So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ 「裸足の青春」 [韓ドラタイトル(ナ~ワ行)]

今回は、韓国(KBS)で1998年放送の「裸足の青春」について。
レンタルビデオ店にも既に並んでいるので、ご覧になられた方も多いことでしょう。
昨年は、スカパー(衛星劇場)で放送されました。
今月からはホームドラマチャンネルでも放送予定。
ということで、ネタバレも多少ありですが、極力抑えたいと思います。
ネタバレはイヤという方でも大丈夫な程度です。(^^)v

 

 

=======================================================================================================================================================================

 

裸足の青春 DVD-BOX 1          主な出演は、ペ・ヨンジュン(チャン・ヨソク役)
      コ・ソヨン(キ・ヘジュン役)
      キム・ムセン(チャン・ミョンソク役)
      パク・クニョン(キ・ソンジェ役)
      イ・ジョンウォン (チャン・サンヨプ役)
 


ヨソクは、父親を知らず、有名な女優だった母は幼い頃に自殺し、祖母に育てられたが、その祖母も亡くなって一人ぼっちになる。ともすれば、町のチンピラになりかねない状況の中、育ててくれた祖母の遺志もありソウルへ上京する。警備の仕事をしながら警察大学を目指すとき、ヘジュンとの運命の出会い。
ヘジュンは父が検察官で、、同じく検察官を目指す優秀な兄がいる。ひょんなことからヨソクと出会うが、どこか影を持つ彼のことが気になる存在に。
やがて共に惹かれ合うのだったが、ロミオとジュリエットのごとく、過去から続く互いの家族の因縁がそれぞれを辛くさせる。果たして、二人はその因縁を乗り越えて愛し合うことが出来るのか...。

画面から受ける第一印象は、「古臭さ...」。(もう7年前のドラマなので仕方ないですね。)そして、 流れてくるオープニング曲の感じで、若干の拒否反応な私です。確かにシリアスなドラマなので、アップテンポで軽快な曲でというわけにはいかないのでしょうが、ちょっと重~い感じ。^_^;
けれども、お話が始まってしまえば、それもどおってことないことなんですが...。

ヘジュンの父や兄が検察官であることと、対極の立場にあるのが、実はヨソクを含め彼の実の父親や異母兄とわかる。ヨソクはこの事実に打ちのめされ、自身の夢や愛が思い通りにならない絶望の淵にさらされる。まるで生きながらに人生を放棄したかのような生活。
「自ら選んでこの立場にあるのではない」!という心の叫びと葛藤に、こちらも胸が締め付けられる思いになる。
そして、ヨソクの兄もまた、自身の環境の重さを感じるひとり。生まれたときから普通ではない生活-常に大人にガードされて生きてきた彼が、エジュという女性によって初めて味わう、幸せや不安がある。
ヨソク・サンヨプ・ヘジュン以外の人たちも、共感しえない対立関係のなかで、それぞれの立場を貫くしかない苦悩を描いている。

さて、このドラマでは、ペ・ヨンジュンの警察学校時代の制服姿やアクションシーン、あるいはバンドでベースを弾くシーンなど、盛りだくさん。特に制服姿はサマになっていると思う。(笑顔の彼はあまり見られないかもしれないけれど...。)
日本でのペ・ヨンジュン人気の凄さで、彼の以前のドラマはテレビにしろ、DVD・ビデオ発売にしろ露出度ナンバーワンだと思いますが、実のところ、私自身は彼の昔の姿では、この「裸足の青春」と「初恋」が限界です。^_^;

ところで、ヨソクの母親役の女優さんが、現在スカパー(KNTV)で放送中の「男が愛するとき」で、主役の女性の母親役をしているけれども、今も昔も変わっていないことに驚きます。メイクもあるでしょうが、女優ってスゴイなぁと思いますね。(^^)

ストーリー展開からすると、最後の方があっという間で、もう少し長くしてじっくり進めてもいいのではと思えるところもありますが、「昔のドラマだからどうかなぁ~」という予想をイイ方に裏切ってくれて、
「この先はどうなるの?」と、思いながら楽しめた作品でした。
全16話の1998年のこのドラマ、今ご覧になって皆さんはどう思われるでしょうか?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

youko

パンプキンさんは、たくさんドラマを見てますね。
私は、2000年前のドラマはどうも古くさく見えてしまい、見てません。
こちらで放送される古いドラマは、ペ・ヨンジュンのものばかりなんですけど。
by youko (2005-02-02 05:33) 

パンプキン

確かに2000年より以前の作品は、「古さ」を感じてしまうのは仕方がないですね。
ペ・ヨンジュンの作品ばかりというの事実。
けれども、さすがにもう出尽くしてしまいましたね。^_^;
by パンプキン (2005-02-02 06:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。