So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

韓国ドラマ「ランラン18歳」第6話 [ランラン18歳]

G・W真っ只中、皆様いかがおすごしでしょうか?
私もそれなりに、チョコチョコ出掛けてます。
休みの合間(私の場合は普段から毎日がお休みなんですけどね...汗)を縫いまして、
第6話とまいりまーす。

出演者紹介

ユ・へジョン(クォン・ソナ/ヒョクジュンの姉役)
・・・ヒョクジュンの姉で、茶道の講師。弟を愛するがゆえに、何かと口を出してくる。
ソナにとってジョンスクは頭の痛い存在だが、ジョンスクにとってもソナは口うるさい小姑。
イヤな面ばかりではなく、お茶目なところもある、本当はかわいい人なのだが...。
★他の出演作...「サラン」9話以降のチェ・ジウが出てくる後半部分に出演。
当時の流行なのか化粧が濃い。^_^;

===================================================================================================================================================================================

【 ランラン18歳 第6話 】今回も、おもいっきりネタバレに挑戦! 
            ネタバレキライの方はココまでね。(笑)    

                          
<五年ぶりの元カノ&酒に飲まれるヒョクジュン>
諸葛派の弁護士がガヨンとわかり、ジョンスクや五人姫達のとランチの約束も忘れてしまうほど
動揺をかくせないヒョクジュン。その夜、いつになく酔って帰るヒョクジュン。
今まで見たこともないヒョクジュンの醜態に、何かあったに違いないと思うジョンスク。
翌朝、ヒョクジュンに何かあったのなら話してと詰め寄るジョンスクだが、
ヒョクジュンはうっとしいと言って逆切れ。悲しくなるジョンスク。
ガヨンはヒョクジュンに会おうとするが、彼はガヨンを避け続ける。


<反省のヒョクジュン&ガヨンの企み その1>
またまたヒョクジュン宅に偵察に来るガヨン。優しい素振りでジョンスクを慰める。
演劇のチケットを2枚、仲直りに使ってとジョンスクに渡す。
ヒョクジュンは花束を、ジョンスクはチケットを渡し仲直り。翌日の観劇を約束する。
ガヨンの狙いはヒョクジュンと二人で会うこと。
ソナの協力を得て、ジョンスクが、劇場に来られないように仕組む。
劇場ではヒョクジュンの隣に偶然を装って座るガヨンに、驚きのヒョクジュン。


<すれ違い>
ソナに無理やり連れてこられたお茶の作法講義から逃げ出すジョンスク。
ガヨンと会ったヒョクジュンは、席を立ち帰ろうとする。
ヒョクジュンを追いかけるガヨンだが、ヒョクジュンの態度は冷たい。
ヒョクジュンが帰るのと、ジョンスクが劇場に着くのがすれ違う。
自宅に戻ったヒョクジュンは姉からの電話で、ジョンスクが劇場に向かっていたことを知る。
寒さに震えながらも、ひたすら待っているジョンスクのもとに、やっとヒョクジュンが迎えにくる。
車での帰り道、自分が悩んでいることなどを素直に話すヒョクジュン。
ジョンスクの言葉に勇気付けられ、裁判所でガヨンにあったヒョクジュンは、
今後はガヨンから逃げないと宣言。

<ガヨンの企み...その2>
二人の仲を裂けないことへの苛立ちからか、ガヨンが次の行動へ。
ジョンスクを買い物につき合わせ、ヒョクジュンのスーツ一式を
カードで買わせるように上手に仕向ける。
ジョンスクが勝手に家族カードで高額支払いをしたせいで、ヒョクジュンのカードが使えなくなる。
事態を把握したヒョクジュンは、お店に返品にいく。
ジョンスクの純粋な心は理解するヒョクジュン。ガヨンが望むような仲たがいはない。
またもや思惑が外れるガヨン。事務所で働くナムチョルが、二人の知り合いと分かり、
自分がジョンスクと会っていることを、ヒョクジュンに知らせようと
3人で食事をする場をセッティングする。
何も知らずにやってきたヒョクジュン。
ジョンスクが、お世話になっているお姉さんと紹介したのがガヨンで、とても驚くのだった。
                             
                               ・・・第7話へつづく・・・
 

☆ 練習する二人に nice! ~第6話~ ☆

酔って帰ったことを問い詰められたときに、ジョンスクにひどいことを言ってしまったと
反省のヒョクジュンは、赤いバラの花束を買って帰って来る。
どうやってジョンスクに渡そうかと、家に入る前に練習するヒョクジュン。

1度目:「ジョンスク、今朝は言い過ぎてしまった。」と微笑みながら花束を差し出す

 こうじゃない...  とつぶやきながら、

2度目:「ジョンスク、悪かった。」と今度は少しぶっきらぼうに渡すしぐさ

 が、これも違う... とぶつぶつ言いながら、ジョンスクへの誤り方を研究。(笑)

一方、ガヨンに貰った演劇のチケットを、どうやってヒョクジュンに渡すかを練習するジョンスク。

1度目:(足を組み、少しカッコつけてクールに)「観劇行かない?」とチケットを放る。
 
 両班の子孫に無礼だわ... と

2度目:今度は明るく笑いかけながら「おじさん演劇はいかが?」とチケットを見せる。

案外二人とも似たもの同士です。(笑) 
素直じゃないけど、相手への思いやりは一杯なトコに、
そして、ひとりであれこれ悩んで渡す真似をするふたりに nice! 


では、気になる実際のそれぞれの渡し方は...

ジョンスクが素直にチケットを渡そうと、自分の部屋からリビングに行こうとドアを開けると、
そこにはヒョクジュンが立っている。
横を向いて、ジョンスクの目は見ずに、

ヒ:お前、バラは好きか?  と花束を差し出す。
 
 驚きで声にならないジョンスク。 
 けれど、それでもまだ花束を受け取らないジョンスクに

ヒ:花屋は嘘つきだな。バラが嫌いな女もいるじゃないかー  と花束を引っ込めようとすると、
ジ:嫌いなんていっていないでしょっ! と言って奪い取るジョンスク。(素直じゃないなぁ-^_^;)

その後、リビングのソファにチョットえらそうにすわっているジョンスクと
テーブルを挟んでスチールに座っているヒョクジュン。

ヒ:今朝のことは、俺が本当に...。
ジ:多めにみてあげる。勤めていれば飲みたくなる日もあるだろうし、
  あれこれ話したくない時も...。
ヒ:ジョンスク...。
ジ:でも私たちは夫婦よ!今度また飲んだくれたら承知しないからね。分かった?
ヒ:昨日、今日のことは俺が悪かった許してくれ。 (ホっとしたのか微笑みも...)
ジ:いいわ、その代わり条件があるわ...。 と言ってチケットを渡す。
ヒ: (チケットを見て) おっ!演劇のチケットじゃないか-。こんな趣味があったのか?
ジ:それで行きたくないの?
ヒ:いや、嬉しいよ。 (^^) 面白そうだなー(笑)
ジ:明日7時、世宗文化会館に、1分でも遅れたら即死よっ!
  (右手を握りこぶしにして、お得意のアントニオ猪木のようにアゴを突き出した顔をする...)
ヒ:ジョンスク、明日待ってろよ。もし俺が遅れても待っているんだぞ。
 
 ヒョクジュンの「待ってろ」に嬉しそうなジョンスク。
 でもこの言葉、ヒョクジュンは何気に言ったのだろうけれど...^_^;
 

☆ パンプキン selection  胸キュン・シーン #6 ☆

観劇の約束がガヨンの計略ですれ違う二人。
寒空の下で震えながらヒョクジュンを待つジョンスクを見つけて...

ジョンスク:どうしてこんなに遅いの?
ヒョクジュン:ここで何をやってるんだよ。何度も電話したんだぞ。どうして出ないんだ?
ジ:バ...バッテリーが切れちゃって...。
ヒ:先に帰ればいいだろう!どうしてここに...。
ジ:待ってろって言ったじゃない。自分が遅れても待っていて欲しいと...。
  絶対待っていてくれって...。
ヒ:バカかお前は。
  だからお前は...。
 (ヒョクジュンのほうにもうっすら涙がにじむ)
ジ:おじさんの電話はつながらないし、私のはバッテリーが切れちゃって...。
  
 体が凍えそうなジョンスクにヒョクジュンは自分のコートを脱いでかけてやり、
                                              抱きかかえるようにして車にむかう。
 
 ~ 車中にて ~
 寒さの中じっと待っていたジョンスクを思い、そうさせた自分に腹立たしいのか
 ヒョクジュンは無言のまま、荒々しくエンジンをかけエアコンをいれる。その様子を見て...

ジ:おじさん怒ってるの? 私のせいなの?
ヒ:お前のせいじゃない。
ジ:それじゃあどうしてなの?
  理由、聞いてもいい? 話したくないなら別にいいよ。
  どうしても知りたいんじゃ...。
  心配しているだけだから、教えてくれなくても...。

 鼻をすすり、咳き込むジョンスク。(前日にうっとおしいと言われたので、控えめなジョンスク)

ヒ:あまり会いたくない人と何度も会ってしまったらどうする?
ジ:会わないようにする。
ヒ:それでも避けられない。
ジ:ケリをつけるわ。
ヒ:ケリを?
ジ:これでも五人姫派の第一姫でしょ。嫌な奴と出くわすことがたびたびあって...。
  ふたつのうちひとつね。友達になるか、きっぱり敵になるか。
  私なら絶対に逃げないわ。

 
 ジョンスクの言葉に何かを感じるヒョクジュン

ヒ:ジョンスク、ありがとう。
ジ:何のこと?
ヒ:俺を待っていてくれて、それと、信じてくれて...。
 
結婚して初めての、夫婦らしい語らいの時間が訪れたのかも...。
そして、ジョンスクもヒョクジュンの言葉に満足げなのでした。
この「俺を待っていてくれて、信じていてくれてありがとう」の台詞はポイント☆
皆さんも覚えていてね。

ところで、実は待ち合わせの場所に先に着いていたヒョクジュンは、携帯の電源を切ってしまう。
マナーとしては当然だけど、ずっとそのままにして忘れてしまう。(>_<)
気がついて電源を入れると、
 
①件目 「来るまで待ってる」7:29p.m
  ②件目 「待ちくたびれたよ」7:30p.m
  ③件目 「早く来て」       7:31p.m  って、ジョンスクのメールが入っている。

しかもその前の場面では、ジョンスクが会場の外で待っているシーンの時計の表示は23:27
体をブルブルしながら、それでもヒョクジュンの「待っていて」の言葉だけで、
本当に何時間も待っちゃうのがジョンスク。
ヒョクジュンは、鼻水に咳きまでしてのジョンスクの健気な様子に、内心悪い気はしないはず。
待ち合わせの場所にジョンスクが向かっていたとわかった時の、彼の慌てぶり...。
本人も気づかないうちに、少しずつ彼女を思い始めているのかな?


☆ 第6話のドンゴンにノックアウト ☆

今回はドンゴン君にというより、ヒョクジュンにノックアウト(^^)v
ガヨンはヒョクジュンとよりを戻したいのか、あの手この手で近づいてくる。
どう考えてもヒョクジュンが担当している裁判だから諸葛派のボスの弁護を引き受けた、
としか思えないし、あからさまに企んで、偶然劇場で顔を合わせたようにする。
しかーし! 我らがヒョクジュンは、そんなことに動じない。(いや動揺はかなりしている。^_^;)
すごいのは、ガヨンへの対応。(^^)v
他の韓ドラではあまり見かけない、元カノへのきっぱりした態度に拍手!

顕著な場面だけを紹介すると、劇場から去ろうとするヒョクジュンを呼び止め、
あーだこーだ言うガヨンに...

ヒョクジュン:妻のためだ。
       お前と会うのをあの子が嫌がるだろうし、傷つくだろうから。
       あの子がいない所で会いたくないんだ。

この言葉はガヨンは相当ショックかも...。
更に、裁判所でのガヨンとの会話でも

ヒョクジュン:妻に言われたんだ。
       友人になるか、敵になるかケリをつけろって。
       敵にはなりたくないが、友人も無理だろう。
       だが、俺は逃げたりしない。
       お前を避けないことにした。
   (...とキッパリ)
ガヨン:いろいろ驚かせてくれるのね。
    ”妻のために” ”妻に言われて”  尻に敷かれてるわね。 
(嫌味)

   ヒョクジュン、さらりとかわして、別の話題へ...。(大人よの~)

ガヨンは、また自分のところに戻ってくるだろうと思っていたのかもしれないが、
ヒョクジュンの態度がとてもはっきりしていて、見ている私は
「ガヨン、ザマーミロ」って思うほど気持ちがいい。
ありがちな、「これからは友だちとして...」などと曖昧なことも決して言わない。
はっきり、友だちにすらなれないと言い切ってしまえる、男前なヒョクジュンなのだ。


☆ パンプキン selection  ベストシーン #6 ☆ 

ヒョクジュンのためとはいえ、ジョンスクが、
家族カードで限度額が一杯になるまでの高いスーツを買った事件(未遂 笑)で、
結局、なんとかネクタイだけは手元に残る。
翌朝、さっそくジョンスクはヒョクジュンに自らそのネクタイを締めてあげるシーン。
はからずも、顔と顔が近づき、少々戸惑いをみせるヒョクジュン。
ジョンスクはそのあたりはまだオコチャマなのか、全然気にする感じはなく、
もっと近くに」「じっとして」とネクタイを結び、かわいく「いってらっしゃい
そして、ヒョクジュンが「行ってくる」と言ってジョンスクに背中を向けたあとの、
なんともいえない、嬉しそうな感じがとってもGOOD!
バックで流れる、” ♪ love love love fall in  love love love fall in  ♪”の歌が
これまた雰囲気を盛り上げる。
(ラッファッファール フォーリン~と聞こえるけれど、↑かなと...勝手に推察)
結婚したあと恋に落ちるのも...いいじゃなぁーい。(BY 波田陽区 もう古ッ?)

心境に変化があると、バックの音楽が変ったりして、見ている側にわかりやすいのも
このドラマの特徴。
第1話から何度かありましたよね。
最初は、ジョンスクがバスに乗ろうとしたときに転びそうになったところを
ヒョクジュンが支えてくれたときに、「ドックン」のジョンスクの心臓音。
第4話では、クラブから帰った二人が冷蔵庫の前でもう少しでkissの雰囲気のとき。
第2話では、部屋に作ってあったチゲを見たときのヒョクジュン。
でもこの6話のは、彼が初めてジョンスクを「女性として」意識したのかなと思えるところ。
(残念ながら自覚ナシなんですけどね...。)

なんと、次回はヒョクジュンとジョンスクのポッポシーン @first kiss よ~!
次回予告も注目のこのドラマなのに、残念ながら今回のKNTV(再放送)では
7話の予告はカット。
予告込みで面白いので、カットはしないでねー。 KNTVさん。
仕掛ける罠が、実はどんどん裏目に出ていることにまだ気がついていないガヨン。
ガヨンとソナ(ヒョクジュン姉)が動けば動くほど、
ヒョクジュンとジョンスクの心の距離が近づいていくから不思議。(^^)v
ますます目が離せない-第7話は、来週の予定(でも予定は未定...^_^;)


★ランランキャンペーン推進仲間の朗々21さんのブログでは、
ファッションチェックとお気に入りシーンがステキな画像満載でご覧になれます。
カテゴリーの「ランラン18才」を click してみて下さい。(^^)v

 


nice!(1)  コメント(24) 

nice! 1

コメント 24

sala

わ~い、1番だぁ☆(たぶん…)
今回は5話との間がなかったので、まだかな~と思って、
でもふっと見たら…
もうUPされてたんですね~!!
すっごく楽しみにしてるので、次のもよろしくお願いしま~す!!
ここはきっと日本で1番、ランランについて皆が語ってるHPですね(^▽^)
by sala (2005-05-02 21:48) 

パンプキン

salaさん、
今回はナントカ短期間でUPできましたが、
コレが最後まで続けられるか心配で、不安です。
日本で、1番とは言いませんが、
それだけ、楽しいドラマで、このドラマが大好きな人が
増えているってことですよね。
不思議ですが、この感想を書くために
何度も見返す作業をしているのですが、
ふと、見入っている私がいます。
何度見ても、飽きずに同じところで胸がキュンとなる
本当にそんなドラマがあるんですよね。
またのお越しをお待ちしていま-す。(^^)
by パンプキン (2005-05-03 00:01) 

Mrs.Ree

こんばんは、パンプキンさん。
全てを語って下さいましたね。
はい。その通りです!
ソ検事にも「未練はない」てきっぱり宣言したもんね。
アジョシ~はジョンスクの事でいっぱいになってきてるよね。
気がついてないけど。
なんといっても、6話は、個人的感情を持ったという運命の・・シーンですよね
やっぱり、何度も見たくなるドラマですよね。
by Mrs.Ree (2005-05-03 00:15) 

パンプキン

Mrs.Reeさん、
実は、その”個人的感情”の部分を入れるべきか(内容を)悩みました。
私自身、その話の詳細(どこで、どんなときにドンゴン君が語ったかなど)を
覚えていなくてやめたんです。
あの、凍えそうなジヘちゃんのシーンで彼女への個人的感情を抱いたという話しは、彼自身が語ったことで間違いはないのですけれど...。
現実に、ウワサになっている二人ですが、本当のところはわからないですよね。二人がお付き合いしていればいいなーといのが私の気持ちですが、
映画で共演したことを思うと、やっぱり違うのかな...なんて思います。
互いを認め合っていい関係だとは思いますが、それと男女の関係は別かもしれないなーと。
「B型の~」でのインタビューでも、恋人役が続いていることでの長所と短所を聞かれて、ドンゴン君が、短所はないが強いてあげれば、他の何かを期待している雰囲気くらいかな?(盛んに2人の熱愛説が囁かれるために、このような答えをしたようだ。) と言っていますから。
で、結局記事にはしなかったのですが、ここでこれだけ言ってしまったので、
書いたのも同然かしら...? (苦笑)
by パンプキン (2005-05-03 00:37) 

Mrs.Ree

こんにちは、パンプキンさん。
別に深い意味はなかったのですが・・。
パンプキンさんが、悩んでしまったことを、深く考えもせずに、コメントしたことを反省です。(泣)
ワタシも二人のファンですので、そうなって欲しいていうのが、本音ですね。
by Mrs.Ree (2005-05-03 14:28) 

パンプキン

Mrs.Reeさん、私の書き方が誤解させてしまいました。
この、6話の記事を書いているときに悩んだんです。という意味で、
Mrs.Reeさんのコメントを読んで悩んだということではありませんので
ご安心ください。
私の方こそ、すみません。
これからも、自由にコメント入れてくださいね。(^^)
by パンプキン (2005-05-03 17:29) 

risa

はじめまして。楽しく拝見しています。ランラン大好きです。そう、アジュシがガヨンにゆれてないのが良いです。私も同じシーンで胸キュンしてます。
個人的感情発言は、バラエティー「お気に入り」で発言されています。ジヘちゃんは映画の回転木馬のキスシーンの時と答えてますよね。今まで3回ほどデートしてるところ写真に撮られてますが、恋人発表して共演ができなくなるならこのままそっと見守りたいですね。2人でいい時間を過ごしてほしいです。(^^)
去年B型・・・の送年パーティ行きましたが、ドンゴンくんがジヘちゃんにメロメロでした。(^^)
by risa (2005-05-04 02:08) 

パンプキン

risaさん、初めまして。(^^) コメントありがとうございます。
”個人的感情”情報(笑) もありがとうございます。
わたしもrisaさんと同じで、これからも映画やドラマで共演している二人を
もっと見ていたい一人です。
仕事は仕事として、プライベートでより充実した日々を送って欲しいとも
思います。(まだ若い二人ですしね~♪)
B型の送年パーティに行かれたのですね。^^
メロメロなドンゴン君、私も見たいわぁー(^^)v
よければ、また遊びに来て、ドンゴンくん&ジヘちゃん情報を
教えてくださいね。 
私だけじゃなく、たくさんの二人のファンが喜ぶと思います。
by パンプキン (2005-05-04 08:16) 

238mikan

こんばんわ~
先週のKNの放送1分長かったようで・・・・
勝手に放送変更になって私のHDDは真っ黒でしたよ・・・とほほ
ネタバレは見ないと決めてましたが ネタバレで我慢します。
再再放送してくれないかな~
by 238mikan (2005-05-04 23:32) 

d+

こんばんわ☆
気がついたら、こちらにUPされていて・・・「早い!」と思いました。
さすがですね、パンプキンさん(^^)
ドラマレビュー、も~本当にカムサイムニダ!!
今の私には、これしか頼るものはございません(><)

ところで、ジヘ嬢とドンゴンくんのお話、初耳だったんですけど、マジっすか~??だったら、嬉し~い(*^^*)
携帯の待受画面、2人のツーショット画像にしてるんです、私(笑)
本当だったら、嬉しいナ♪暖かく見守りたいです!
by d+ (2005-05-05 00:33) 

sala

こんにちは!!
この頃、ネットで「ランラン~」を検索したら、いっぱい出てくるようになって、すっごく嬉しいです☆(パンプキンさんのブログは検索しなくて良いように、もう私のPCの中のお気に入りに入ってますよ~)皆さん、見ていらしゃる方が増えてるんですね(*^▽^*)
つい先日、やっと、やっと、KBSに登録いたしました~!!
そしてモチロン、ランランを見ました!!
時々、画面がストップしますが笑、ランランが見れるだけで、もう大満足の私です。PCの前にはりついてます笑
でも、どうしても13話以降が見れません!!(他にもそんな事を書いていた方、いらっしゃいましたよね…?)何ででしょう??13話とか特に気になるのに!!笑
すっごく残念です…(ToT)
私のPC環境が悪いのでしょうか…(PCにはあまり強くないので難しいことは分からないんですが…汗)
あ゛~、13話が見たいよ~
まだ、13話以降は1回も見たことないんですよ…
なので、パンプキンさんのを楽しみに待ってます!!(あっ、プレッシャーをかけてしまいましたか!?)
長々とごめんなさい~また遊びにきます(’▽’)/
by sala (2005-05-05 14:35) 

けいちゃん

初めまして!ShowTimeで最後まで一気に「ランラン18歳」見ちゃいまして、
誰かと語り合いたいわ~とネットでさまよっていたところ、こちらにたどり着きました♪
このドラマ、ホント面白かったです~。
パンプキンさんの記事を読んで、ニコニコしながらまたドラマを見返しています。
それにしても、レビュー書くのお上手ですね☆
私と胸キュンポイント(笑)が同じなのか、「ベストシーン」はうなずきながら読んでいます(^^)
あ~~DVDにならないかなぁ。絶対買うのにな・・・(笑)。
パンプキンさん、これからも更新頑張ってくださいね!
長々と失礼しました(*^^*)
by けいちゃん (2005-05-05 19:09) 

パンプキン

mikan さん、おはようございます。(^^)
そうそう、1分のことは、KNのHPの掲示板にも
たくさんの方が文句言ってましたね。
私は、CSの予約とレコーダーの予約は連動させていないので、
(手間なんですけどね)レコーダーの方は始まり1分、終わりは5分くらい
余裕を持って予約するんですよ。
でも、レコーダーの予約ミスで、失敗ってことも何度もあるので、
えらそうな事はいえないんですけどね^_^;
続き、いよいよ明日ですね。♪
by パンプキン (2005-05-06 08:59) 

パンプキン

オレンジさん、おはようございます。(^^)
二人のことは、本当のところはどうかわかりません。
多くのファンはそうだったらいいのになーと思っているようですし、
私もその一人ですが、おっしゃるように、
あまり騒ぎたてず見守るしかありませんよね。(^^)
たとえ、そうじゃなくてもスクリーンの中の二人は
間違いなくベストカップルだと思いますので、
「B型の~」に期待しましょう!
気がつくと明日はランランの放送日。7・8話も頑張りますよー(^^)v
by パンプキン (2005-05-06 09:13) 

パンプキン

sala さん、お気に入りに入れていただいて光栄です。(^^)
そうですね、私も検索してみましたが、本当にたくさんあって
嬉しいです! これだけ人気があるのですもの、
なんとしても、いいニュースが聞きたいものです。

KBSへの登録、おめでとうございます。(笑)
13話以降の件、いろいろあちこちネットサーフィンしてみました。
どうやら、KBSのHP自体の問題のようですよ。
13話以降をガイドするURL自体にミスが生じているようで、
これは、韓国語に詳しい人が、直接メールなどして
なおしてもらうようにしないと、当分無理かもしれません。
(私には無理です...苦笑) ある日突然見られるようになっていれば
誰かが、そうやってくれたと思っていいかもしれませんね。

この5・6話から、前より詳しく感想を載せるようにしていますが、
内心、やりすぎで、これからご覧になる方には申し訳ない気がしていて
なりません。
けれども多くの方(たぶん)に喜んでいただけていると
いう感触ですし、更に13話以降はKBSのVODでも見られないこともあり、
私自身もつくづく思うことですが、このドラマは何度見ても
面白いので、ネタバレしていても十分楽しめるはずという勝手な解釈ですが、
この感じで最終回までいこうと思います。(^^)v
by パンプキン (2005-05-06 09:25) 

パンプキン

けいちゃん さん、初めまして。コメントありがとうございます。(^^)
一気にご覧になった気持ちがよーくわかりますよ。
続きが気になって仕方なくなりますよね。(笑)
KNでの再放送もあって、ネット上でも多くの方がこのドラマのことを
取り上げてくれていますよね。私もとても嬉しいです。
自身の感想については満足していませんが、
(ホントはもっと面白く書けるといいのになーと常々...^_^;)
お褒めくださって光栄です。
自分の文章って、結局何を書いても一緒で、皆さんに伝わっているのか
心配になるときがあります。(ボキャボラリーが限られてきていますから)
皆さんのコメントを励みに続けていられるようなものですので、
また遊びに来てくださいね。(^^)
by パンプキン (2005-05-06 09:31) 

綾

おあはようございます。
あれよと言う間の早いUPにびっくりです。
GW中は出かけもせず、朝から晩まで韓ドラ三昧の日々を送りました。
今GW期間限定のちょっと値段がお安い「結婚したい女」を観てます。
(財布が痛いが・・・ランチ食べに行ったつもりで手をだしちゃいました!)

6話も素敵なシーンとセリフ満載ですきだわ!
パンプキンさま!今回も細かいところを載せてくださってうれしいわ~~
(アジョシの携帯の受信時間など・・・)
何気にアジョシが言ったであろう「待つ」「信じる」が、この二人をより結びつかせる言葉なんですよね。(あたりまえなことだけど忘れがちなこと)
そして、韓ドラ主人公に通常ありがちな揺れ動く気持ちが、アジョシにはありませんよね!アジョシの人格が表れていて、観ていて気持ちがいい!!
パンプキン様ベストシーン 私も同じくです!
アジョシがジョンスクを女性として意識したシーンだと思います。
結んでもらっているときの、戸惑いのなかにも「ドキッ」とした表情が、特に目に表れていますよね。
その後の、ジョンスクの満足気な顔とアジョシの満更でもない笑みがいいですよね!(こっちがにんまりしてしまいます。)
7話も楽しみにしてますね!
by 綾 (2005-05-06 10:15) 

パンプキン

綾 さん、「結婚したい女」も面白いですよね。
出演者から想像するに、日本の民放各社が手を出すドラマとは
いえないので、この時期のネット視聴は、いい判断だと思いますよー。(^^)v

ドラマの感想を詳しく書き出した、この5・6話あたりから、
二人の心の距離がどんどん近づくストーリー展開なので、
書きたいところが山ほどあって、逃さず書こうと頑張っているのですが、
見落としているところがあれば、どうぞお願いします。
二人の心の距離といっても、ジョンスクの方は最初から、
彼が心に決めた人ですから、どちらかというと、
ヒョクジュンの方が、それまで子ども扱いばかりしていたのが、
少しずつ一人の女性として、妻として意識していくところが
楽しみであり、ポイントですよね。
契約結婚とはいえ、いつも誠実な彼の態度は、
世の女性の理想にも思えますし...。
あっという間の1週間で、明日はkNTVで7・8話の放送日です。
今のところ予定通り、UP出来そうですので、
もう少し、お待ち下さい。(^^)v
by パンプキン (2005-05-06 10:48) 

Yokohama  Youko

パンプキンさん、こんにちは。6話をじっくり読ませていただいていたら、印象的なシーンは全て網羅されていますので(詳細なセリフ入りなので各場面を鮮明に思い出せます)、「もう一度見たくなる」ではなく「もう一度見た」ような得した気分になりました。ドンゴンシーに関しては、パンプキンさんの書かれた各シーンに尽きるので、私はマニアックに(?)ジヘちゃん大好きシーンをひとつ。
それは「nice」のチケットを渡す練習をしていたジョンスクが、インターホンも鳴らさずに帰ってきたアジョシと、つい口喧嘩になった後の場面です。逃げるように部屋に向かう時のジョンスクの、小首をかしげた変に固まったような足早の格好、そして部屋に入った途端、壁にへばりつくようにして頭を打ちつけ後悔する姿が、とても可愛く、おかしく、いつも繰り返して見てしまいます。
強調された「信じて・・・」という言葉は、この後何度か出て、全て心温まる場面を作りますし、「ネクタイ、顔近づき・・・」と、「ソファにえらそうに座っている・・・」シーンは共に7話に(「ソファ・・・」は立場を変えて)関連していると思いますが、仕掛け、伏線(前回変換ミスしてました。汗・・・)と言っていいなら、この辺も他の韓ドラとは一味違う洒落たところで『ランラン』の魅力の一つだと思います。
7話以降、ますます二人の「心の距離」が近づいていくシーンが多くなり、名場面が増えますよね。この後の『おもいっきりネタバレ』版、楽しみにしています。
by Yokohama Youko (2005-05-06 15:42) 

パンプキン

Yokohama Youkoさん、
お仕事の方は順調に進んでいらっしゃいますか?
忙しい中も、忘れずに来てくださってありがとうございます。(^^)
ジヘチャンのシーン、そうでしたね
。若さもあってか、突然の予期せぬ出来事には、時々、
思いとは反対の行動をしがちなジョンスクですね。
(それはヒョクジュンも同じかしら...? 笑)
ソファの伏線は、わかっていたのですが、7話の下書き記事には
入れ忘れていたので、早速使わせていただきました。(^^)v
でも、ホントここにきて、名場面のオンパレードで...。(汗)
いっそのこと全部台詞を書き出したいくらいですが、
それではつまらないので、大きなところをピックアップしています。
でも、この形式が自分でも意外なほど楽しいので、
簡単に済ませてしまった4話も、書き直したいくらいです。
時間を見つけて改訂版にしようかしら?(笑)
by パンプキン (2005-05-06 18:08) 

tomo

はじめまして。パンプキンさんのレビュー読みながら思い出してまた泣いてしまいました。すこしアジョシの気持がジョンスクに近づいて。これまでアジョシは3週間も帰ってこなかったり、「おなら」を大笑いされたり、うっとうしいと言われたり、ジョンスクが不憫で不憫で、「ジョンスクも家出してやれ」とか「今にアジョシはあなたがいないと夜も日もなくなるんだから、もう少しの間ガマンしてね」などと話かけながらみていましたから。ま、ジョンスクも負けていないのが救いですけど。パンプキンさんのレビューでヒョクジュンの誠実さは、ああそういうことだったのかと理解できるところもあって、楽しく読ませもらっています。
by tomo (2005-05-07 02:34) 

パンプキン

tomoさん、初めまして。コメントありがとうございます。(^^)
そうですよね。ジョンスクには初恋の相手ですが、ヒョクジュンには
違うので、思いの度合いがあまりに違いすぎて、
ジョンスクが不憫と思うのは当然ですよね。
これから、逆にヒョクジュンがジョンスクのことを一人の大切な女性として
みていくその過程が見られるのが楽しみですね。
これからも二人の愛を見守っていきましょうね。
また遊びに来てください。(^_^)/~
by パンプキン (2005-05-07 12:55) 

Yokohama  Youko

コメントありがとうございました。仕事のほうは何とか間に合わせることができそうでホッとしているところです。今回はパンプキンさんにまでご心配をおかけしてしまい申し訳なく思っております。
「楽しんで」書かれているご様子は、『ランラン』への深い愛情とともに、文面からも感じられます。改訂版は、4話とおっしゃらずに、完結後も、『ランラン思いっきりネタバレ2』として、もう一度、いろいろな見方、楽しみ方があるということで角度を変えて全話書いていただき、最終目標の『地上波放送・DVD(日本語字幕〉発売』実現まで、布教を続けていただきたいと思います。
ところで、Mrs.Reeさんとのコメントにあった「個人的感情」を持った回というのは6話だったのですね!? 私もその記事を読んだ記憶があるのですが、「リアルな抱擁」という表現があったので、9話の、事件があって出かけたアジョシを心配してジョンスクが雨の中で待っているシーンだとばかり思い込んでいました。
デート写真を撮られているということは、「個人的感情=恋愛感情」だったのでしょうね(私も賛成派です)。TV番組内での発言とは、二人ともとても率直なのだと思います。このコンビのドラマはこれからもぜひ見たいので、risaさんのおっしゃられたように、このことが今後の共演の阻害要因にならないよう見守っていたいですね。今日は『ランラン放送日』ですか。視聴できる方が羨ましい・・・!!
by Yokohama Youko (2005-05-07 14:51) 

パンプキン

Yokohama Youko さん、 
『ランラン思いっきりネタバレ2』ですか~...^_^;
今は、16話までやりとげることが第一の目標ですので、
そんなことも頭の隅におきながら、この先を進めていこうと思います。
例の個人的感情の発言の詳細は忘れてしまったのですが、
リアルな抱擁で思い出すのは、おっしゃるように
9話の雨の中のその場面ですね。
幾度かそんな感情が起きたと言うことかもしれません。
いずれにせよ、ふたりのプライベートはそっとしてあげたいということで、
多くの方の気持ちが一致しているように思います。(^^)v
by パンプキン (2005-05-07 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。