So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

韓国ドラマ 「その陽射しが私に」 [韓ドラタイトル(ア~タ行)]

「イヴのすべて」で触れたので今回取り上げます。
昨年、スカパー(so-net チャンネル)で見ました。現在もso-netチャンネルで放送中で、ここは本当に韓国ドラマの放送に力をそそいでいるなあって思います。(so-netのブログだから持ち上げるわけではありませんよ。笑)
私の知る限りですが、「秘密」「真実」「秋の童話」「ホテリアー」「その陽射しが私に」「Happy Together」「悪い友だち」「ガラスの靴」、
そして今月から「いつか楽園で」、と続々放送。
感心している点は、再放送の充実と日本未公開作品をとどけてくれることです。再放送が多いことに不満を持つ以前からの視聴者もいるかもしれませんが、新規加入者にとっては嬉しいことです。また、見逃して残念に思っている方にとっても然りです。一方で、新鮮さを失わないよう、偏らずに人気のドラマを取り上げてくれる配慮を感じます。今の韓流をブームで終わらせないよう継続してほしいと願っています。
前置きが長くなりましたが、ということで「その陽射しが私に」について。
以下、ネタバレ多少あり。とはいえ、現在の放送が序盤ということもあるので、大きなネタバレにはならないよう注意します。気にされる方はご遠慮くださいね。m(__)m


=================================================================================================================================================================================================================================================

その陽射が私に…          主な出演は、キム・ソヨン(キム・ヨヌ役)
      リュ・シウォン(カン・ドンソク役)
      ユ・ソン(ジュニ役)
      パク・クァンヒョン(イ・ハンス役)




父親の死をきっかけに、ヨヌは一緒に暮らしてきた姉が実の母親と知る。そしてひょんなことから、ジュニ(会社の理事・社長の娘でもある)とドンソク(会社の顧問弁護士)がいる通販専門のショッピングチャンネルに勤める。
ハンスはヨヌとは幼なじみで、役者を目指している。
ジュニとドンソクは恋人同士。ヨヌは次第にドンソクに惹かれていく。そしてドンソクもだんだんと...。
ドンソクを間にヨヌとジュニ 3人の単純な三角関係に終わらない、姉(=母)をも含めた複雑な関係がそこには隠されていた。 
一方ハンスも幼なじみへの友情が愛情へと変わっていく。 ショッピングチャンネルの舞台裏もこのドラマの見所のひとつ。

なんといっても、ヨヌ役のキム・ソヨンが「イヴのすべて」とは180度違う女性を演じています。
ヨヌという女性のいいところは明るく前向きであること。番組ホストを目指したとき、ホストになってからの企画をたてるときなどなど、そこに努力する彼女の姿があります。
失敗もするけれど、商品を紹介するときの彼女は、生き生きとしていて綺麗です。

ドンソク役のリュ・シウォンはまさに”プリンス”。 つらい時にドンソクのように力になってくれたら、ヨジャ(女)はメロメロです。(^^)
他のドラマでもそうなんですが、ドラマでのシウォンくんのヘアスタイルって私の好みじゃないんですよね。私的には最近の来日の際のようなのがいいんですけど。
弁護士という職業を意識しての、あの前髪バックスタイルだとは理解できますけどね。^_^; 演技的にどうこうというより、彼にはつい髪型に目がいってしまう私です。

ジュニ役のユ・ソンは、このドラマを見ている頃に友人から「太陽の南側」というのを借りてみたので、これまた、対照的な役柄にびっくりでした。地位も名誉もお金もなんでもありのキャリアウーマン(今時こんな表現しないかな?)はお見事。一見、与える愛って感じだけど、実はそうでもないような...。何でも持っているからそれがイコール幸せではないという気持ちになる。
彼女(ユ・ソン)が昨年出演した「新若草物語」では、アクションシーン(つまり”けんか”)も見せてくれてかなりサマになっていました。常に色々な面をみせてくれる女優さんですよね。

ハンスは、最初は口ばっかりのダメ男くんなんですけど、見ていくうちに妙に愛着の湧く男性に思えます。だからヨヌも幼なじみだからっていうだけじゃなく、付き合っていると思う。
演じたパク・クァンヒョンを見たのはこのドラマが最初なんですが、あとで「振り向けば愛」で主演していたのを見ましたが、どこか憎めない役ってピッタリだと思いました。

「その陽射しが私に」においてヨヌの家族とジュニの家族は重要な関わりがあります。そして、時折登場するイ・フィヒャン演ずるジュニの母(美しき日々のヤンミミ・天国の階段の継母ミラでお馴染み 笑)の言動がストーリーを面白くしているように思います。
また、ヨヌが姉と思っていて実の母だったヨンスク役はヤン・ミキョンで、「宮廷女官・チャングムの誓い」(大長今)のハン尚宮を演じている方です。脇を固める俳優達も魅力いっぱいです。


最後に思うこと。父親の(だけじゃなく”親の”というべきかな?)愛情の深さは限りない。
でも子を愛するが故のその判断が、時には子供の人生を大きく左右する。そのことに親は気がつくべきだなと。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

youko

私は、シゥオンさんを真実でファンになったので、真実のヒョヌが一番好きです。
今は、ランランでドンゴンさんが一番なんですけど。

あと、ジュニ母は見ているときは強烈なだけの印象でしたが、後から考えると「美しき日々」でもそうですが、素敵な女優さんって思えます。今月末からのスカパー!で始まる「天国の階段」が楽しみです。
by youko (2005-01-12 17:45) 

パンプキン

youさん、コメントありがとうございます。
そうですね。ヒョヌのシウォンは、優しいだけじゃない良さがありますよね。
ドンソクには、時にもっと強さがほしいって思うことも正直あったかも...。

「真実」がyouさんの”はじまり”ですよね。(笑)
いつか書こうと思っていますが、他の方の思い入れのあるドラマって緊張しますね~(^^)  
意にそぐわない点もあるかもしれませんが、あくまで私の感想とうことで...。 

「天国の階段」は、今は土曜日にフジでやっているのを見ていますが
CSのをとっても楽しみしています。確か字幕でしたよね?(^^)v
by パンプキン (2005-01-12 21:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。