ本格的に入社して(ハジン)
欲しいぞーって思ってます。^^
by パンプキン (2006-05-26 22:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。