So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ 「ガラスの靴」 [韓ドラタイトル(ア~タ行)]

私がよくお邪魔するkoreakoreaさんのブログにありましたように、So-netのコンテンツ「韓動ドラマ!」が、2月7日まで無料視聴キャンペーン実施中です。
「その陽射が私に・・・」1~8話、「ラベンダー」1~8話、「ガラスの靴」1~20話、「悪い友だち」1~8話、「韓国芸能まるみえTV」#1~9が無料視聴出来るのはとってもお得ですね。
ただし、無料視聴はある意味大きな誘惑♪ そこのところを踏まえて”クリック”を。(^^)v

キャンペーン期間がせまっていますので、それにこじつけて今回は「ガラスの靴」について。
スカパー(so-netチャンネル749)の放送では、今週、最終回をむかえました。
ネタバレも多少ありですのでご注意を。

 

===================================================================================================================================================================================================================================================

ガラスの靴 DVD-BOX Vol.1           主な出演は、キム・ヒョンジュ(キム・ユ二 / イ・ソヌ役)
      キム・ジホ(キム・テヒ役)
      ハン・ジェソク(チャン・ジェヒョク役)
      キム・ミンソン(ウ・スンヒ役)
      ソ・ジソブ(パク・チョルン役)
      キム・ジョンファ(パク・ヨヌン役)


全40話のこのドラマ。最近は慣れて(?)きたとはいえ、やっぱり長いほうですよね。簡単にあらすじを書きたいのですが、どのあたりまで書いていいのか困ります。

・・・姉のテヒと妹のユニは優しい父親の愛情に育まれ、貧しくとも三人仲良く楽しく暮らしていた。
母親はユニの出産と同時に他界、そして父親までも幼い子供を残して亡くなってしまう。
実はその父親はチェハグループの財閥御曹司で、結婚を反対され勘当同然であったが、グループの会長で姉妹の祖父が息子の死を知り、残された孫娘たちを探し出す。
運命のいたずらなのか、事故により姉妹は離れ離れになり、祖父との対面を果たせたのは姉のテヒと彼女を助けた少年・ジェヒョクだった。
一方、妹のユニは、姉とはぐれる原因となった事故に関わる人達の家で、記憶を失ったまま育つ。
その家の娘がスンヒであり、ユニは持っていた指輪に記された名前”イ・ソヌ”として成人する。
”ソヌ”を人目惚れするチョルンは、定職につかず祖母や父親を心配させているが、妹のヨヌンにとっては良き兄。
また、姉のテハは財閥の孫娘として賢く・美しく成長。はぐれた妹を探すがなかなか見つからない。
ジェヒョクは会長の援助でアメリカ留学を経て帰国後、グループ会社のチェハ通信たて直しの名目で室長となる。
ほどなく、探していた妹が見つかるが、そこに現れたのはユニになりすましたスンヒ。
ジェヒョクを愛するテヒは結婚を望むが、彼が本当に愛するのは、本物のユニとは知らずに偶然出逢ったイ・ソヌ。
スンヒが意図的に掛け違えたボタンがもとに戻るのはいつなのか? 
実の姉妹のテヒとソヌの間で苦悩するジェヒョク。そしてジェヒョクが抱える過去の因縁とは...。

長いけれど、終わって見ればあっという間に思える。でも途中は同じところを行ったり来たりするような(感情的に)のもあって、イライラするのもこれまた事実。
矛盾しているかもしれないけれど、それが率直な感想。
「ランラン18歳」を見た後は、「こんな韓国ドラマもあるんだ-!」っていう新鮮な印象だったけれど、
このドラマはまさに ”THE 韓国ドラマ ” って感じです。交通事故あり・白血病あり・姉妹の入れ違い(これは意図されてるけど)などなど。
それでも「またぁ~?」とはならずに、ドラマに入り込んでいけてしまうから不思議。
しかもドラマの最初の方で、姉妹を残して死んでしまう父親役をハ・ジェジョンが演じていますが、この時点で「おーっ! 韓ドラ!!」って思うはず。日本で放映された韓国ドラマではちょくちょくお見かけする方で、”死亡率”ナンバーワン(不謹慎ですみません。m(__)m )の俳優さんだと思います。・・・(私の以前のblogの「振り向けば愛」のところで、ちい様がコメントして下さっているとおりです。)

キム・ヒョンジュ演じるキム・ユ二(イ・ソヌ)は本当にいい子。良すぎて見ているほうがイラつくくらいに。どんな境遇にあってもいつも前向き。そして一番感じるのは人間的な強さを持つ女性だということ。涙を流すシーンが多いけれど、メソメソして泣くわけじゃない。悲しみを涙で流して気持ちを切り替えるっていうのかな...。
姉のテヒは子供の頃からそうだけど、長女としての責任感が強く、その分気も強いタイプ。祖父に引き取られてからは、財閥の後継者としての生活を受け入れ、その毅然とした立ち振る舞いは堂に入っている。
姉妹が実の姉妹とは知らずに出会ったあとの描き方は、あまりにもスローテンポで、それゆえに、真実を知って二人が姉妹として向き合うその瞬間が本当に感動的!

チョルンは、最初はただ腕力があるだけの少し間抜けな感じだったけれど、回を重ねて後半からは、存在感を出していく。ソヌへの一途な思いが本当にせつないくらいにこちらに響く。ソヌが心から彼を受け入れてくれたらどんなにいいかと思うのは私だけではないはず。

存在感といえば、強烈なのはスンヒ役のキム・ミンソン。あそこまで性悪の女を演じきった彼女は拍手ものだと思う。彼女にとっては覚悟のいった役柄だと思えるから...。最後の最後までああなのかと思うと同情すら感じない。最後の号泣すらむなしく聞こえてしまった。けれど、それが演技的には成功なんじゃないかと勝手に解釈して納得の私です。
私ごとですが、実はこのドラマと平行して「天女と詐欺師」(共演・アンジェウク)も見ているので、まさに天と地の差がある役柄に、こちらがスイッチを切り替えていかなくちゃいけないほどだった。^_^;

このドラマで唯一笑って見ることが出来たのが、ヨヌンとテヒの従弟にあたるソジュンの二人の様子である。その出会いから恋に発展する過程はコメディタッチで、ソジュンの母親(テヒの叔母)が二人の交際を猛反対する顔がすぐに浮かんでしまった。そうそう、その叔母役は、「1%の奇跡」でテハの母親を演じた女優さんで、またもや父親が財閥の会長で、更に兄を亡くした妹で主人公の叔母という設定です。確かに綺麗だけれど、どこか冷たい感じをかもし出すその雰囲気がピッタリくるのかもしれません。

ところで、CSの放送では最終回の一番最後にサービスシーンが満載! 「韓動ドラマ!」ではどうなんでしょうか? 是非ここはカットしないでもらいたいなあと思う次第です。(^^)

最後に、本物のユニと再会後のテヒは、姉でありながら母のようでもある。その彼女が良かれと思ってしたひとつの「過ち」が、最後の悲劇のひきがねになろうとは、誰も予想できなかったこと。ヒントは「お金の問題じゃないっ!」かな...。


nice!(2)  コメント(15) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 15

おはようございます。

パンプキンさんに教えていただいたとこで注文したOSTが届きました!
ワタシが購入したのは、「ユリファ」と「オ!ピルスン」です。
「ユリファ」はちとシリアスでしたが、「ピルスン」は聴いてるとテンションが上ってきそうな気分になるので、よく聴いてます。

「ガラスの靴」って40話ですよねーワタシはまだ2話しか観たことがありませんが、無料視聴期間にネット接続が再開できれば、続きを観たいと思ってマス。
ところで、「ガラスの靴」のテーマソング(?)が、「美しき日々」のビクトリーレコードでいつも流れているのですが、同じ時期だったんですかね?
by (2005-01-28 09:35) 

パンプキン

こんにちは-。聞かれると調べたくなる性格のパンプキンです。(^^)
放送日を確認したところ、、「美しき日々」は2001年3月~5月、
「ガラスの靴」は2002年3月~7月でした。(どちらもSBS)
推測ですが、2001年当時流行ったあの曲をガラスの靴でテーマ曲に採用
したのかなと...。
美しき日々は最近見ていなかったので、教えて頂けて嬉しいです。
今度見るときはビクトリーレコードの場面は要チェックですね。(^^)v

実は「ユリファ」は迷ったのですが、注文しませんでした。
ドラマを見れてからでもいいかな-なんて思いまして。
「オ!ピルスン」はホントにイイ! ほとんど毎日聞いてます。
by パンプキン (2005-01-28 11:04) 

youko

最後のシーンで、韓国語歌詞にふりがながふってありましたけど
難しくて歌えませんでした。(^_^;)
by youko (2005-01-28 17:27) 

パンプキン

youさん、こんばんは-。
そうそう、歌詞のカタカナスーパー入っていましたね。
私も、「ネガ~」のとこだけ妙に強調って感じでうたってしまいます。
来週からのあの時間帯がなくなってちょっと寂しいかも...。
by パンプキン (2005-01-28 19:06) 

ちい様

こんばんわっ!!私も見ましたよ!「ガラスの靴」最終回!
パンプキンさんの記事を読んで、共感できるところがいっぱいありました。
途中中だるみになったこととか・・・。
ヨヌンとソジュンのカップル、私も好きでしたよ。可愛いカップルって感じで。
スンヒは本当に最後まで救いようが無かったですね~。
「天女と詐欺師」をチラッと見た時、あまりの違いにビックリしました。
あとは、やっぱりチョルンでしょ~!!!
あまりの一途さに回が進むごとに私がノックアウトです。(笑)
だから、余計に最後は悲しくて、残念で・・・。(泣)
途中、飽きがきたこともありましたが、ソヌとテヒがお互いに姉妹だという事が分かって
病院で泣きながら抱き合うシーンでは、久しぶりに泣きましたね。
それからはまた楽しく見ることができました。
まっ、ジェヒョクのしつこさにはちょっとうんざりしましたが・・・(^-^;
私も来週から寂しいです。
by ちい様 (2005-01-30 16:04) 

yun

こんにちは~。(^o^)丿
「ガラスの靴」のレビューを読みながら、そうそう!そんな事もあった。と懐かしく読んでいました。

このドラマの悲劇の始まりはテヒに尽きるのかもしれないですね。
(決して彼女を責めてるわけじゃないんだけど。)
最初に施設に入れられまいと二人で逃げた事から悲劇が始まってますものね。

このドラマでのチョルンは最高でしたね!
なので、この結末には納得出来ません!!(涙)
チョルン、カジマ~~~~~。(号泣)
by yun (2005-02-17 10:47) 

パンプキン

yunさん、ありがとうございます。
>最初に施設に入れられまいと二人で逃げた事から悲劇が始まってますものね。

なるほど~!そう言われるとそうですよねぇ-。
そうそう、素直に施設に行っていたら、ユニと離れることもなく、
おじいさんにも簡単に見つけてもらえたはずですよね。
まあ、それだと”韓ドラ”じゃなくなっちゃうんですけどね。(^^)

後半の男性主役は間違いなくチョルンで、ジェヒョクが目立ってませんよね。
ユニの腕に抱かれてるあの最後、早くユニが「サランヘ」の言葉を言ってよ-って思いつつ見てました。(>_<)
by パンプキン (2005-02-17 18:42) 

yosshy

おはようございます。
ジェヒョクって、「イヴ・・」のウジンなんですね。
全くわかりませんでした(^^;

パンプキンさん同様、イヌの元気さに好感を持ちながらも、
あまりの良い子さにイライラ、チョルンの一途さにグラッときました。
チェルンは、きっと振られ役なんだろうなと見ていたのですが、
ところがどっこい。
結婚することが決まっても、ソヌが裏切るんじゃないかとドキドキしました。
なぜ息を引取る前に「愛してる」の言葉を聞かせてくれなかったのかと・・・。
あんまりだわぁ~。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

このドラマ、同僚に勧めたら彼女の中では、一番になりました。
この間まで「パリ恋」が一番と言っていたのに・・・・。
ちょっと複雑です。
by yosshy (2005-05-20 10:50) 

パンプキン

yosshy さん、こんにちはー。(^^)
女優に限らず、男優も髪型ひとつで雰囲気がガラッと変わりますよね。
彼はいま兵役についてますから、もどってからの活躍に期待しています。
ドラマも、いろいろ見ていくうちにランキングはコロコロ変わるものですよね。
私自身をいえば、(ランランは別格として ^^;)何が一番なのかって
すごく難しい質問で、出来たら聞かれたくない(笑)かも...。(^^)
ホント答えられないですもん。
その時々で、どっぷりハマリますしね。
自分がみて面白い(面白さにも色々種類がありますが...)と思ったものは
ほとんど感想で記事にしてきましたし、中でも特選と未公開作品(カテゴリーでいうと)は大好きです。
記事にしていなくても見たドラマがたくさんあって、記録として残すつもりなんですが、手が回らず、カテゴリーだけ作って手つかずの状態...。

ところで...、
↑の泣いてる絵文字かわいいー! 今度使ってもいいかしら?(笑)
by パンプキン (2005-05-20 15:28) 

yosshy

どうぞ、お使いください。と言っても私の創作ではありません。
「オレンジの顔文字 ver 3.1」という顔文字辞書を使用してます。
文字を変換すると、たくさんの顔文字がでて、
余計に面倒ということもありますが、メール時に頻繁に使用してます。

パンプキンさんが言われるように、その時ハマっているドラマが一番ですよね。
私は、ハマルと他のドラマの視聴がなかなか進まなくなります。
だから、ドラマはなるべく一挙に全話みたいです。間が開くと、興味が持続しないので困ります。
by yosshy (2005-05-20 21:40) 

パンプキン

yosshyさん、こんばんはー。(^^)
「オレンジの顔文字 ver 3.1」っていうのがあるんですね。
なるほどー。
ワタシがそのドラマに嵌ってるか否かは、
早送りしてみるか、早送りはしないか...でわかれますね。^^;
比較的同時期にいくつものドラマに惹かれるます。
そのへんは浮気性とうか、それだけにどっぷりとはならないんですよ
不思議と。
ドラマによるので、その重なり具合はときどきで違うんですけどね。
今だと、
「君に出会ってから」・「チャングムの誓い」・「ガラスの華」・「マジック」
「あんぱん」「漢江ブルース」は比較的すぐに見てます。
こうしてみると、1日1本強のドラマを真剣に見てることになりますよね。
(まあ実際はそれ以上なんですけど...^^;)
by パンプキン (2005-05-20 23:40) 

pocari

私もこのドラマに嵌まりました。連日観まくっていたって感じです。
それにしても、パンプキンさんの解説見事です!
by pocari (2005-10-08 04:40) 

パンプキン

pocari さん、おはようございます。(^^)
コメント& nice! ありがとうございます。
そうですよね。このドラマはまさしく韓ドラの醍醐味満載で
惹きつけられたドラマです。
解説とまでは...ですが(^^;)、誉めていただけると
嬉しいですね。(^_-)
by パンプキン (2005-10-08 07:50) 

pocari

ご謙遜を。ここまで書ければプロ並みですよ。(^.-)-☆
by pocari (2005-10-09 13:18) 

パンプキン

pocariさん、マジ照れます。
誉め言葉はとっても嬉しい!です。^^;
by パンプキン (2005-10-10 07:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。