So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

ランラン祭 第11回 [ランラン祭]

先週は多忙と風邪のため、思うようにブログの更新が出来ませんでしたが、
やっと復活の兆し...(笑)
そして、コレだけははずせない月曜恒例のランラン祭♪


第11回(11/7)のテーマは、

「思わずニッコリ。ほのぼのと心温まったのはこのシーン!」


************************

今回も自分のランランレビューを使って紹介を...。

第8話

ガヨンとソナの計略で、ジョンスクが一足早く安東に連れて行かれた夜、
ケンカの後ということもあって、初めは一人が快適だなんて言っていたが、
ジョンスクの母の家に行くヒョクジュン。

 ~テレビを見ながら一人食事中の義母(ジョンスクの母)

義母:どちら様?
ヒョクジュン: お義母様。
母:いらっしゃい。 (笑顔で) さあ入って。
ヒ:お食事中でしたか?
母:そうなの。
ヒ:うまそうだ。僕にもいただけませんか?
母:いいわよ。チョット待ってちょうだい。 (笑)

 ~おいしそうに、ご飯をほおばるヒョクジュン。それを優しい眼差しで見ている義母。

ヒ:あいつの味噌チゲはお義母さま譲りでしたね。おいしいです。
母:お粗末さまです。
   (食事しているヒョクジュンを見ながらしみじみと...)
   ジョンスクが子どもであなたも大変でしょ。
   会うたびに申し訳なくてね。あの子とは不釣合いだし 母親の私も無力だから...。
   あなたのために なにひとつしてやれない。

ヒ:そんなことありません。ジョンスクをいただきました。
  それに、僕のお母さんになってくれました。
 (母の嬉しそうな顔)
  12歳のときに両親が亡くなってから 一度もお母さんと呼べる機会がなかったです。
  結婚してお母さんができて嬉しいです。
  ”お母さん”  ”お母さん” こう呼べてどんなに嬉しいか。
母: (うなずきながら、ヒョクジュンの手をとり) ありがとう。 (嬉し涙)
  本当にありがとう。 
 
 ~ 母に手をとられ、穏やかで優しい笑顔のヒョクジュン


************************

ヒョクジュンとジョンスクオモニとのツーショットシーン。
早くに母を亡くしたヒョクジュンが、義理の母から感じたそのぬくもりが
どんなものだったのだろう...。
ヒョクジュンがオモニに言った言葉は、うわべだけのものではなく
彼がジョンスクと結婚して心から感じたものだったと思うのです。
ジョンスクの母にも、ジョンスクを案じるのと同じく婿となったヒョクジュンをも
優しく気遣う母の思いやりを感じます。
遠慮なく甘えるようにチゲを食べるヒョクジュンとその様子を嬉しそうに見ているオモニの
そんな場面がほのぼのとしていて、見ている私も笑顔になる...。



さて今回もいつものように、ランラン祭参加メンバーが同じテーマで書かれていますので

それぞれのブログやHPを是非お訪ねください。

 ランラン祭にレギュラー参加されている方々は...

・「ランラン祭」主催の多賀子さんのブログ 『 エンタメ散歩道 』

・RICOさんのブログ   『 好きなことだけ書いてます 』

・ミホウさんのホームページ  『 mihou's website 』  

・朗々21さんのブログ  
『 朗々日記 』  

・koさんのブログ  
『 koの毎日 』  

・谺さんのブログ  
『 谺のバルーンな日々。 』
 
・たなばたさんのブログ  
『 Donggun Donggun 』
 
・hiromomoさんのブログ 
『 頑張る育児&ウィハヨ!ドラマ 』
 
・ゆきまま2005さんのブログ  
『 ふるふるハウス2005
 』

poppinsさんのブログ 『 PoppinsClub  』  
  
そして、「ランラン祭」 専用ブログ は コチラ

また、単発でもほとんどレギュラー同然の方々の会場は、ランラン祭専用ブログ
にありますので、こちらもよろしく!

★ランラン祭、参加ホームページ&ブログ紹介★

今回は、このランラン祭がきっかけでブログを始められた
poppinsさんの
、 「 PoppinsClub 」 をご紹介します。

ランラン祭に単発で参加されていた
poppinsさんが、一念発起されて始めたブログが
「PoppinsClub」。第6回からはレギュラー参加され、2ヶ月目に入りました。
中学受験目前の娘さんと元気いっぱいの息子さん、そして家族思いのご主人に囲まれ
季節ごとの行事を大事にされている
poppinsさん。
彼女にとって韓ドラは、
家族のことに追われる日常の中にあっては、
”自分のための時間”なのかもしれません。
ご主人の協力もあり、ランラン祭のみならず様々な話題がこのブログを飾ることでしょう。
毎年クリスマスには家族旅行に行かれるのが恒例とのことですが、
今年の予定はどうなるのかが楽しみですね。(土産話が聞けるかもしれませんよ。^^)

個人的には、同じソネットに仲間が出来て嬉しい限り!





****************************************************************************

第12回(11/14)のテーマは、

「思わずうるっ。涙が頬を伝ったのはこのシーン!」
  
( ただし、おじいちゃんが亡くなったシーンは除く。 )

笑ってばっかりじゃないのがこのドラマ
気がつくと勝手に涙がでちゃう...そんなシーンもありますよね。
どうぞお楽しみに!


-----------------------------------------------------------------------------

【祝・ランラン祭!】

ランラン18歳 第11話
☆ Remember of  pumpukin's selection  best scene


~諸葛派に誘拐されていたジョンスクのところに、ヒョクジュンがかけつける。
  二人はまわりを諸葛派に囲まれ、ヒョクジュンとジョンスクは背中合わせに...。

ヒョクジュン:ジョンスク、今から言うことをよく聞け。
ジョンスク:ええ。
ヒ:後ろの奴らを倒すから、そこから逃げろ。
ジ:私ひとりで?
ヒ:二人じゃ逃げ切れない。
ジ:嫌よ! おじさんと一緒にいる。 (泣きながら)
ヒ:助かる道はそれしかないんだ!
ジ:おじさん。 (涙)
ヒ:そいつらが倒れた所から全力で走れ。
  それからもうひとつ
  ジョンスク、愛してる。
 
  

(ジョンスクの顔を見て) 愛してるよ。

 ~走り出すヒョクジュン、驚きの顔のジョンスク


nice!(2)  コメント(33) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 33

よぼよぼ

パンプキンさん
う~、選んだシーンが同じだなんて、嬉しいです!
このシーン、やっぱり心があたたまりますよね。
パンプキンさんのレビューを読んで、「こうだったのかあ~」とスッキリ!!
ネットの日本語字幕、DVDの日本語字幕、英語字幕、どれも帯に短したすきに長し、でいまひとつ「モヤット」だったものですから。
それにしても、ここは、ジョンスクオモニとヒョクジュン、というか、キム・ヘスクさんとイ・ドンゴン君の演技力にやられた~という場面ですね!

第11話のレビューも堪能しました!ヒョクジュンは「サランヘ」「サランハンダ」と言っているのに(すみません、私のは聞きなし韓国語です)、字幕はどちらも「愛してる」となっていて、いつも「ほんのちょっとの字数をプラスするだけなんだから工夫して訳してよ~、見せ場なのに。」と残念だったのです。パンプキンさんのレビューを見て、字幕を作り直してもらいたいものです!!
by よぼよぼ (2005-11-07 00:54) 

ミホウ

パンプキンさん、おはようございます。
まず、愛しているよで骨抜きになってからコメントを(^^;ゞ

ほのぼのですね~、ヒョクジュンにとってこの場面は心が落ち着き温まったと思います。12話以降ヒョクジュンは急激に若返りますが(笑)、このシーンのヒョクジュンも若返っていますよね(^-^)v。母の懐に入ると子供に返るのかしら。

オンマって、韓国ドラマではなくてはならないものですね。
by ミホウ (2005-11-07 04:49) 

poppins

パンプキンさん、おはよ~ございます ♪♪♪
お世話になりっぱなしのパンプキンさんに、またステキなプレゼント頂いてしまいました。一瞬これ、私のblogのこと?って、瞬きしちゃいました。(笑)
その後、あまりにすばらしい感想を頂いて、1週間早く、第12回のテーマのように、ポロってなっちゃいました。本当にありがとうございます。
こんなわかばマークの私ですが、パンプキンさんのアドバイスで回数を重ねるごとに少しずつ楽しくなってきました。これからもよろしくお願いいたします。
せめてもの感謝のお返しに nice! を贈らせていただきます。

長くなってしまいましたが、パンプキンさんの選ばれたシーン、私の大好きで、隠しだまにとってあったんデスヨ~。わ~ん!今週出せばよかった~なんて今思ってます。たとえ義理のお母さんであっても、本当の親を小さな時に亡くしてしまったヒョクジュンには、やっとお母さんの優しさを感じることができたステキなシーンですね。さて、私はどこで出そううかしら?
by poppins (2005-11-07 07:01) 

パンプキン

よぼよぼ さん、こんにちはー。(^^)
わぁー、同じところでしたかー!嬉しいですね~。(^^)
実は私も”空耳韓国語”(そんな言葉ありませんが...^^;)なので、
自分のとこに書いたのが正確じゃないと思います。
レビューの訳は、KNTVで放送されたものを使ってますので、
きっと、KNTVの翻訳担当者のセンスがいいのではないでしょうか。
限られた文字数で的確に翻訳するのはとっても難しい作業なのでしょうね。
キム・ヘスクさんのお母さんは温かみがあってとても大好きです。
登場場面は多くはなかったですが、随所に演技力を感じるとっても
素敵な役者さんなので、ドンゴン君もいい影響を受けたはずですよね。(^_-)
初めてのランラン祭、いかがですか?
私もこれからよぼよぼ さんのところに伺いまーす。\(^o^)/
by パンプキン (2005-11-07 12:35) 

パンプキン

ミホウさん、こんにちはー。(^^)
あの「愛してるよ」は必殺ものですね。(^_-)
骨抜きになるのはわかります!(笑)
あの状況での告白はドラマティックすぎ!
そうそう、韓国のオンマはなんか本当、特別ですねー。
世界中どこでも「母」はそうなのだとも思いますが、
特に韓ドラでは...ネ(^_-)-☆
ジョンスクのオンマはまた特に、甘えても優しく受け入れてもらえそうな、
そんなオンマですから、ヒョクジュンも素直になれるのでしょうね。
by パンプキン (2005-11-07 12:40) 

パンプキン

poppins さん、こんにちはー。そして、nice!までありがとうございまーす。(^^)
ランラン祭はきっかけだったかもしれませんが、
こうしていろんな人との出会いは、ドキドキでもありますし、楽しみですよね。
もちろん、不安な部分も(ネットの世界ですから...^^;)
なくはないのでしょうけれど、自分の中のルールみたいものさえ
きちんとしていれば、たいしたことはないものだなと思います。
poppins さんらしく楽しく続けていけると思いますよ!ファイティン!
偉そうなこといってますが、私だってまだまだです。^^;

あらっ...隠し玉、先に出しちゃいました?(笑)
そうそう、比較的地味~な場面なんですけど、
とってもやさしくてあたたかな気持ちにしてくれる
素敵なシーンですよね。
残り数回のランラン祭ですから、
隠さず、出せるとき出しちゃいましょう!(笑)
by パンプキン (2005-11-07 12:53) 

ゆきまま2005

パンプキンさん、こんにちは~^^
義理の母と義理の息子との会話、こんな所もヒョクジュンが私の理想の夫像になっている要素なのかもしれません。
こうやって素直に甘えられる関係になるには時間が掛かるものですよね。
ほのぼのナイス!シーンでした。(^^)
by ゆきまま2005 (2005-11-07 13:21) 

makorin

パンプキンさんこんにちは~妄想気味の私に温かいコメントありがとう
ございます。義理の息子と義理の母の、心あたたまる会話、ああ…
こんな義理の息子がほしい…。ってうちは娘はいなかった。(*´д`;)…
でもヒョクジュン(ドンゴン君?)から「オンマ」って呼ばれてみたいな。
by makorin (2005-11-07 18:40) 

makorin

すみませーん!呼ばれたいのは「オンマ」じゃなくて
「オモニ」でした…ノ(´д`*)
by makorin (2005-11-07 19:26) 

Mrs.Ree

こんばんは。
「お義母さん」じゃなくて「オモニ、オモニ・・」
ヒョクジュンの呼び方が、すごく愛情のある呼び方ですよね。
きっと、「結婚してよかった」と本心から思えたのでしょうね。
温かい気持ちと同時に優しい気持ちにもなれるシーンですね(^-')
by Mrs.Ree (2005-11-07 19:48) 

多賀子

パンプキンさん、こんばんは~♪
きゃ~ん、私もこのシーンとどっちにしようか悩んだんですよ~!
両方書いてしまおうかとも思ったんですけど、このオモニシーンは
あっちに出すか・・・と先送りに(笑)。

私、このシーンが大好きなもんで、会社でランランを見てもらった2人に
「オモニシーン、ものすご~くよくなかった?!」
と聞いてみたら、
「まあ、よかったけど・・・」
とイマイチの反応でガッカリ(笑)。
他のシーンはだいたいが同じところで笑って泣いて感動して・・・
だったので、どうしてこのシーンだけ? と今でも不思議なんです。
もしかしたらこのシーンは、その人の家族や親に対する考え方
によって、見方が大きく変わる場面なのかもしれませんね。
by 多賀子 (2005-11-07 20:35) 

ko

パンプキンさん、こんばんは。
 このヒョクジュンとオモニのシーン、ほんと、ほのぼのしますね〜。
韓国ドラマでは家族を大事にするのは当たり前だけど、親を早くに亡くして、寂しかったヒョクジュンが結婚して家族ができて、「オモニ」と甘えられる人ができて、本当にうれしい。という感じがよく見て取れました。
 ほのぼの、温かい気持ちと同時に、結婚って面倒な事も多いけれど、やっぱり本人同士だけでなく、周りの人たちも結ぶ大事なことなんだな〜と思いました。
by ko (2005-11-07 22:45) 

パンプキン

ゆきままさん、こんばんはー。(^^)
そうですよね。結婚相手の親に素直に甘えたり出来るようになるには
普通はそれなりの時間が必要ですよね。
ドラマとはいえ、ヒョクジュンは、結婚する前から
ジョンスクの母に敬意を払って接し、
結婚してからは、今度は息子として甘えることも出来るんですものね。
本当、理想の旦那さまです♪
by パンプキン (2005-11-07 23:15) 

パンプキン

makorinさん、こんばんはー。(^^)
頂いたコメントで、思い出しました。私もしっかり妄想してました。^^;
ウチには娘がいるんですけど、このランラン18歳のドラマを最初に見た当時、
ヒョクジュンにはまりつつ、自分の娘にもこんな風にステキな相手と素敵な恋愛をして欲しいなーって思ってみていたんですよね。(笑)
それってつまり、ドンゴンくん見たいな婿が欲しいってことだったのかも...?
by パンプキン (2005-11-07 23:19) 

パンプキン

Mrs.Ree さん、こんばんはー。(^^)
最近気づいたんですけど...(笑)
私がランランのレビューを書くたびに
いつもコメント下さっていて、そのたびにいろんなことを
語り合ってましたよね~。
今思うと、アレも私たちの中ではランラン祭の連続だったんだなーって。
そう考えるとランラン祭が16回ではなくもっと...!ってことになりますね。(^_-)
これだけ続けても飽きない私たちってある意味凄いわ~と。^^;
ですよねっ! ねっ? (^_-)-☆
by パンプキン (2005-11-07 23:28) 

パンプキン

多賀子さん、こんばんはー。(^^)
わかりますぅー! この場面ってにっこりほのぼのともとれますけど、
角度を変えると、「あっち」(笑)ともとれるんですよねー...。そうそう...。
人によっては捉え方も違うとは思いますけど、
ランランにはまり込んじゃうような私たちの場合、
ヒョクジュンとジョンスク、二人のラブストーリー として見るだけじゃなく、
その他の出演者たちを全部ひっくるめて、「イイ」と感じてるからかもしれませんねー。
おじい様やおじさんおばさん、ソナやソ検事、5人姫、ガヨン、
ナムチョル、小さなおじ様、高校の先生に至るまで...。
結婚を「二人だけのもの」とはせずに、いろんな人たちとのかかわりの中で
成立しているものだと思えるのも、そのあたりに起因してるのかもしれないですよね。(って何言いたいんだかわからなくなってません?ワタシ...^^;)
でも、ホント見る人によっては全然違うんですよね。
ドラマに限らずでしょうけれど...。
by パンプキン (2005-11-07 23:36) 

よぼよぼ

ヒョクジュンを婿に
娘を持つ身としては、ヒョクジュンみたいに誠実の固まりのような人と結婚してくれたら最高ですよね!(我が家は娘二人なもので・・・)
こわ~い小姑や親戚からも鉄壁の守りで守ってくれるしね。
しかも、ハンサム。・・・これは義理の母としてはアブナイか。

私のこれまでの唯一のランラン友達は、まだ小さい息子さんと娘さんが一人ずつなのですが、娘さんがヒョクジュンのような人と出会ってほしいと願うのはもちろん、小2の息子さんに、ヒョクジュンのようになりなさいと話したと言っていました。???彼はわかったのでしょうか・・・???
by よぼよぼ (2005-11-07 23:42) 

パンプキン

ko さん、こんばんはー。(^^)
私の言いたいことを代弁してくださったように思います。(^^)v
このドラマの良さの一つとも言っていいと思うんですが、
結婚が二人だけで成立するものじゃないこと。そして
面倒ではあるかもしれないけれど、それがイヤなこと(ネガティブ面)
だけじゃあないと、相手の家族や友人たちとかかわっていくことの
素晴らしさを見せてくれているドラマだと思うんですよね。
相手を思いやることの中に、相手の家族や友人をもおもいやることも
とても大切で素敵なことだって感じることが出来ますよね。(^^)
by パンプキン (2005-11-07 23:42) 

パンプキン

よぼよぼ さん、こんばんはー。
私のランラン友達も、同じコトを言ってましたよー!(笑)
娘と息子がいる方ですが、娘にはヒョクジュンのように
誠実な人と結婚して欲しいし、息子にはヒョクジュンのように
成長して欲しいって!
子供達にそうは言ってはいませんでしたが、顔は本気でした。(笑)
思うことは、皆似たり寄ったりですね。(^_-)-☆
by パンプキン (2005-11-07 23:46) 

RICO

パンプキンさん、こんばんわ!
ここのシーンは、本当に心温まる名シーンですっ!
幼い頃に両親に捨てられ「親の愛情」に飢えていたヒョクジュンが、「おかぁさん」と呼べる人ができたことへの喜び、幸せをかみ締めている、とても素晴らしいシーンだと思うからです。
私もいつか結婚したら、ヒョクジュンのよにうちのおかぁちゃんを慕ってくれる旦那様だったらいいな、と思います。
が・・・うちのおかぁちゃんは味噌チゲは作れないし、料理が下手・・・。
これじゃ、「あいつが料理ベタなのはおかぁさん譲りです。マズイです」といわれちゃいそうですよ。。。
by RICO (2005-11-08 00:48) 

pocari

パンプキンさん、どもっ。(^0^)/
オモニとのツーショットシーン覚えてますよ。
家族の愛を感じられるほのぼの温かな場面で私も好きでした。
best sceneに挙げられていた決闘のシーン(?)はドキドキハラハラ。見せ場の一つでしたね。2人の愛を強く感じられた場面でした。(^.-)-☆
by pocari (2005-11-08 05:11) 

パンプキン

RICOさん、おはようございまーす。(^^)
そうですねー。いろんな意味でヒョクジュンは
理想的な旦那さまですよね。
女性も男性も、自分の親を大事にしてくれる人がいいですよね。
ってことは同時に自分も相手の親に真心で接しないといけないのねーってことをこのドラマで感じます。(^^)
料理だけがものさしじゃあないはず(それだと私大変困ります...笑)
ですから、きっと未来のダンナさまもRICOさんと家族を
大事にしてくれますよ~!
by パンプキン (2005-11-08 08:07) 

パンプキン

pocariさん、おはようざいます。そしてnice!までありがとうございます。(^^)
pocariさんの記憶に残るほどの場面で、嬉しいです。
地味なシーンですけど私も好きなんです。
11話のラストの場面(ベストの)は、結婚して初めて
ヒョクジュンが口にした愛の告白ですが、それまでが長かった~ですね。(^_-)
by パンプキン (2005-11-08 08:15) 

よぼよぼ

パンプキンさん
ああ、あこがれのKNTV!
私の住んでいる地方で受信可能なのかどうかは知りませんが、そんなものをつけた日には、テレビの前から動けなくなるので、我が家はケーブルもスカパー!もなしなのです・・・。
この夏に東京にイヤイヤながら出張したら、宿泊先のホテルにKNTVが入っていて、急に出張したかいがあった!と元気が出ました。
その夜、初めて「ガラスの華」を見たんですよ・・・。

また、話がそれましたが、KNTVの字幕、なかなかとお見受けしました。ネット視聴では、Shxx Txxx よりも Axx の方が字幕がよいという印象はありましたが。でも、「ランラン」は前者でしかありませんしね。日本語版DVDもよいのですが、ときどき「?」ということがあります。字幕翻訳って奥深いもののようです。

それから、11話のこのシーンのドンゴン君、最高にかっこいいですよね!でれでれ顔もかわいいといえばかわいいのですが、このときのきりっとした顔、「愛する者を俺が守る!」という顔ですね~。ホレボレ。
by よぼよぼ (2005-11-08 21:10) 

パンプキン

よぼよぼ さん、こんばんはー。(^^)
KNTVはスカパーなので、スカパーが受信可能なら見られるでしょう。
ただ、KNTVは韓ドラファンには中毒ですよね。
私は「ランラン」見たさに加入しましたが、終わったらやめるつもりが、
どうしてどうして、一向にやめられずにいます。
入ったからにはと次々と録画しまくり状態の毎日です。^^;

翻訳がネットの配信会社によっても違うというのは初めて知りました。
いろいろなんですねー。勉強になります。(笑)

11話のドンゴン君のキリリとした表情、超カッコイイですよね!
私も大好きな場面♪ 
諸葛派相手に「かかってこい!オレが相手だ!」的な男前顔ですよね。(^_-)
by パンプキン (2005-11-08 21:24) 

ラウ

パンプキンさん、こんばんは~。
その後、体調はいかがですか?
このシーン、私はすっかりジョンスクのお母さんの気持ちで見てしまい、「ジョンスクをいただきました。それに、僕のお母さんになってくれました。」で、号泣していまうのです~。
あれれ?私やっぱり、テーマからビミョウに外れてますよね?
でも、にっこりでも、号泣(笑)でも、本当にいいシーンには間違いありませんよね!
by ラウ (2005-11-08 21:42) 

Mrs.Ree

おはようです。
私達も少しずつ大人?になっているので(決して年をとるではありません)
その時の目線での考え方や立場で見ていたり、
他の方の感想に「ほー」と思ったり・・・
やっぱり、「ランラン」というドラマは凄いですね(^-')
そして、それを語りあえる私達も、凄いを通り越して「エライ!」を・・(^-^)v
この場を提供してくださった、パンプキンさんに感謝ですm(_ _)m
by Mrs.Ree (2005-11-09 07:38) 

パンプキン

ラウ さん、こんにちはー。(^^)
わかります...。ニッコリでありつつ、ジワ~っと目頭が熱くなる...
そんなシーンともいえますよね。
自分が母になった気分というのもあるあるある...。(^^)
風邪の方は熱も下がりなんとか落ち着きました。
ありがとうございます。
でも私のまわりではすごーく流行ってきてますね。
ラウさんも気をつけてくださいね。
by パンプキン (2005-11-09 11:16) 

パンプキン

Mrs.Ree さん、こんにちはー。(^^)
そうですよね、「私たちはエライ!」ってことで...(笑)
同じものを見ても時間がたったり、見る人がかわれば
その思いも変化したり違っていることを知りましたよね。
ドラマそのものの良さは勿論変わらないんですけど、
より深く広くいろんなことを考え語り合えて楽しいです。
そして、いつも何かしらコメントを下さるMrs.Ree さんにも感謝です。m(__)m
by パンプキン (2005-11-09 11:20) 

よぼよぼ

今頃みなさんは「チェオクの剣」を見ていらっしゃるのでしょうか。
私は録画をして、パンプキンさんにコメントを書いています・・・。
先ほどまで、12話のはじめをまた見ていました。
ヒョクジュンに死んだまねをされたと怒っているジョンスクに、甘えるように「ジョンスカ~」というヒョクジュンが見たくなって・・・。
で、12話の冒頭に11話の最後のシーンがあるのですが、私の「聞きなし韓国語」は間違ってました。「サランハンダ。サランハグイッソ。」と言っていたのでした。・・・ま、どうでもいいことなんですけど。
スカパー!もKNTVも入りません。いえ、入れません。そんなことをしたら、本当に家庭放棄、家庭崩壊になってしまう・・・。
by よぼよぼ (2005-11-10 22:15) 

パンプキン

よぼよぼ さん、こんにちはー。(^^)
私は録画して今朝早くに見ました。
コメント頂いたときにはすでにベッドの中。(笑)
12話は11話のラストのあのシーンも入っていて、充実の回ですよね。
彼の「ジョンスガ~」はホント可愛いのよね。♪
私も「空耳韓国語」ってよく言いますけど、そう聞こえますよね。
文法的な意味はいまだわかりませんが、とっても気持ちがこもってるって
思います。
韓ドラ中毒となった今、家族は呆れつつも諦めの境地かもしれません。
家庭崩壊に気をつけます。
私なりに気を使っていることは、基本的に毎日のゴールデンタイムの
家族が見たい番組はそっちを優先し、KNTVに関しては昼間の再放送の時間を
録画しています。(なので天候が悪くて録画のチャンスを逃すことも
時にはありますよね。致し方ありません。)
韓ドラを見るときには基本的には一人の時間を使います。
だいたいを保存しているので、そのときにすぐに見られなくても
後で見ることが出来ますから、お休みの日や家族と一緒のときには
韓ドラ視聴も後回しですね。
それでも、家族の理解がないとブログも含めて「中毒」を続けていくのは
困難です。やはり家族(特に夫)には感謝しています。
ただ、私がこんなに嵌まっている反動なのか夫は一向に韓ドラには見向きも
しませんね。^^; 「チャングム~」なら一緒に見られそうかなーなんて
淡い期待も今はどこかにいってしまいました。まあ、私が好きなことを
させてもらってるので、これ以上は文句も言えませんけどね。(笑)
by パンプキン (2005-11-11 15:11) 

hiromomo

パンプキンさん、こんにちは!すっかり、遅くなってしまいました(^^;
風邪は良くなられました?うちは、息子と主人が風邪でダウン。なんか未だに咳がとまらず、インフルエンザの予防接種を予定していたのですが、それもしばらく中止となってしまいました。私は仕事に追われ、風邪どころではなかったのですが・・・

このジョンスクママとヒョクジュンとのシーン、とってもほのぼのしている反面、「オモニ~、オモニ~」という時のヒョクジュンの表情に、なぜかうるっときてしまいました。小さい頃に、両親を亡くしたヒョクジュンの寂しさ、親の愛情に飢えているヒョクジュンの心のうちが、とってもよく伝わってきます。
結婚を決意させたジョンスクの“味噌チゲ”。これには、家族愛というか母親の愛のような、“特別なもの”を感じたのかな~と思っています。
by hiromomo (2005-11-12 14:51) 

パンプキン

hiromomoさん、我が家では風邪が一巡しました。^^;
咳がひどかった娘は、抗生剤を飲んだらよくなりましたよ。
主人もずーと長引いていて結局娘と同じような薬をもらって飲んだら
良くなりました。今年の風邪はインフルエンザじゃなくても
熱が出てお腹にくるか、咳が大変みたいです。
病院処方の薬じゃないと、市販の風邪薬ではただただ長引くだけかも
しれませんね。私も咳は大丈夫でしたが熱が出て、数日はおかゆのみ
の生活をしてました。(もうすっかり元気ですけど...^^;)
インフルエンザの予防接種は娘と私は出来たんですけど、
主人は予約してたのにもかかわらず同じく丁度風邪で延期しました。
お仕事がたてこむと、体調の方も悪くなりがちですので、大事にして下さいね。

風邪話で前置きが長くなりすぎましたが...
他の方にも言われましたが、ほのぼのしている一方、
オモニとヒョクジュンの思いにうるうるってなる場面でもありますね。
次回使ったほうがよかったかしら?とちょっと思ってます。
おっしゃるように、ヒョクジュンにとって「味噌チゲ」は
家庭の味でありお袋の味そのもので、彼自身の思い入れが強いのかも
しれないですね。(^_-)
by パンプキン (2005-11-12 16:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。