So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

韓国ドラマ「白雪姫」 [パンプキン・特選韓ドラ]

韓国KBSで2004年3月~5月に放送された「白雪姫」。
私自身はKBSのVODでほぼ同時期に視聴。(以前に書いた感想→
こちら
その「白雪姫」がGyaOで配信され、改めて字幕つきで視聴。
このブログのカテゴリー「日本未公開オススメドラマ」のドラマから「未公開」という言葉を
取り除いてくれたGyaOに感謝しつつ、もう一度感想を...。
ネタバレありですのでご注意を。特に今回GyaOの配信を見逃した方は、
きっとそう遠くない時期にまた配信される可能性がありますのでね。^^



*********************************************************************************
 

白雪姫 DVD-BOX           主な出演:キム・ジョンファ(マ・ヨンヒ役)
      ヨン・ジョンフン(ハン・ジヌ役)
      イ・ワン(ハン・ソヌ役) 
      オ・スンヒョン(チャン・ヒウォン役)
      チョ・ユニ(スギハラ・ミナコ役) 他


ヨンヒは力だけは人並み以上の冴えない女の子。初恋のジヌを長年思い続けているが、
告白すらできずにいる。ジヌは女性にモテモテのアナウンサー。ヨンヒのことを、
”親友”と称しヨンヒの気持ちに気づきもせず、最高の「ともだち」としていつもヨンヒの傍にいる。
ジヌとはとても仲がいい弟・ソヌは日本に音楽留学していたが、強制送還のすえ、ジヌのたっての頼みでヨンヒのアパートに下宿することになる。大好きなジヌの頼みを断われないヨンヒは、何かにつけ生意気なソヌと同じ屋根の下で暮らすことに...。
ジヌと同じ放送局で同僚のヒウォンはジヌに接近し、やきもきしているヨンヒを尻目に
恋人になり、結婚の約束をするようになる。そんな二人の様子に心痛めるヨンヒをいつも一番近くで見守っていたのがソヌだった。
年上でイケテナイヨンヒだけれど、彼女の一途で純粋なところに少しずつ惹かれていたソヌは
ヨンヒのドジで要領の悪いところも含めて、一人の女性として見る様になる。
ヨンヒもまた、長い間思いを寄せていたジヌとの失恋の傷が、ソヌの存在によって癒され、
ソヌがただの年下の下宿人ではないことに気づく。
ヨンヒとソヌが互いに思い合い始めたそのとき、ヒウォンとの結婚が破談になり落ち込むジヌだったが、それまでは自分の傍にいてあたりまえだったヨンヒが、他の誰かを好きであると知り、(その時点でそれがソヌとは知らないのだが)失ってみて初めて感じるヨンヒへの愛情に気がつく。
けれど、気づくのがあまりにも遅すぎたジヌには苦しい恋のはじまりだった。
そして、ジヌのヨンヒへの思いを知ってもなお、すでに”始まって”しまったヨンヒとソヌの
年の差カップルの切ない思い...。二人の恋の行方はいかに?
魅力的な登場人物それぞれの心の葛藤に胸がキュンとなるラブコメディ♪


ヨンヒのステキなところは途中でメガネをコンタクトにかえ、服装から髪型も洗練されていったことだけでなく、彼女がもともと持っている純粋なところ。
彼女がどれだけジヌを一途に思っていたかが、8話のヨンヒのセリフでわかるの。
それは、『(ジヌのことを・・・)いつも愛想笑して誰にでも優しい。味にうるさいし、男のクセに
チャラチャラして、座高だって高いし、鼻の穴は大きさ違うし...。海苔巻きを食べる時は子供みたいににんじんを全部よけて...。ガムは必ず半分しか食べないで、残りの半分を私にくれる...。』と。
結婚が決まったジヌを本当に諦めなくてはならない苦しい胸のズキズキとしたものが
響いてくる感じ。ジヌだけを見つめて暮らしてきたであろうヨンヒの偽らざる思い...。
そして、そんな彼女の傍にいて、時にバイクを走らせ、背中を貸しくれ、好き勝手なこと言い合いながらも一緒に笑ってくれるソヌという存在がどんどん大きくなっていったことは自然なことよね。
ソヌに『ともだちじゃない!』って抱き寄せられ背中にまわした腕をギュッとしたヨンヒの気持ちがよくわかるの。
更に彼女に好感が持てるのは、最終的に「恋」だけにおぼれるのではなく、自身の夢や将来を
模索したことも大きいと思う。それは「恋」も「夢(仕事)」も手に入れたいと思う視聴者の願望でもあるはず..。(^^)v

一方ソヌは、日本でのヨンヒとの出会い方はいいとは言えないけれど、実の母との別離のせいで、心を閉ざし、本当はとっても愛してる父と兄にも素直になれずにいたけれど、ヨンヒと共に暮らすうちに、自分が自分らしく一番自信を持てる”音楽”ともう一度向き合うことが出来るようになって、彼は少しずつ変わっていくの。ヨンヒが音楽にかかわってるソヌを褒めてくれたことは大きかったと思う。そんなヨンヒが大好きな兄のことで苦しむ姿がソヌには耐えられなくなっていったんだろうな...。だから「アジュマ」ってバカにしながらも、いつもヨンヒを気にかけて彼女を助けてしまうの。
ソヌがいつからヨンヒを意識しだしたのかはわからないけれど、少なくとも自然にヨンヒのことを「アジュマ」ではなく「マ・ヨンヒ」って呼び出したのはハッキリとわかったわ。^^
年下なソヌが時にヨンヒをリードし、若さゆえの暴走もするけれど、年下であるがゆえの
コンプレックスに素直になれないところも、見ている方にはかわいく見えちゃったりしてね...。

さて、今回最後の最後で、ずっと低迷していた株価が突如高騰したのが、「遅すぎた男」ジヌ。(笑)
初めてこのドラマを見たときには、イ・ワン演じるソヌに心を奪われた私は、一見軽い感じのジヌへは何の思いも抱かなかったけれど、今回、字幕で見ることが出来た一番の収穫は、
あまりにも鈍感な前半のジヌとは打って変わって、ヨンヒとソヌのことを知ってしまった最後の方の
ジヌのセリフや行動が、以前ではわからなかっただけで、実はとっても「大人」だったってこと。
15話で、『人の心を変えるより自分の心を縛るのがいい』っていう彼の言葉に涙...。
執着心でまわりを滅茶苦茶にしてしまう韓ドラにありがちな人物と違って、彼は愛する二人だからこそ、その二人のために身を引くだけでなく、後押しまでしてあげちゃうの。
ジヌという男は血のつながらない家庭に引き取られ、優しい父親とかわいい弟という家族ができたってこともわかったのだけれど、彼自身があたたかい家庭を渇望し築こうといつも努力してきたことも同時に知ったわけで、だからこそ、いつも明るく誰にでも優しいジヌだったんだなーってね。
こうしてあらためて彼のことをもう一度考えてみると、彼のアノ不思議なくらいの鈍感さは、彼が幸せに暮らしていくために自然と身についた護身術的なもので、無意識のうちに知っていて気づかぬフリをしてきたこともたくさんあったんじゃないのかなーと。例えば、屋上でソヌとヨンヒが抱き合っているのを見て、あの言い訳に納得することの方が変なわけで...。^^;
ただの、鈍感男っていうだけじゃないのよ、きっと。

三人以外のヒウォンやミナコ、ヨンヒが働くケーキ屋さんのオーナー(兼職人?)も、それぞれに
いい味をだしていたと思う。日本人という役柄のミナコの日本語が韓国語よりヒドイというのは気になるけれど、2004年の放送当時、今ほどの日本での韓ドラブームは予想外だろうなーいうことで、シナリオ上の
「坂本龍一氏」に関するくだりを含め、大目に見るより他なさそう。(笑)

韓ドラによくある風景というのか、タッチの差でのすれ違いもよくあって、いつもソヌはジヌの遅れをとっていたのが印象に残っているけれど、彼が唯一兄よりも抜きん出ていたのは、ヨンヒへの自分の気持ちを、そのとき自分が感じるままに素直に行動に移せたこと。
ジヌとヨンヒには実現しなかったキスシーンが、ソヌとヨンヒでは早くも第2話にして登場し、私の記憶が確かなら少なくとも4度はあったはず。(^_-)-☆

「ラブコメ」といわれるジャンルのこのドラマの、恋のせつなさやドキドキ感に
胸をときめかせながら楽しんだ日々がすでに懐かしい。
GyaOでの早期の再配信を期待しつつ、やはりどこかの放送局でやって欲しいドラマ。












nice!(1)  コメント(16) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 16

poppins

パンプキンさん、こんばんは~☆
やっぱり、パンプキンさんの、ドラマ感想(描写を含めて)は、奥が深くていつも感心させて頂いています。私のようにおもしろければいい的な発想でblogを書いてしまうのが大変お恥ずかしい限りです。

ヨンヒの直向な想いと心の葛藤。ソヌの若い正直な心の動き、ジヌの一見鈍感と思えても最後に分かる優しい大人の思いやり、そして、この3人に関係する若い人たちの人間模様。改めて「白雪姫」をもう一度、縁り深く見たくなりました。

早くGyaOでは、再オンエアしてくれること。また、他の放送局でも取り上げて欲しい。なんなら、ネット配信でもお願いしたいと思いますね!
by poppins (2006-01-22 01:57) 

Mrs.Ree

おはよーです。
そーですよね、このドラマが放映された時、これを日本人が見ちゃうなんて事は想像出来なかったでしょうから、日本の風景・ミナコの日本語・着物の着方など、??な場面も多かったけど、それはそれで、ご愛嬌(笑)

ヨンヒの健気なジヌに対する思い、ソヌと出会いソヌに対する思い
ソヌやジヌの生い立ち、韓ドラにありがちな三角関係なんだけど、それをドロドロとしたパターンにせず、だからといって、おちゃらけだけにはしてない、
奥の深いドラマだと思いますわ。
そろそろ日本でも放送した方がいいですよね?パンプキンさん(^-')
by Mrs.Ree (2006-01-22 08:41) 

パンプキン

poppinsさん、おはようございます。そして、nice!もありがとうございます。
(^^)
いえいえ私もpoppinsさんと同じですよ~。
面白ければいいし、面白さにもいろいろあるってことですよね。^^ 
言葉にするとかなり”堅く”(ある意味硬く・難く?笑)なってしまうのが私の欠点です。^^; (簡単なことも面倒な表現をしてしまう...)
感じたことがうまく伝わるといいのですが...。
ヒウォン・ミナコが適度にストーリーを振り回しますが、結局はヨンヒとジヌ・ソヌの3人の気持ちが中心ですよね。
それぞれの俳優さんとキャラがうまーく重なった、いいドラマだったと思います。きっとGyaOでまたやってくれると信じたいですね。
by パンプキン (2006-01-22 09:02) 

パンプキン

Mrs.Ree さん、おはようございます。(^^)
実際、韓ドラファンじゃなければ「愛嬌」では納得してもらえないかもしれませんが、ドラマの中心はあくまでも別のところということで、笑って許してもらうよりないですよね。^^;
Mrs.Ree さんがおっしゃるように、ドロドロともせず、おちゃらけにもしない
絶妙なところでの人間模様に笑い、涙するいいドラマだと思いますので、
GyaOだけではもったいないので、どこかで放送して欲しいものです。
GyaOはタダでノーカット字幕で見られる最高の場ですが、パソコン環境が整っていないと見られないのが唯一の欠点ですものね。^^
by パンプキン (2006-01-22 09:25) 

SOPHIL

こんばんは
私は見ていないのですがネットを調べていたらタイのサイトで
このドラマのテーマ曲がBGMとして掛かっているところを探しましたよ。
(ご覧になっている方に曲も確認してもらいました。)
http://www.popcornfor2.com/dramas/download_TasteSweetLove.php
by SOPHIL (2006-01-22 22:00) 

パンプキン

SOPHILさん、こんばんはー。(^^)
このドラマのOSTは発売になってすぐに買いました。^^
ご覧の方ならすぐにわかる曲とともに、ソヌが作曲したピアノ曲もあって
とっても大好きなOSTのひとつです。
それにしても、SOPHILさんはネットの検索でタイのサイトまでたどりついちゃうんですねー。\(◎o◎)/!
by パンプキン (2006-01-22 22:29) 

パンプキンさん、こんばんは!
「白雪姫」ってGyaOでしかやってなかったんですか?!
GyaOも充実してきて、昔のばっかりじゃなくなりつつあるみたいですよね。
今後もワタシは大いに期待しております^^
話は戻って・・・
「白雪姫」の最終回、ソヌとヨンヒが最後の最後まですれ違って、(しかも空港内で!)もどかしかったのですが、不思議とハッピーエンドを確信していました。
そして、何といってもソヌがヨンヒのよさをジヌよりも先に見抜いて、素直に伝えているのがとっても好きでした。
by (2006-01-23 00:46) 

sachi

おはようございま~す♪
まだソヌが恋しい毎日で・・・「白雪姫」再放送早くしてくれないかなぁと思っています(^^;)
私もSOPHILさんご紹介のサイトにいつもお世話になってますよ!
NGも見られてGOODですよ!!
TBさせて頂いちゃいました(^o^)/
by sachi (2006-01-23 06:38) 

パンプキン

na-varmeerさん、こんにちはー。(^^)
そうなんですよ!「白雪姫」はKNTVで放送っていうのが一度はキャンセルになり、ちょうどヨン・ジョンフンが来日した際にも、KNTVで放送決定とあったのにもかかわらず放置...^^; で、結局GyaOで見ました。
ホント、「すれ違い」とかが大好きな脚本家で、それもタッチの差(笑)
ソヌのお茶目で素直なところは私も気に入っています。^^
by パンプキン (2006-01-23 12:42) 

パンプキン

sachi さん、TBありがとうございます。(^^)
新たに始まったGyaOのはちょっと古めですね。
私もはやく「白雪姫」をやって欲しいなーと思います。
で、出来るならどこかで放送して欲しいわ。♪
by パンプキン (2006-01-23 12:44) 

hiromomo

パンプキンさん、こんにちは~!
回を増すごとに、どんどんこのドラマに引き込まれてしまったひとりです。
パンプキンさんに、教えていただけなかったら、こんな素敵なドラマを見逃すところでした・・・ありがとうございます~。
poppinsさんの所でも書いたのですが、①録画したい、②DVDが欲しい、③再配信して!日々こんな事ばかり思っています。

ヨンヒとソヌは、本当にお似合いのカップルですね~。あの2人の雰囲気が大好きです。でも、私は最後の最後で、ジヌが大好きに・・・
最後の4話ぐらいは、本当にジヌには泣かされっぱなしでした~。
ヨンヒの気持ちを考え、ソヌにアドバイスをしたり、最終話でも地方から帰ってきて、すぐにヨンヒの所にいかず、そっと影から見つめているソヌ。ヨンヒが気づかなければ、きっとお店には入らなかったかもしれない...
そして、家族を、ソヌをとっても大事に思うジヌ。ヨンヒを諦める為に、車の中で涙を流しながら、ヨンヒへの思いを歌うジヌ。そんな、大人の魅力たっぷりのジヌが好きになりました。
でも決して、ヨンヒとソヌが一緒になったことを、反対するわけではないですよ。心から祝福しています!!
地上波放送、それからOSTの発売もお願いしたいです。
by hiromomo (2006-01-24 13:55) 

パンプキン

hiromomoさん、私も同じです!
>、①録画したい、②DVDが欲しい、③再配信して!・・・(^_-)-☆
そして、ヨンヒとソヌを応援しつつも
ジヌの良さを再認識した私もhiromomoさんのコメントに
うなずくばかりです。
ところで、「白雪姫」のOSTですが、私がいつも利用しているところには
品切れでなかったのですがすね。
リクエストが多ければ再入荷もあるかもしれませんが、すぐには難しいですよね。結構いい曲が入っているのでコチラも是非お願いしたいところですね
by パンプキン (2006-01-24 18:12) 

MIO

はじめまして。トラックバックさせていただきました。【白雪姫】にはまって早くDVD発売されないかなと思っています。これからも遊びに来させていただきますので、よろしくお願いします。
by MIO (2006-02-01 16:55) 

パンプキン

MIOさん、初めまして。コメント&TBありがとうございます。(^^)
「白雪姫」は大好きなドラマのひとつです。
この間までGyaOで見ていたのに、また見たくなる・・・そんなドラマです。
GyaOでまたやって欲しいし、そのほかにもどこかで放送して欲しい!そう願っています。
ココのコメント欄の一番最初にあるpoppinsさんのブログでは
「白雪姫」が大好きな人たちが集まってますのでよろしければ
一度おたずね下さいませ。(私も時々行ってます。^^)
http://blog.so-net.ne.jp/poppinsmama/
by パンプキン (2006-02-01 17:46) 

MIO

さっそく遊びにいってきました。情報ありがとうございます。これからもちょくちょくお邪魔します!!
by MIO (2006-02-01 18:57) 

パンプキン

MIOさん、おはようございます。(^^)
早速ありがとうございます。
確か木曜更新でいろいろ企画されてるはずですので
今日はこれから出かけるので後ほど私もお邪魔するつもりでーす。^^
by パンプキン (2006-02-02 08:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。