So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ「ランラン18歳」第5話 [ランラン18歳]

前回、第4話のコメント欄を読み、少々反省。
ここへよく遊びに来てくださる方は、既にランランをご覧か、
見たいけれど事情があってご覧になれない方が多いので、
またまた軌道修正で、もっと詳しいストーリーをご紹介しつつの感想と致します。
また、この回よりKNTVでの放送のあとを追う形で、記事をアップしていきます。
それでは、第5話まいりまーす。(^^) 

出演者紹介

パク・ヒョンジェ(ソ検事役)
・・・ヒョクジュンとは、同じ大学司で法試験同期の懇意な友人。
節度があって堅いヒョクジュンとは違い、図太い性格。(^^) ヒョクジュンの姉を慕うようになる。
★他の出演作...韓国KBSの「1829」に主役の先輩役で出演。
過去に、ソン・スンホン主演「ポップコーン」では、写真を撮影されている新郎役の彼を発見!
(チョイ役なのでとてもわかりにくいです...^_^; )

===================================================================================================================================================================================


【 ランラン18歳 第5話 】今回、おもいっきりネタバレに挑戦! 
                                             ネタバレギライの方はココまでね。(笑)    

                          
<タイミング 悪ッ...その1>
ジョンスクはセクシー下着を身にまとい、ヒョクジュンを待つが、いくら待っても帰ってこない。
ワインを飲み、かなり酔った状態のときに偶然にも義姉が訪ねてきて、醜態をさらし、
寝室が別なうえに、初夜がまだだということまで知られてしまう。
ヒョクジュンは検事仲間の飲み会につかまり、飲み屋の女性が借金の連帯
保証人で
困っているという話を聞き、力になってあげるのだが、
翌日そのことで礼を言いに検察庁にヒョクジュンに会いにきたところを
ジョンスクが見てしまい、浮気しているものと早とちりし、喧嘩となる。
一方、ヒョクジュンの元カノ(第4話の最後に登場の女性)で、弁護士のムン・ガヨンが
アメリカから帰国。検察庁にヒョクジュンを訪ねるがすれちがう。

<タイミング 悪ッ...その2>
見に覚えのない浮気で一方的に責められ、ケンカになるヒョクジュンとジョンスク。
姉のソナの告げ口で二人を心配して、安東のおじい様がやってくる。
おじい様のとりなしで、やむを得ず仲直りしたかのように見せる二人。
実はこの日、結婚後初めて同じベッドで寝ることに。(おじい様の策略は見事的中だけど...^_^;)
おじい様にも自分が浮気したと思われていることに納得のいかないヒョクジュン。
腹の虫が収まらないのはジョンスクも同じ。五人姫の合コンに数合わせで参加するが、
そのなかの大学生と二人で映画を観に行ってしまう。(腹いせ以外のの何物でもない...)
しかし、その男の子の馴れ馴れしい態度に嫌気がさし、お得意の頭突きととび蹴りを...。
その一撃のときに、携帯を落とすが気づかずに、立ち去るジョンスク。
またもタイミング悪く、ヒョクジュンがジョンスクの携帯に電話をし、合コンに出ていたことを知ってしまう。

<ケンカ>
合コンから自宅にもどるジョンスク。マンションの前にはご近所のおば様たちが...。
ジョンスクはゴミの出し方を咎められるが、イライラしていたので素直になれず、反発。
おば様達ともめているところに、ヒョクジュンの元カノ、ムン・ガヨン登場。
うまくその場を収めてくれ、ジョンスクも感謝して自宅に招く。
けれど、ガヨンの登場は偶然ではなく、最初からヒョクジュンの妻の偵察が目的だった。
新居のリビングの棚に自分とのカップル人形の片割れを見つけるガヨン...。
更に、ジョンスクと仲良くなったフリをする。内心は「あんな娘と結婚したのね...」と
不気味な笑みで帰るのだった。
ヒョクジュンが帰り、ジョンスクと合コンのことで大ゲンカし、ジョンスクは泣きながら飛び出し実家に戻る。
ヒョクジュンは迎えに行くが、「今晩はこのままで明日迎えに来ます。」とジョンスクの母に言う。
コトの次第を聞いた母は、ジョンスクの行いを情けなく思う。
ヒョクジュンは、バーのカウンターでソ検事とお酒を飲んだ帰り道、
ショーケースの結婚指輪を見ながら、ジョンスクの言葉を思いおこす。

<二人の誓い&恐るべし元カノ>
翌日、ヒョクジュンは天文台にジョンスクを連れて行き、結婚指輪を渡し仲直りの二人。
指輪をもらったジョンスクは嬉しさで一杯。五人姫にもさっそく報告。
丁度そこにヒョクジュンから電話が入り、彼女達にお昼をご馳走すると約束。喜ぶ五人姫達。
一方、ガヨンの行動が徐々に怪しさを増し、まずは、安東にヒョクジュンの姉ソナを訪ね、
ソナがジョンスクを嫌っていることを利用し、取り入る様子。
また、ジョンスクを好きなガッチャマンのあのチ・ナムチョルが、ガヨンの弁護士事務所で働くことに...。
さて、ガヨンはヒョクジュンが担当している事件の容疑者の担当弁護士となり、
つかまっていた彼らを法的な手続きをふみ釈放させたことで、ヒョクジュンとガヨンは再会、
ヒョクジュンは驚く。
                                 
                                  ・・・第6話へつづく・・・


☆ ロブスターに nice!(?)~第5話~ ☆

ジョンスクを喜ばせようと、素敵なレストランに誘うヒョクジュン。
さて、そのお店で...

テーブルの上のロブスターのアップ・・・
いつもと様子が違うジョンスクを気にするヒョクジュン。

ヒョクジュン:口に合わないのか?
ジョンスク:いいえ。 こうゆう所よく来るの?
ヒ:そんなはずないよ。初めてだよ。
ジ: (心の声   嘘だわ...。)
  注文するのが手馴れていたけど?
ヒ:そうか? ジョンチャン(ソ検事のこと)にコーチしてもらった。
  ここもあいつの紹介さ。気に入ったか?

ジ:... (心の声   しらを切るつもりね。)

ジョンスク、フォークを置く。・・・ロブスターの目大きくなる  (笑)

ジ:単刀直入に聞くわ。さっきの女...誰なの?
ヒ:誰だ?
ジ:検察庁で会った女よ! 親しそうだったわ。
ヒ:見られたか...。
ジ:ばっちり見ていたわ。 あの女、何してる人?
ヒ:飲み屋の女だ。

 ~ バックの音楽が変る。怪しい雲行き...。

ジ:飲み屋の?
ヒ:もっと早く俺に出会っていれば...。
ジ:  (立ち上がって、) こんな悪い人だったなんて ほんと知らなかった。!
ヒ:... 
 
 ~店から出るジョンスク、後を追うヒョクジュン 

ジョンスクが誤解してるとはいえ、緊張感漂う場面の ”ロブスター”
まるで君が叱られるかのようなおとぼけビックリ顔に nice!
 
それにしても、早とちりなジョンスクもジョンスクだけど、
誤解されるような話し方しかしない、ヒョクジュンもどうかと思う場面。
アナタ、曲がりなりにも検事なのだから、もっと上手に説明しなくちゃあ...。
あれじゃあ、あとから何を言っても聞く耳もたないジョンスクだわよ!
とヒョクジュンにダメダシの私。^_^;


☆ 第5話のドンゴンにノックアウト ☆

ジョンスクの携帯に電話したら、合コン相手の男が出てしまう。
「ユンさんはいないんですね?」と普通に電話を切ってあわててすぐにかけ直す。
そして一言『お前は誰だー!!』  (ってすぐに気づけよぉ~^_^;)
あの、電話をプッシュする猛烈なスピードが笑えるわ~!  (^^)v

さらに、ジョンスクとケンカしたあと、
バーのカウンターでのヒョクジュンとソ検事の会話

ヒョクジュン:あいつが合コンに行ってたんだ...。
ソ検事:合コン? (笑)
ヒ:数日前にケンカしたことがあって...。だからって男遊びするとは。
  相手には俺を司法試験の受験生だと言ったんだぞ!!

ソ: アハハハ(大笑い)
ヒ:笑ってろ...。  相手なんかしょうもない野郎だった。
ソ:それで妬いてるのか?
ヒ:あんな奴に妬くわけないだろう!
ソ:別に怒らなくてもいいだろう。
ヒ:結婚って思ってたより厄介だった。楽になれるどころか、山越え 山だ。
ソ:独身男の前で自慢してるんだろう。

ソ検事の指摘どおり、それは十分”嫉妬”ですのよ、ア・ジョ・シー (^^)
ちなみにこのお店、ヒョクジュンが弱音を吐ける、癒しの隠れ家的存在なのよね...。
そして、もれなくソ検事もついてくる。(笑)


☆ パンプキン selection  胸キュン・シーン #5 ☆

ジョンスクの合コンが原因で、大ゲンカの二人。

ジョンスク:合コンしたわ。私だって黙っていられないでしょっ。
ヒョクジュン:何だと? それとは別の話だろ。
ジ:同じよ。この間も言ったでしょ。私も男と遊ぶと。言った通りにしたまでよ。
ヒ:悪いと思っていないのか?
ジ: (顔を横に背けて) ...。
ヒ:ここまで分別がないとは失望した。怒った勢いで言ったのだと思った。
  こんなに浅はかだとは...。

ジ:おじさん...。  
ヒ:お前は結婚したんだ。いま一度考え直してみろ。自分がやったことが、正しかったかを。
 
 ~ 自分の部屋に入ろうとするジョクジュン 

ジ:あんまりだよー! おじさんも結婚してる。
  自分のことは棚に上げて。
 
 ~振り返るヒョクジュン

ジ:いつも帰りが遅いのはいいとして、式だけは挙げたけど、私に無関心すぎる。
  今日だって、おばさんたちとケンカして怪我したのに、何があったかも聞かない。
  私が、何が好きで嫌いかも興味ないし結婚指輪もない。こんなの結婚じゃない。
  既婚者としてすべきことをしてるって言えないはずよ!
 
 ~ 泣きながら家を飛び出すジョンスク。

結婚式を終えてから今までの、ジョンスクの思いが爆発した瞬間でした。
ヒョクジュンを愛し、結婚に希望を持っていたジョンスクに、現実は大変だったのでしょう。
まだ高校を卒業したばかりの彼女に、毎日仕事で遅いアジョシを待つ生活。
自分を彼はどう思ってくれているのかという不安もそこにはあったはず。
本当は、自分でも悪いことをしたと思ってはいるのでしょうが、
ヒョクジュンに厳しく言われてしまい、抑えることが出来なかったのよ。きっと。
ヒョクジュンも彼女の言葉に、我に返り、思うところが多々あったはず。
彼の言動は正しいけれど、それでもジョンスクに寂しい思いをさせていたのは事実。
この場面、ふたりの気持ちがそれぞれわかって、胸が痛むワタシです。(>_<)


☆ パンプキン selection  ベストシーン #5 ☆ 

なんといっても、天文台のシーン。
ケンカして実家に帰っていたジョンスクと仲直りするために
ヒョクジュンが連れてくる。
そしてここは、二人にとって思い出の場所となるのでした。

ジョンスク:どうしてここに?
ヒョクジュン:お前に見せてやりたくなった。
       小さい頃、父親と一緒に来たんだ。


 ~中略~

ヒ:肉眼では見られないすごい距離だか、天体望遠鏡があれば見れるんだ。
ジ:そうなんだ。すごい望遠鏡なんだー。
ヒ:短所もあるんだ。遠くは見えるけど近くは決して見えない。
  俺達のように...。
  すまなかった。俺が悪かった。

ジ:お...じさん。
ヒ:誠実な夫になれるよう努力するよ。
ジ: (少し照れくさそうに、)口だけじゃぁ...。

ヒ:遅くなったけど...

結婚指輪を見せて、ジョンスクの指にはめてあげる。
とても嬉しそうなジョンスク。今度はジョンスクがヒョクジュンの指に...。

ヒ:俺達、本当に結婚したからな。
ジ:おじさんも女遊びしちゃダメよ。
ヒ:夫婦ゲンカしたって、実家に帰るなよ。
ジ:わけもなく外泊するのも...
ヒ:勝手な浮気もゆるさんぞ
ジ:皿洗いはおじさんが...。
ヒ:今までだって... (笑 ^_^;)
ジ:それから...
ヒ:それから、もうひとつ。
  初夜は...
ジ:初夜は...
ヒ:ない
   (心の声   俺を心から愛するその日まで。)
ジ:アハハハ...それを言おうと思ってたの。
  やっぱり通じるものがあるわ。
ヒ:だろう。 アハハハ... 
   (心の声   そして、俺がお前を愛するその日まで。)
ジ: (心の声   互いに愛し合うその日まで...。)

ジョンスクの薬指のリングが光り、
発する言葉のその奥に、お互いを思いやる心を感じ取ることが出来る素敵なシーン♪


さて次回、元カノ・ガヨンの動きが気になってきますね。
あらすじには書きませんでしたが、実はガヨンはアメリカで結婚し、
1ケ月で離婚したバツイチ。
なぜか妙に自信ありげなあの態度が怖いわ~。
純なジョンスクをいじめないでー!(>_<)

二人が互いに愛し合うその日” そんな日はいつやってくるのでしょう?

ここまでお付き合いくださってありがとうございました。
感想スタイルがなかなか定まらずにいましたが、試行錯誤の結果、
しばらく今回の形ですすめていこうと思います。
いかかでしたでしょうか?

第6話はもう少しお待ちを...。m(__)m

★ランランキャンペーン推進仲間の朗々21さんのブログでは、
ファッションチェックとお気に入りシーンがステキな画像満載でご覧になれます。
カテゴリー「ランラン18才」を click してみて下さい。(^^)v

 


nice!(1)  コメント(15) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 15

あかね

やったー。一番乗りだぁ。楽しみにまってたんです。私も天文台のシーンが大好きです。最初はアジョシがすまなさそうに話しているんだけど途中でジョンスクとの掛け合い、最後は心の声とうまい具合に組み立ててあると思います。このドラマにはまるのはやっぱり主婦が多数なんでしょうかね。見ててなんとなく自分の新婚当時を振り返ってしまいます。
6話も楽しみにしています。がんばってねぇ。
by あかね (2005-04-30 19:30) 

こんばんは~
ヨルスが終わって、気が抜けております・・・・
先日ようやくKNの申し込み代金を払いました。(コンビニ行くのが面倒で・汗;)
なので、近日中にチューナーとアンテナが到着、のはず♪
ここ(5話)では、いよいよガヨンがジョンスクに接近し始めて、
アジョシとジョンスクを振り回しはじめて・・・
ワタシのヤキモキがはじまります(笑)
「ランラン」の好きなとこは、毎回必ずアジョシのジョンスクへの誠実さ、ジョンスクのアジョシへのやさしさがあるとこ、そして二人が互いに近づいていってるからだろーなぁと思ってます。
6話も待ってマース♥
by (2005-04-30 19:40) 

パンプキン

あかねさん、こんばんはー。(^^)
この回を経て、やっと新婚生活がスタートって感じですよね。
私も、天文台での心の声がうまく掛け合いになっていくところがスキです。
心の声なので、お互いに聞こえているわけじゃないのに、
ジョンスクにはヒョクジュンの思いが伝わっているかのような
あの場面。きっと本当はわからないんだけど、
心のどこかでつながっているんだって思わせてくれる場面です。
新婚当時の、純粋な気持ちを思い起こしたいというのは、
視聴者のなかに潜在的に存在するものがあるかもしれませんね。(^^)
by パンプキン (2005-04-30 21:44) 

パンプキン

na-varmeer さん、旅行前で忙しいところなのに、コメントありがとうございます。私も、ヨルスの終了は、...ため息です。^_^;
近く、やっと1829普及委員としてのつとめを果たせそうです。(^^)v
>ワタシのヤキモキがはじまります(笑)
そうですか~^^。
二人の間に何かコトが起こるたびに、ちょっとずつちょっとずつ
こころが触れ合っていきますよね。
誠実なヒョクジュンの姿は本当にステキです。
ジョンスクも、相手もを思いやる大人の女性に成長していきますしね。
でも、まだまだかわいいところもたくさんあるし...。
ヒョクジュンも年齢のわりには、純なところがあってかわいいし...。
楽しい旅行となりますように...。
気をつけて行って来て下さいね。(^^)
by パンプキン (2005-04-30 21:54) 

朗々21

わぁ、ご紹介ありがとうございます m(__)m
今週忙しくて3話までしかアップできてません(大泣)
セレクトは終わってるんですが・・・
GW中に5話まで終わらせる予定です☆

これから中盤までなかなか目が離せませんよね~
夫婦になっていく最初のステップ。
私も天文台の場面、大好きです♪
by 朗々21 (2005-04-30 21:55) 

d+

こんばんわ☆
キャーッ!待ってました!パンプキンさんの「ランランレビュー」☆
超気合い入ってるこの記事を拝見して、テンション上がってしまいました(笑)

吹き替え版で「おじさん」と聞いたら一気に冷めてしまいそうですが、ハングルで「アジョシー」って呼ぶと、何かいいんですよね~(*^^*)

>短所もあるんだ。遠くは見えるけど近くは決して見えない。
  俺達のように...。
  すまなかった。俺が悪かった。
  誠実な夫になれるよう努力するよ。

こ、こんなこと言われたい・・・最近めっきり「誠実」という言葉が胸に突き刺さるオレンジでした(笑)
by d+ (2005-05-01 01:47) 

sala

待ってました~o(≧▽≦)o
やっぱり字幕なしの映像だけでは限界があるので、とっっっても嬉しいです!!
こうやってだんだんホントの夫婦に近づいていくのかな~、なんて思うと、
結婚も良いものかもなぁって、思えてきました☆(もっと早くに気づけよ、自分笑)
もちろん、現実の結婚生活はこんな甘くなくて、カンタンには(いや、ジョンスクもかなり苦労してますが…笑)いかないだろうって分かってはいるけど、
もう20代へのカウントダウンが始まっている私にとって、
ランランはすごく意味のあるドラマになりそうです!!
by sala (2005-05-01 10:44) 

パンプキン

朗々21さん、
12話の”ヤマバ”までは毎回、いろんなことがおきて、
ホント目が離せないですよね。

GW中ですので、なかなかゆっくりPCの前に座れませんが、
私の予定としては、6話は今週中にUP予定です。
2話ずつ進むので、どこかできっと追いつくのに大変なときがきそうです。
お互い、無理せず楽しんで頑張りましょうねー。(^_^)/~
by パンプキン (2005-05-01 13:10) 

パンプキン

オレンジ さん、
私の気合の入り具合までも察して下さって、とても嬉しいです。(^^)
ヒョクジュンは誠実を絵に描いたような人柄ですものね。
このあとは、ジョンスクの健気さがどんどん印象的になっていきますよ。
そんなふたりのラブラブなところ、早くみたいですが、
もうすこしおあずけです。(^^)
近く、6話UP予定ですのでお楽しみに。(^_^)/~
by パンプキン (2005-05-01 13:16) 

パンプキン

salaさん、
結婚は甘いだけじゃない、でも悪いものじゃないって思えるドラマですね。
本当に愛せる人が出来て、でもやっぱり、それだけじゃなく、
お互いに思いやって努力していかないと
本当の幸せな結婚にはならないのかもね。(^^)
ジョンスクは初恋で、「この人」っていう人に出会えて、
すごく幸せな女の子だと思います。
彼女が、ヒョクジュンが初恋で負った傷も癒せるのをみていると、
幸せにしてもらうだけじゃなく、好きな人を幸せにしてあげようと思える
ドラマだと思います。
by パンプキン (2005-05-01 13:24) 

Yokohama Youko

パンプキンさん、こんにちは。私は9日までに仕上げなければいけない仕事を抱えていて、連休中、家で仕事です、トホホ。
一段落したところで5話のコメントを入れさせていただこうと、blogを開いたら、なんと、もう6話を出されていました!! A型なので(?)一応、順番どおりにさせていただきます・・・。
「おもいっきりネタバレ挑戦」――私は、この形式、大好きです。実は5話は、夫婦喧嘩の件にしても他の騒ぎにしてもジョンスクの幼さのマイナス面が出ているようでちょっとつらくて、ネットで一話ずつ申し込んで再度見るには積極的になれなかった回なのですが、パンプキンさんの記事を拝読すると見るポイントがとてもわかりやすく、もう一度見てみようという気になっています。
5話の印象的な場面は、やはり「天文台」のシーンだと思うのですが、パンプキンさんのselectionベストシーンにある二人の「心の声」の表現のところを読んでいて、それが12話の最後のシーン、「初夜」を迎えようと決めた二人の「心の声」に対応しているのだと、気がつきました。考えてみると、いろいろな所に複線がある(他の韓ドラにわざとらしいそれではなく)うまい演出、展開だと思いますね。そしてパンプキンさんの記事もとても上手にまとめられていて感心しています。6話については、また時間を見て書かせていただくつもりです。
by Yokohama Youko (2005-05-02 15:34) 

綾

こんにちは 5話突入ですね!
GW中のUPご苦労様です・・・ネタばれ嬉しいよ~~~
5話は、結婚というスタートラインに着いた二人が、自分の横にいる相手を確認!ってところでしょうか・・・・?

パンプキン様胸キュンシーンに 1票!!
誤解から始まった喧嘩が更なる喧嘩を生み・・・二人を近づけるのよね!
合コンがばれて喧嘩!アジョシの言う事は正論、アジョシを愛してるジョンスクからすればジョンスクの言う事もごもっとも・・・(大泣きしたくなるよね!)
そして、アジョシもジョンスクの言葉からジョンスクの立場を考え、(そこがアジョシのすばらしいところですよね!)天文台シーンへ・・・胸きゅんでしたね!
夫婦が夫婦であるためには、相手を尊重し努力することが基本だよって教えてくれる素敵なシーンですよね!

なんでも相談係りソ検事との会話いつもながらナイスでしたね!!
「そうよ!そうやって気づかせてあげてね~~」って思っちゃいますもん!

パンプキン様 今回5話はセリフつきでの感想GOODでしたわ~~!うれぴー
セリフでそのときのシーンが思い浮かぶことができました~~~~
ありがとうございま~~す。
次回もたのしみにしてま~~~~~~す!
by 綾 (2005-05-02 16:38) 

綾

パンプキンさま あなた様は凄い方だわ~~(尊敬~~!!)
YOKOHAMA YOUKOさまのコメントを読んで初めて気づいた~~
この回の「心の声」は、初夜を迎える12話の「心の声」につながっているのね~~!感動だわ~~~ほんとに凄い演出ですね!
by 綾 (2005-05-02 16:57) 

パンプキン

Yokohama Youko さん、
5話のジョンスクの幼さのマイナス面という表現、とても的確ですね。
18歳の女の子(妻といっても)の等身大な部分でもあるので、
ドラマが漫画っぽいだけで終わらない程度の事件が
次々に起こるんですよね。その都度、アジョシが理解しつつんでくれるので、
少しずつ、幼い妻も大人になるのでしょう。

この形での感想を喜んでいただけて、頑張った甲斐がありました。
ありがとうございます。(^^)
「心の声」に限らず、ちょっとした複線もあちこちにあるドラマですので、
見逃さないかと気を使いますね。
ときに、そんなこともあろうかと思いますので、気がついたことは
コメント下さい。
G・W返上でのお仕事、大変そうですね。 息抜きにまたコチラにも
お寄りください。(^^)v 
by パンプキン (2005-05-02 23:49) 

パンプキン

綾さん、
台詞つきの感想を、気に入っていただけて、私もとても嬉しいです。
おっしゃるように、台詞があると、その場面が浮かんできますね。
書いている私も、より感情をこめて思ったことをいえる気がします。(^^)
12話の複線となる部分は、ホント脚本がすばらしいのでしょう。
このドラマのシナリオは、冬ソナのあの二人の女性脚本家というのは
有名な話ですが、彼女達の能力の高さを感じます。特に、
5話から12話への進め方はスゴイと思います。
夫婦が真の夫婦にならんとする過程が見事ですよね。(^^)
by パンプキン (2005-05-02 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。