So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

韓国ドラマ「海神-チャン・ボコ-」 ~韓ドラを語ろう!(11)~ [韓ドラを語ろう!]

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 1 この間までKNTVで放送していた「海神-チャン・ボコ-」(全51話)が最終回をむかえた。
地味に嵌って見ていたので、本当ならちゃんとした形で感想を書くべきドラマだと思うし、
そうしようと思っていたけれど、登場人物の多さとその人間関係、そして時代の流れを
説明しながらドラマを紹介するには私の能力では限界です。^^;
なので、今回はココでさらりと語りたいと思う。



韓ドラの時代モノのドラマといってまず思い浮かべるのは、
「大長今(邦題:宮廷女官・チャングムの誓い)
」(全54話)。
簡単に言って、チャングムが男尊女卑・階級社会の中で活躍するドラマなら、
この「海神-チャン・ボコ-」は階級社会の最下層の出身ながら、幾度の生命の危機を乗り越えて
天運を味方にしながら、自らの努力と信念でその立場を上昇させていったドラマ。
チャングム同様、歴史上実際に存在した人物の一代記を描いている。

チャン・ボコ役をチェ・スジョン、そのライバルであり深い因縁でつながっているヨムジャン役を
ソン・イルグク、チャン・ボコを生涯愛するジョンファ役をス・エ、
権力のためには手段を選ばない女・ジャミ夫人役をチェ・シラが演じている。
又、この他にも挙げればキリがないくらい力ある俳優陣の豪華な競演がこのドラマを盛り上げる。

奴隷だったチャン・ボコが商人として自立し、最後は朝廷の重要な責務を担う立場にまで登りつめるというお話は、当時の新羅の政治的・経済的状況(明との関係や東アジアの交易含め)を知る上でも興味深い。
そのスケールの大きさに、韓国ドラマ界の時代劇(史劇)のレベルの高さを証明
する1本。
韓国での平均視聴率が30%というのにも納得できる。
一方、チャン・ボコ、ジョンファ、ヨムジャンの切っても切れない男女の情愛が描かれている。
現在インターネットでも配信されているので、興味のある方は是非に♪
ドラマの壮大さは言葉ではうまく表現できないので、直に見ていただくよりほかありません。

私自身、NHKでの「チャングムの誓い」の放送によって、
”現代劇ではない韓国ドラマ”への抵抗感がなくなり、衣食住や言葉遣い等の文化への
更なる関心が強まって、ドラマを通してその文化の歴史を知ることになったことで、
むしろ”時代劇だからこそ”の、面白さを実感!
実際、現在KNTVで再放送中の「王の女」に夢中だし、今週韓国で最終回をむかえたばかりの
薯童謠(ソドンヨ)」
が今月末に同じくKNTVで放送開始になるのを心待ちにしている。
以前はなんとなく敬遠していて見たことのなかった「
商道」や「許浚(ホ・ジュン)」も
次の機会には絶対見逃すまいと固く心に誓っている。(笑)




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

nadenade

パンプキンさん、私も韓国の時代物大好きなんですよ。
今は、王の女とホジュンを見ています。
「商道」も良かったので是非お薦めですよ。
「薯童謠(ソドンヨ)」、私も待ち遠しいです。(^O^)
by nadenade (2006-03-22 14:39) 

パンプキン

nadenadeさん、こんにちはー。(^^)
「王の女」は何気にはまりまくり!で、土曜日の当日はなかなかみれないんですが、少なくとも月曜の早朝までには見てます。^^
「商道」は、次いつ見られるかわかりませんよね。^^;
「ホジュン」はKNのは見なかったんですが、今衛星でやってるので、
知人から借りて見られそうなんで、ちょっと安心してます。
胸キュンのラブコメ好きなワタシですが、そうゆうのとは別に
韓国の時代物は違った面白さと奥深さがありますよね。(^_-)-☆
by パンプキン (2006-03-22 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。