So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

改訂・韓国ドラマ「ランラン18歳」第4話 [ランラン18歳]

ランラン18歳を楽しく語り合う、ランラン祭開催中!→コチラ

ネタバレ版、ラストの第4話をおおくりします。
ここを初めてご覧の方には不思議かもしれませんね。
ランラン18歳の感想を書き始めたときには、ドラマのネタバレを出来るだけ避けて
記事を書いていたのですが、途中、第5話からは私自身の意識を180度変えて
出来る限り詳しい感想を載せることにしました。
なので、その前の1~4話の文章に手を加えた形で改訂版としています。
よろしければ、ご面倒でもカテゴリー「ランラン18歳」をさかのぼってご覧下さい。

===================================================================================================================================================================================

【 ランラン18歳 第4話 】思いっきりネタバレ!


<韓国伝統の結婚式>

 立派な家に嫁ぐ娘を心配する母に幸せを誓うジョンスク。
 検事仲間から昨夜(3話)の大雪の一夜のことをからかわれるヒョクジュン。
 ジョンスクにとってドキドキの初夜のはずが...アジョシは急な仕事でソウルへ。(>_<)
 楽しみにしていた新婚旅行は悲しくもキャンセルに...。


<宗婦は辛いよ!> 
 早朝にたたき起こされ朝食の支度。朝食の支度に手間取り、ごはんを焦がしたのを
 ユン家に伝わる「土おこげ」と言って出し、愛嬌と悪知恵(?)で乗り切るジョンスクだが、
 小姑(義理の姉)のしごきは続く。
 耐え切れず勝手にソウルへ逃げ帰った新妻ジョンスク!
 

<新婚生活スタート>
 初夜への思いは...。(大胆ジョンスク、困るヒョクジュン)
 グッドタイミング(?)五人姫の新居奇襲。
 仕事に逃げちゃったぞ、新夫(こんな言葉ないかな 笑)ヒョクジュン!
 ジョンスク、部屋の掃除中に男の子の人形の飾りもの発見。(これはあとでポイントに)

<初めての夫婦ゲンカ~仲直りはダンスとともに...>
 約3週間帰らないアジョシに怒るジョンスク。(当たり前だ~! )
 五人姫と鬱憤晴らしのナイトクラブ。
 偶然ヒョクジュンもソ検事達にナイトクラブに連れられ...。
 夫婦ゲンカは犬も食わない~仲直り そしてプップップー。(なんのことじゃぁ~  )
 翌日、前日の汚名挽回とムードたっぷりで夫を待つジョンスクだが...。

                          ・・・第5話へつづく・・・

 

☆ ジョンスクにドキッ!  #4 ☆

新居に初めて二人一緒に帰って...。

ヒョクジュン: (コートを脱ぎ)  疲れてるから寝よう。
ジョンスク:ええ?
ヒ:俺が先にシャワーしようか?
ジ:ええ...何て言ったの?
ヒ:いやなら先に入れよ。 (そう言うとソファーに座る)

とまどうジョンスクだが洗面所へ。(中略) 鏡に映る自分に話しかけるジョンスク...

ジ:やっぱりおじさんも初夜を忘れてなかったのよ。
  うまくできるわ。ジョンスク...ファイティン ファイティン...。

洗面所から出てくるジョンスク。タオルを頭に巻き、薄いピンクのサンドレス風ガウン。

ジ:おじさん... (伏目がちに) 私、あがったわ...。 (恥ずかしげに後ろ向きになる)
  (ヒョクジュンは...書類を手に持ったまま、コックリ コックリ   )
  (振り返りながら)おじさん... (ヒョクジュンが寝ているのに気づき...)
  (ヒョクジュンが座ったまま寝ているその前に膝を落として微笑み、
   ゆっくりとネクタイをはずしながら)
  おじさん、毎日ネクタイは私がしめてあげるね。
  毎朝 起こすのも私がやるし、おじさんの好きな味噌チゲも毎日作るね。
  それから...あと それから...おじさん、愛してるわ

  (そう言って優しく頬にキスするジョンスク  )

透き通るような白い肌のジョンスクにドキ!
あの姿をヒョクジュンが見ていたら...どんなリアクションだったのか気になるわ。(^^)
一途なジョンスクの思いはいつ彼に届くのでしょう。ファイティン!ジョンスク。


☆ ソ検事に nice! ~第4話~ ☆

検事仲間とともにヒョクジュンをクラブに連れ出したソ検事。
堅物なヒョクジュンはウエイターが紹介した女の子達を怒らし
仲間から「しらけることするな。新婚さんとは羽を伸ばせない」と言われる。
そんなヒョクジュンに...

ソ検事:家に帰れない本当の理由、ジョンスクさんが怖いからだろ。
ヒョクジュン:何で俺があいつを怖がるんだよ。
ソ:ジョンスクさんじゃなくて、初夜が怖いんだろう。
ヒ: (他の人と目が合い...ソ検事を突っついて) お前!
ソ:分かってる。しかし、避けても何の解決にもならないぞ。
  正面から勝負しなきゃ。
  外泊し続けてあとで後悔するぞ。他の男にとられる。

ヒ:あんな子供を誰がねらうんだ。
ソ:これだよ! (笑) お前はまだ気づいてないようだが
  ジョンスクさんはただの女じゃなくて、とても可愛くて魅力的な女だ。

  (ヒョクジュンは、何言ってんだ?っていう顔  ^^; )

ソ検事、イイ事言いましたね!
まだまだ子供扱いしかしていないヒョクジュンに
教えてあげられるのはアナタだけです。
時々的外れなのを除けば(笑)、アナタこそ可愛くて魅力的ですよソ検事! で、 nice!


☆ パンプキン selection  ベストシーン #4 ☆ 

ソ検事とのそんな会話(↑)のあと、店の中央お立ち台で、ノリのいい曲に合わせ、
カッコよくセクシーダ~ンスの女の子達。
他の検事達は口々に「すごいなー」、「俺の娘だったら死んじゃうよ」と...。
そう、何を隠そうその女の子達とはジョンスクとその友達「五人姫」なのだ!
五人の中でもその真ん中で、カワイイチビTでおへそを出して、踊っているのがジョンスク。
ヒョクジュンが仲間の会話から何気に彼女らに目をやると...
腰を振り、頭をゆらし髪をかきあげながら楽しそうに踊る彼女を発見。
その場に立ち上がり、目をまん丸にして驚きの一言、『ジョンスク!』と声をあげる。
ジョンスクもヒョクジュンに気づき、『おじさん!』とビックリしたような困ったような顔。

~店の廊下で...

ヒョクジュン:一体どういうことだ。クラブは禁じたはずだぞ。
       主婦が何のまねだ!

ジョンスク:おじさんこそ、仕事が忙しいんじゃないの?仕事ってこれ?
ヒ:それがね... (ちょっと困る...)
ジ:お国のために働いて帰ってこれないのかと...。
  クラブで遊んでたなんて。
  私は一人でご飯食べて、戸締りして。夕べは停電でどんなに怖かったか!

ヒ:ジョンスク...。
ジ:いいわよ!嘘つく男とはこれ以上話したくない。
ヒ: (ジョンスクの腕をつかみ) 信じてくれよ。
ジ:嘘つき!
ヒ:初めて来たんだ。
ジ:図々しくもしらを切るのね。笑わせるんじゃないわよ。
ヒ:何だと! 本気で怒るぞ。
ジ:こっちのセリフよ!
ヒ:もういい!
ジ:かまうもんか! (けんかしたまま皆のもとに戻る二人だが、他の人たちは盛り上がってる)
  (中略)
まわりに勧められて嫌々ながらもダンスフロアーにおくりだされるヒョクジュンとジョンスク。
ムードたっぷりのスローな曲が流れる中、ぎこちない二人。離れたまま立っていると
「相手がいないなら俺と踊らないか」と男がジョンスクに近づいてきた。
それを見たヒョクジュンがすかさず 『 相手ならいます。僕と踊ります 』と。
ジョンスクに右手を差し出して...
ヒョクジュン:曲、終わっちゃうぞ。
 (ジョンスクはおずおずと自分の左手をヒョクジュンの右手へ。
  ヒョクジュンはその彼女の左手を自分の右肩へと導く...)

~初めは向かい合うふたりに若干の距離があるけれど、ダンスをしているうちに
 まわりの人たちに押され徐々に密着せざるおえない状況に...。
 やがて、さっきのケンカなどなかったかのように
 ヒョクジュンの肩に頬と手をのせ緊張のジョンスク。そして彼女を優しくリードする彼。~

この時間が永遠に続いてと願うような素敵なシーン。
思えば結婚して初めての夫婦喧嘩に、結果として、仲直りのダンス。
(二人は友達に恵まれてます。笑)
この一連のシーン、まずはお立ち台のジョンスクのナイスな踊りに注目!それに、
いつものお団子頭じゃない髪を下ろした彼女は、グッと大人な感じでとってもイイ。
でもこの「結わえた髪を下ろす」ってとってもポイント!
これ以上はここではまだ詳しく書けません。(^^)
そして、ドキドキのダンス。(^_-)  お似合いの二人だけれど、まだ始まったばかり。

 

☆ 第4話のドンゴンにノックアウトなアレコレ ☆

①安東から勝手に戻ってきたジョンスクと外で食事を終えて、

ヒョクジュン:お察しくださいませだと?
       時代劇じゃあるまいし鳥肌がたつからやめろ。
ジョンスク:旦那さま、何か不満でございますか?
 (わざと丁寧な言葉使いで)
ヒ: (サブ~ッ!って感じで右手で左腕をさすって) う~~~っ...。
  普段どおりにしろ。
ジ: (笑いながら) おじいさんにはウケるんです。
  (バスが来たのを見て)あっ、家に行くバスだ。
  おじさん、私、帰るね。
ヒ:...。 (バスに乗ろうとするジョンスクの腕をつかんで引き止める。)
ジ:10時過ぎて帰ると母さんに怒られるの。
ヒ:家がどこだ?
ジ:うちがどこかは知ってるでしょ。うちはポンチョン...。 (ここでハッと気づく)
ヒ: (顔をすこし傾げて) ポ? (わざと聞く)
ジ:ポ...。 (声にはならず、アチャー...^^;って感じ。)

②クラブから自宅に帰った二人は、妙に互いを意識しているよう...

ヒョクジュン:何か飲むか?
ジョンスク:私が...
ヒ:いいんだ。
ジ:持ってきます。ジュース? (二人同時に冷蔵庫の取っ手に手をやり慌てて離す)
ヒ: (照れ隠しのように) コップ... (と探すフリ 笑)
ジ:コップね。 (テーブルの上のコップを取ってヒョクジュンに渡そうとするが
  落ちて割れる。急いで拾おうとするが指を切ってしまう)
ヒ:大丈夫か? (ジョンスクの手をギュッとにぎり指を見るヒョクジュン)

~超超接近の二人にミラーボールが回り、♪オンリーユ~と音楽が流れ(ってスゴイ演出! 笑)
 二人の心臓がドックンドックンと聞こえる効果音とともに、
 顔と顔が少しずつ近づいて...ここで...キス じゃなくて”プゥゥ~~” !!!???

ヒ:今の何の音だ?
ジ:ええ?何も聞こえないけど...。 (目が泳ぐ...)
ヒ: (鼻を動かして) もしかしておならしたか?
ジ:おならなんかするわけないでしょ。
ヒ:したな。わぁークサイったらありゃしない (笑いながら)
  夕食に何食べたんだ?
ジ:おならぐらい誰だってするでしょ。
  食べたら出すもんでしょ。別に笑わなくても。
 (ヒョクジュン笑いっぱなし)傷ついた。


①の場面のドンゴン君の知っててわざとジョンスクの家は何処かって聞いたあとの表情と
腕をつかまえるときの引き寄せ方がすっごく好き。(うまく表現出来ませんが...汗 )

②のドンゴン君、私生活ではあんなデリカシーのない彼じゃないですよね。きっと。
でもあの場面のドキドキの二人のファーストキス!っていうところから一転
バカウケのドンゴン君、悪くないわ~(^_-)
でも、ジョンスクは...。傷つくよねあれじゃあ...。

 

結婚したものの、まわりに初夜のことでからかわれる二人。
ジョンスクはヒョクジュンを愛しているから、
当然のようにそのことに期待感は大きい。
けれど、大人なヒョクジュンには、ためらいと戸惑いの方が強い。
(なんてったって、二人の間ではあくまで”契約結婚”だし。^_^;)
そこが彼の誠実なところであり、良さなんです。
ソ検事が言うように、怖いわけではないと私は思います。
そして、忘れてはいけないのは、安東のおじい様の存在。
ジョンスクの未熟さを見守る、心広き頼もしいお方。(あの”土おこげ”にも寛大 (^^)v)
さて、第4話のラストに何やら怪しげな女性の登場!
次回も一騒動起きそうな予感。
最後の次回予告も楽しんでご覧あれ。


nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

Mrs.Ree

こんばんは。
とうとう、最後のネタバレ・・淋しい(;-;)

女子高生だと思ったジョンスクが、可愛い、いや、大人っぽい女性だと
思える場面のある回でしたよね。
あじょし~のホッペにKISSしたり、さりげなく肩を寄せてダンスしたり・・。
でも、やっぱり最後は・・
これが「ランラン」なのだ!
「ランラン」の良さなんだ!
これだから、やめられないんだ!好きなんだ!
て、いう終わりかたなんですよね(^_-)
by Mrs.Ree (2005-09-04 22:58) 

パンプキン

Mrs.Ree さん、おっしゃるとおりです!(^^)
時には泣けて、胸キュンで、かわいいジョンスクを応援したくなるし、
堅物で誠実だけど、どこかお茶目なアジョシにときめく...。
そして思わぬところで大爆笑!
これが私たちを元気にさせてくれるんですよね。(^_-)
泣いたり笑ったりさせてくれるその奥に、
人への思いやりとか愛情の豊かさを忍ばせてる・・・
それが私たちが大好きなランランですもの。(^^)
by パンプキン (2005-09-04 23:46) 

Yokohama Youko

今晩は。午後の私の書き込みへのお返事ありがとうございました。皆さんの『ランラン祭』を見物してきたのですが、特に第2回のテーマが「そんなアジョシに惚れました~」ですから、どこのお祭り会場でも、力が入っていましたね。
お祭り開催中でお忙しいところでの「おもいっきりネタバレ版」の完結、お疲れ様でした。全16話、とても楽しませていただきました。ありがとうございました。
パンプキンさんがお祭り会場で披露なされた画像の取り込み、そんなすごいテクをお持ちだったのですね。根っからの文科系人間で、パソコンもメールとネット検索だけで、ちょっとでも複雑な操作をしなければならなくなると、すぐに頭がフリーズしてしまうメカ・オンチの私など、無条件に尊敬してしまいます。
以前、全話「おもいっきりネタバレ版」にしていただき本にしたい、といったことがあるのですが、各回の「ベスト」「胸キュン」「ナイス」などのセレクションシーンも画像付きにしていただいて、本当に「ムック」にして出版したいですね。
皆さんのコメントもそのまま載せ、『ランラン祭』も併載+総合的な『ランラン18歳』論(ハマッタ理由、他の韓ドラとの違い、韓ドラにおける『ランラン』の位置づけなど)として、パンプキンさんが感じられたままに自由に書いていただいたものなど加えると立派な出版物になると思うのですが…。残念ながら、今の『ランラン』の知名度、私の周囲の関係者の韓ドラ理解度などを見ると、現実には通らない企画というのが正直なところです。でも宝くじで一等が当たったら絶対に自費で出したいと思います。で、本の題名ですが、こんなの考えてみました。
  ――“ネットのカリスマ主婦”が語る――(サブタイトルです)
     『韓ドラ「ランラン18歳」―その見どころ、ハマリどころ』
いつか実現できるときがきたら、ご協力お願いしますね。今後も、『ランラン』の“語り部”、普及の“伝道師”としてのご活躍を期待しています。
by Yokohama Youko (2005-09-07 20:00) 

パンプキン

Yokohama Youkoさん、実際のところ、ランラン祭での画像は
お恥ずかしい限りの技量で...^^;
ちゃんと出来る方が見れば一目瞭然...なのです。
16話のレビューに力を注いだあとだったので、言葉で表現するのに
限界もあったりして、ランラン祭に華を添えるという意味でも、
なんとか画像を載せたいとは思ったんです。
でもきちんとキャプチャー等が出来ないので、画像の質には目をつぶり、
要は見てる人に伝わればいいなという程度のものになってしまいました。^^;

Yokohama Youko さんがおっしゃるような立派な”伝道師”では全くないので、
コメントを拝見して顔が赤くなる思いですが、
ランラン18歳がもっとたくさんの人に見てもらえたらいいなあという気持ちと
面白い韓ドラを紹介したいというのはこれからも変わらないと思います。

万が一、Yokohama Youko さんに宝くじが当たっても、↑のタイトルは
あまりにも身に余るタイトルなので(笑)丁重に辞退させて頂きます。(^_-)

それにしても、こうして16話全部終わってしまうと、なんとなく
さみしいものですね。
ランラン祭があってホント良かったです。(^^)v
by パンプキン (2005-09-07 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。