So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ「ランラン18歳」第12話 [ランラン18歳]

今回はひきつづき、
第12話、早速はじめまーす。(^^)v


===================================================================================================================================================================================


【 ランラン18歳 第12話 】只今、おもいっきりネタバレに挑戦中!         

                         
<通い合う心>
ジョンスクは、自分への思いを告げ諸葛派に立ち向かったヒョクジュンを助けるために
タイミングよく相撲選手達の協力を得る。
ヒョクジュンの危機は免れるが、諸葛派残党がヒョクジュンとジョンスクを
車で轢こうと突っ込んでくる。
病院で目が覚めたジョンスクはヒョクジュンの姿を探すが、軽症ですんでいたヒョクジュンは
ジョンスクを驚かすために、白いシーツを全身でかぶり死んだように見せかける。
驚いたジョンスクは「愛してるってことも、おじさんが初恋の人だってこともまだ言ってないのに」
と泣き崩れる。
ジョンスクの本当の気持ちを知り、病室に入ったヒョクジュンは、ジョンスクや彼女の気持ちに
気づいてやれなかったことを謝る。そして互いに見えていなかった相手への思いが通じ合う。


<オジャマ虫!>
ヒョクジュンの入院で、安東から祖父・叔父・姉、そして宗親会の方々もお見舞いに来た。
ガヨンも今までのことを詫びにくるが、それは表向き、ジョンスクにはしっかり嫌味を言って帰る。
医者には「無理な運動は控えるように」「新婚だから...分かるでしょ」と念を押され退院。
ジョンスクにはまだその意味をすぐには理解出来ていない。
事件以後、久しぶりに家に帰る二人。これからがスタートという時、ソナが
大変な目にあった二人の世話をするという名目でしばらく居つくことに...。
本当なら二人きりのラブラブな”新婚生活”の予定が、ことごとくソナの妨害でおじゃんになる。

 

<真の夫婦&乙女心は複雑>
ソナの居座りにウンザリのヒョクジュン。ソ検事の協力でやっと二人だけの時をすごすことに。
ソ検事からは”初夜”のはっぱをかけられるヒョクジュン。
心が通じ合ってからの初めてのデートを楽しむ二人。
ソナが安東に帰る気配のないことをソ検事から聞き、彼のアドバイスもあって、
ヒョクジュンはジョンスクに「ウリ、ホテル カジャ」(俺たちホテルに行こう!)と。
そんな状況に慣れてるわけもない二人。思いばかりが先走り、
ジョンスクはドキドキする気持ちを落ち着かせようとヒョクジュンがシャワーの間に
お酒を飲み、彼の姿が獣(トラ?)に見え、思いっきり拒絶。
気がつくとケンカになって、この日は「真の夫婦」になることはなかった。

 

<そして、その時が...>
帰宅したヒョクジュンとジョンスクのケンカの様子から、”変な安心”をして安東に帰るソナ。
ヒョクジュンは事を急いだことを反省し、ジョンスクの気持ちを尊重するつもりだ。
自分が愛するヒョクジュンを受け入れられなかったことが、自分でもよくわからないジョンスク。
けれども、高校の担任の先生の話を聞いて、あらためて夫婦のあり方を深く考える。
ヒョクジュンはジョンスクに昨日のことを謝り、彼女への深い愛情を示す。
ジョンスクはそして...
ヒョククジュンの大きな愛に包まれ、大人への扉を開くのだった。
                          
                                                       ・・・第13話へつづく・・・

 
 

☆ パンプキン selection  胸キュン・シーン #12 ☆

~ヒョクジュンのちょっとしたいたずら心が、ジョンスクを怒らせた...。
 病室で、ヒョクジュンはベットに、ジョンスクは椅子に腕と足を組んで下を向いている。

ヒョクジュン:ジョンスク、いつまでそうしてるつもりだ? (無視するジョンスク)
       ジョンスク~~。 (ちょっと甘えた感じで...)
ジョンスク:冗談にしてもタチ悪すぎよ! (怒)
ヒ:死んだふりをするつもりじゃ...。ただ、ちょっと驚かそうとしただけだ。
ジ:私のせいで死んじゃったと...本当に... (涙声)そうなったら... 
  (泣き出すジョンスク)
ヒ:ジョンスク...。
ジ:話しかけないで! 口も利きたくない! (下を向く)
ヒ: (一呼吸おいて) ジョンスク、一つ聞いてもいいか?
  それ、本当なのか?
ジ: (まだ怒ってるので顔も見ずに...) 何よ。
ヒ:お前の初恋の人が俺だってこと。 (ジョンスク、ハッとして顔を上げる)
  道袍を着ていたという出師表の青年が俺だったのか?
ジ:...。 (急に言われてとまどう)
ヒ:風の強い日の跳ねっ返り娘が、お前だったのか? (ヒョクジュンを見つめるジョンスク)
  お前の好きな人って...俺だったのか? (涙を流しうつむくジョンスク)
  悪かった。お前だと気づいてやれなくて...。 (顔を上げるジョンスク)
  ずっと片思いさせてごめん。

 ~抑えようのない涙がジョンスクの頬を伝う。「おじさん」と言って
  ヒョクジュンに抱きつくジョンスク。彼のやさしい腕に抱かれ、涙がとまらない...。

ヒ:ジョンスク、愛してるよ。
ジ:涙・・・  
  (心の声 私も愛してるわ。初めて会った時から今までずっと。
       そして これからも永遠に...。 
         )
            

このドラマがここで終わってもいいくらい嬉しくなった瞬間。
いえ、本当に終わられちゃうともっと嫌ですけどね...。^^;
でもこの病室での抱擁シーンは、胸がキュンとして、目頭が熱くなります。
ヒョクジュンに背中をトントンされてるジョンスクに、心から「よかったねー。」って言ってあげたい。

 


    
☆ 第12話のドンゴンにノックアウト ☆ 今回も長いです・・・(汗 )

①~退院したヒョクジュン。家の前で...

ヒョクジュン:何年ぶりのようだな...。
ジョンスク:実は私もそうなの。
ヒ:俺たちが変わったからかな...。
ジ:変わったって?
ヒ:真の夫婦になって帰ってきたからさ。
ジ: (照れて...) そ、そうね。
ヒ:だけど、これからどこで寝ようかな...。 (突然のことにとまどうジョンスクを見て)
  嫌なら俺の部屋で寝るよ。
ジ:嫌だなんて言ってないわ。 (恥ずかしいのか、急に走り出し立ち止まって振り返り)
  枕は持ってきてよ。 

 ~二人じゃれ合って家のドアまでくるとそこには、姉のソナが...^^;


②~本当はラブラブでいたい二人をとことん邪魔するソナ。
  ついにヒョクジュンが行動開始する。
  ソナと同じ部屋で寝ているジョンスクをリビングに呼び出し...

ジョンスク:どうしたの?
ヒョクジュン:別に...。
ジ:どうしてこんな夜中に...
ヒ:なんとなく...眠れなくてさ...。
ジ: (やっと察して、わざと気づかないフリして) どうして眠れないのかしら?
ヒ:弱ったよ。 (照れて頭をかくヒョクジュン  見つめあい、ジョンスクの手を取り)
  ジョンスク! 俺たち今夜一緒にいよう。
ジ:でも...お義姉さまもいらっしゃるし...
ヒ:それでも俺のそばにいてほしいんだ。 
ジ:おじさん...。 (ヒョクジュンをじっと見つめる)
  (ジョンスクの側によるヒョクジュン) お医者さまも無理しちゃダメだって...
  (ギュッとジョンスクを抱きしめるヒョクジュン) 無理しちゃダメ...
ヒ: (抱きしめたまま) 俺は無理してもいい!

 ~そのあと二人はキスを.......... のつもりが、ソナが起きてきて、パッと離れる二人 ^^;


③~久々、ソ検事の相談室 其の一

ソ検事:お姉さま ちょっとひどいな。どうしてだろう?
ヒョクジュン:姉さんのせいで気が狂いそうだ。
ソ:とにかく、おめでとう。
ヒ:何を?
ソ:フォール イン ラブ 
ヒ:おう...。 (照れて下向く)
ソ:幸せか?
ヒ:まあな...。 (思い出し笑い) ハハハハハ・・・・ (ニコニコ顔)
ソ:恋人もいないからバカにしてるんだろう。
ヒ:そんなつもりじゃ...  ハハハハハ・・・・ (ニコニコ顔)


④~相談室 其の二

ソ検事:アハハハハハ・・・ それ本当か? 
    いつもでたらめなアドバイスのせいだ。
    まだ子どもだし、怖がるのも無理ない。どうするつもりだ?

ヒョクジュン:待つしかないだろう。
       待つのは苦じゃないけど、あいつに悪くて...。
       子どものままでいてもいい年頃なのに、俺のせいで早く大人になって...。
       いいことばかりじゃないのに...。
ソ:そうだな、いいことだけじゃない。
  責任感も求められるし、荷も重くなる。
  いつかは大人になるのだと分かってくれる。

ヒ:...。 (神妙な面持ちのヒョクジュン)


ジョンスクと気持ちが通じ合ってからのヒョクジュンって少しずつ変身していくのがわかる。
無愛想で堅物なヒョクジュンとは思えないほどの変化。
ジョンスクの長所がヒョクジュンにも伝染していくみたい...。
それでいて、彼の優しさやは健在。
でもこれがまだまだ序の口なのよね...。次回はもっと...。(笑)
それにしても、いくら仲のいい友人とはいえ、なんでも相談しすぎなんじゃ・・・って
思うのは私だけだろうか...? そんな突込みをいれつつ、
これからも大きな愛でジョンスクを包んであげて欲しいし、
そんなシーンをたくさん見せてと期待しちゃう。



☆ ヒョクジュン&ジョンスク~夫婦の絆 #12 ☆

 ~ソ検事の協力で二人きりになったヒョクジュンとジョンスク。
  美容院・ショッピングのあとは公園でデート...
  ベンチにて、ヒョクジュンが帽子を脱いで、髪の毛をグチャグチャに...

ジョンスク:やめて、似合ってるのに...。
ヒョクジュン:恥ずかしくて死にそうだ。
ジ: (不満げに...) 若く見えるのに...。
ヒ:年取ってるから嫌か?
ジ:え?
ヒ:嫌だろうな...。
ジ:いい事と悪い事があるの。
  いい事はおじさんを通して違った世界を見られる。
  嫌な事は... 嫌な事は...
 (ジョンスクを優しいまなざしで見つめるヒョクジュン)
  10年の隙間は絶対埋まらない。
  でもいいの。残ってる時間が長いから。
 (笑顔)
ヒ: (笑顔で) ジョンスク...。
ジ:あれ見て。 (子犬の散歩途中に休んでいる仲の良さそうな老夫婦を指して)
  私たちもあんなふうに年を取っていくのかな?
  そうなれば、10年の差なんて忘れちゃう。
ヒ:その時まで 側にいてくれるだろ? いつまでも。

 ~ニッコリ、ウインクのジョンスク。 笑顔の二人。

この場面、実はベストシーンに引けをとらない、私の大好きなところ。
二人の相手をみつめる顔が、ほんとにやさしくて素敵。
契約結婚で始まった二人が、こんなにも穏やかに将来を見つめることが出来るなんて!
そう思うと、いままでの苦労もふっとんじゃう。そんな気持ちなのかなーなんて。
大きな壁を乗り越えられたからこそ、少し大人になったジョンスクと
どんなことにも分銅されずに、誠実に生きてきたヒョクジュン。
本当にお似合いの夫婦になりました。  

 


☆ 先生はやっぱり先生だー! にnice! ~第12話~ ☆

 ~お嫁に行くことが決まった高校の担任の先生と、五人姫とで久々の再会
  ジョンスクと先生の会話

ジョンスク:先生は怖くないですか?
先生:何が?
ジ:あれですよ...あれ。
先:あれって何?
ジ:だから その初... (先生の耳元で小さな声で) 初夜です。
先: (驚きで目をまん丸にして) まだ初夜も迎えてないの?
  どうしていまだに...! 
  (大きな声だったので、ジョンスクが人差し指を口の前で立てて、小さな声で...の合図)
  ジョンスク、あなた怖いのね?・・・大人になるのが。
  そうね。怖いわよね。不安だし。
  他人を自分の一部として受け入れて、責任も負う。
  でも、一人の人を愛してるのなら、一生共にすると思うのなら、
  避けられないし、避けてもならない過程よ。
(神妙に聞くジョンスク)
  そうやって大人になっていくの...。
  愛して責任を持って助け合いながら。
  18歳のままじゃいられないわ。そうでしょ。
(笑顔)
ジ:先生...。 (笑顔)

ヒョクジュンを愛しているのにどうして...という思い。
そんな時にタイミングよく先生の結婚話。
先生の言葉に勇気付けられるジョンスク。
幸せいっぱいの先生のやさしくて心のこもったアドバイスに、nice! 


              
     
☆ パンプキン selection  ベストシーン #12 ☆  

 ~ヒョクジュンが綺麗に包装された箱をジョンスクに渡す

ジョンスク:これ何なの?
ヒ:仲直りのプレゼント。昨日は俺が早まったんだ。すまなかった。
  待ってくれたように俺も待つよ。いくらでも待つつもりだ。
  俺たちの時間はたっぷりあるんだ。
  待っていることを忘れないでくれ。
(優しく語りかける)
ジ:おじさん...。
ヒ:これからは、ケンカするたびにプレゼントを用意しよう。
  今回のプレゼントは”時間 ”だ。
  ”待つこと”を贈る。

ジ:...。 (微笑む)

 ~自分の部屋でプレゼントを開けると、それは「砂時計」だった。
  ヒョクジュンや先生の言葉をかみしめ、
  ドレッサーにうつる自分を見つめるジョンスク。(自分の心を確認するかのように...)
  そして...頭のゴムをはずす...。
  
 ~場面は変わり、ヒョクジュンが自分の部屋に布団を敷いていると...

ジ:おじさん、ここで何してるの?
ヒ:何って...。 (ジョンスクがヒョクジュンの枕を持つ)
  ジョンスク、何してるんだ?
ジ:枕は持ってきてよ。
ヒ:え? (ジョンスクの表情から言っている意味を察するヒョクジュン)

 ~バックに音楽が流れる...見つめあう二人

ジ: (心の声 こうやって 大人になります。
ヒ: (心の声 こうやって 夫になり...
ジ: (心の声 こうやって 妻になります。
: (手をとり) (心の声 こうやって 私たちは 夫婦になります。

  初めてヒョクジュンにときめいた、高校生のジョンスク。
  頬にキスし、ヒョクジュンへの愛を誓うジョンスク。
  触れる手と肩に互いの鼓動が伝わるクラブでのダンス...。
  無邪気に楽しんだ体育大会での二人三脚。
  雨の中、ヒョクジュンの身を案じ、思わずヒョクジュンに抱きつくジョンスク。
  手をつないで安東の雪道を駆ける二人。
  愛を告げ、ジョンスクを守るために立ち向かうヒョクジュン。 
 
 ~花びらが舞う中...「互いを本当に愛するその時」が今...。
  こうして二人は一つに結ばれる...。
  
 
今までのすべてのことが、二人を真の夫婦へと導く布石。
12話に限らない、このドラマの ☆ ベストシーン ☆
 

 
これからが二人の本当のスタート!
まだまだ山あり谷あり...。
夫婦の絆がますます強まる第13話をどうぞお楽しみに。(^^)v


★ランランキャンペーン推進仲間の朗々21さんのブログでは、
ファッションチェックとお気に入りシーンがステキな画像満載でご覧になれます。
カテゴリーの「ランラン18才」を click してみて下さい。(^^)v

 


 


nice!(0)  コメント(26) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 26

Mrs.Ree

こんばんは&11・12話と連続のUPお疲れさまです。
まとめて、コメントさせていただきます。
とうとう、真の夫婦(あじょし~流)になれましたね。
とっくに、心の夫婦にはなれてたのにね。
10・11・12話とハラボジ・オンマ・先生の言葉や温かさがジョンスクを大人の女性へと変化させたような気がします。
オンマの「愛してるて言う言葉より心なのよ」
私自身「夫婦てそういうものだ」て改めて認識しました。

誕生日プレゼントの望遠鏡は、寒い外で待っていたアジョシ~の心を
すごく暖めてくれ、初恋の傷を癒してくれたプレゼントだったと思います。
ガヨンとは比べ物にならないくらいで、ジョンスクにしか出来ないプレゼント
だったと思います。

おだんごヘヤーをほどいて髪をおろしたジョンスクはきれいでしたね。
ワタシが見た韓ドラのなかで、一番ステキなキスシーンです。
花びらやハートが舞ったりして・・。
長々と書いてしまいましたが、きっと思い出して、またお邪魔しますね。
by Mrs.Ree (2005-05-21 21:44) 

sala

超☆楽しみにしてました~!!お疲れ様です!!
重なりそうで重ならない二人の心にじれったくなる11話と、ラブラブな二人に見てるこっちの心がランランになる12話。
どっちも大好きです(^▽^)v
11話はアジョシがすっごく可愛くて、ニヤけちゃいますね~(告白マニュアル本ってどんなんだよ~)前回までジョンスクのせつない想いをこれでもかってほど見てきただけに、11話はホントに癒されます…やっと、やっと、己の心に気づいたか~、アジョシ!!ってカンジで(笑)
12話は先生とジョンスクのシーンが好きです。1話の時とは別人みたい(笑)
ソナも可愛らしい女性に思えてきたし(なんだかんだいって、自分からソ検事の車に乗り込んじゃうとことか…)、さっきも書きましたがジョンスク達はラブラブだし、12話は、私の中ではおいしいとこだらけですね~
いよいよ13話、
私はここからは未視聴ゾーン突入!!
なので、パンプキンさんのを楽しみに待ってます(*≧▽≦*)
来週が待ちきれないよ~
by sala (2005-05-21 23:56) 

Yokohama  Youko

パンプキンさん、こんばんは。2話、一度にアップ、お疲れさまでした。
来週から忙しくなるはずだったのに、週末からに前倒しされ、ゆっくり書かせていただく時間がしばらくとれません(よく言えば「フリーランス」、悪く言えば「潜在的失業者」、ひいき目に言っても「プータロー」というのがつらいところです)。ご苦労なされたご様子だった11・12話を読ませていただいた感想だけを先にちょっと。ご苦労の甲斐あったすごい内容ですね。あの文字量を、書くだけでも大変なのに、完璧にまとめられていると思います。2話とも、何も言うことなかとです。いいじゃん、いいじゃん、です??  
時間ができたら、11話からゆっくりお訪ねするつもりです。ともかく、お疲れ様でした。
by Yokohama Youko (2005-05-22 01:33) 

パンプキン

Mrs.Ree さん、おはようございます。(^^)
いつも、すばやいコメントありがとうございます。
おっしゃるように、とっくに心の夫婦になっていたんですよね。
実は真の夫婦になるより、こっちの方がたいへんなのは、
結婚されている方も、これからの方も、お分かりだと思います。
ここまで、互いが相手を真剣に思い、それを自覚できたことこそ
すごいことなんですよね。
そう思うと、ジョンスクの成長もさることながら、
これまで、なろうと思えばなれた「真の夫婦」への選択をせずに、
心を大事にしてきたヒョクジュンの人間性の深さをいっそう感じます。
12話のラストのキスシーンの美しさは(心情的にも映像的にも)
今までに見たことのない類まれな場面だと思います。(^^)
by パンプキン (2005-05-22 08:25) 

パンプキン

sala さん、おはようございます。(^^)
11話と12話は、前編・後編って感じですよね。
11話のケンカを含めた「告白」の導入、12話の心も体も一つになるまで。と...
ここは出来るなら続けて見たい所なんですよー。なので、今回は
頑張って2話UPしてみました。(笑)
ドラマとしては12話を最終回にしてもいいくらいの内容だったですが、
ランランの良さは、実はこのあと13から16話が存在するところに
あると私は思っています。
私の中でのクライマックスはこの12話でしたが、
13話以降あることで、夫婦って、家族って、結婚してからいろんなことが
あるよーっていうのを少しでも見せてくれますから...。
未視聴部分ということですので、楽しみにしていてくださいね。(^^)
by パンプキン (2005-05-22 08:37) 

パンプキン

Yokohama Youko さん、おはようございます。(^^)
ご心配をおかけしてました、11&12話無事にUPできて
ホッとして、少し気が抜けてます...。^^;
お忙しい中を、コメントくださって、本当にありがとうございます。

いつも私以上にランランを語ってくださるYokohama Youko さんに
「いいじゃん」って言われただけで、私も満足です。
お時間が出来ましたら、またよろしくお願いします。 (^^)v
by パンプキン (2005-05-22 08:43) 

risa

パンプキンさん、こんにちは。
もう全て語ってもらってるので何もいう事はありません。読んでいて何度も鳥肌立っちゃいました。^^
初めてラストシーン見たときは思わずこ踊りしちゃいましたよ。
11話の検察庁前での喧嘩シーン大好きなのです。ドンゴンくんの表情がコロコロ変わって・・・最後にもう後悔してうつむく顔とか・・・^^
そして病院での、甘える感じの「ジョンスク~」に始まり「片思いさせてごめん。」にはやられました。直訳すると「先に好きになるようにさせてごめん。」といってるようですがいい訳ですよね。
そしてラストシーン。台本ではいろんなカップルのイメージシーン挿入だったみたいですが、今までの2人の歩みで正解ですよね。感動です。
13話からは安心して見られますね。
話は変わって、今日ジヘチャンの直筆サイン入りポラロイド写真が届きました。雑誌の懸賞なのですが・・・くじ運のない私に・・・超嬉しいです~^^
by risa (2005-05-22 14:51) 

パンプキン

risaさん、こんばんはー。(^^)
まずは、懸賞の当選おめでとうございま~す。(^^)v
(雑誌が何かっていうのも気になりますが、どんな写真かも気になります。笑)
「片思いさせて」の部分、直訳が「先に好きになるようにさせてごめん。」だったんですか...。
ラストの二人の歩みの部分の裏話もありがとうございます。
risaさんの情報は皆さんがあんまり知らないのではっていうようなのが多いですよね。さすがです!
13話以降、安心して見ることはできますが、
あまりのラブラブぶりに、これまたまとめるのが大変です。
ちょっとした二人の仕草なんかも、もれなく伝えたいと
欲張ってしまうからですよね...。^^;
とりあえず、12話の、私の中では他のどんなドラマも比べ物にならないくらいの
ラブシーンを終えて、ちょっとホッとしつつ、気が抜けないよう、さっそく
13話に取り掛かっている最中です。(^^)
また、耳寄り裏話などありましたら、よろしくです。m(__)m
by パンプキン (2005-05-23 00:16) 

パンプキンさんこんばんはー
毎回パンプキンさんのこのドラマに対する「愛情」を感じます。
そして、ついにこの回にきましたねぇ・・・
アジョシとジョンスクが結ばれて・・・
12話は何度観てもうれしくなります。
アジョシの心はもうすっかりジョンスクのもの。
ジョンスクを待ってくれているアジョシの想いがジョンスクにも通じている。
「時間というプレゼント」
う~んステキ♡
ノックアウトされてます・・・・
by (2005-05-23 01:07) 

チョコら

お疲れさまです。
11話に続き12話へと、盛り上がりますねー。 私も大好きな所がたくさんあります。  アジョッシの気持ちの変化が、表情豊かになり、面白いように変化しますね。 も~、楽しくて・うれしくて・かわいい。 理想の旦那様です、うらやましかぎりです。 でも、ジョンスクあってこそのアジョッシの旦那様ですね。 今となっては手遅れな私は、高校生の娘に将来は「ランラン夫婦」になるように言い聞かせます!って、そううまくは、いきませんかね。  私の英語字幕版は、最後まで観終わりまして、今、5回目の最終話へと向かっている《13話》です。 こちらのお陰で11話と12話のお気に入り度がまたまたUP。 有難うございます。
by チョコら (2005-05-23 02:12) 

パンプキン

na-varmeer さん、こんにちはー。(^^)
冷静にみると、自分でもおかしいくらい、ホントこのドラマに
惚れこんでると思います。(笑)
ここまでくると、ヒョクジュン&ジョンスクは我が子のようで...。(それは大袈裟か...^^;)
私も大大大好きな12話です。
気がつくとこれもあと2週で終わってしまうのかと思うと、
ホッとするような、でもとってもさみしいような...。
まだまだマイナーなこのドラマがメジャーになるのを
夢見つつブログ記事を書き続けてる私です。(^^)
by パンプキン (2005-05-23 11:29) 

パンプキン

チョコらさん、こんにちはー。(^^)
5回目ともなるとほとんど字幕の字は見てないんじゃないですかー?
もう二人の表情だけで、わかりますものね。(^^)v

>高校生の娘に将来は「ランラン夫婦」になるように言い聞かせます!
その気持ちはすごくよくわかります。
ウチに息子はいませんが、もしいたらヒョクジュンのように
育てたいわ...とかも思っちゃいます。(話しが脱線しつつありますね...^^;)

どんなに素敵な人と結婚しても、まずは自分がどうあるべきかっていうのも
ジョンスクを見ていて思うとこがあって、
相手に求めてばかりいるのは幸せな結婚じゃないでしょうし、
結局は自分の心次第なんじゃないかなーと。(^^)
まあ、そんな深刻に考えるドラマではないけれど、
笑いの中にもいろんなことがいっぱい詰まってるステキなドラマですよね。(^^)
by パンプキン (2005-05-23 11:45) 

綾

こんにちは パンプキンさま 
11・12話纏めてコメントさせていただきます。
11・12話も素敵なシーン、セリフ満載の回ですよね。
私にとっては、このドラマ最大のクライマックス!!(二人を観てるだけで幸せ)
11話ではアジョシがはっきりと自分の気持ちに気づき伝え様とするわけだけど、何だかんだと空回り・・・・もうアジョシを観ているだけでクスクスわらっちゃいました。今までの回のアジョシは生真面目さが表立った感じでしたが、ジョンスクの愛で凍った心の一部分が溶かされ、真面目な性格に柔らかさがプラスされ(お茶目さとか)て、より素敵な男性になったのが分かりますよね。
12話では「アジョシ壊れたの?」って感じのはじっ気っぷりが可愛い!!
二人のラブラブぶりが画面一杯に溢れ、私も周りにも沢山のハートマークが浮かんで幸せ気分になります。
11・12話のパンプキン様の胸キュンetcシーン・セリフは私も同じです。
加えるものなどありません。(読んでるだけでその場面が浮かんできます。)

「ソ検事に普通そこまで話すか?」って思ったのは私も同じです。いくら親友でも現実はありえなーいですよね?
(おおらかで公平な気持ちのソ検事だから話せるのでしょうけど・・・・・)
11話でチェ・ゲジンの電話に出るアジョシが「ウリ ジョンスク」って言いますが
そう言ったのは、この時はじめてだと思いますが、(違うかな?間違ってたらミアネ~~)、ウリが付いたと喜んじゃいました!
次も頑張ってね!楽しみにしてまーす。

ちなみに、紹介いただいたギャオで「ジュリエットの男」観てます。タダっていいわ~~。KNTVも電気屋さんによると、我が家の場合工事が大変なようなので加入諦めました。がっかりです!
ネット配信、もう少し安くなるといいんだけどね。お勧めありますか?
では アンニョン!
by 綾 (2005-05-23 13:04) 

パンプキン

綾さん、こんにちはー。(^^)
11&12話はスタッフの力の入れ具合も違うぞー!っていうくらいの
クライマックスなところですよね。
おっしゃるように、ヒョクジュンのちょっと影のある(今となっては、ガヨンに失恋して心を閉ざしていたと分かりますが...)部分は、氷がとけて、きれいな水になったように、徐々に気持ちをストレートに表現していますよね。
時にお茶目っていうのもすごくうなずけます。
姉へのあてつけに、「婚期が遅れるかと心配」と言ったり、
それこそ、さんざん姉の邪魔にあって、安東に帰って欲しかったときに、
ソナに「私に帰って欲しいの」と聞かれ、「おう」ってはっきり言っちゃったり...。
ただ、真面目なだけのヒョクジュンからの変わりようといったら!
そして、ジョンスクへの気持ちの出し方も...。(笑)
これからそんなヒョクジュンをたくさん見られるかと思うとたまらないわー。(^^)
いってもジョンスクも大人になったとはいえ、まだまだで、ハラハラさせられますよね。やっぱり、最終回までは目が離せないですね。
「ウリ ジョンスク」のくだりはそこが初めてかどうかは確認してませんが、
「ウリ」って言われるとうれしいですよね。
私も何気にその「ウリ」って気になってました。
弟9話で、熱を出したジョンスクに、もう待たなくても必ず帰ってくるっていう
ヒョクジュンのセリフにも、「ウリ チベ ジャナ」っていうのがあるのですが、
KNTVの字幕だと「ここは俺の家だから」ってなってるんですね。
で、でもウリって本当に言っているので、私が記事にのせたときには、
カッコして(俺たちの)って入れちゃいました。(^^)v

オススメは「あんぱん」です。(でも高いですよね。全26話をみるのに
いくらかかるやら...^^;)
私は4話までKNで見ましたが、いい感じでしたよー。
韓国ではこのドラマの熱狂的なファンを”あんぱんの鉄人”というそうで、
そんな言葉が出来るくらい人気があったということですよね。
とりあえずは、無料で見られるGyaoを制覇してはいかがでしょう。(笑)
by パンプキン (2005-05-23 16:13) 

ゆきまま

パンプキンさん、こんにちは。
とうとう12話まで来たましたね。お疲れ様でした。
二人の思いがついに一緒になるときが来ました。
ランランを観ていると結婚した頃の気持ちに戻れます。
結婚生活が長くなると、初めの頃をお互いすっかり忘れてしまっているものですから・・・。悲しいです。(そうでない方もいらっしゃいますが)
ヒョクジュンは私にとってずーつと、理想の夫像でもあります。

12話では公園のデートシーンも好きです。
いつもの二人とは感じが違い
ドンゴンssiとジヘちゃんのデートにも見えます。

では、次回もヨロシクお願いします。
by ゆきまま (2005-05-24 14:28) 

パンプキン

ゆきままさん、こんにちはー。(^^)
そうですよねー。とうとうここまできちゃったって感じですよね。
確かに、結婚生活が長くなると
新婚当時のような感じではないですよね。
初々しかった夫と妻も、今ではパパとママで、
すっかり、男と女というよりは家族って感じですものね。
私はそれも悪くはないって思ってますけどね。
その分、ドラマでひたったます。(笑)
あの公園デートは仕事とは思えないほど、楽しそう!
公園のベンチでの表情もまるで「素」のように見えましたね。
残りがあと4話で寂しい気もしますが、
これが40とか50話でなくてよかったわ(ホッ^^:)
きっと私の方がブログをつづけられないと思いますもの...。(笑)
by パンプキン (2005-05-24 17:13) 

綾

パンプキンさま オススメありがとうございま~~す。
「あんぱん」1話無料だけ観ました。まだ途中までしか配信になってないんですよね。でも、衝突を繰り返しながら惹かれあう男女の物語って好きだから、結局観てしまうかも・・・・・・。しかし値段が高い!って思う。配信は清水の舞台から飛び降りるつもりで、「まあ、いいかー」で手を出してしまう私です。(泣)
職場にアンパンってあだ名の後輩(2児のパパ)がいて、いつも「アンパン」って呼ぶので、顔がダブってなんか可笑しくなってしまいました。
韓国にもあんぱんあるんだ!ってしりました。
(冬ソナでもタイ焼きと同じものがあると知ったけど!)
しばらくはおとなしく「ジュリエ~」観ます。
by 綾 (2005-05-24 18:03) 

パンプキン

綾 さん、こんばんはー。(^^)
「あんぱん」は韓国語で「たんぱっぱん」っていうようです。
ネット配信の値段、もう少し安いといいんですけどね。^^;
映画とかと違って、韓国ドラマは大抵少なくとも16話以上みるわけですから、
全部見たときのお得感が欲しいですよね。
by パンプキン (2005-05-24 21:11) 

tomo

パンプキンさんこんばんは。
 >もしかしたら二度と会えないかもしれないという究極のあの場で、
   ヒョクジュンの口から自然と出た言葉。
11話、途中からコメディーモードに切り替えて楽しんでいましたので、ジョンスクを救出に飛び出すヒョクジュンのカッコ良さに目を奪われていたのですが、彼は命をかけてジョンスクを守ってあげたんですね。おっしゃるとおり、二度と会えなくなることだってあり得ますものね。あらためて胸が熱くなりました。

12話、パンプキンさんの「ベストシーン」よかったな。特に二人の思いでのシーンの7行、映像も美しいけれど、パンプキンさんの表現も美しいですね。

うるうる、ニタニタしながら見た12話でした。
by tomo (2005-05-24 22:18) 

パンプキン

tomoさん、おはようございます。(^^)
12話のベストシーン、気に入っていただいて、とってもとっても
嬉しいです。
このドラマ全部で考えてもベストシーンだと思ってる私としては、
いかに、あのステキな映像をきれいに表現するか、実はホント苦労したところですので...。
韓ドラに限らず、あんなに美しいラブシーンって見たことがなかったので、
初めて見たときには鳥肌ものでした...。
そして、二人の関係がじょじょに近づく数々のシーン映像を、
読んだ方が目に浮かべてくれるといいなーという気持ちでした。(^^)
>うるうる、ニタニタ・・・
私もおんなじです
特にニタニタはホントに見ていてニヤついちゃいますよね。(笑)
by パンプキン (2005-05-25 08:25) 

Yokohama  Youko

今晩は。昨夜はお返事ありがとうございました。各話によって見た頻度が違うので、覚えていない個所も多いと思います。その際は"通訳"をお願いします。

12話は『ランラン』の魅力が全て凝縮されて入っている回ですね。この12話に寄せられるパンプキンさんの熱い思いが最高潮に達していることが、各シーンに添えられているコメントに、とてもよく反映されていると思います。
『胸キュン』シーンでの死んだふりのアジョシへのジョンスクの愛の告白も感動的ですし、また「心の声」――初めて会ったときから~これからも永遠に――は女性の愛の表現としては究極の言葉ではないか、とまで思ってしまいました。
『夫婦の絆』シーンも大好きです。二人の会話、表情から互いの心が固く結ばれているのがよくわかります。私は、ジヘちゃんからは「オンニ」とは呼ばれない、ドンゴンしーを「オッパ」と呼べない歳ですが、身近に「×1」がいるせいもあってか、結婚に期待も失望もしていないというスタンスで、あまり真剣に考えることなくこれまできました。でも、このシーンの二人を見ていたら、少し「期待」側に寄ってもいいかな、と……。そう思わせてくれる素敵なシーンでした。
全話を通しての『ベストシーン』と評されていた最後のクライマックスシーン――「心の声」での対話は、その雰囲気にうまく合った簡潔な言葉で交わされていて心に響くものがあります。キスする二人を包むように溢れ出るピンクの花びらも全く自然で、ドラマ上、なんら違和感も感じさせませんね。むしろこのムードをいっそう高めるのにとても効果的だったと思います。私がこれまでに見た映画、TVドラマの中でも、最もきれいで、おしゃれなラブシーンだと言いたくなりました。見ている方まで幸せ気分に浸れる12話は、私もベストの回だと思います。
by Yokohama Youko (2005-06-03 21:31) 

パンプキン

Yokohama Youkosann、こんばんはー。(^^)
私も、最高のラブシーンだと思います。
これより素敵と思えるものにはまだないですね。
実際、12話の感想を書き終えるとこのあと描き続けるのが
キツくなるくらい、この12話への思い入れは強かったです。
でもここが最終回にこないところが
ある意味このドラマの良さであり、すごさかなとも思っていますけれど...。

結婚が全てじゃないとは思いますが、形式は別にしても
相手のことを思い会える存在を得るということは
とってもステキなことだと思いますよね。
by パンプキン (2005-06-04 20:19) 

hiromomo

おはようございま~す!
すっかり、ご無沙汰となってしまいました(^^;
この12話、年が明けて何度も何度も見たんですが、なかなかまとまらず...
というか、観るたびにドラマに吸い込まれてしまって、記事を書く手が進みませんでした(笑)

ベストシーンは、やっぱり「真の夫婦」となるラストですよね。
色々なところで、皆さんも言われていますけど、私も韓ドラの中で一番綺麗な、しかも美しいラブシーンだと思っています。
そして、プレゼントは「砂時計」。
ランラン祭の時も書いた気がするのですが、まさに、ヒョクジュンが言っている「時間&待つこと」ですよね。始めてみた時、むしょうに砂時計が欲しくなり、探しにいったんですが、見つけることができませんでした(^^;
あ~、昔昔は持っていたのに~、捨てなければ良かった...と今でも後悔しています。
by hiromomo (2006-02-02 05:13) 

パンプキン

hiromomoさん、TBありがとうございます。
私からした(はず)のは、今でも反映されてませんね~(なぜ?)^^;
あとでもう一度やってみますね。

とうとう12話まで参りましたね。^^
最高のラストシーンでここでドラマが終わっちゃうの?って心配になるくらいキマッテいるんですよね。
そこにいたるまでの過程が長かったし12だけでもすんなりいかないところが
このドラマの面白さでもあるわけで...。
コメディの要素たっぷりでありつつも、大事なことはおさえてあって...。
雑誌の発売も近づいて、ちょっとそわそわしています。(笑)
by パンプキン (2006-02-02 08:10) 

くる

パンプキンさん、こんにちは。
怪傑春香のカットシーンの時に大変お世話になったくるです。

ずっと見たかったランランをレンタルで見始めた超初心者です。
先週の金曜日から見始め、すっかりはまってしまい(^o^)今日12話まで
きました。

誰かと話したくてうずうずしてたら、パンプキンさんがこんなすばらしい記事を書いていらっしゃったことに気づきました。パンプキンさんてランラン界ではこんなすごい大御所の方だったんですね。チュンヒャンのとき、何も知らないで書き込んだ自分が恥ずかしすぎる~(^_^;)。もうランランの良さを本当にわかっていらっしゃるのが伝わってきて、何度もうなずきながら読んじゃいました。

見始めたころはジョンスクがあまりに幼くて、ヒョクジュンにちょっと同情してたんですが、どんどん大人の女性になっていって、何度も私も胸がキューンとなりました。皆さんおっしゃる12話のラスト、よかったねジョンスガー、よかったねアジュッシとウルウルしちゃいました。花びらが舞う中でのキスシーン、二人が結ばれるということが、どこか神聖なもののような感じがしました。

病院でのヒョクジュンが「気づかなくってごめん」と言ったあとのせりふ、レンタル版の字幕では「先に愛させてしまって本当にごめん」となってました。自分が先に好きになってあげたかった、つらい思いをさせてごめん、というヒョクジュンの思いが伝わってきて私はこの訳がとても好きです。

私も20歳で結婚したので右も左もわからぬ状態で、今思えばジョンスクみたいに子供だったんだろうなと反省しています(苦笑)。でも結婚してから一歩一歩大人になっていったんだ、となぜか懐かしくもなり(もう十うん年前の話です)。

ここでハッピーエンドにならないのが韓ドラのすごさですね。心も体も結ばれた二人に何が起きるのか。ラストまで一気に見ちゃいそうですが、今頃になって終わってしまうのがもったいなくなり、ちょっと一息入れようかなと思っています。

時期はずれの上、長文ですみませんm(__)m
by くる (2006-07-04 23:52) 

パンプキン

くるさん、こんばんはー。(^^) 熱いコメントありがとうございまーす。
時期はずれなんてことは決してありません。
韓ドラの場合は自分がそのドラマに出会ったときが”旬”で、
放送時期とは別物だと思っています。
それに今は衛星放送でランランを放送中ですから、
今初めて知って楽しんでいる方は結構いると思いますよ。^^

ランラン界があるかは別として(笑)、比較的早いうちにランランと出会って
すっかりその虜になったのは確かです。
このドラマに出会わなければ、今の私の韓ドラドップリの生活はなかっといってもいいドラマです。

ランランのこと、おしゃべりしたいときにはいつでも遊びにいらしてくださいね。どこまでもお付き合いできる自信はありますよ~笑

出来ることなら地上波で放送して、もっとたくさんの人に見てもらいたいと
いつも思っています。
でも、哀しいかな、地上波だとカットされちゃうことが多いですよね。><
それでも、地上波の威力は半端ではないので、
一度くらいどこかで!と願っているんです。
万が一放送されて、「快傑春香」みたいにカットがあったら、
そのときにはまた頑張っちゃうと思うんですけどね。(笑)
by パンプキン (2006-07-05 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。