So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ「ランラン18歳」第7話 [ランラン18歳]

珍しく、リアルタイムで今日のKNTVの放送を見ました。^^
7話で、ジョンスクが五人姫たちとスーパーで買い物のシーンがあるのですが、
バックに流れる曲が、フジテレビの水10から出た、ゴリエの「Micky」と同じでビックリ!
これって、今回の再放送用かと思いきや、昨年の放送のときもそうでした。(録画したもので確認)
今までぜんぜん気がつかなかった私です。^^; 
それでは、
第7話とまいりまーす。

出演者紹介

イ・ダヘ(ムン・ガヨン役)
・・・ヒョクジュンに根深い心の傷を残して、アメリカに去った彼の初恋の女性で元カノ。
ヒョクジュンがジョンスクと結婚した直後、弁護士となってまた現れる。
ヒョクジュンを取り戻すために、悪辣な言行も躊躇しない。
★他の出演作...このドラマ以降、「花王の仙女様」(MBC)で霊感のあるユ・チェウォン役を、
最近では、コ・スと共演の「グリーン・ローズ」(SBS)でオ・スア役を熱演。
「ランラン~」では悪女役の彼女が、今では主役をはるまでになったのは、
ある意味、韓国女優の王道を歩んでいるといえる。

===================================================================================================================================================================================


【 ランラン18歳 第7話 】只今、おもいっきりネタバレに挑戦中! 
   ネタバレキライの方はココまでね。(笑  ウソウソ ネタバレしてても面白いわよーん♪)    

                          
<疑心暗鬼>
ヒョクジュンは、妻のヒョクジュンと元カノのガヨンの3人で食事をすることに。
彼はガヨンが意図的にジョンスクに近づいたのではと疑うが、ガヨンは強く否定。
ガヨンの様子から、彼女を慕うジョンスクはヒョクジュンを責め、ケンカになる二人。
翌日ガヨンの事務所を訪ね、ヒョクジュンの非礼を詫び、
その足でヒョクジュンの職場に向かうジョンスク。
同じ事件に関わるものが親しくするのは困るというヒョクジュンの言葉を尊重するも、
事件が終わればまた会いたいと言うジョンスク。
ヒョクジュンには心のどこかで不安を感じつつも、仲直りする二人。
また、事件の容疑者・諸葛派のボスは、ジョンスクが検察官ヒョクジュンの妻であることを
偶然知り、ヒョクジュンを収賄の罪に陥れようと、手下を使ってリンゴの箱を贈る。

<夢か現実か?>
ジョンスクは、ヒョクジュンに昔世話になったという男が持ってきたリンゴの箱を有難く頂戴する。
その頃、検察庁にはヒョクジュンの罪を告発する匿名の通報が入る。勿論諸葛派の仕業。
自宅に戻ったヒョクジュンは、たとえガム1枚でも他人から貰うなとジョンスクに言う。
ヒョクジュンの話しを聞いて、箱の中を確認しリンゴの下にお金が入っていることに驚くジョンスク。
けれど、リンゴを貰ったことや、ましてやお金のことも言い出せず、
ヒョクジュンが連行される悪夢にうなされてしまう。
思い悩んだジョンスクが相談した相手はガヨン。
彼女に言われ、リンゴの箱を背負ってヒョクジュンのもとに行き、全てを告白する。
ヒョクジュンや彼の上司の前で、全ては自分が悪いのですと言って誤るジョンスクだが、
箱の中はリンゴだけで、お金は入っていなかった。不思議がるジョンスク。
ガヨンが諸葛派の行過ぎた行為を、リンゴの箱をうまくすりかえることで、
真相は闇の中へと消えてしまった。

<反省文とサングラス
大事にならずに、胸をなでおろすジョンスク。
けれども、ヒョクジュンからは強いお叱りを受け、反省文を書くように言われる。
自身の浅はかさを謙虚に受け止め、目が腫れてしまうくらいに涙を流しながら
反省文を書くジョンスク。
翌朝、目の腫れをサングラスで隠すジョンスクの姿に、驚きと愛おしさを感じるヒョクジュン。
ジョンスクは、ヒョクジュンを陥れようとした、リンゴを持ってきた男のことが気にかかる。
ヒョクジュンは危ないから、もしもその男に出会っても無視しろと釘をさすのだが...。
安東のおじい様からの連絡で、ソウルで開かれる宗親会に夫婦で出席することになる。
五人姫たちと会っていたジョンスクは正装(韓服)し、宗親会に向かうのだが
その道すがら、あのリンゴの男をみかけるのだった。

<遅刻と嘘 そして...>
リンゴの男を追いかけるのに夢中で、宗親会のことをすっかり忘れていたジョンスク。
あわてて向かうが、時すでに遅し。出席者たちは怒って帰ったあとだった。
遅刻の理由を聞かれるが、本当のことは言わずに、友だちと遊んでいて遅れたと言うジョンスク。
おまけに、姉のソナがガヨンから聞かされていた、リンゴ事件のことをおじい様に報告する。
一連のこともあり、いつになく厳しい口調でジョンスクを叱り先に帰るおじい様。
ジョンスクは、その場をひとり立ち去り町をさまよう。
「年はいかなくても、ヒョクジュンの相手として、一門の宗婦として遜色ないと思っていたが
振り返ってみると間違いだったようだ」とのおじい様の言葉がジョンスクの心に響く。
一方、帰るおじい様を見送り、もどってみるとジョンスクがいなくなりあわてるヒョクジュン。
そして、五人姫・ヒョンジュからの電話で、遅刻した本当の理由を知る。
街中を探し回るがなかなか見つからず、苛立つヒョクジュンだったが、思い立って
例の天文台に向かうと、そこにはぽつんとジョンスクがいた。
本当のことを言わず、黙っていなくなったジョンスクを責めるが、
彼女のあふれ出る涙と言葉に、思わずキスをするヒョクジュンだった。
                          
                                  ・・・第8話へつづく・・・

☆ ソ検事のお悩み相談所 ~第7話~ ☆

ジョンスクがガヨンと会っていると知ったヒョクジュンは苦悩する。
そんな話しが出来る相手はただ一人。そう、同僚で親友のソ検事!

ソ検事:傷を残した初恋の人と、世間知らずの女房が友だちとなり三者対面か...。
    映画みたいだな。 いや、十分あり得る話だ。
    何を心配しているんだ? ガヨンがお前とよりを戻すためだと?
ヒョクジュン:...。 ( 小さくうなずく。 )
ソ:昔も自分から別れてすぐ戻ってきたりしたな。 だが昔のことだ。
  何が惜しくて結婚した元恋人を狙うんだ? 嫁入り前のいい女がよー。

ヒ: ( ため息 ) 気にしすぎかな?
ソ:自意識過剰だよ。骨折りながら手に入れたい程、カッコよくはないよ。

 ~ 笑う二人 ~

ソ:さほど喜べることじゃないけど、あえて引き離すこともない。
  二人に任せておけよ。

ヒ:・・・。 ( ため息まじり )

 
 ヒョクジュンも仕事だけじゃない意図をガヨンに感じていたのね。
 ソ検事の推察は今回はハズレ。でも一般的に考えるとまともな答えなのよね。
 ガヨンが普通じゃないだけで...。^_^;
 ドラマがすすむごとに、ソ検事のお悩み相談所は大忙し。
 的を得ていたり、そうじゃなかったりのソ検事のアドバイス。
 でもヒョクジュンは彼をとても頼りにしています。頑張れ ソ検事!(笑)

 

☆ 第7話のドンゴンにノックアウト ☆

ガヨンのことでケンカした翌日、ジョンスクが仕事中のヒョクジュンを訪ねる。
昨日のケンカを少し引きずっているように見えるヒョクジュンに、

ジョンスク: (ヒョクジュンに体をトンと寄せて甘えるような声で) 仲直りしようよ。
ヒョクジュン: ...。 (照れくさそうに微笑みながらうなずく)
ジ:夕飯は’ たにし チゲ ’がいい? それとも’ かぼちゃ チゲ ’がいい?
ヒ:’ チゲ ’の他にできる料理がないのか?
ジ:嫌ならいいよ!
ヒ:嫌とは言ってない!  (笑顔の二人) 戻らないと...、お前もまっすぐ帰れよ。
ジ:待って!   (ヒョクジュンの腕をとり引き止めるジョンスク)
  ( ヒョクジュンをまじまじと眺めて... )
  私ってお目が高い。 ナイスチョイスだわ。 (笑)
ヒ: (少し怒ったように...) 何だって? ナイスチョイス...
  大人に何を言うんだ!
ジ:ネクタイのことよ。 (^^) (ヒョクジュン、自分のしているネクタイを見る) ウフフフ。
  来て。 (言いながら、ネクタイを直すジョンスク)

 ~ 6話のネクタイを結ぶシーンのように、ジョンスクの顔が近づいて、
   ヒョクジュンの「ドックン」という心臓音とともに、バックに音楽が流れる

ジ: (にっこりと笑って)早く帰ってきてね。
ヒ:ああ、分かった。 (振り返り歩き出すが、ジョンスクを意識する戸惑いの顔がアリアリ)
  
 ~ すぐに立ち止まりジョンスクの方を見るヒョクジュンに明るく手を振るジョンスク。
   それにつられるように、ちょっとぎこちなく手をふるヒョクジュン。

この一連の場面でのドンゴン君の一つ一つの表情にすっかりノックアウト♪
ジョンスクのお茶目な感じもいいけれど、微笑んだり、怒ったり、戸惑ったりの
彼の様子もとてもかわいい。
特に、心臓音が響く、ピアノ曲が流れるところはたまらんとです。(^^)v

 

☆ パンプキン selection  ベストシーン #7 ☆ 

ヒョクジュンが収賄で連行される夢をみて、「アジュシー、アジュシー」と大きな声でうなされ、
その声に驚いたヒョクジュンがジョンスクの部屋に入ってきて、

ヒョクジュン:どうした?  (ベッドの上で上体をおこしたジョンスクの横に座る...)
ジョンスク:おじさん...。  (泣きながらヒョクジュンに抱きつくジョンスク)

 ~訳が分からず戸惑うヒョクジュンだが、優しくジョンスクの背中をトントンとする。

ヒ:怖い夢を見たのか? (まだトントンしてる)
ジ: (泣きながら) おじさんが無事で本当に良かった。
ヒ:お前の夢に俺も?
ジ:分からない。 (まだ泣き続けてます)
ヒ: (泣き止まないジョンスクに)大丈夫だ。 (子供をあやすように...トントントン)

 ~突然ジョンスクが我に返り、ヒョクジュンを突き放し、下着姿の自分を布団で隠す

ジ:私の部屋で何してるの?
ヒ:お前が呼んだだろ。 おじさんって必死に探すから...。
ジ: (ヒョクジュンの肩をたたいて) 早く出てってよ! 
ヒ: (あきれて)行けばいいんだろう。

踏んだり蹴ったりのヒョクジュンですが、この場面を見たときには、
私もアジョシに背中をトントンとしてもらいたーい!と思いました。^_^;

ところで、このシーンの前後にも大事な部分があって、
ジョンスクが実際にお金の入ったリンゴ箱を受け取って焦るところ、
そして、すぐにヒョクジュンには言い出せず、そのうえリンゴを取りにいったヒョクジュンに
箱を見せまいとして足をひっかけてしまい、
今度は転びそうになったヒョクジュンの口とジョンスクの口が、まるでキスしたかのように
ぶつかるのです。慌てて離れる二人ですが、
この後、ヒョクジュンが警察に連行されるという、ジョンスクがみたさっきの悪夢と
それにうなされるジョンスクをなだめる場面にかわるんです。
我に返ったジョンスクは、どこまでが現実で、どこまでが夢なのか?
(キスはしたのか、していないのか?)混乱します。
その証拠に、すべてをヒョクジュンに話し自宅でヒョクジュンのお叱りを
正座しながら聞くジョンスクが、(この場面は第6話のときの二人の場所が反転するところ^^)

昨日から夢と現実をいったりきたりしているの」と。加えて、
ひょっとして、昨日の夜、おじさんと私ポッポ(チュー)したの?」とヒョクジュンに尋ねる。
そう聞かれたヒョクジュンは「チューだと!バカ言うなよ。お前とチューするわけないだろ。」と
答えるのだけれど、そのあとの様子から、あの場面が現実とも夢とも取れる感じで、
ジョンスク同様、私自身も、どこまでが夢で現実かが定まりきらないトコロ。(>_<)

今回更にもうひとつ。反省文書いた翌朝の場面。

 ~黒いサングラスをして朝食の支度をするジョンスクに気がついて

ヒョクジュン:もしかして、泣いたのか?
ジョンスク:泣くわけないじゃない。ファッションのアクセントよ。

 ~ジョンスクの側に寄り、サングラスをはずすヒョクジュン 

ヒ: (泣き腫らした目を見て) パボ(バカ) これしきのことで泣くなんて...。
ジ:...。 (うつむいて)
ヒ:約束してくれ。 二度としないな? (やさしい口調で)
ジ:はい。 (うなずく)
ヒ:二度と隠しごとしないな?
ジ:はい。 (うなずく)
ヒ:二度とおじさんに心配かけることしないな。 (少し強く)
ジ:はい。 (涙をこらえつつ うなずく)
ヒ:二度と...。 (バックに音楽が流れ、ジョンスクの頬を涙がつたう)
  (ジョンスクが顔を上げた途端) サングラスはかけるな!
  似合わないぞ。 
ジ:えっ?・・・ (訳がわからないジョンスク)

二度と...」って話しているうちに、ジョンスクが素直にうなずきながら、泣くまいとし、
そしてこらえ切れずに涙がポロポロと頬を伝うのを見たときに、
彼女を愛しい気持ちになったはず。
そんな自分の心への驚きと、ふいに目があったことでの照れくささが
彼にああ言わせたのでしょう。
それにしても、心情と音楽のリンクが見事なドラマで、それがわざとらしい感じがなくて
見ている方も素直に感情移入していきます。
 

☆ パンプキン selection  胸キュン・シーン #7 ☆

ジョンスクがチマチョゴリのまま、一人町を彷徨うシーンのバックで流れるのは、
” 私の小さな愛  ” という曲。

(歌詞)~ ♪ 初めて すれ違った その瞬間
       あなたは 私の心の光となりました
       だんだん 大きくなる 背の低い 私の愛
       愛してるという言葉より
       私の側にいてほしい 永遠に
       あなただけを見つめている - 私の愛も あなたと同じであるように
       私の小さな愛の半分を
       そっと あなたに半分差し上げます
       残りの半分の愛は
       天に昇り 雨となって あなたを濡らします
  ♪ ~

この曲が流れている間、ジョンスクが宗親会に遅れた本当の理由も話さずに消えて、
必死で探すヒョクジュン。そして、悲しそうなジョンスク本人。
ふと、自分の左手薬指の指輪をみて、あのの天文台を思い出すヒョクジュン。
そして、そこででジョンスクを見つけるのです。

ヒョクジュン:何でここにいるんだ! (大きな声で怒鳴る)
ジョンスク:おじさん...。
ヒ:ここにいるって連絡しなきゃ! (大声)
ジ:ごめんなさい。
ヒ: (大きく一つため息)どうしておじさんとの約束を守らないんだ!
  隠しごとするなって言ったじゃないか!
  なのにどうして遅れた理由を話してくれないんだ!

ジ:心配かけないとも約束したよ。
  おじさんが心配しそうで、心配かけたくなくて...。
ヒ:バカだなぁー。だったらこんなことするな!
  お前がいなくなったら、もっと心配するだろう!
 (ヒョクジュンの目に涙が浮かぶ)

 ~うつむいていたジョンスクが泣き出す

ジ:バカみたいでしょ。そうなの私おバカなの...。
   (うつむいていた顔を上げて、ヒョクジュンを見ながら)本当は私...。
  おじさんに相応しい人になりたかったのに...。 (うつむいてしまう)
ヒ:ジョンスク...。
ジ:おじさん、ごめんなさい。 (涙が止まらない)
ヒ: (ジョンスクに近づき)
  泣くな。 (流れ落ちる頬の涙をヒョクジュンが拭いながら...)
  泣くんじゃない。 頼む泣くな。

 ~ヒョクジュンを見つめるジョンスク
  ジョンスクの頬に手を沿え、そおーっと くちづけする ヒョクジュン。

もう何も言うことありません。
コレが二人の”始めての くちづけ” 
ファースト・キスっていうよりも、「くちづけ」って表現の方が近い気がします。
この7話で起きた全ての出来事を全部含めての、
ヒョクジュンの自然な行為。そう感じました。

大きな出来事って1話の中に一つあるのが今までだったのに、今回はリンゴ事件と
宗親会遅刻・天文台でのキスと立て続けに起こりましたね。
それだけに、書きたい場面のオンパレードでまとめるのに一苦労。^_^;
次回、このキスの続きがとっても気になりますね。
予告では、キスされたジョンスクが気絶していましたよー(^^)
そして、今回もKNTVの放送からはカット...。○| ̄|_ 

気になる第8話はもう少しお待ち下さい。m(__)m
 

★ランランキャンペーン推進仲間の朗々21さんのブログでは、
ファッションチェックとお気に入りシーンがステキな画像満載でご覧になれます。
カテゴリーの「ランラン18才」を click してみて下さい。(^^)v

 


nice!(0)  コメント(22) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 22

Mrs.Ree

こんばんは、パンプキンさん。
残業から帰ったら、早速7話がUPされてて・・・。
アジョシ~に一言!
「あなたは、ジョンスクを愛してますよ」
もういい大人なのに、ジョンスクの涙に戸惑ったり、Kissに照れたり・・。
まぁ、そこがアジョシ~のいいとこなんですけどね。

ワタシもアジョシ~が、ジョンスクの背中を「トントン」するシーン好きです。
これから、何度か出てきますよね。
パンプキンさん、大変ですけど次回作待ってます。
by Mrs.Ree (2005-05-07 23:57) 

パンプキン

Mrs.Reeさん、おはようございます。(^^)
>「あなたは、ジョンスクを愛してますよ」
そうそう! どんどん言ってあげてー!! (笑)
初恋のガヨンをずっとひきずって、年齢のわりに、
恋愛経験なさすぎですもんね^_^;
まあーそんなじれったいとこも楽しみではあります。(^^)v
ここにきて、二人を近づけるストーリーに拍車がかかって
きているので、ポイントになる場面がどんどん増えて
嬉しい悲鳴です。(まとまるかしら~...?^_^; )
とにかく、16話の最終回めざしてがんばりまーす。
by パンプキン (2005-05-08 08:32) 

あかね

おばんです。
今回はベストシーンが盛りだくさんでウッキウキです。トクに胸キュンシーンには脱帽です。私の小さな愛はそういう歌だったんですね、このドラマにピッタンコですわ。私もドラマのことたくさん伝えたいけど、なんせ表現力と文章力に乏しくて・・・・・・・。
パンプキンさんのブログを読みながら一人うなずき納得し何度もランラン見て、はたで見たら変なアジュンマかもしれません。
私も背中トントンのシーン好きです。そのあと、部屋からでてドアを閉めた後にジョンスクのことをかわいいともおコチャマとも思ったような、笑うあの笑顔にメロメロです。
パンプキンさんのブログを読んでると一粒で2度おいしいというかランランが何倍も楽しく思えます。無理せず?がんばってください。次回楽しみにしています。
by あかね (2005-05-08 19:18) 

パンプキン

あかね さん、こんばんはー。(^^)
取り上げたい名場面のオンパレードで、
だんだん、胸キュンもベストシーンも、ドンゴンくんにノックアウトも
どれも、どれにでも当てはまっちゃう感じで、
自分としてはもう一捻りほしいトコなんですが、
ひねっても、出てきませ~ん ^_^;
だんだん、毎回同じことばかり書いてる自分が情けないです...。
が、! これが今の自分の精一杯ということで
背伸びせず がんばりまーす。(^^)
by パンプキン (2005-05-08 22:11) 

あかね

再び登場です。
確かに1.2話に比べると中盤はあれやこれやと中身が濃いですよね。
でもその分何度も見るたびに、あれっ?とかおやっ?って思うことがあります。
なんかスルメみたいにかめばかむほど味が出る、そんな感じに思うのです。
>だんだん、毎回同じことばかり書いてる自分が情けないです...。
とんでもないです。同じことばかりが一番伝えたい(守りたい精神?)なのかもしれないと思うのは私だけでしょうか・・・・・・・。
by あかね (2005-05-08 22:28) 

パンプキン

あかねさん、おはようございます。(^^)
そうですね。
大切なこと(同じこと)を繰り返し繰り返し伝えてくれるドラマ・・・
そうなのかもしれません。
私としては、ついつい限られたボキャボラリーを駆使するしかなくて
自分で何度も読見返すと、反省することばかりなわけです。^_^;
でも、あかねさんの言葉でまた勇気づけられてます。(^^♪
by パンプキン (2005-05-09 08:47) 

risa

パンプキンさん、おはようございます。
とても楽しく拝見しました。サングラスのシーン大好きです。ジョンスクの涙にドキドキですよね。あのごまかし方といい、ジヘちゃんの受けの表情といい最高でっす。このシーンのエプロン思わず買ってしまいました。(^^;
ジヘ&ドンゴンカップルはドンゴンくんのご両親と一緒に「フォーエバータンゴ」というミュージカルを鑑賞してました。ytnstarのニュースで少し写っていましたよ。親公認のようでほほえましかったです。ジヘちゃんを挟んで、ドンゴンくんのお母様とドンゴンくんでした。
by risa (2005-05-09 09:43) 

パンプキン

risaさん、こんにちはー。(^^)
二人の情報ありがとうございます。
ytnstarのニュースってハングルですよね?
翻訳してごらんになっているのですか?
すごいなぁーって思います。私は時々どうしてもってときに
翻訳サイトでがんばってみますが、あれも相当根気がないと
見たいものがみられませんよね。(って私のやり方次第かしら?^_^; )
未だDAUMにも加入できず...です。あそこの会員になれたら
すごく楽しそうなんですけれど...。
ところで、あのエプロン、もっていらっしゃるんですね。(^^)
どんなだったかまた見直しました。(笑)
かわいくって、きれい色のエプロンですよね。(^^)v
by パンプキン (2005-05-09 14:31) 

綾

パンプキンさま こんにちは~~
はやっ!UPで凄い~~。なんかリアルタイムでのUPですね!
今回もすてきに7話をまとめられて脱帽でありま~す。

7話は二人の距離が近づく胸キュン・涙ほろシーンがてんこ盛りですよね。
みなさまがおっしゃるように「アジョシ、あんたはジョンスクを愛しはじめてるのよー!もう鈍ちんだな~。」と、アジョシに何度つぶやきニマニマしたことか・・!
私の大好きシーンは、(パンプキンさまと同じです。)
悪夢にうなされたジョンスクをアジョシがトントンするシーン。
トントンは12話でもありますが、(ジョンスク背中が真っ白できれい・・)
ジョンスクに抱きつかれ肌に触れていいものか・・って戸惑うような一瞬の表情、そしてその後の優しい表情。ジョンスクを安心させる優しい声とトントンする手にメロメロです。
(私もパンプキンさまの次でいいからトントンしてもらいたーい!と思いましたよ!)書ききれない!

実はね、「ラン~」のDVD・録画ビデオないからパンプキン様とみなさんのコメントをプリントアウトして冊子にまとめて楽しませていただいておりますの・・
感謝です!

 
by 綾 (2005-05-09 17:00) 

パンプキン

綾さん、こんばんはー。(^^)
いやぁー、伝えたい場面が多くなり、ただもう、その場面の再現に
終始しています。
自分の言いたいことはうまくまとめられていないのが本当のところ。(汗)
そうそう、あのトントン・・・あの表情がいいんですよねー!
そして、ジョンスクの透けるような白いきれいな肌!
プリントアウトまでしていただいているなんて、
かえってこちらが申し訳ないくらいで...。
画像ひとつない、アナログチックなココを
そんな風に扱ってくださっているなんて...
嬉しいです。(笑)
by パンプキン (2005-05-09 19:14) 

d+

ご無沙汰してます~(><)
最近、ちょっと(どころではない??ほど)日本のドラマにハマってしまいまして韓ドラは土曜しか見てないので、離れてました(^^ゞ

レビューを読めば読むほど、DVD発売してくれないかなぁ!と思います☆
不器用な2人が結婚生活を築いていく過程を見てると、私も結婚したいなぁ~なんて思ってます(笑)実際は、結婚生活って大変だと思いますが・・・

このドラマを見たら、甘酸っぱい気持ちになりそーです(*^^*)キャー、言っちゃった>甘酸っぱい
by d+ (2005-05-10 21:21) 

Yokohama Youko

今晩は。また1回遅れになってしまいました。最近見た韓ドラはリタイアばかりなのですが、パンプキンさんの『ランラン』だけは完走したいと思っています。
7話は、おかしくて、楽しくて、ちょっとハラハラさせて切なくて、また心温まる場面もあり、全16話の中でもドラマとしてとてもよくできている回だと思うのですが、今回も全て詳細なセリフ入りで、おまけに歌の訳詞まで入れていただいていて。『ノックアウト、ベスト、胸キュン』各シーン、私も、もうたまらんとですよ。
「夢と現実」ということでは、最初に見た時、初めての「ポッポ」でジョンスクが混乱している場面から、そのまま収賄容疑でアジョシが逮捕・連行となって、「えっ、この後どうなるの!?」ととても驚きました。「アジョシ、アジョシ!!」の声がジョンスクの部屋に重なって、それが夢であることに、見ているほうも目覚めたジョンスクと一緒に気づかされたときは、本当にホッとし、演出に感心したものです。
ジョンスクが一人街を彷徨うところから天文台までの『胸キュン・シーン』――アジョシの情感溢れる演技については、パンプキンさんが全てを語ってくださっていて、私の『胸キュン度』も最高レベルになったのですが、ジヘちゃんの涙のそれにも感動でした。それまでのジョンスクのキャラが明朗というより奔放と言いたいものだっただけに、よりいっそう切なく感じて、見るたびにウルウルです。
パンプキンさんの記事のそこのセリフを読んでいると、またウルウルが…。
by Yokohama Youko (2005-05-10 21:29) 

パンプキン

オレンジ さん、こんばんはー。(^^)
最近の様子は、いつもうかがってますので、よ~く存じておりますよ~(笑)
私こそ、お邪魔しているのにコメント残せずにおりました...。m(__)m
本当は残したいのですが、何をどおコメントしてよいものか...って感じで...(汗)
前にも書きましたが、娘がドラマ好きなので、日本のドラマも
真剣にじゃないですが、いろいろみささっています。(苦笑)
娘のお気に入りはアネゴ・アタックNo.1・離婚弁護士2・エンジン・曲がり角の女 の順番のようです。

さて、まだ2話以降はごらんになっていないと思いますが、
いかがでしょう? DVDの発売が待たれますよね。
みたことのないドラマがうまく伝わっているかが心配になります。
どうかこのあとも、想像力をフルに働かせて、おつきあいくださいね。(^^)v
by パンプキン (2005-05-10 22:52) 

パンプキン

Yokohama Youkoさん、こんばんはー。(^^)
「夢と現実」のあの、ポッポシーン(ここはあえてキス・シーンとは言わず 笑)
なんですが、ヒョクジュンの少しうろたえたような、
若干身に覚えのあるようにも思える場面もあったような気がして、
あそこまでは、もしかして現実なのでは?
と思えるんですよね。
でも、そおなるとつじつまがあいませんかねー?
いまだ謎です。(^^)
ドラマとしては、このあたりから、12話にかけてが、最高の盛り上がりですよね。このあともホント盛りだくさんの内容に、
私自身、嬉しい悲鳴状態です。
その分、少しまとまりに欠けて、書きたいことをただ
タレ流し状態って感じになってしまうのが難点です。
でも、伝えたい場面、ホントにホントに多くなってますから...。
どおしても、二人が中心なので、脇で面白いことを
除いてしまう傾向が強くなって、うーんって感じです。((><);
あまり欲張ることも出来ないので、今は二人のロマンスを
重点においてと割り切ることにしていますので、
フォローの方、よろしくお願いします。^_^;
by パンプキン (2005-05-10 23:04) 

d+

こんばんわ☆

>最近の様子は、いつもうかがってますので、よ~く存じておりますよ~(笑)

ありがとうございます~☆嬉し~♪

>私こそ、お邪魔しているのにコメント残せずにおりました...。m(__)m
本当は残したいのですが、何をどおコメントしてよいものか...って感じで...(汗)

あはは☆そうですよね!私もそういうこと、よくあります(^^ゞ
問題ナッシングです!!気になさらないで下さいネ♪

>みたことのないドラマがうまく伝わっているかが心配になります。
どうかこのあとも、想像力をフルに働かせて、おつきあいくださいね。(^^)v

1話だけでも見てるので、作品の雰囲気は分かってますし、ドンゴンくんとジヘ嬢のやりとりだけは、想像力でOKです♪
こちらこそ、いつもお世話になっております!!
記事って書くだけでも大変ですよね。その上、キチンとポイントごとに分かれて書かれてるので、とっても分かり易いです(^^)
by d+ (2005-05-11 19:22) 

パンプキン

オレンジさん、そう言っていただけて、とても嬉しいです。
今週の土曜日にむけて、次の9・10話の記事を
仕上げている途中です。
う~む...。ますます、動いている実際の二人を
是非、ドンゴン君ファンのオレンジさんにも見て欲しいと思います。
より一層惹かれること、間違いなしです! (^^)
by パンプキン (2005-05-12 00:38) 

yun

パンプキンさん、TBありがとうございました~♪
7話までUPできたので、yunもTBさせて頂きますね!

しかし、いつもアッパレなレビューですよね~。
分析がお見事です♪
yunは7話も号泣で観ました!
健気なジョンスクに、そんなジョンスクを愛しく見つめるヒョクジュンに号泣です~。
特に、サングラスの場面!
「サングラスはかけるな!」のヒョクジュンには思いっきり笑わせてもらいましたけどね。(笑)
by yun (2005-05-23 20:11) 

パンプキン

yunさん、連続UP、お疲れ様でした~ (^^)
分析だなんて、とんでもないですよー。
yunさんのところにお邪魔すると、このドラマの楽しさがすっごく
伝わってきていいですよね。
私が”yunさん節炸裂”って書いた意味が、そこを訪れた方には
わかると思いますよ。(^^)v
サングラスの場面、ありがちなドラマならあそこでギュッと
抱きしめるんですが、ヒョクジュンは違いますからねー。(笑)
以後のUPも楽しみにしています。
by パンプキン (2005-05-23 20:57) 

bin

パンプキンさん、こんにちわ!
さっそくTBさせて頂きました(^^) パンプキンさんが書かれている天文台での “ はじめてのくちづけ ” そうですよね!その表現がぴったりでした!
パンプキンさんのレビューは、ほんとにドラマを見ているような感じで 映像がよみがえりますね! これからも よろしくお願いします(^^♪
by bin (2005-11-06 18:37) 

パンプキン

binさん、こんばんはー。(^^)
ありがとうございまーす。\(^o^)/
天文台のあの場面の”そぉーっと”というか”おずおずと”というか
あの感じはアジョシのドキドキと優しさがいっぱいで
素敵なシーンですよね。(^_-)
こちらこそ、これからもよろしくおねがいしまーす。
ランラン祭も残り数回ですが、よろしければ一緒に楽しみませんか?
勿論無理強いは出来ませんけれど...。
binさんのブログを拝見していると、一緒にワイワイ出来そうな気がしたもので...。^^;
ランランの記事、以前の分もTBしてくださると嬉しいです。(^^)
ヨロシクです♪
by パンプキン (2005-11-06 19:49) 

bin

また、おじゃまします~!
以前の記事をTBさせていただきました (^^)
「ランラン祭」 へ お誘いありがとうございます
わたしも毎週月曜日を楽しみに読ませていただいています
限られた時間でみなさん とってもいい記事を書かれていて すごいです!
わたしは、行き当たりばったりの行動するので きっと ご迷惑かけそうで・・・
皆さんの記事を読んで “一人 盛り上げ隊 ” で
応援させていただきま~す\(^o^)/
また ランラン 以外でも遊びに来させてくださいね~
by bin (2005-11-07 16:17) 

パンプキン

binさん、こんばんはー。(^^)
TBありがとうございました。m(__)m
“一人 盛り上げ隊 ”  ありがとうございまーす。
ランラン祭では自分以外にもこんなに「嵌まってる」人がいるんだーって
実感できますよね。これからも楽しんでいただけると嬉しいです。(^_-)
ランラン以外でもお待ちしています。
こちらこそよろしくで~す。\(^o^)/
by パンプキン (2005-11-07 23:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。