So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

韓国ドラマ 「サラン~Love~」 [韓ドラタイトル(ア~タ行)]

今回のドラマは「サラン~Love~」です。気になっていたことがあり確認するのに少々手間どりました。(このことはあとで...。)
昨年スカパー(LaLa TV)で見ました。先月、そのLaLaで集中再放送。又、関東だけかもしれませんが、昨年10月~12月にTBS(地上波)で、深夜帯でしたが日本語字幕での放送があったばかりです。TBSの方は、たまたまチャンネルを合わせたらやっていたのでそのまま見たっていう程度なので、LaLa TV との比較は出来ません。

ところで、TBSの同じ枠では「サラン」終了後は「バリでの出来事」を現在放送中でこれも字幕です。放送時間がまちまちなので、常にチェックしないといけないことを除けば、「TBS 頑張ってるなあ-」とういうのが印象です。(「サラン」「バリでの出来事」のカットシーンの有無は未確認です。) 午前に韓流枠を設けて、吹替え&カットのドラマをやっている某局に比べれば良心的だと思います。

あくまで私の勝手な考えですが、民放の地上波において、ある程度決まっている放送時間枠-60分-での韓国ドラマの放送は、CMが入るのでカットせざるを得ないのはわかります。ですが、深夜帯ならその枠も調整をつけてカットなしでできるのではないかと...。といってもそれが吹替えではやはり幻滅かも。(>_<)
韓流が一時のブームで終わらないために、いろんなドラマを(出演者に偏らず)地味でも長く続けて欲しい。話題のドラマだからといって日本の枠にはめて流しても、ファンはついてこないんじゃないかと...。本当に話題のドラマであるならば尚更、韓国での人気の高かった理由を考えても、そのドラマにカットしていいシーンなんてそうそうないはず。
そう考えると深夜帯での最良な状態での放送がよりいいのでは?と思えるのです。
テレビ局サイドからすれば、素人のたわ言かもしれませんが...。
 
主題が変わってしまいましたので戻します。以下ネタバレ多少ありですのでご注意を。

===================================================================================================================================================================================================================================================================================================================

LOVE サラン DVD-BOX I          主な出演は チャン・ドンゴン(チョン・イナ役)
      キム・ミスク(ハン・ヨンジ役)
      チェ・ジウ(ユ・ジヨン役)
      ソン・ユナ(ソ・ヒス役)
      キム・ジス(ソジン役)


全16話のこのドラマは、前半8話・後半8話の2部構成。主役はイナ役のチャンドンゴン。彼を中心にタイトルどおり様々な「愛」を描いた作品。
イナと年上の女性ヨンジとの愛が中心。二人にはヨンジが年上というだけではなく、既婚で夫を事故で亡くし娘が一人いることや、イナの恩師で自動車会社の上司にあたるジュンソプとの再婚話が進んでいたり等と障壁があった。
イナはヨンジへの思いをつのらせていき、ヨンジはとまどうばかりだったが...。結局、逃れられない悲しい運命が二人を引き離すことになる。ここまでが前半8話。

後半8話は、ヨンジとの別離という傷を心に負い数年を経て、今度は留学から帰国した会長令嬢が上司としてイナの前に現れるが、それがチェ・ジウ演じるジヨン。最初ことごとく対立するイナとジヨンだったが次第にジヨンはイナに惹かれていく。
一方、イナは小さな自動車修理工場を営む姉弟の姉・ヒスとの交流が静かにはじまっていた。二人の女性に愛されるイナだが、彼自身の本心はどこにあるのか...。
また、ジヨンの幼なじみ(恋人?)で会社の重役ミンソクの画策が、イナだけじゃなく会社自体を窮地にたたせる。そしてイナとジヨンとヒス、それぞれの「愛」の行方は...。

「サラン~Love~」の中心はイナであるが、実際にはもっとたくさんの「愛」を見せてくれる。ヨンジの職場の後輩ソジンは家庭のある男性を愛し傷つく。イナの親友はそのソジンを一途に思い続ける。 ヨンジの妹は夫の浮気に苦悩し、ジュンソプはヨンジの心の変化に動揺する。すべては「愛」があるから...。

さて、はじめに書いた気になっていたこととは、ミンソク演じるチョン・ジュノを愛し、良からぬ画策の片棒をかつぐ女性社員役の女優さんが、ランラン18歳のドンゴンくんの姉役の方ではないかと、どこかで読んだ記憶があったのでそのことを調べてみました。”ユ・ヘジュン”という女優さんです。ヘジュンなのんかへジョンなのかで困ったのですが、カタカナ表記ってまちまちだったりするので...。(最近、フジテレビが天国の階段のクォン・サンウをグォン・サンウと呼ぶように...^_^; ) ハングル文字で間違いなく同じ名だと確認しました。同姓同名の方がいたら話は別なんですけれど...。このブログでそのハングル文字を表記出来ない自分がなさけない。
「サラン」がけっこう古いドラマなのと、役柄が違うせいか、同一人物とは思えないのですが、あのぱっちりとした目は同じでした。(^^)

最後に、前半・後半をとおして感じることはただひとつ。イナがヨンジを心から愛しているということ。 ヨンジとの”別れ”で打ちのめされた後半、「人を愛することに臆病な彼」がそこにいます。
そのことにジヨンとヒスも気がつきますが、ジヨンは思いをぶつけ、ヒスは自ら退いていく。
最終回の終わり方は、結果として、イナがヨンジへの思いを昇華して新たな人生のスタートを歩む勇気持ったときに、誰に側にいてほしいと思えたかってことなんじゃないかと...。何がいいとか悪いということではないのですよね。
私自身、イナの心を推し量れず、なんとなく重たく感じてはしまうのですが、たくさんある恋愛ドラマのなかでも、『大人のラブストーリー』を見た気がしています。
冬ソナの影響なのか一般的には、チャン・ドンゴンとチェ・ジウ共演の文字が並ぶドラマですが、それだけじゃないと思います。(^^)v


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 8

youko

私は、見てないのです。お友達の感想聞いて、それ程見なくてもいいかもってことで。
パンプキンさんの感想読むと、この作品もおもしろそうですね。
by youko (2005-01-14 05:26) 

パンプキン

韓ドラが好きっていう方でも、好みは個人差がありますよね。
サランの場合は映像的な古さを感じることはあると思いますので、
実際に見てどう感じるかですよね。
まあ、それってこのドラマに限ったことではないですけれど。
私の感想はあくまで参考程度でってことで。(^O^)
by パンプキン (2005-01-14 05:51) 

doratama

こんにちは!
わたしもこのドラマ大好きです。
で、あと2回で終わります。
個人的にソグ役の俳優さん(ク・ボンスン)とソン・ユナが好きで見始めたドラマです。
前半・後半という分け方も面白いなぁと思いました。
それに何よりチャン・ドンゴンがあまりにも爽やかなのに驚きました。
by doratama (2005-03-19 15:20) 

パンプキン

サンウくんが目印のtamaさん、コメントありがとうございます。(^^)
今現在のチャン・ドンゴンを知ってから、このドラマを見るっていう感じだと、
若いですし、青年の純粋な感じが印象強い作品でもありますよね。
そうゆう意味では、ソン・ユナは、私が見た最初が「ホテリアー」だったので、彼女の印象がそちらの方が強かったから、控えめな感じが新鮮でした。
でも今思うと、きっと基本的に「サラン」方がベースで、「ホテリアー」の彼女の役柄の方が、今までにない感じだったのかしら?と考えが変りました。

話しは変りますが、プロフィール画像のサンウくん、いいですよね。
tamaさんほどのサンウペンではありませんが、グッときますわ。(^^)v
by パンプキン (2005-03-19 17:59) 

pocari

『大人のラブストーリー』に同感。素敵な物語ですね。
年上の女性とのパートはなんとなく照れながら観ていました。ジウ姫とのパートは食い入るように観ていた記憶があります。(^^;
by pocari (2005-10-09 17:23) 

パンプキン

pocari さん、
>年上の女性とのパートはなんとなく照れながら観ていました...
そうですかぁー。
確かに..^^;... このドラマだと私、完全にヨンジ目線なんで、
カッコイイ年下男性の積極的なアプローチには戸惑うだろうなーとは思います。(笑)
このドラマのジウちゃんは好きな感じの役なんで、「そうそう!」って思いましたが、演技的にはかなり若いですよね。
でも、ジウちゃんペンのpocari さんなら「食い入る」ように観るのは当然でしょうね。(^_-)
by パンプキン (2005-10-10 07:32) 

tamayuraxx

パンプキンさん、こんにちは。
このドラマ、地上波でやっていたのですか。
だからかなり前に見たという方が多いのですね。
わたしは乗り遅れているので最近ようやく見ました。
(「バリでの出来事」も昨年の後半にやっと見ましたし・・・)

わたしも、この作品、ク・ボンスンssiがなかなか良かったと思います。
辛い部分も多い作品ですし、心優しい友人の存在は貴重だったかな、と。
by tamayuraxx (2006-03-31 21:04) 

パンプキン

tamayuraxxさん、こんにちはー。(^^)
そうなんですよー。今思うともうおととしのことです、
地上波の深夜帯でした。
「バリの出来事」は再放送されましたが、確かこのドラマはそれっきりだったように思います。

ク・ボンスンssi・・・ですぐに顔が浮かびませんでした^^;
でも、”心優しい友人”とくれば、彼しかいないとすぐにわかりました。^^
彼自身も出口のないような恋に嵌ってしまったかしら~と心配でしたが、
最後はハッピーエンドで本当に良かったなって思いました。(^_-)-☆
by パンプキン (2006-04-01 12:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。