So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

韓国ドラマ「ランラン18歳」第14話 [ランラン18歳]

今週末(6/4)でKNTVの放送も最終回。
あっという間の2ケ月に寂しささえ感じるパンプキンです。
それでは第14話、はじめまーす。(^^)v


===================================================================================================================================================================================


【 ランラン18歳 第14話 】只今、おもいっきりネタバレに挑戦中!         

                         
<ジョンスク妊娠???>
吐き気がなかなか治まらないことから、妊娠したのではということになる。
みんなは大喜び。ソナも初めは驚くが、ジョンスクにおめでとうと言う。
ジョンスクもすっかりその気。唯一、ヒョクジュンだけが、そんなはずはないと思っている。
どう考えても初めて夜を共にしたときからまだ日が浅いためだ。
けれども、あまりに喜ぶジョンスクの様子に、そして、彼女自身が赤ちゃんの存在を自然と体に
感じるというその言葉に、ヒョクジュンもどうしていいのかわからずにいる。

 

<ジョンスク妊娠!!!>
ヒョクジュンは、今からでも作ればいいというソ検事の言葉で、
ジョンスクとスキンシップをはかろうと懸命だが、ジョンスクは相手にしない。
結局病院できちんと診てもらうのが一番と、二人で産婦人科を訪ねる。
吐き気はストレス性胃潰瘍と診断され、二人は愕然とするが...、ナント妊娠は本当!
改めて大喜びの二人。
ヒョクジュンは父になる思いを語り、ジョンスクは辛くなったら子どもと三人で
新婚旅行に行きたいと言う。


 
<ソ検事とソナ 恋の行方は?>
ソナはおじい様からジョンスクへの届け物を持って検察庁にむかう。
ヒョクジュンにそれを渡したあと、ガヨンとソ検事が話しているところを見て
心穏やかではない。
ヒョクジュンとジョンスクは仲良く外食に出ると、偶然同じ店にはソ検事とソナの姿が。
ジョンスクはソナがソ検事に密かに思いを寄せてるのを感じ、彼女に協力を申し出る。
ヒョクジュン・ジョンスク・ソ検事・ソナの四人でカラオケをした帰り、
ジョンスクはヒョクジュンにソナの気持ちを教えるが、ヒョクジュンは不満顔。

 

<ジョンスクの夢...>
妊娠騒動も落ち着いた頃、ジョンスクは大学生活で忙しい五人姫と会えずさみしい。
そして、ガヨンに呼び出され、彼女から妊娠のお祝いをもらう。
だいぶん、打ち解けてきた雰囲気の二人。
けれども、彼女から「したいことや夢はないか? 妻として母親として、宗家の嫁として
生きていくの?」と言われたことが心に重くのしかかる。
ヒョクジュンとの会話で、ちょっとした言葉に反応しケンカしてしまう。
ヒョクジュンはジョンスクの様子から今が「新婚旅行に行く」時だと思うのだった。                         
                        
                              ・・・第15話へつづく・・・

  

    
☆ 第14話のドンゴンにノックアウト ☆ 今回もたくさんあるわよ~♪

①~安東から戻ったものの、妊娠を疑うヒョクジュン。
  あまりの喜び様なジョンスク。
  吐き気のために化粧室に駆け込む彼女を見て、ドアの外で、
  「ジョンスク...俺はどうしたらいい?」と腕を広げて困り顔のヒョクジュン。
  そして寝室で...

ヒョクジュン:ジョンスク...。 そんなに嬉しいの?
       おじさんは お前がいれば十分なのに...。
       お前を見てるだけで十分幸せだ。
ジョンスク:もしかして 赤ちゃんにヤキモチ?
ヒ:ヤキモチ?
ジ:ウフフ でも仕方ないわね。当分は赤ちゃんを優先するの。
  ママになるんだから分かってね。
  私 とっても妙な気分なの。
  初めから ママだったみたいに 当たり前のことに思える。
  じっと座ってるだけなのに 無性に涙が出るし
  息をするたびに暖かいものが...。
  初めから赤ちゃんと一緒だったようなの。

ヒ:本当にそういう感じがするの?
ジ:ええ。
ヒ:本当に?
ジ:そうなのよ。 (神妙なヒョクジュンの表情、彼の腕に抱かれて幸せそうに眠るジョンスク)

 このときには私も、ジョンスクの妊娠は間違いだと思っていたから、
 あとで、すっごく悲しい思いをしちゃうんだろうなーって心配でした。
 だから、ヒョクジュンの「お前がいれば十分~幸せ」の言葉が
 とっても温かいものに感じたのです。


②~ソ検事のアドバイスをヒントに、これから妊娠してしまえばいいと考えたヒョクジュンは、
  あの手この手でジョンスクにせまります。(笑)
  けれど、妊娠してると思ってるジョンスクは一向に相手にしません。
  ベッドで懸命にジョンスクに接近するけどことごとく逃げられて
  挙句の果てには、寝室から追い出されてしまう。
  ドアをバタンと閉められたあと、おもいっきりうなだれるヒョクジュン。

 人にもよると思うけれど、女性って妊娠したときから”母親”になっちゃうと思うんですよね。
 ヒョクジュンの気持ちもわかるけど、ジョンスクのはもっと分かっちゃう。(笑)
 でもあのうなだれ方、かわいそうだけど、ホント笑えるわ。


③~場面は4人でカラオケした帰りのヒョクジュンとジョンスク
  家の前、車の中で

ヒョクジュン:ジョンチャンはダメだ。絶対ダメ!
ジョンスク:どうして反対するの?
ヒ:姉さんが惜しい。
ジ: (ちょっと呆れた笑いのあと) 血は水より濃いか...。
      お義姉さまが好きなのに?
ヒ:何だと?
ジ:お義姉さまの方がお熱なのよ。
ヒ:ジョンチャンに?

 ~車を降りて走り出したジョンスクに、ヒョクジュンが慌てて降りて...

ヒ:ジョンスク! 走るな走るな...。
ジ:え?
ヒ:赤ちゃんだよ。
ジ:そうだった。忘れてた。
 
 ~ふたり静かに一歩ずつ歩き出す。(笑)

 とっても仲がいい姉弟って思ってなかったけれど、ソナへの素直な思いが出てる場面。
 ある意味、ソナは母親代わりでもあったわけで、どんな相手でも同じことを言いますよね。
 それにしても、いくらなんでもちょっと走ったくらいで...と思いますが、
 初めての妊娠だもの、仕方ないかしら。(笑)


④~↑の③のあとの台詞のない場面。
 ジョンスクのお腹に耳をあてたり、
 つわりのあるジョンスクが食べられそうなものをいろいろ試してだしてるところや
 お店で、楽しそうにふたりで子供服を見てるところ。
 
 台詞がないだけに、その表情や仕草から二人の幸せが、すごく伝わる大好きな場面。
 ドンゴン君演じるアジョシのいいパパぶりがうかがえる...。

 

☆ ヒョクジュン&ジョンスク~夫婦の絆 #14 ☆ 

 ~病院で妊娠を確認したあとの二人。ヒョクジュンはジョンスクをおんぶして...

ジョンスク:降ろして...
ヒョクジュン:大丈夫さ。家の近くまで来たんだ。
ジ:重いでしょうに...。
ヒ:全然 重くない。 お前と赤ちゃんはちっとも重くないさ。 (笑顔)
ジ:おじさん...。心配かけてごめんなさい。
ヒ:...おう。
ジ:ごめんなさい。確認もしないでおおげさに騒いだ...。
ヒ:本当だったからいいさ。
ジ:私たち本当にパパとママになるのね。
ヒ:パパとママ...。 呼んだことがないせいか、なれないな。
ジ:小さい頃も”お父さま、お母さま”って呼んでたの?
ヒ:そう呼んだ時間も長くなかった。でもパパって言葉もすぐなれるさ。
  夫という言葉にすぐなれたように...。

ジ:おじさん...。
ヒ:ジョンスク。 いい夫、いい父親になると約束はしないことにする。
  きっと俺も間違ったりするから。
  ただ、いつもお前と赤ちゃんのそばにいると...。
  俺の父親みたいにいなくなったりせず、ずっとそばにいるとだけ約束するよ。
ジ:もう一つ約束してほしいの。
ヒ:何?
ジ:新婚旅行に必ず行くと...。
ヒ:新婚旅行?
ジ:済州道に行けなかったから...。
ヒ:それが不満だったんだな。 すぐ叶えてやれるさ。今すぐにでも行こう。
ジ:今すぐじゃなくて つらいことがあって、休みたくなったら、
  暗号みたいに言うの。 ”新婚旅行に行こう”って。
  そうしたら、3人で旅に行くの。 
  おじさんと私。そして赤ちゃんと3人一緒に。
 (笑顔の二人)

病院での場面はすごいフェイントで、ヤラレターって感じでしたが、
この場面は夫婦としての絆を強く感じ、そして今度は親になるという
二人には未知の世界への扉が開いた感じがします。
とくにヒョクジュンには自身の経験からいろいろなことを思うのでしょうけれど、
彼なりの誠実さと愛情の深さを感じますね。

 

☆ ソ検事&ソナ 恋の予感 ~第14話~ ☆ 

 ~ヒョクジュンとジョンスクが外食に...。
  そこで偶然ソ検事・ソナと会うのだが...。

ジョンスク:お義姉さま! (驚くソ検事とソナ)
ヒョクジュン:お前が何で姉さんと?
ソ検事:...。 (答えに詰まる)
ソナ:ご飯たべによ..。 
 
 ~そして4人同じテーブルで...

ソ検事:美術館に行った時のお返しをしたいと...。 ですよね?
ソナ:借りがあると黙っていられないの。お返しせずにはいられないタチなの。
ヒョクジュン:そうだったっけ? ( その言葉にヒョクジュンを睨むソナ)
ジョンスク: (場を察して...)その服とっても素敵だわ。
ソナ: ええ?これ? (誉められ嬉しそうなソナ)
ジョンスク: (ソ検事をチラチラ見ながら) きれいな人は何を着てもキマっちゃう。
      (ソ検事に) ですよね?
ソ検事:きれいですよ。
    (ヒョクジュンに) お姉さまにも幸せを分けてやりなよ。
    口にはしないものの 寂しいはず。
ヒョクジュン:そうだな。
       (ソ検事に) 周りにいい人いないか?
       いたら紹介してくれ。お礼はする。
 (ソナの表情が曇る...)
ジョンスク: (あわてて) 運命の人は案外近くにいるものでしょ。
                  (ソナ、そうそうとうなずくが...)
ソ検事:そうだ、近くにいるものさ。明日さっそく探そう。
    (ソナに) どんなタイプがお好みですか? (ジョンスク、眉間にシワ )
ソナ:何をおっしゃってるんだか...。
ヒョクジュン: (ソナに) こいつに遠慮しなくていいよ。
       いい男たくさん知ってるぞ。 (ジョンスク、困り顔)
ソナ: (立ち上がって) 行き遅れだってからかってるのね! 
   まったくひどすぎるわ。 (化粧室に向かう)
ジョンスク:お義姉さま。
ソ検事:失礼なことでもしたかな?
ヒョクジュン:???
ジョンスク: (そんな様子をみて) まったく二人とも反省してください。
      (ジョンスクも立ち上がり、ソナのあとを追いかけ...)

 ~化粧室にて...

ジョンスク:気を悪くされました?
ソナ:男たちって無神経なこと平気で言ったりするから...。
ジョンスク:お義姉さま...ソ検事はいかがですか? (ちょっと反応するソナ)
      私、お義姉さまとお似合いだと思うんです。 (少し嬉しそう?なソナ)
      一緒にお出かけになった時に、ビビっときたんです。
      お義姉さまがもったいないですけど...。
 (とっても嬉しそうなソナ)
ソナ:やっぱり 私がもったいないわよね?
ジョンスク:もちろんですわ。
      でも仕方ありません。ソ検事がぴったりですもの。
      ソ検事、口じゃああ言ってても 好きなのかもしれないわ。
ソナ:そうかしら? 本当にそうかしら? (少し不安げに)
ジョンスク: (大きくうなずいて) 私が...お手伝いしましょうか?
ソナ: (何度もうなずく)
 
 ~ソナとジョンスクが席に戻って...

ヒョクジュン: (ソナに) 気を悪くさせるつもりはなかったんだ。
ソ検事:浅はかでした。すみません。
ソナ:大丈夫ですわ。美人も苦労が多いのよね。 (ソ検事とヒョクジュン、・・・???)
ジョンスク:そうそう。きれいな方ゆえの災難ですわ。 (ピピッとひらめいて...)
      そうだ! 私たち カラオケに行くのはどうです?
      この子が、ソ検事の歌が聞きたいと...。
 (自分のおなかを触って)
 (ソ検事・ヒョクジュン・・・???、 ソナは小さく拍手してウインク)

 ~4人でカラオケを楽しむ。
  ヒョクジュン・ジョンスク   ソ検事・ソナ  のペアでデュエット対決
  ヒョクジュンとジョンスクは勿論だが、ソ検事とソナもいい感じ。
  意外にお茶目なソナを、優しく見つめるソ検事...。もしかしたら...?
  時間が経って解散となろうときに...

ヒョクジュン:姉さん、駅まで送るから乗って。 (ソ検事とソナ、困ったような表情)
ジョンスク: (二人を察して) おじさん、食べ過ぎたみたい。
      早くトイレに行きたい。お義姉さまはソ検事に任せましょ。急いで!
ヒョクジュン:仕方ない。 ジョンチャン、姉さんを頼むぞ。じゃあ。
ソナ:さあ行って。 (ソ検事もソナも嬉しそうに二人を見送る)
ソ検事:駅までお送りします。
ソナ: (急にしおらしく...) 別にいいのに...。
                   (ソナが控えめに差し出した手をとるソ検事)
 
ここは、実は”ウラベストシーンって感じのところ。
気になっていた、ソ検事とソナの二人の関係の転換期って感じ。
二人の恋にかなり貢献してるジョンスクなんですけど...。
ますます今後に期待してしまう。
(ソ検事とソナのベストシーンは次回までのお楽しみ♪)

 

☆ かわいいママ ジョンスクに nice! ~第14話~ ☆

 ~妊娠を確認できた夜、日記を書き出すジョンスク

 ジョンスク心の声赤ちゃんができた記念に、日記を書くことにした...。
           でも幸せすぎて これ以上 書く言葉がなかった。

 
 ~この日記には続きが...
  ヒョクジュン・ジョンスク・ソ検事・ソナでカラオケをした夜、
  ジョンスクが日記を書いているところをヒョクジュンが見つける。
  何が書いてあるのか知りたいが、ジョンスクは見せようとしない。
  ヒョクジュンは「脱字のチェックしてやる」とか言っちゃうけど、
  ジョンスクは「親しき仲にも礼儀ありよ」と...。(当然よね^^;)
  でも、日記の内容がどうしても気になってしまうヒョクジュン。
  そしてついに、彼らしくはないが、夜中にコッソリ日記をのぞくと...。

 ジョンスクの日記
 2004.03.02 幸せ!

 2004.03.03 とっても幸せ!
  
 2004.03.05 こんにちは 赤ちゃん 私がママよ
        あなたにあげたいものが いっぱいあるの
        パパの澄んだ瞳をあなたに
        ママが愛する パパの正直な心や優しい声も
        すべてあなたにあげるわ
        あなたが来てくれて とっても嬉しいの
        会いに来てくれて 本当に嬉しいの

赤ちゃんが出来たことを心から喜ぶそのかわいい姿にnice!
本来なら、夫婦といえども日記を盗み読むなんて、
ヒョクジュンにはレッドカードものだけれど、
純粋に母になる喜びを綴るジョンスクに免じて許しましょう...。(^^;)
               
 

 

☆ パンプキン selection  胸キュン& ベストシーン #14  ☆              

 ~ガヨンに言われたことを気にしているジョンスク
  仕事中のヒョクジュンを呼び出し...

ヒョクジュン:急にどうしたんだ?
ジョンスク:したいことだけしろって言うから...。
ヒ:ん?
ジ:私が今一番したいことは、おじさんとご飯食べることなの。
ヒ:何だって? (嬉しそうに、ジョンスクの頬をつねって) 
  言ってくれるな。 (笑) 行こう。

 ~お店で食事しながら...

ジ:おじさん、子どもの頃から検事が夢だったの?
ヒ:そうさ。ずっと小さい頃からね
ジ:どうして検事に?
ヒ:何で急に?
ジ:何となくよ。
ヒ:俺も何となくさ。何となくなりたかった。 (だんだん顔が曇りがちなジョンスク)
  お前の夢は何だった? そうか夢がないんだよな。
  (ジョンスクが沈んだ表情になったのであわてて)
  夢がなくても大丈夫さ。このおじさんがいるだろ。
  それにもうすぐママになれるんだ。そうだろ?

ジ:そうよね。ママになるのよね。
  それで十分・・・だよね。

ヒ:俺とお前と赤ちゃんがいれば十分だ。

 ~食事を続けるがジョンスクの様子がおかしい。ヒョクジュンはまだ気づいていないが...。
  食事を終え店の外で...

ヒ:家に?
ジ:帰らないと...。
ヒ:退屈なら本でも読みな。おじさんにかかりきりはやめて。
ジ:おじさんにかかりきりはイヤ?
ヒ:俺は正直うれしいけど、お前が気がかりで...。
  オバサン メロメロは要注意だぞ。
 (おどけて...)
ジ:オバサン? どうしてオバサンっていうの?
ヒ:人妻で母親ならオバサンだろ。
ジ:子ども呼ばわりして、今度はオバサンだなんて!
  人妻で子持ちだとみんなオバサンなの? (怒)
ヒ:ジョンスク...。
ジ:そうよ、私はオバサンよ! (怒) 
  できるのはおじさんを好きでいることだけ。 (怒って帰るジョンスク)
ヒ:おい...。 (ため息)

 ~ジョンスクが怒ってわかれてから

ジ: (一人帰り道で...) おじさんだけはそう呼んじゃダメなのに...。 (涙)
  私って 本当にこのまま...オバサンになっちゃうのかな...。

 ~一方、ヒョクジュンは検察庁に戻る道すがら、ジョンスクの言葉を
  思い起こしている。
  夜になり、家の外で、ヒョクジュンがジョンスクの帰りを待っている...。
  なかなか帰ってこないジョンスクを心配なヒョクジュン。
  ジョンスクが前に言っていた、
  「つらいことがあって 少し休みたくなったら 暗号みたいに言うの。
   ”新婚旅行行こう”って
」を思い出す。

ヒョクジュン:ジョンスクのヤツ...つらいならそう言えばいいのに。
       あいつのバカ。
       (とぼとぼと帰ってきたジョンスクを見つけて)
       おい! ユン・ジョンスク! (ゆっくりジョンスクの方に歩いて...)
       おじさんに怒ったまま帰っちゃダメだろ。 (怒)
ジョンスク:...。 (何も言わずうつむく)
ヒ:謝らないのか? (怒)
ジ:ご・・・ごめんなさい おじさん。 ごめんなさい。
ヒ:それだけか?
ジ:ええ?
ヒ:お前のせいで 俺もとってもとってもつらくなるだろ!
ジ:おじさん...。
ヒ:こんなつらいのをどう責任とってくれる?
ジ:どうしたらいい? どうしてほしい?
ヒ:本当に分からない? 本当に?
  自分が言ったくせに忘れるなんて...。
ジ:おじさん...。 (???)
ヒ:つらい時は、新婚旅行に行くんだろ。
  ジョンスク。 ”新婚旅行 行こう” 
(笑顔)

胸キュンであり、ベストシーンなのが、長いけれどこの場面。
妊娠騒動も落ち着いて、五人姫たちとの関係やガヨンに言われことで、
いろいろなことを考えはじめたジョンスク。
更に、ヒョクジュンの悪気はないのだけれど、火に油を注ぐような言葉...。(・・・「オバサン」)
爆発しちゃいましたね。^^; 
本当はこの問題は「新婚旅行」では解決できないとことですが、
ヒョクジュンなりに、妻を思いやっての仲直りのプレゼントなのでしょう。
 

 

18歳で結婚し、あっという間に妊娠もして...。
でもそれが自分の人生の全てなのかと不安になる気持ち...。
ここまで後ろも振り向かずに真っ直ぐに走ってきたジョンスクの
内なる不安は、まだもう少し続くようです。 
けれども、ジョンスクにはヒョクジュンがついている! 
15話をお楽しみに。(^^)v

 


★ランランキャンペーン推進仲間の朗々21さんのブログでは、
ファッションチェックとお気に入りシーンがステキな画像満載でご覧になれます。
カテゴリーの「ランラン18才」を click してみて下さい。(^^)v


 

 


nice!(0)  コメント(19) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 19

Mrs.Ree

おはようございます、パンプキンさん。
ジョンスクに振り回されてる、大人のような子供のようなアジョシ~が
いっぱいですよね。
ジョンスクに日記を読むな!と言われて、少しすねたような表情のアジョシ~
が、かわいいな~なんて・・。
ワタシは妊娠した事がないので分かりませんが、初めての子供を授かった時は、なんともいえない感動みたいなものがあるんでしょうね。
でも、ジョンスクをストレス性潰瘍にさせるぐらい、宗婦て大変なんですね。

お揃いのパジャマが、なんとなく、「ニタァ~」としてしまいます。
韓ドラで初めて見たかもしれなです、パジャマ着て寝てるとこ・・。(笑)
by Mrs.Ree (2005-05-31 07:57) 

パンプキン

Mrs.Reeさん、おはようございます。(^^)
ここにきて、ヒョクジュンの人間味あふれる(笑)言動に
ニタニタしながら見ている私です。
宗婦は「長男の嫁」っていう次元じゃなく大変そうですよね。
パジャマ・・・しかもディズニーかい! みたいな。(笑)
そうですよね。韓ドラではなぜか、着ていた服のまま
寝る様子を良く見ますから...。
このドラマでいうと、12話にソナに邪魔された夜に
ヒョクジュンが着ていた濃紺のパジャマ姿が印象的です。(^^)
by パンプキン (2005-05-31 08:25) 

risa

引き続き14話の感想を・・・
病院でストレス性胃潰瘍と診断され、泣くジョンスクのあごに手をかけ優しく自分の肩にもたれかかるようにするアジュシにドキッ!です。
また「妊娠です。」と告げられた時の2人の「エッ!」の顔。そっくりで笑っちゃいます。それからおんぶしてからの会話ジ~ンとします。最後ジヘちゃんがドンゴンくんの耳の近くに顔を寄せ、ドンゴンくんが少し右に向くのでほっぺにチュとなった時のドンゴンくんの幸せそうな顔も印象的です。
日記を読むアジュシの表情も幸せそうで・・・。ドンゴンくんの切ない顔も良いけど幸せそうな顔はさらにいいですね。パリ恋よりランランにハマる要因はこれですね。
by risa (2005-05-31 10:23) 

パンプキン

risaさん、こちらにもありがとうございます。(^^)
そうですね。私もパリの恋人のスヒョクは嫌いじゃないですが、
あまりにも役柄が切なすぎて...。
心から笑顔っていのがないですものね。
ランランでは恋愛に臆病だったかもしれないけれど
ジョンスクとの出会いが彼を一層素敵な男性に
してくれたように思います。(^^)v
実は見た目だけでいうと、
私はガラスの華のドンジュが好きなんですけどね^^;
by パンプキン (2005-05-31 18:02) 

ゆきまま

こんばんは、この回は絶対ジョンスクの想像妊娠だと思っていた私です。
おじいさんがジョンスクに小声で「ありがとう」と言った、
うれしそうな笑顔が忘れられません。
だから、本当の妊娠と分かった時は観ている方もうれしかった。
この後、作者はジョンスクに試練?を与えたのでしょうか?
私だったら、妊娠した事だし子供が生まれてから・・なんて思いましたが、
一つの夢を達成したジョンスクに次の夢を・・・。
ここからは、ちょっと観ている方も辛い感じがしました。
by ゆきまま (2005-05-31 20:55) 

パンプキン

ゆきまま さん、こんばんはー。(^^)
私もそうです! 最初リアルタイムでネット視聴したときには、
絶対妊娠してなくてかわいそうだわーって思ってました。
で、二人がガッツポーズで喜ぶシーンになって、エーッっ?て感じでしたよ。
そうですね、妊娠していながら次の夢をっていう展開は若干無理がありますよね。しかも残り2話。
そういう意味でも私のピークは12話にあるのかもしれません。
もちろん最後まで面白くはありますが...。
ここまでくると、あとはソ検事とソナの関係の方が気になってしまうかも...(笑)

ところで、ゆきままさんのブログ、朗々21さんのところから
お邪魔しに行って、コメント入れようとしたら、
登録が必要みたいで...今回はとりあえずあきらめたんですが、
ゲストでも出来ますよね?
というか、朗々21さんにコメントは出来てるので
どうして、ゆきままさんのところに出来ないのかが不思議なんですよね。^^;
またトライしてみますが...。(^^)
by パンプキン (2005-05-31 21:28) 

ゆきまま

こんばんは、先程はご訪問ありがとうございました。
何せ初心者なもので勝手が分からず失礼しました。
設定を変更いたしましたので、良かったら遊びにいらして下さいませ。
by ゆきまま (2005-05-31 22:47) 

綾

パンプキンさま こんばんは
14話、ジョンスクの間違い想像妊娠と思って観ていましたよ。
「ジョンスク・・初夜から何日も経ってないよ~そんなはずないだろ~~」とつぶやいておりました。が、本当だと分かったときは、ジョンスクとアジョシと一緒に「やったーーー!」って気持ちで万歳しちゃいましたよ。
その後の二人の電話に対する周りの「それがどうかした?」の反応に思わず笑っちゃいました。それまでのアジョシの心配の深さとふたりの喜びがより大きく感じられましたね。二人のミッキーパジャマには、観てる私のほうが「おそろいかかよ~」ってテレてしまい、恥ずかしくなりました。(ドンゴンくんの前髪が額にかかり、水色のミッキーパジャマ姿、可愛いけどさ!)

愛する人と結婚・妊娠・・十分幸せなことなのに次は自分の夢?アジョシと結婚するのが夢じゃなかったっけ?話の展開がいきなりすぎでは?と感じましたが、そこは大人になったジョンスクですから自分が自分として生きる何かをみつけたかったのでしょう・・・と、自分自身の心を納得させました。
この頃になると、ジョンスクの服装も新妻らしくおちついて、スーツ姿のアジョシにぴったりしてきますね。
by 綾 (2005-06-01 20:12) 

パンプキン

綾 さん、こんにちはー。(^^)
そうですよね。いくら数えても....(笑)日数的に合わない気はします...。
安東での吐き気は、やっぱりつわりではなかったですしね。
ジョンスクも18歳ならさすがに違うと疑ってもよさそうですが、
そこはドラマってことで...^^;
病院できちんと検査してもらうまでに
どのくらいの日数がたったかが定かではないですが、
ある程度つじつまが合う感じにはしたのかしら...と。(笑)
15話への話の持って行き方は私も実はあんまり
納得していないんですが、わからないでもないかな....と。
でも、妊娠初期ってホント精神的にもいろいろあるし、まして初産なので、
そこまで追い詰めないであげて-って思ってはいました。

ジョンスクの服装、確かに13話以降変化を感じますね。13話の安東で
夜中にヒョクジュンが突然たずねて来たときの上が白いセーター(カーディガン?)に下がフレアのスカートや、14話のソ検事・ソナと出くわした
レストランでの外食のときのなんかは、とってもいい感じだなと思いました。
by パンプキン (2005-06-02 10:08) 

朗々21

こんにちは~!腱鞘炎気味で、キーボードが思ったように打てず、
アップが停滞気味です(泣)
14話、最初見たときはかなり「え~っ!!」でしたねぇ。
ホントに妊娠してたの?!?!みたいな。。。
この辺りになると、ほんと心温まるドラマって感じですよね。
最初の頃と同じドラマなのか?!って(笑)
でもやっぱり、妊娠して~の辺りはもう少し丁寧に描かれて欲しかったな、
というのが印象ですね。
裏が「大長今」じゃなければ、延長もありだったのかな・・・
かなり検討はしてた模様ですが、20話くらいだと良かったのかしらん?
などと思ってしまいます。
by 朗々21 (2005-06-02 13:12) 

パンプキン

朗々21 さん、こんにちはー。(^^)
腱鞘炎とは、大変ですね。思ったようにキーボードがうてないなんて
結構重症じゃないですか?まずはアップより完治ですよ!

そうなんですよね。「大長今」のウラだったというのは痛いですよね。(笑)
私も、妊娠までのあたりはもっとゆっくりでもいいかななんて...。
妊娠が分かるあたりで最終回でもいいような気がします。
自分の夢っていうのをテーマにするなら、やっつけ程度にせずに、
パート2とかできちんというのもアリだと思うんですよね。
韓国では比較的画期的ドラマだったと思うので、
初のパート2も視野に入れて欲しかったわ-なんて...。(^^)
by パンプキン (2005-06-02 17:42) 

朗々21

今まで浮かれていました(笑)

腱鞘炎→ほんとやっかいです。キーボードもなんですが、マウスがつらくて、本当に困ります(泣)特に画像いじるとき、困るんです・・・
まぁ職業病みたいなもんなんで、しょうがないんですが。
こうなったら、うちのブログでは、のんびりランランレビューあげて、放送後にも余韻に浸って頂こうかと思ってます(大汗)

あぁ、でもやっぱりランラン2みたいですよねぇ~
by 朗々21 (2005-06-02 21:46) 

パンプキン

朗々21さん、私も同じです。^^;
そうですよー! まずは大事にされたほうがいいですよ。
のんびりお待ちしていますので。(^^)
まだ興奮さめやらぬという感じです...。
パート2が作りやすいドラマですよね。
私も見てみたいわ。(^^)v
by パンプキン (2005-06-02 22:02) 

Yokohama  Youko

今晩は。14話は「誠実な夫に幸せな妻」という図式で、アジョシのジョンスクへの優しすぎる表情・眼差しと思いやり溢れる態度が特に印象に残る回ですね。
「妊娠」と思い込んで喜ぶ宗家の爺様たちを見ているとアジョシでなくとも、またジョンスクが誤解を生じさせて叱られるのではとハラハラしたのですが、吐き気は神経性のもの、でも「妊娠」は事実とあってびっくり!? 病院でのそのシーンは二人だけでなく、見ているほうをも驚かせる仕掛けだったのでしょうか。
私は、妊娠がわかった後の『夫婦の絆』のシーン、アジョシがジョンスクをおんぶしていく場面が好きですね。『ノックアウト』シーン①と共にジョンスクの幸せいっぱいの顔を見ていると、本当にこちらまで嬉しくなってしまいます。
このドラマはタイトルの「18歳」=ジョンスクの成長記なのですが、13、14話を見ていると、1~3話のまだ女子高生、4話以降8話辺りまでの世間知らずの幼な妻から、真の夫婦になった12話を経て、ジョンスクが女性としても妻としても大人になった成長振りがはっきりわかるようになっているかと思います。ジョンスク(ジヘちゃん)の顔つきまで違ってきているように見えるのは、私の思い込みすぎでしょうか。ここではもうソナもガヨンもジョンスクを認めています。どんなに意地悪をされてもソナにはあくまで義姉として接し、ガヨンにも優しい心配り――『大人の対応」をしてきたジョンスクの「勝ち」ですね。その「大人」になっているジョンスクの新たな悩みが「夢」ですか。この展開はどうなのでしょう。私もちょっと??でした。
by Yokohama Youko (2005-06-07 21:47) 

パンプキン

Yokohama Youkoさん、おはようございます。(^^)
今回の妊娠騒動は、視聴者はウラのウラをかかれたって感じですよね。
一般常識的に考えても、妊娠は早いだろうという予測だと思いますし、
ジョンスクのハシャギ方からして一転、どん底?と、本当にハラハラさせられますよね。(笑)

おっしゃるように、ジヘちゃんの表情も回を重ねるごとに
意識的なのかは?ですが、ジョンスクの成長を思わせるように
変化していると思います。
なんだかんだ言いながらも、ソナやガヨンにはさまれつつも
きちんと向き合ってきましたしね。

最終回の記事、まだ仕上がってないんですが、(汗)
そこにも書こうと思っていますが、全話とおしてみても
「ジョンスクの夢」の部分だけ、ちょっと唐突というか、
無理やりな感じは拭えないというのが私の印象ですね。
ほかの展開がとっても自然な流れでうまく進んできただけに
そう感じるのでしょうか....?

実際、残り16話のみとなったのに、個人的な忙しさも少々あって
まだ記事UPは少し先になりそうですが、(もったいぶっているわけじゃなく)
最後の余韻にひたりつつ、のんびり記事作成中です。(^^)
by パンプキン (2005-06-08 08:50) 

ヤーコプ

パンプキンさん、初めまして。ここの皆様より1年遅れで今ランランを見ています。ずっと気になっていたドラマ、見始めたとたんに、嵐のようなはまり方で、誰か私を止めて~という感じです。パンプキンさんのレビューの存在は前から知っていましたが、視聴を始めてから何度も何度も読ませていただきました。おかげさまでより深く味わうことができ、一言お礼が言いたくて書き込みします。
さて、14話のやや唐突な話の展開には?のご意見も多く、私もこの回から次への流れがややたいくつと感じましたが、敢えて深読みしてみますと、この部分は女性脚本家お二人(子育て中)のメッセージ性を感じました。妊娠中の女性って個人差はあるでしょうがとても気持ちが不安定になりますよね。(私もマタニティーブルーが強く出たので思うのですが)ジョンスクの突然の夢探しは、この時期特有の気分の揺れや不安をもあわせて伝えているのかも知れない。そしてこの時期にこそパートナーの絶対的な愛と支えが必要だということ、アジョシは完璧に理想のパートナーですよね。こんな風に全て受け入れてくれ、
見守ってくれるパートナーっているようでいないと思うんです。そのことを主に男性に向けてメッセージを発信したのかなと思います。深読みしすぎですかね。
とにかくこのランランは私にとっても今後も何度も繰り返し見ることになる特別な作品になりました。
by ヤーコプ (2006-03-08 12:55) 

パンプキン

ヤーコプ さん、初めまして。コメントありがとうございます。(^^)
おっしゃってること、とってもよくわかります。
14話の夢探しのエピソードを通して、そうゆうメッセージが含まれているのでは...というのは私も感じているところです。
深読みではないように私も思いますよ。^^
ランランを特集した雑誌での脚本家のインタビューには
第13話が雪のために彼女達の思うような回ではなかったらしく、
修正が出来なったことが後々計算が狂うことになったと話されてますから、
13話以降の展開が必ずしも思い通りではなかったのかもしれません。
同じメッセージを送るにしても、もっと時間があれば違う形であったかもしれませんね。^^;

ともかく、こうしてまた一人、ランランを特別なドラマと思ってくださる方が
増えて、おしゃべりできることはとっても嬉しいです。
是非、またお越しくださいね。\(^o^)/
by パンプキン (2006-03-08 15:20) 

ヤーコプ

パンプキンさん、とんでもなく時期はずれのコメントにわざわざレスをつけてくださってありがとうございます。今日からまた2回目視聴始めるつもりです。このドラマも中年の方たちにうけたのかしらと脚本家のインタビュー記事にありましたが、受けましたよねたぶん、かくいう私も思いきり
中年まっただなかですもの(笑)。これにはまって、ドンゴンくんにはまらずにいられる人がいたら教えてほしいものです。ただいま病進行中です。
また、他のドラマのレビューも読ませていただきます。
by ヤーコプ (2006-03-09 12:01) 

パンプキン

ヤーコプ さん、こんばんはー。(^^)
そうですねー。このドラマは韓国ではターゲットは若者だったんだと思うんですが、もっとオトナの私たちがみても、いろいろ考えさせられました。^^
それに、誠実なアジョシを演じるドンゴンくんにも夢中になりましたよね。
是非、他のところにもお越しください!
ランランに出会う前は「ザ・韓ドラ」っていう感じのドラマにはまってましたが、徐々に好みのドラマのタイプに変化も起きました。
レビューを書いているのは基本的には面白かったと思ったドラマです。
(すべてを書ききれずにもいますけどね...^^;)
by パンプキン (2006-03-09 20:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。