So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ 「波乱万丈ミスキムの10億作り」 [韓ドラタイトル(ナ~ワ行)]

今回は、このブログで何度か書いた「波乱万丈ミスキムの10億作り」について。
韓国(SBS)では昨年(2004)の4~5月に放送。
私はスカパー(KNTV)の放送を見ました。他での放送歴は聞いたことがないので、
ご存知ない方もたくさんいらっしゃるでしょう。
ネタバレ多少ありですのでご注意を。


===============================================================================================================================================================================


波乱万丈 ~Missキムの10億作り~ DVD-BOX          主な出演は、キム・ヒョンジュ(キム・ウンジェ役・通称ミスキム)
      チ・ジニ(パク・ムヨル役・通称パクくん)
      キム・ソンリョン(ソ・ウギョン役)
      バク・ユニョン(ユ・ヨンフン役)





ウンジェとムヨルはひょんなことから互いの利益のための夫婦と偽って同居する。
ウンジェはムヨルを”パクくん”、ムヨルはウンジェを”ミス・キム”と呼び合う。
実はウンジェには結婚するはずだったヨンフンがいたが、結婚式場に彼は現れず、いたたまれない
ウンジェはたまたたまそこに居合わせた、カメラマンのムヨルとその場を逃げ出したのだ。
ムヨルは、父親の事業の失敗から、財産の全てを失うが、亡くなった双子の兄の遺骨がまかれた
庭のある別荘だけは取り戻したい一心で、ウンジェが新婚生活を始める予定だった部屋を安く借りて同居することになる。
ウンジェもまた、ヨンフンの行動が、ウギョンの財力による甘い誘いのためであると知り、お金をためてヨンフンを取り戻そうという考えからムヨルとの同居を決めるのだった。
初めはただ、成り行きで一緒に暮らし始めるが、ムヨルはウンジェを一人の女性として意識するようになる。
お金を貯めたい二人には、次々に難問が起きるが、共に助け合う。そして、ウギョンの企み...。
コメディータッチで描くミスキムとパクくんの奮闘記。二人の結末はいかに...?

成り行きとはいえ、二人が同居するための過程に、若干無理やりな設定があるのは横において置きまして、(笑) なんといっても、キム・ヒョンジュ演じるミス・キムとチ・ジニ演じるパクくんの、
夫婦漫才のかけ合いのような会話が面白い!
最初は、お互い好きで一緒にいるわけではないので、言いたいこと言い合うのが、
だんだんと相手の良さに気づき、自分が辛いときに慰められたりしながら、徐々に心の変化が起きていく感じは、まさに私の好きなタイプのドラマです。(^^)v
ウンジェには結婚するつもりだったヨンフンがいるので、ムヨルをひとりの男性として見るのには時間がかかり、そのためパクくんの切ない感じが続きます。このあたりが、基本的に笑わせてくれるドラマな中にあって、胸がキュンとなるところでもあります。

キム・ヒョンジュは「ガラスの靴」の妹の方、ユニ(ソヌ)で有名で、チ・ジニは「ラブレター」や「チャングムの誓い」に出演しています。お二方とも、このドラマでは、今までとは違う、弾けた感じの演技がすごく新鮮。このドラマの注目すべきところは、過去のイメージとは違う役柄を演じているふたりの様子であり、心の変化にあると思います。
更に、お金を稼ぐためにどうしたらいいのかと、色々知恵を出し合い、花屋・フルーツ屋台などをするのですが、ことごとく邪魔が入り、ハラハラドキドキです。

侮れないのが、キム・ソンリョン演じるソ・ウギョン。以前にこのブログの「ジュリエットの男」でも紹介したように、ここでは社長の姪でウンジェの上司(そうそう、ウンジェは建築士なんですが、お金を稼ぐために副業もします。)という立場にありつつも、おとなしそうな顔をして、影で次々とあくどい画策をします。
彼女がなぜヨンフンを求め、執着する必要があるかが、今一歩理解しきれないままなのですが、常に主人公二人の事件の陰に彼女ありというわけです。

ミス・キムとパクくんの大家さん夫婦が超ドケチで、旦那さんが「ジュリエットの男」のチャ・テヒョンの祖父役、奥さんは、「チャングムの誓い」(16話現在)のチェゴサングンをしていた女優さん。
その夫婦の息子には、「屋根部屋のネコ」のジョンウンの弟をしていたボン・テギュ。そしてその彼が思いを寄せる女の子に「サンドゥ学校へ行こう」でボリのママのセラ役のホン・スヒョン。
さて、このドラマで大好きなキャラがムヨルの母。パク・ウォンスクという女優さんで、「星に願いを」ではチェ・ジンシルをいじめるデザイナー役でした。(この女優さんは他にも貧乏からお金持ちまでといろんなアジュマを演じています。)このお母さんが、天真爛漫というかなんというか天然系なんです。
それがまた癒される感じでとてもいい。ダンナ様がもともと社長で裕福な暮らしをしていたのに、一転生活が苦しくなるんですが、なぜか彼女はそれすらも超越した感じ。普通は少なくとも精神的におかしくなっても変じゃないと思いますが、以前と少しも変わらない。好き勝手に生きてきた息子のムヨルも、あのお母さんのためなら頑張らなくてはと思うのもわかるかも...。
更にウンジェの同僚の女性が、「夏の香り」の主人公ヘウォンと一緒に仕事をしていた友人役の女優さんで、このドラマを見ながら何のドラマに出ていたっけなぁ~と、気になっていたけれど、それを思い出して妙に嬉しかったりしました。
とにかく、登場人物それぞれに個性があって見ていて本当に楽しいです。(っていってもなかなか伝わりにくいかもしれませんね。^_^;)

わかりずらいところは、そもそもヨンフンがウンジェとの結婚をやめてまで、何故ウギョンのもとに行ったかということなんですよね。
私自身、ドラマのストーリーとしてはわかっても、彼を理解するまでには至らないかな...。
おぼろげに感じることがあるとすれば、ヨンフンとウンジェがそのまますんなり結婚しても結局うまくはいかなかったかもしれない...ということ。(あくまで私の考えです。)
結婚という枠の中だけじゃなく、共に生きようと思うときに、せめて同じ方向は向いていないと、それは成り立たないかもしれないなぁと思うんです。少なくとも、このドラマでのウンジェはその生い立ちもあって、地に足の着いた暖かな家庭を望んでいたようで、それに対してヨンフンは結婚生活への不安とともに、心のどこかに、天文学者になりいつも星を眺めていたいと空ばかりみているようで...。
ヨンフンにウンジェは見えていたのかな?って感じます。
なので、ウンジェとムヨルが同居し、理由はどうあれ同じ目的をもって生活をした二人が、時間とともに惹かれ合うのは自然なことに思えます。

人生ってあくまで個々のものだけど、その個々が一つになる形が結婚だとするならば、見つめ合わずとも、歩む方向は一緒であって欲しいなぁと感じたドラマでした。

ところで、わかりずらさといえば、この「波乱万丈ミス・キムの10億作り」っていうタイトルってどうなんでしょう? 日本語タイトルはハングルをそのまま訳したようです。ラブ・コメディの色を強く出したかったのでしょうか...。
ドラマのタイトルとしては、脚本家の意図するストーリーとは違うものを連想させそうで、わかりにくいかも...。(笑)


nice!(1)  コメント(5) 

nice! 1

コメント 5

キー

キム・レウォンは、今年ブレイクまちがいなしですね!「屋根部屋のネコ DVD-BOX」が発売されたので思わず
買ってしまいました。今なら22%OFFで購入できるのでチャンスですよ。他にもおすすめのDVDをセレクトしているので、
遊びにきてくださいー★
http://myshop.7andy.jp/myshop/kisetsu?shelf_id=05
by キー (2005-07-28 23:37) 

らびしゃん

パンプキンさん、こんにちは!
只今、GyaO視聴中で、ググっていたらこちらに辿りつきました^^

>ムヨルは、父親の事業の失敗から、財産の全てを失うが、
>亡くなった双子の兄の遺骨がまかれた庭のある別荘だけは取り戻したい一心で、

5話まで視聴した中で<亡くなった双子の兄の遺骨がまかれた庭>の部分を見落としたのかまだでてきてないのか、とても気になるネタバレありがとうございます♪
毎回、弾けた2人のやりとりに吹き出してて最終話まで楽しみです。

ミスキムを記事で扱ったので、リンク貼らせてもらいますね(o*。_。)oペコッ
by らびしゃん (2007-05-09 18:34) 

パンプキン

らびしゃん さん、こんにちはー。^^
話されていたとおり、
GyaOを堪能中なんですね。(^_-)-☆

気になるネタバレ部分のところは
私の記憶が確かなら、最初の2話か3話あたりで
彼が自分の家にこだわる理由を話すところがあったと思うんです。
シーンとしてはそんなに分量はなくて
お母さんが泣きながら庭に遺骨をまいたって感じだったかと...。

>弾けた2人のやりとりに吹き出してて・・・
↑にも書いてますが、こういうコメディタッチの演技は
なかなか見られない二人だからこそ、すごく面白いです。
ミスキム役のキム・ヒョンジュはこのあとに
「百万長者との結婚」というドラマに出演して、またコミカルな演技を見せたようですが、私はまだ見たことがないので、いつか見たいと思ってるドラマです。

リンク大歓迎です。ありがとうございました。^^
by パンプキン (2007-05-10 14:09) 

らびしゃん

2話を見直したら、ヤクザの金貸しが家の下見に来た時に遺骨をまいた話をしていたのを確認しました。
見直してみると笑い飛ばしてしまったところにあれこれ気が付きます。
パンプキンさんも大好きな女優のパク・ウォンスクさん、「オールイン」と「兄嫁は19歳」でも気になっていたのですが、パク君のママ役が今までの中で一番可愛らしく好感が持てて私も彼女が好きになりました^^
それから、大家の奥さんは「サムスン」でボナペティのオ支配人だったのでビフォーアフターにビックリしました。チェゴサングン役もされててまさに七変化って感じですね。

今日は「雪の女王」1話を見たのですけど、ヒョンビンの吹き替えが「サムスン」と同じ声優だったのでサムシクのイメージから離れなれないんですけど、別人に変わっていく来週が楽しみです。
by らびしゃん (2007-05-11 00:24) 

パンプキン

らびしゃんさん、おはようございまーす。^^
2話でしたか...。結構忘れてしまう者ですね..^^;(いや、案外覚えてたのかしら...笑)
パク・ウォンスクさんのこの役、いいですよね。
彼女は貧乏なのもお金持ちなのも両方やりますが
どっちかというとお金持ちでイヤな感じなのが多いんですよね。
今回はもう天真爛漫って感じでね...。^^
そうそう、大家の奥さんのヨ・ウンゲさんは「サムスン」の支配人でしたね。
他に、「オー!必勝」(アン・ジェウク主演)で非情な(でも根は優しい)大企業の会長役をしています。彼女も芸達者な大御所の一人ですね。

「雪の女王」、私も録画してあったのを見ました。
サムスンの吹替えをみたことがなかったんで、そうなんですね。
今回も同じ声優さんなんですね。
ホント、これからどんな風になって変わった姿を見せてくれるのかが楽しみですね。来週はソン・ユリちゃんも登場するでしょうし。(^_-)-☆
by パンプキン (2007-05-12 06:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。